恋野あじさい園周辺(和歌山県橋本市)

ツーリング
05 /30 2021
記事一覧

梅雨ながらとても良いお天気。アジサイはまだ早いかなと思いながら、東吉野村のパン屋さん麦笑へ行く前に、橋本市の恋野の「恋し野の里あじさい園」に向かう。

桜井浅古から鹿路トンネルを通ってR169に出ます。桜橋で吉野川を渡り、裏県道で下市町。フルーツロードをずっと走って、R168の手前、賀名生大橋へ。

20210530koinoajisai (1)
南朝トンネルを抜けました。

20210530koinoajisai (2)
賀名生大橋。下に五新線の跡の道路。

20210530koinoajisai (3)
ここを下りていきたいと前々から思っています。(橋を下から見てみたい)

R168を丹原まで走り、県道で恋野橋まで。左折して上って行けばあじさい園です。

20210530koinoajisai (7)
咲いてはいますが、数はまだまだ。

20210530koinoajisai (9)

20210530koinoajisai (10)

20210530koinoajisai (11)

20210530koinoajisai (12)

20210530koinoajisai (13)

20210530koinoajisai (14)

20210530koinoajisai (15)

20210530koinoajisai (16)

20210530koinoajisai (18)
今日あたり田植えのところも多そう。

20210530koinoajisai (19)

20210530koinoajisai (21)
舗装路を歩いていくとこの表示。とりあえず、ブーツのままですが、布経の松へ行ってみよう。

20210530koinoajisai (25)
これがそれらしいですが、松はどこ?

20210530koinoajisai (27)
隣に弥勒菩薩。

このあたりは中将姫ゆかりの地なので、いろいろと残っているようです。

20210530koinoajisai (28)
すぐそばに東屋。これも中将姫を記念して作ったらしい。穴場の東屋といえるでしょう。

20210530koinoajisai (30)
そばには広場も。

20210530koinoajisai (31)
天井は簾でできています。こういうのは初めて見ました。

20210530koinoajisai (32)
なおも先へ。だれも通りそうにない道です。

20210530koinoajisai (36)
しばらく歩くと集落が見えてきました。只野というところか?

20210530koinoajisai (38)
流れるのは東ノ川。水源は富貴のあたりのようです。

20210530koinoajisai (39)
水路のきれいな水が勢いよく流れています。

20210530koinoajisai (40)
通りかかったかなり高齢の女性に、ここは只野ですかと聞いたら、そうだと。しかし、そのあとの会話は要領を得なかったので、情報を得られませんでした。

20210530koinoajisai (41)
ここ。アクセスは県道732号からがメインのようです。またそっちから来てみよう。(すごく狭い道ですが)

20210530koinoajisai (42)
植物に埋もれた納屋。

20210530koinoajisai (43)
家の内側につる植物が・・・

でも、住んでいる家もあり、人影もありました。しかし、隠れ里という言葉がぴったりの集落です。


20210530koinoajisai (45)
さきほどの東屋に戻り、お弁当タイム。

20210530koinoajisai (46)
東屋あるある、スズメバチの巣の跡。

20210530koinoajisai (47)
この東屋を作った経緯とかかわった方たちのお名前。

20210530koinoajisai (48)
ご飯の下に野菜炒め。ラジオも良く入ります。(NHK東海放送)

20210530koinoajisai (52)
アザミが多い。

20210530koinoajisai (53)
似賀尾池への道は通行止め。ごみを捨てに来る人が多いから? ブラックバスの放流阻止?ただの工事?

20210530koinoajisai (56)
橋本から急いで(急いでないけど)、東吉野村のパン屋さん麦笑へやってきました。パンはあるのか?

20210530koinoajisai (55)
売切れではない!

残っているのは三つだけでした。そして私と一緒に着いた方がおひとり。結局じゃんけんして、私が勝ち、私がふたつ買わせてもらいました。ありがとうすんませんです。

20210530koinoajisai (54)
私がふたつ取ったので、残るはこれ一つになりました。今日も完売、よかったですね。

前は「麦笑プラスどこか」ということで走ってましたが、麦笑が11時開店なので、先にどこかへ行ってから麦笑へ行くパターンにしようと思います。もう少し家を早く出れば、もうちょっとパンを買えるのではと思います。

帰り、藤原宮の駐車場で、女の子がトランペット?練習をしているのを聞きながら昼寝。
それと、あじさい園で、御年78歳のW650のライダーにお会いしました。18年間で11万キロ以上走ったとか。
あやかりたい、あやかりたい・・・
155km、6600歩。週末はこんな天気でいてほしい。
スポンサーサイト



赤目48滝&長坂山ハイキング

ツーリング
05 /23 2021
記事一覧

都合とお天気が合わず、なかなかツーリングできていません。
昨日はGSRで東吉野村のパン屋さん麦笑へ行って、その足でラーメン作ろうと川上村の吉野川沿いの「川上さぶり」の近くの東屋に行ったものの、車のカップルが大々的に調理を始めようとしていたので断念。

そこは、その一週間前に車で麦笑へ行ってから、ラーメン作ろうとして行った場所です。そのときは、ライダーがゆっくり休憩されてて、東屋でのラーメンはやめて、結局空き地に駐車して車内でラーメンを作って食べました。

みなさん、近場でレクリエーションという感じで、宮奥ダムのところの東屋もいつも誰かいる感じ。

今日は雨の心配がなさそうなので、久々に体力作りで歩こうと思い、赤目48滝へ。
榛原から名張へ向かう国道は狭くて、結構交通量もあるので、あまり好きではありませんが、安全速度でスムーズに走ることを心掛けて、1時間半くらいで到着。

20210523akame (16)
一番奥のトイレの横の駐車場に到着。車一台分のスペースをいただきましたが、200円。

20210523akame (17)
駐車場はどこもけっこう埋まっています。三重、奈良、滋賀、京都、愛知、大阪、ナンバーですね。

20210523akame (18)
しばらく滝を見ながら遊歩道を歩き、白い点線の道の長坂山トレッキングコースへ向かいます。

20210523akame (23)
水量はさすがに豊富。

20210523akame (26)
緑の世界。

20210523akame (28)

20210523akame (30)
これが八畳岩。

20210523akame (33)


20210523akame (35)

20210523akame (39)
快調に歩いています。

20210523akame (42)

20210523akame (43)

20210523akame (46)
この道は行ったら帰らなければならないので、だんだん人が減ってくる。前回は私は、県道まで歩いて引き返しました。

20210523akame (47)
ここが好きです。岩肌を伝って水が落ちてくる。

20210523akame (48)
長坂山登山口に到着。

20210523akame (51)
最初はロープのある道が続きます。

崖みたいに急なところをジグザグに登る感じで、危ないという感じはしませんが、かなり急です。ロープがないと、滑ったときに崖から転落というのはあり得る。

20210523akame (55)
もう1時前なのでお弁当にします。

20210523akame (56)
ごぼうがあったので、人参ときのこを足して味付けご飯にしてみました。今日はこれだけ。

食べている最中、誰も来ません。今日は私だけ?

20210523akame (57)
また歩き始めます。まだあるロープの急坂。

20210523akame (59)

20210523akame (63)
深野の集落が見えているようです。その右の方には神野山があるようです。

20210523akame (66)
感じの良い道。うしろからは女性三人組が歩いてきています。

20210523akame (67)
いい感じ。

20210523akame (69)
いったん下って林道に下りてきました。

20210523akame (71)
一応舗装路みたいですが・・・

20210523akame (73)
ここから再び山道へ。

20210523akame (74)
仕事の車が。キャタピラー跡はあの車がつけたのですね。

20210523akame (76)
断崖絶壁のところに到着。

20210523akame (79)
落ちると・・・下をのぞく勇気がない。

20210523akame (83)
対泉閣のあたりか。

20210523akame (84)
片側が断崖絶壁なんですが、道自体は広いので安心です。

20210523akame (85)
白いキノコが苔のせいで緑に!

20210523akame (87)
ここが長坂山山頂。584m。ここで、休憩中に一度抜かされた女性三人組を追い越します。女性たちは楽しそう。おじさんはただ淡々と歩くのみ。

20210523akame (91)
名張市街地が見えています。

20210523akame (95)
ぐんぐんと下り、下山口へ。この山のコースは一方通行なのです。

20210523akame (96)
下りたところには何の案内もありません。

あとは車道を歩いて駐車地にもどりました。費用は赤目滝入場500円、駐車代200円の合計700円。
ハイキングの歩数は12800歩でした。標高差はたいしたことはありませんが、尾根のアップダウンがあるので、けっこうな運動になりました。家からも50kmしかないし、いつでも来れる、そしていつ来てもきれいなところです。
走行100km。燃費は29km/ℓ。次の週末も晴れてほしいですね。

ラーツー宇陀市都市公園

ツーリング
05 /13 2021
記事一覧

新聞はナイロン袋に包まれて配達されていましたが、空は次第に明るい曇りになり、昼前には日差しが見えてきました。
ちょっとだけGSRを動かそうと思い、ラーツーセットを積んで出発。

桜井浅古から忍阪東、朝倉台を抜けて長谷寺方面へ。西峠で左折、玉立橋を渡って直進、山麓線を少し走ると右手に「宇陀市都市公園」があります。

20210513udatoshi (2)
宇陀市と「都市」がなんか結びつきませんが、コンセプトは?

20210513udatoshi (3)
開閉にここまで誰かが来るんですね。

20210513udatoshi (4)
駐車場は広いんですが、私だけ。

20210513udatoshi (5)
きれいなトイレがあります。

20210513udatoshi (6)
農園が併設してあり、これはその駐車場。

20210513udatoshi (7)
宇陀市民専用かな。

20210513udatoshi (8)
フェンスで囲まれているから獣害の心配はない。

20210513udatoshi (9)
この公園、原っぱと小高いところがあるだけ。東屋が二つ。

20210513udatoshi (10)
山々の眺めはいいですよ。

20210513udatoshi (11)
室生湖も見えています。

20210513udatoshi (12)
背後には額井岳。登りましたが、展望がないのが残念。

20210513udatoshi (13)
あそこでラーメンを作ろう。

20210513udatoshi (14)
こっちの方はネットで囲まれてはいれません。

20210513udatoshi (15)
天満台という住宅地でしょうか。

20210513udatoshi (16)
どうして焼けたのかな?

20210513udatoshi (17)
岩谷のエコジュニアという小さなカセットコンロを持ってきました。

20210513udatoshi (18)
遠くに秀麗な山。

20210513udatoshi (19)
あの山の間に近鉄電車が通っているようには見えません。

20210513udatoshi (20)
誰も来ていない。

20210513udatoshi (21)
今日は出前一丁。

20210513udatoshi (22)
持参の野菜炒めを投入。

20210513udatoshi (23)
ラジオでは「おにぎり協会」の人が話している。物事を突き詰めれば、なんでも専門家になれる!

20210513udatoshi (24)
ご飯投入!これでラーメン汁を捨てずに済む。今日は健康は二の次で・・・


人はいないし、眺めはいいし、きれいなトイレもあるし、ラーツーポイントは高い!周辺の道もワインディングがあり、走っていて楽しい。73kmのちょっとした散歩でした。

大和葛城山 (山麓公園から)

車で遠足
05 /08 2021
記事一覧

大和葛城山はツツジの見ごろ。今の時期、そんなに混雑してはいないだろうとは思いますが、マイナーなルートを取ればさらに密を防げると思い、山麓公園Pに車を置いてから、上の墓地からダイトレを目指します。

20210508katuragi (3)
山麓公園の遊具の横から登って行きます。

20210508katuragi (4)
墓地の端に登山口があります。

20210508katuragi (6)
急坂をヒィヒィいいながら登ります。ちょうどさっきNHKの「山カフェ」で、登山が呼吸機能や心臓機能を高める話をしていたので、「これも鍛錬鍛錬・・・」と思い、頑張るのでした。

20210508katuragi (9)
自然は面白い。ニシキヘビが逃走中というニュースを思い出しました!

20210508katuragi (10)
だいぶん上った感じですが、まだ500m台。

20210508katuragi (13)
こんなところもあります。登る人はパラパラで、追い越してもらいます。

20210508katuragi (15)
まだあったこの倒木。

20210508katuragi (16)
ダイトレに合流。ここまでで十分疲れました。ま、今日は車だし、家から近いし、急ぐ必要がないので気が楽です。

20210508katuragi (20)
ダイトレを歩行中。だらだらと登る。

20210508katuragi (24)
階段は嫌い。


20210508katuragi (26)
左の自然研究路の方へ。階段が少ないから。

20210508katuragi (27)
生きのいいツツジが出迎えてくれます。

20210508katuragi (29)
何かな?

20210508katuragi (31)
新緑といい対照。

20210508katuragi (33)
不思議な植物。

20210508katuragi (39)
ロープウェイ駅からの道に合流。人が増えますが、コロナ以前ほどではありません。

20210508katuragi (41)
白樺食堂はテイクアウトで営業中。ソフトクリーム350円。

20210508katuragi (43)
山頂に無事到着。展望は、黄砂のせいかぼ~んやり。

20210508katuragi (45)
この時期にしてはガラガラと言っていいくらい。

20210508katuragi (51)
さて、ツツジ園!

20210508katuragi (54)
金剛山とツツジ。見ごろのいい色。

20210508katuragi (56)

20210508katuragi (59)
ピンクのも。

20210508katuragi (67)

20210508katuragi (71)
下まで初めて下りてきました。ここが本日のアウトドア食堂。

20210508katuragi (75)
ミンチボール、ブロッコリ、肉じゃがの適当弁当。橋田壽賀子さんのインタビューを聞きながらゆっくりいただきます。

20210508katuragi (76)
そばに蕨が。

20210508katuragi (78)
カタクリも。盛りを過ぎてショボショボです。

20210508katuragi (80)
山菜取りをしている人たちもいましたが、蕨なんかは指定植物ではないのかな。

20210508katuragi (84)
また上へ戻ります。

20210508katuragi (89)
櫛羅の滝コースで下山します。

20210508katuragi (93)
下りでもけっこうしんどい道ですが、途中で花を見るとホッとします。

20210508katuragi (100)
こんなところも通ってみました。

20210508katuragi (107)
頭上をロープウェイが下っていきました!

20210508katuragi (108)
足の裏が痛くなってきました。ようやく櫛羅の滝に到着。近寄るのは禁止。

20210508katuragi (112)
登山口に到着。しかし、山麓公園までまだ歩かなければ!

20210508katuragi (116)
ロープウェイ駅の手前のオオデマリ。

20210508katuragi (120)
駐車場が全部閉鎖していると思ったら・・・ 皆さんバス利用なんでしょうか。

20210508katuragi (121)
山麓公園までの道にビワ。

20210508katuragi (125)
山麓公園手前でロープウェイ駅を見上げる。あそこから下りてきたのでした!

登る力は明らかに衰えている感じがしますが、時間をかければなんとか大丈夫です。もう少し体重が減れば軽快に登れるかも!?
一度櫛羅コースで登ってみたいですが、しんどいだろうなぁと思います。
一銭も使わず、24000歩を稼いで、一日を有効に使うことができました。

大台ケ原 (奈良県上北山村)

ツーリング
05 /06 2021
記事一覧

GWが終わった次の日の今日、いいお天気。大台ケ原はきっとすいているだろうと思い、出発。
R169は交通量も少なく、おおたき龍神湖の色も見事。どこでお弁当を広げてもよい眺めです。

大台ケ原ドライブウェイは最初の区間の舗装が悪く、あまり快適ではありませんが、トンネルを抜けてからはまずまずです。
三速をメインにゆっくり標高を上げていきます。途中の絶景ポイントも今回はパス。歩くのが目的なので。

20210506odaigaha (3)
大台ケ原駐車場に到着。やっぱり人は少ない。

20210506odaigaha (4)
最初はシオカラ谷へのピストンのつもりでしたが、来る途中の青空を見ていて、これはやっぱり日出ヶ岳へ登らなくてはと思いました。
ということで東大台の登山口からスタート。

20210506odaigaha (5)
小鳥の餌付けまでしている人がいるとは驚きです。

20210506odaigaha (6)
最近の雨のせいで遊歩道はところどころ水たまりになっています。

20210506odaigaha (9)
誰もいない展望デッキに到着。

20210506odaigaha (11)
毎度のいい眺め。海が見えるとやっぱり感動する。

20210506odaigaha (14)
また夏には尾鷲の方も行ってみたい。

20210506odaigaha (16)
階段を上って日出ヶ岳山頂へ。

20210506odaigaha (17)
これはトウヒなんだろうか。

20210506odaigaha (20)
山頂の展望台に到着。

20210506odaigaha (21)
オールスターの山々。

20210506odaigaha (26)
尾鷲方面。風もなくて気持ちがいい。

20210506odaigaha (29)
あとで向うの階段を上って正木ヶ原へ行きます。

20210506odaigaha (30)
中央が駐車地。

20210506odaigaha (32)
展望台の下に誰もいなかったのでお弁当を食べようと・・・したらグループが来られて・・・退散。

20210506odaigaha (33)
さっきの展望デッキまで下りてきました。

20210506odaigaha (34)
ウインナーとかミンチボールとかのお弁当。ここなら何でもおいしい!

20210506odaigaha (35)
食後、正木峠を上る。山頂がもうあんなに小さい。

20210506odaigaha (37)
ロックの名曲「天国への階段」を思い浮かべる。

20210506odaigaha (38)
これが大台ケ原。これはこれでいいのかも・・・

20210506odaigaha (39)
ずっと見えている尾鷲湾。

20210506odaigaha (40)
青空が似合う道。

20210506odaigaha (41)
正木ヶ原と飛行機雲。

20210506odaigaha (42)
尾鷲辻に到着。10分昼寝。

あとは中道を通って駐車地に戻りました。距離は5.6kmくらいでしょうか。いいハイキングができました。

20210506odaigaha (49)
帰り道。崖に咲くつつじ。

20210506odaigaha (50)
愛車と山々も撮影しておこう。

20210506odaigaha (51)
帰りは林道辻堂山線を利用。小石があちこちに散らばっていて、パンパン跳ねながら下りました。

途中の東屋では「BBQ,自炊、キャンプ禁止、クマ目撃多発」の張り紙が!一度お弁当食べたところです。

20210506odaigaha (52)
だいぶん下ったのにまだ山の中。大台ケ原の駐車地からR169河合交差点まで1250mも下るのでした!(車ゼロ!)

行きは2時間ちょっと、帰りは遠回りをしたので3時間以上かかりました。
東大台だけではあまりいろいろなルートはとれませんが、年に2,3回は訪れたい場所です。日出ヶ岳から尾鷲はすぐですが、三重県からくる道はないのでした!
走行192km。11000歩。一日おまけのGWが終わりました!

神野山(奈良県山添村)

ツーリング
05 /04 2021
記事一覧

気軽なハイキング+快適なアクセス+奈良県内+季節の花=神野山 ということで出発。
行き方はいろいろですが、今日は桜井市朝倉台からR165に出て、玉立橋から山麓線経由でまたR165に合流し、室生ダム入り口を過ぎたところからやまなみロードへ。速いSSバイクに抜かれながら快走。
広域農道経由で県道80号に突き当り右折、標識に従ってめえめえ牧場の方へ。

20210504kouno (2)
閉まっています!

20210504kouno (3)
牧場の上のほうの「星屑のステージ」の駐車場に停めようと思っていたんですが・・・

20210504kouno (4)
ちなみにここは雲海の名所らしい。

20210504kouno (6)
森林科学館の前の山添村グラウンドが臨時駐車場になっていました。

20210504kouno (7)
レストラン(閉鎖)のトイレ。いろいろ完備!

20210504kouno (8)
レストラン横からの東の展望。人はそこそこ来ています。

20210504kouno (9)
レストランは閉鎖ですが、うどんなどを提供できるキッチンカーがいるようです。

20210504kouno (11)
鍋倉渓まで車道を歩いてきました。ここから神野山に登ります。

20210504kouno (12)
大きな黒岩の川のような。

20210504kouno (16)
秋に見えるが初夏の森。

昨日の後古光山で歩いてちょっと鍛えられたか、わりとぐいぐい登れました。

20210504kouno (17)
つつじも見ごろ。

20210504kouno (18)
いっぱい咲いているという感じではありませんが。

20210504kouno (21)
これらのつつじ、燃えてしまったようです。

20210504kouno (23)
無残な根元。復活するのか?

20210504kouno (24)
燃えた木から咲いているしぶとい子。

20210504kouno (27)
どんだけ大きな火事だったんだろう。

あとで駐車場の管理の人に聞くと、お客さんが焚き火をしてて燃え移ったそうです。えらい損害賠償でしょうかね、とおっしゃっていました。現場には真新しい「火気厳禁」の立札が・・・

20210504kouno (28)
本日のアウトドア食堂。展望台の上からドローンを飛ばしているのか、時折ブンブンと空から音がする。

20210504kouno (30)
昨日の弁当と同じです。ほうれん草と卵の炒め物を添えました。

みなさん、草地にシートを広げたりしてお弁当です。

20210504kouno (32)
展望台の横から北西に下りていく道があったので、行ってみました。

20210504kouno (37)
今はあまり歩かれていない遊歩道のようです。北野バス停の案内がありました。北野というのは県道80号沿いの集落ですから、そっちへ行くと駐車地までかなり遠くなるので、ここからめえめえ牧場方面へ(案内はありませんが、GPSで確認)。

20210504kouno (39)
車も通れるような道です。

20210504kouno (40)
ここに出てきました。

20210504kouno (41)
休業中のめえめえ牧場でした。

20210504kouno (42)
下の車道まで急坂を下ります。

20210504kouno (43)
帰途、6万キロ越えを確認。2000kmの中古車だったので、私が走ったのは58000kmくらい。地球は軽く一周しました。

20210504kouno (45)
このあたりは大和茶の産地。

たくさんのつつじが燃えてしまったのは残念です。来年の復活を願います。また、新しい遊歩道を見つけたので、時間さえあればいろいろルートがあることが確認できました。迷ってもどこかの車道には出られるので安心です。
帰りはR25で天理ダム経由で帰りました。
走行105km。8000歩。もうちょっと歩きたかったですが、着いたのが昼過ぎだから仕方ありません。

後古光山(奈良県曽爾村)

ツーリング
05 /03 2021
記事一覧

県内限定、さっと登れて人のいない山、バイクで走って楽しい道=曽爾村の後古光山(うしろこごやま)に決定。

榛原内牧からR369に出ますが、曽爾方面へ向かう連なる車列が来て、1分ほど待ちました。みんな曽爾村へ?

今日はGSR-Sで、ゆっくり走ります。どんどん抜いてもらいます。

20210503ushiroko (1)
曽爾高原の駐車場は思ったほど混雑していませんでした。それでもバイク置き場はほぼいっぱい。

20210503ushiroko (3)
屏風岩のほうまでよく見えるいいお天気。

20210503ushiroko (4)
着替えて出発。

20210503ushiroko (5)
登山口。やっぱりマイナー。誰もいない。

20210503ushiroko (7)
運動になります!

20210503ushiroko (9)
正面が後古光山でしょう。

20210503ushiroko (10)
大洞山も見えています。

20210503ushiroko (12)
とんがっているのは局ヶ岳みたい。

20210503ushiroko (13)
山頂が近い。

20210503ushiroko (18)
ものすごい急な階段。後ろへひっくり返らないように注意。

20210503ushiroko (19)
きれい!苔の一種だろうか。

20210503ushiroko (22)
後古光山山頂到着。892m。

20210503ushiroko (23)
大洞山がよく見える。

20210503ushiroko (27)
山頂に咲くつつじ。貴重です。

20210503ushiroko (29)
本日のアウトドア食堂。

20210503ushiroko (31)
真横に小さな可愛い花。

20210503ushiroko (33)
チーズタッカルビとしらすのお弁当。ラジオを聞きながらゆっくりいただきます。登ってこられた方がちらほら、通り過ぎていきます。

20210503ushiroko (35)
この色のも咲いている。

20210503ushiroko (41)
そこから先の下りはロープ場が続き、落ちたら大怪我必至なので慎重に下ります。振り返るとこんな感じ。登るときは腕力が必要。

20210503ushiroko (43)
とにかく慎重に。

20210503ushiroko (48)
古光山との間の鞍部(フカタワ)に着き、左折。御杖村方面に下りれば、ここに下りてきます。右へ行けばみつえ牧場ですが、私は左へ行き、曽爾高原へ戻ります。あとでバイクで通ります。

20210503ushiroko (50)
亀山に登る人たちが小さく見えています。

20210503ushiroko (54)
せっかく曾爾高原に来たので、池を一周します。

20210503ushiroko (58)
大きな声でカエルが鳴いています。ここで冬眠したんでしょうね。

20210503ushiroko (62)
曽爾高原を後にして、帰途、弁財天石楠花の丘に寄ってみました。

20210503ushiroko (64)
受付はコロナのせいでしていないらしいですが、500円は必要なので、中には入らず、見える範囲で花を撮影。

20210503ushiroko (69)

20210503ushiroko (71)
弁財天さまも大きなマスク。

20210503ushiroko (72)
今が見ごろ。

そこそこ交通量もあり、大阪からも奈良県に来られているようでした。バイクも多かったです。曾爾高原は広いので、密になることはないでの人気なのでしょう。後古光山から古光山へも登るといいのですが、帰り道が長くなるので、一回一山ということで・・・
118km。12000歩くらい歩きました。明日も天気らしいが・・・

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?