上野森林公園(三重県伊賀市)

ツーリング
02 /27 2021
記事一覧


名阪友生ICの南にある広大な上野森林公園。1998年に上野新都市「ゆめぽりす伊賀」の一部として整備された公園のようです。
43haの敷地には豊かな自然が広がっているそうです。イベントも多そうですが、今の時期ならあまり人はいないかも。

名阪で行けば速いのですが、あえて非名阪R25で行きます。R24嘉幡橋から東へ走るとR25につながります。車も少なく、快適に走れます。飛ばしたい人には不向きですが、田舎をゆっくり走りたい私には最適のツーリングコース。

20210227uenosinrin (1)
途中、五月橋より名張川を見る。月ヶ瀬の梅も見に行きたいものです。まだ月ヶ瀬を歩いたことがありません。

伊賀市に入り、桑町で右折、1.7kmでゆめが丘方面へ左折。1kmほどで右側に上野森林公園の駐車場の入り口があります。ただし、目立つ標識がないので、意識していないと通り過ぎてしまうかも。

20210227uenosinrin (3)
ここは南側の駐車場。道をはさんで北側にも駐車場はありますが、道順がちょっと複雑そうでした。

20210227uenosinrin (9)
サブコテージがあります。隣にはWC.

20210227uenosinrin (7)
もう1時前。陽の当たる窓辺でお弁当にします。

20210227uenosinrin (8)
煮サバとカツのお弁当。NHKの古いラジオドラマを聞きながらゆっくりいただきます。スペース貸切です!

20210227uenosinrin (14)
園内マップもありました。適当に2時間ほど歩いてみます。

20210227uenosinrin (13)
あちこちにベンチがあります。ここで食べても良かったかな。

20210227uenosinrin (17)
立派な東屋も9つあるようです。ランチ場所には困りませんね。

20210227uenosinrin (18)
園内を送電線が通っています。鉄塔監視路が遊歩道の一部になっている感じ。

20210227uenosinrin (19)
アップダウンはたいしたことはありません。

20210227uenosinrin (20)
舗装路では時々人を見ますが、マイナーな道にはほとんどいません。

20210227uenosinrin (22)
湿地になっています。

20210227uenosinrin (23)
ちょっと行ってみます。

20210227uenosinrin (25)
ぬかるみになっているので、ここでUターン!普通の運動靴なのです。

20210227uenosinrin (26)
こんな鉄塔がいくつか立っています。ここは中部電力。

20210227uenosinrin (29)
ボードウォーク。

20210227uenosinrin (36)
この先、道が消えて、適当に歩いていくと・・・

20210227uenosinrin (38)
靴やオーバーズボンが泥だらけになりました。

20210227uenosinrin (45)
公園の南北を隔てる道路はこんなトンネルでくぐります。

20210227uenosinrin (46)
展望台ですが、あちこち腐っているらしく、使用禁止で残念。

20210227uenosinrin (47)
ほとんど花は見られません。やっと梅に出会う。

20210227uenosinrin (49)
北の伊賀市中心地方面かな。

20210227uenosinrin (52)
東北方面かな。

20210227uenosinrin (60)
いい色の水をたたえる池。

20210227uenosinrin (62)
ヤマハンノキというらしい。そういえば見たことあるような。

20210227uenosinrin (68)
ビジターコテージのデッキでコーヒーブレイク。

20210227uenosinrin (69)
マガモやカルガモがいるそうです。

20210227uenosinrin (72)
これが北側の駐車場。入り口としてはこちらがメインな感じ。

20210227uenosinrin (74)
もう少し池に近づいて。カモの種類まではわかりません。ズームはたったの3倍です。

駐車地に戻ると8300歩でした。山ではないので、汗はかきましたが疲れはあまりありません。2時間もあればわりと隅々まで歩けそうですが、ここのアピールポイントは春夏秋冬に動植物が見せる変化のようです。動物と言っても、マムシはいるそうですが、昆虫中心ですかね。植物は、「花ごよみ 木の花草の花」というパンフにあるように、多種多様な草花を見ることができるようです。冬の様子は一応わかりましたので、次回はちがう季節に再訪したいと思います。

帰りはもう4時30分になっていたので、上野東ICから天理東まで名阪を走りました。名阪を定速で走っていると、瞬間燃費がどんどん良くなっていきました。Vstromのオドメーターは58000kmを越えていますが、まだまだ28km/ℓ以上はいけますね。

ゆめが丘の住人がうらやましくなった、とても素敵な上野森林公園でした。
スポンサーサイト



国城山552m (和歌山県橋本市)

ツーリング
02 /25 2021
記事一覧

橋本市の紀伊清水駅の南方にある国城山(くにぎさん)。山頂近くに神社があり、民家や観光農園がかなり上のほうまであります。
以前バイクで国城神社まで行ってお弁当を食べましたが、今日は運動のため、下から歩いて登りたいと思います。車道ですので全部舗装路ですが、標高差は445mほどあります。

橿原から京奈和に乗り橋本で下ります。橋本高野橋で紀の川を渡り、フルーツラインにちょっと入ったところを左折。

20210225kunigisan (8)
この釣り池の駐車場を利用させていただきます。

20210225kunigisan (2)
駐車場到着。きれいなシャワートイレがあります。

20210225kunigisan (5)
10人ばかり竿を垂れています。静寂が流れています。国城山は正面の山のその向こうだと思います。

20210225kunigisan (7)
紀の川からは50mほど上がったところ。

20210225kunigisan (10)
右はフルーツラインへ。国城山は左の道を上ります。

20210225kunigisan (12)
今日もまた梅を見ながら歩きます。

20210225kunigisan (17)
同じ方向の景色ですが、登るにつれて高度感が増します。

20210225kunigisan (20)
この滝については知りませんでした。今日は寄るのをやめとこう。

20210225kunigisan (21)
国城神社への案内がしっかりと導いてくれます。

20210225kunigisan (22)
紀の川流域は本当に日当たりがいいですね。

20210225kunigisan (25)
今日の距離は片道4kmくらいです。

20210225kunigisan (26)
この景色を眺め続けられるので、歩いていても気持ちがいいです。

20210225kunigisan (28)
曲がり角。民家は多いのですが、人は見ません。

20210225kunigisan (30)
対岸の山々がはっきり。

20210225kunigisan (32)
同じ方向ですが、さっきよりちょっと標高が高い。

20210225kunigisan (35)
暑くて汗をかいています。バイクならローで行った方がよい坂もあります。

20210225kunigisan (36)
こんなにあったかいのに、ここはツルツルに凍っていました!

20210225kunigisan (38)
こんな眺めの家に住みたいものです。

20210225kunigisan (40)
これは河津桜?

20210225kunigisan (43)
この広い場所は国城観光農園の駐車場です。

20210225kunigisan (50)
番犬さん。人懐っこい感じでした。誰も通らず暇そうですよ。

20210225kunigisan (51)
ここが一番上の民家かも。

20210225kunigisan (52)
黒河道の案内がありました。

20210225kunigisan (53)
これが黒河道。雰囲気いいですね。またいずれ!

20210225kunigisan (56)
山道で山頂まで行けそうです。

20210225kunigisan (57)
放置されて長そうな展望台。床がやばいです。

20210225kunigisan (62)
山道を登ると、これが山頂みたいです。

20210225kunigisan (63)
登頂!山頂は初めて。

20210225kunigisan (70)
これは国城神社と学文路を結ぶ道。前方に国城神社の鳥居が見えます。

20210225kunigisan (72)
これを上ればお弁当!

20210225kunigisan (74)
国城神社。

20210225kunigisan (76)
展望所からの眺め。

20210225kunigisan (80)
本日のアウトドア食堂。

20210225kunigisan (81)
サバと野菜炒め弁当。汗をかいて体が冷えるので、日向でいただきます。

20210225kunigisan (86)
帰り、農具資料館へ寄りました。私設の施設。不審者除け装置がけたたましく鳴り響きましたが、中へは入れました。

20210225kunigisan (93)
防水加工とかあったんでしょうか?

20210225kunigisan (94)
初の動力式稲刈り取り機。

20210225kunigisan (95)
牛で鋤を引いています。

20210225kunigisan (96)
ファンキーなお百姓さん。

20210225kunigisan (97)
みかん選別機。穴の大きさが台ごとに異なっています。

20210225kunigisan (98)
木馬を引く。

なかなか貴重なものがいっぱい展示されていました。往復400mの寄り道でした。

20210225kunigisan (109)
真ん中の池がバイクを停めたところ。

20210225kunigisan (113)
河津桜?

20210225kunigisan (116)
これは何でしょう?

20210225kunigisan (120)
タンポポの一種かもしれませんが、花びらの枚数は多くない。ともかく春日和。

駐車地に帰ってきたら14000歩を越えていました。往復8kmはあったと思います。二上山に登るくらいの運動量??
ずっと景色も良く、ほとんど人もいず、風もなく、日差しは暖かく、今日のお天気をしっかり活用出来ました。
帰りは、走り足りなかったので、フルーツラインでR480まで走り、紀北かつらぎICから京奈和に乗りました。走行101km。

サイクリングで大和郡山盆梅展

車で遠足
02 /23 2021
記事一覧

大和郡山で第十八回盆梅展が開かれているそうで、初めて行ってみようと思います。
バイクで行くほどの距離でもなし、自転車では昼からの往復はしんどい、ということで、大和川にかかる御幸橋近くの廣瀬神社まで車で行き、そこからサイクリングしたいと思います。

20210223bonbai (3)
大和高田から県道5号を北上し、西穴闇(にしなぐら)で右折して、500mほど走れば廣瀬神社の駐車場があります。自転車を車からおろして出発です。時刻はもう昼過ぎ。

20210223bonbai (5)
御幸橋を渡っていきます。

20210223bonbai (7)
ちょっと風が強い。向かい風です。電動がありがたい。

20210223bonbai (9)
ここはちょっとコキコキッと曲がります。

20210223bonbai (11)
あの橋を渡って東へ行くと郡山城跡方面です。

20210223bonbai (12)
緑は自転車道のしるし。

20210223bonbai (13)
住宅街のここは狭い道ですが、あまり車は通りません。

20210223bonbai (15)
天理町交差点をすぎてすぐ右折すると、盆梅展の案内がありました。


20210223bonbai (17)
初めて訪れる郡山城跡。

20210223bonbai (18)
駐車場の端っこにしっかり施錠して停めます。

20210223bonbai (23)
あちこちに梅が咲いています。

20210223bonbai (27)
500円を払って盆梅展に入場。大手門櫓や多門櫓の中になります。

20210223bonbai (34)


20210223bonbai (35)

20210223bonbai (37)
どれも美しい。

20210223bonbai (50)
ぼやけていますが、中央は猿回しの猿です。

20210223bonbai (52)
梅の花より感心するのは、根とか枝です。これ、完全に枯れているでしょう?みたいなところから花が咲いてる!

20210223bonbai (54)
ずらりと並ぶ展示梅。

20210223bonbai (57)
唯一の蕾の梅。

20210223bonbai (62)
こんなふうにするのに何年かかるのでしょう。

20210223bonbai (66)
幹に大きな穴があいているのにこの賑わい。

20210223bonbai (74)
巨大な盆梅。運んでくるのも大変だろう。

20210223bonbai (79)
この木が生きているなんて!見習わなくては!枯れてはいけない!

20210223bonbai (82)
外もたくさん咲いていますよ。

20210223bonbai (83)
天守展望台の方へ。この橋は工事中でまだ渡れません。

20210223bonbai (84)
割と最近できた展望所。そもそも天守がどうなっていたのか、最近まで不明だったそう。

20210223bonbai (88)
若草山だけはしっかりわかる。

20210223bonbai (90)
眼下の柳澤神社の大木もなかなか。

20210223bonbai (92)
平城宮跡の、あの全体を覆われた建物が見えています。

20210223bonbai (98)
帰り道。走る電車は大和路線。

20210223bonbai (100)
廣瀬神社に帰ってきました。電動だと小砂利の道もグイグイ行けます。

20210223bonbai (101)
車に三輪車を積み込んで帰ります。もう日暮れ。自転車で帰るとすれば暗くなってしまう時間。車で来て楽ができました!

初めて行った盆梅展。樹木の生命力にびっくり。人も老いて咲かせる花はあるのか?あまり咲いても老害だが、一輪二輪の花をつけて人目を引くのもありか?

伊太木曾神社からハイキング(和歌山市)

ツーリング
02 /22 2021
記事一覧

わかやま電鉄貴志川線の伊太木曽駅周辺にはハイキングコースがあり、今日は「竹の里・みかんの里」コースを歩こうと出発。
橿原から京奈和に乗り、特に問題もなく岩出根来で下りて、南進。紀の川を渡って県道9号を西進。井ノ口から南進、貴志川線を渡ればすぐに伊太木曾神社です。

20210222itakiso (1)
駐車場。バイクは私だけ。

20210222itakiso (3)
庭園美。

20210222itakiso (4)
このハイキングコースを歩くつもりです。

20210222itakiso (6)
予習では、複雑なコースだなぁと思ったんですが、要所要所にこのような表示があり、見逃さなければ大丈夫です。

20210222itakiso (10)
あちこちに梅林が。

20210222itakiso (12)
民家を抜けるとのどかな風景。竹林が多いですね。

20210222itakiso (15)
今日もまた梅を愛でながら歩いています。

20210222itakiso (17)
舗装されています。農道ですね。誰も通りません。

20210222itakiso (24)

20210222itakiso (27)
最初ここを直進しました。すると道は消えました。正しくはここを右折。唯一わかりにくかった分岐。


20210222itakiso (29)
時々見る植物。何でしょう?

20210222itakiso (34)
左折して路地に入ります。案内がなければ絶対無理ですね。

20210222itakiso (37)
多少のアップダウンはありますが、おおむねフラット。

20210222itakiso (38)
ここでちょっと休憩。日差しが暖かい。

20210222itakiso (39)
ここから上り坂。この先には大谷峠があります。

20210222itakiso (40)
澱んだ水の溜池がいくつかあります。

20210222itakiso (45)
生き物の気配がない。

20210222itakiso (47)
山道になってきました。

20210222itakiso (48)
色はまだ鮮やか。

20210222itakiso (51)
いい雰囲気になってきました。

20210222itakiso (54)
狭い道。右は急斜面。一番の難所?

20210222itakiso (55)
右の谷はミカン畑。今日一番の景色。

20210222itakiso (58)
谷を見ながらお弁当にします。

20210222itakiso (60)
チキン弁当。国会中継を聞きながら。首相の息子さんのあれとかの質疑。

20210222itakiso (63)
歩いていくと、今度はビニールで保護されているあのひらぺったい植物。ちょうど通りかかったご婦人に伺うと、イチジクだとのこと。

和歌山市と紀の川市の境のあたりでしたが、紀の川市はイチジクの生産量が全国一位だそうです!イチジクのマスコットの「じくぷる」ちゃんもいますよ。

20210222itakiso (65)
終点の大池遊園がもうすぐです。

20210222itakiso (67)
池のそばに大きなカフェレストランがありました。

20210222itakiso (70)
春には、桜と貴志川線の電車をいっしょに撮影するのが定番のようです。

20210222itakiso (73)
駅に到着。「おいけゆうえん」なんですね。無人駅。帰りは電車で伊太木曽へ!

20210222itakiso (76)
トイレを使ってすぐ、電車が来ました。ラッキー!30分に一本ですからね。

乗車時に整理券をとります。二駅先の伊太木曾までは250円でした。

20210222itakiso (78)
伊太木曽着。結構揺れる電車でした。

20210222itakiso (82)
いろんな電車があるんですね。

20210222itakiso (86)
梅干電車。

20210222itakiso (89)
貴志川駅にはにたま駅長がいますが、この伊太木曽には「よんたま」駅長というネコがいるそうですが、本日月曜は公休だそうで、残念!なお、四代目のたまちゃんということで「よんたま」らしい。今日はたまたま「猫の日」だったので、会いたかったですね~。

20210222itakiso (91)
駅から伊太木曾神社までは徒歩2分。6km以上のコースを歩いて、1万歩を越えていました。

帰りも京奈和で一気に帰りました。
主に田園地帯を歩くというコースでしたが、大谷峠付近はよかったです。特に案内表示はほぼ完ぺきでした。電車に乗れたのもよかったです。走行158km。花粉をたくさん浴びたでしょう。目が痒い!!

麦笑プラス 津風呂湖サイクリング

車で遠足
02 /21 2021
記事一覧

晴れてはいますが、今日は車に乗る番。さりとて、こんな日に車の運転だけではもったいないので、電動三輪車を積み込んで津風呂湖のまわりをサイクリングしよう。まずは週一の麦笑へ。

20210221tuburoko (1)
バイクと違って、こんなとめ方で十分。

桜井浅古から宮奥ダム経由で三茶屋、窪垣内から東吉野方面へ。
結構車も多い。麦笑もにぎわっている様子。
今日もまたエピを買いましたが、テレビを見ていると、和歌山で古漬けのエピを作っているパン屋さんがありました。

パンを買った後、窪垣内に戻ります。近くの「くにす食堂」もけっこうお客さんが来ている様子。テイクアウトをやってくれたら、私も食べられるかもです。

入野のトンネルを抜け、入野口から津風呂湖のほうへ。グーグルマップでは「津風呂湖・入野第一展望所」となっている駐車場に停めます。

20210221tuburoko (2)
お弁当をもって出発。

20210221tuburoko (3)
自然歩道なのできれいなトイレもあります。

20210221tuburoko (6)
湖に沈まなかったけれど、人の去った廃屋。

20210221tuburoko (7)
こんな感じでぐるりんとほぼほぼ一周します。

20210221tuburoko (8)
本日も釣り人のボートがちらほら。

20210221tuburoko (9)
バイクだと路面が気になって景色はなかなか見られませんが、自転車だと余裕がありますね。

20210221tuburoko (10)
途中のこの橋を渡ればショートサイクリングになります。今日はショートカットしません。

20210221tuburoko (12)
矢治峠口の下の会員制釣り場。誰か釣っていますね。

20210221tuburoko (13)
竜門岳かな?

20210221tuburoko (15)
この展望地には車が何台か駐車されていました。みなさん釣りですね。

20210221tuburoko (17)
山桜ですが、見ごろはいつだろう?

20210221tuburoko (20)
左の道をすごく奥まったところまで走り、ぐるっと回って今右の道へ来ています。

20210221tuburoko (21)
津風呂ダムが正面に。

20210221tuburoko (22)
ワカサギ釣りもやっているみたいですね。

20210221tuburoko (23)
ダムと愛車アシスタ。

20210221tuburoko (26)
トイレと東屋のあるところに来ました。ここで麦笑のパンでランチ。この道を歩いている人たちも数人いますね。

20210221tuburoko (29)
竜門岳とアシスタ。

20210221tuburoko (31)
自転車は吊り橋通行可。人も渡っていたので押して歩きました。

20210221tuburoko (34)
ダムの堰堤も渡りました。

20210221tuburoko (35)
矢治峠入り口。

20210221tuburoko (36)
森の中だと自動的にヘッドライトがつきます。

20210221tuburoko (38)
駐車地に帰ってきましたが、電池がまだ残っていたので、この坂を上ることにしました。

20210221tuburoko (39)
楽勝でした。

20210221tuburoko (43)
入野の子安地蔵尊の前の建物。今日は吉野町議会選挙の投票日でした。定員9の候補者が10だとか。

20210221tuburoko (44)
この入野の川沿いは春はこんな感じ。ベンチとかがないのが残念。

20210221tuburoko (45)
帰ってアシスタに注油しておきました。

今日のサイクリングルートは車道ではありますが、車はほとんど通りません。(入野からダムまで駐車車両は何台もありましたが、走ってる車には出会いませんでした。)非常に安全な道だといえます。歩くのもいいですが、単調と言えば単調なので、自転車でのんびり走るのがベストかと思いました。自転車を車に積んでのサイクリングドライブ。行き先を探す楽しみが増えました。

背ノ山(和歌山県かつらぎ町)

ツーリング
02 /20 2021
記事一覧

「万葉」というと奈良の専売特許かと思いきや、和歌山県のR24沿いには「道の駅紀の川万葉の里」があります。
紀の川沿いは古代から多くの人々が行き交う要道だったそうです。
特にこの道の駅の近くにある背ノ山と、中洲の船岡山、対岸の妹山は、万葉集などでも歌枕(名所旧跡)として15首も詠まれているらしいです。
 
ということで、背ノ山(167.6m)に登る目的で、橿原から京奈和を西進。GSRだと6000回転以上回します。風に時折あおられますが、車にあおられることはないです。

紀北かつらぎICで下りてR24を西進。1時間くらいで道の駅に到着。

20210220senoyama (1)
そこそこの人出。

20210220senoyama (3)
南東方面。いいお天気。

20210220senoyama (5)
皆さんテントを張ったりして、思い思いに過ごしておられる。一人BBQの方も?

20210220senoyama (6)
車に電動三輪車を積んで、このへんをサイクリングするのもいいなぁ。

20210220senoyama (13)
こんなふうな歌が詠まれている背ノ山。

20210220senoyama (16)
すぐ近くにあります。

20210220senoyama (18)
あれですね。山、というほどの高さではないけれど。道の駅との標高差は115m。

20210220senoyama (19)
JR和歌山線をくぐります。

20210220senoyama (23)
どこでもミカン。

20210220senoyama (26)
古代人も利用した井戸か?澄んだ水をたたえていました。

20210220senoyama (31)
ここに案内表示がありました。ただし消えかけ。背ノ山に登る人などほとんどいないであろうと思われていると思います。

20210220senoyama (35)
なかなかきつい上り坂。軽トラ専用道。

20210220senoyama (37)
中央の土地は整備中らしい新しい公園です。

20210220senoyama (40)
毎日梅が見られてうれしいです。

20210220senoyama (43)
高圧線の鉄塔。

20210220senoyama (44)
どこまで伸びていくのか?調べると海南火力発電所から伸びていて大阪の河内長野の方へ伸びている模様。

20210220senoyama (45)
背ノ山には二峯あり、鉢伏山と城山というらしい。まずは鉢伏山へ。

20210220senoyama (47)
docomoのアンテナやら建設省の中継所やらあって、万葉に思いを馳せるという雰囲気ではないけれど、まぁ誰もいないし、悪くはない。

20210220senoyama (53)
梅の向うに中継所。

20210220senoyama (55)
例の歌の歌碑もありますね。

20210220senoyama (64)
もうひとつの城山へは道がなかったのですが、畑仕事用の道か、踏み跡があったので行くと、行けました。

20210220senoyama (67)
こっちの峯はただの原っぱという感じです。

20210220senoyama (72)
今日のアウトドア食堂。城山の峯近くの畑。

20210220senoyama (73)
ビーフシチュー、うまカツ、豆など。和歌山のラジオを聞きながらゆっくりいただきます。

20210220senoyama (76)
帰りは城山から下る道があったので、行ってみます。

20210220senoyama (77)
あれが鉢伏山。

20210220senoyama (82)
う~ん。読めない。

20210220senoyama (85)
気になるけどね・・・読めない。

20210220senoyama (87)
下の車道まで下りてきました。

20210220senoyama (94)
立派なモニュメント。裏に由来が書いてあったけれど、カタカナと漢字交じりでよくわかりませんでした。
観光協会のHPでは次の通り。
「宝永4年(1707)大畑才蔵が小田井用水を開削したとき、この一帯は固い岩盤のため
最大の難工事であった。
そのおかげで、伊都・那賀両郡およそ1000町歩の水田を潤し、穀倉に生まれかわった。
昭和40年(1965)背ノ山隨道が完成し用水路の変更にあたり、その遺徳をしのび、ここ
に立てたものである。」

20210220senoyama (99)
見事なしだれ梅のあるお屋敷。

20210220senoyama (101)
いいですね、このサイクリング道。

20210220senoyama (102)
道の駅は三色すみれがきれい。

船岡山と妹山は道の駅近くに橋がないので、ちょっと行きにくいです。また別の機会に行くことにしましょう。
古くは「南海道」、近世では「大和街道」と呼ばれていた紀の川沿いルート。今では「京奈和」が走り、やっぱり重要なルートであり続けていますね。
道の駅に帰ってきたら8000歩を越えていました。
帰りは紀の川フルーツラインを走り、橋本ICから京奈和でした。

平城宮跡

ツーリング
02 /19 2021
記事一覧

木津川市の「木津城址公園」へ行き、歩いてちょっとだけ大仏鉄道の遺構を巡ろうと思い、橿原からR24を北上。
京都府に入り、予定通り大谷交差点を右折、新しい道を西へ。

しかし、左折すべきところをしないで直進してしまい、結局「城山台公園(別名大仏鐡道公園)」に到着。まぁ、木津城址公園からここまで歩くつもりだったので、それでもよかったんですが・・・あたりは新興住宅街で、瀟洒?な家々が立ち並ぶ地域。
なんか、ウォーキングしたいなぁという雰囲気ではないので、プランBへ。

R24に戻り、一条高校のところで西へ曲がり、平城宮跡へ。
県道沿いの駐車場には停めず、南下して東院庭園前の駐車場に到着。

20210219heijokyo (1)
ツーリングというほどの距離を走ってませんが。

20210219heijokyo (33)
梅が出迎えてくれました。


20210219heijokyo (4)


20210219heijokyo (6)
ラーメン作ったらダメです。

20210219heijokyo (8)
庭園に入ってみます。

20210219heijokyo (9)
発掘の様子の模型。

20210219heijokyo (11)
なかなか雰囲気のいい復元。

20210219heijokyo (13)
誰もいないのでゆっくり鑑賞。

20210219heijokyo (18)
もじゃもじゃとした植物はハギ。

20210219heijokyo (24)
発掘調査と同時に復元もしていたみたい。

20210219heijokyo (25)
今は右下。南北は1kmくらい。東西は1.3kmくらい。一周すると4.5kmほど歩けそうです。

20210219heijokyo (27)
歴史のある広大な原っぱ。

20210219heijokyo (30)
今日のアウトドア食堂。

20210219heijokyo (32)
焼きそばとビーフシチュー。まだ陽が差さずちょっと寒かったけど、ラジオ聞きながらゆっくりいただきました。

20210219heijokyo (35)
平城宮跡の中を通る近鉄電車。

20210219heijokyo (42)
自転車は入ってもいいんですね。今度は電動三輪車で来てもいい。

20210219heijokyo (47)
広い朱雀大路から見る朱雀門。2万人くらいで集会ができそうだ。

20210219heijokyo (50)
遣唐使船が展示されていました。

20210219heijokyo (53)
竹を編んだような帆を使っていたらしい。

20210219heijokyo (61)
屋内に雛人形の展示。

20210219heijokyo (66)
マスク人形を選んで撮影。

20210219heijokyo (67)

20210219heijokyo (70)
朱雀門。門衛がおひとり。

20210219heijokyo (73)
若草山が見えます。今年の山焼きは燃え広がらなかったそう。


20210219heijokyo (80)
南西の角っこから撮影。

20210219heijokyo (85)
県道に出て、この看板に従ってこのお店に行きます。

20210219heijokyo (86)
「鹿サブレ」というお菓子を買いました。

20210219heijokyo (88)
第一次大極殿。

20210219heijokyo (90)
ここも何か建設中なのかな。

20210219heijokyo (92)
まだまだ発掘中。


広い広い平城宮跡。犬の散歩はOKなので、かなりのワンちゃんが歩いています。展示館もいくつかあるので、学術的興味のある人にも魅力的。私は歩いて弁当食べるだけですが、開放感があって、なかなか楽しめました。

帰りはちょっと大阪府へ行ったので走行は113km。一日の歩数は10000歩。プランBでよかったです!

ハイサイ外鎌山

その他
02 /14 2021
記事一覧

電動三輪車でハイキングサイクリング(ハイサイ)。
お弁当を後ろ籠に入れて、松塚あたりから中和幹線を東へ。

20210214Mttokama (1)
中和幹線に出る前のC7にて。

20210214Mttokama (2)
春近し。

20210214Mttokama (6)
中和幹線に銀座のパン屋さんが出店されています。ネットで見たら一斤2000円くらいでした。高級食パンらしいです。

20210214Mttokama (8)
R24を地下道でくぐります。

20210214Mttokama (9)
近鉄橿原線は迂回して踏切を渡ります。

20210214Mttokama (11)
ここは・・・

20210214Mttokama (12)
最初は気付かなかったんですが、地下道がありました。

20210214Mttokama (14)
ラムーの向うに三輪山。中和幹線はいろんな店がありますね。コロナ禍のなか、みんな普通に買い物されている様子。

20210214Mttokama (15)
桜井警察を過ぎると中和幹線は高架になります。その下を広い歩道が通っています。

20210214Mttokama (16)
あれ?行き止まり!

20210214Mttokama (17)
地下道発見!

20210214Mttokama (18)
きれいなWCがありました。コーヒーブレイク。

20210214Mttokama (22)
「シキシマカナサシノミヤ」という宮があったところのようで、小さな公園と東屋がありました。

20210214Mttokama (25)
あれが外鎌山かな。

20210214Mttokama (26)
この交差点までやってきました。

20210214Mttokama (27)
大和川沿いの細道を行けば・・・

20210214Mttokama (31)
近鉄大和朝倉駅到着。「弱モード」で2時間かかりました。ここからはハイキング。

20210214Mttokama (35)
全戸の苗字が表示してありますが、個人情報にうるさい時代においては珍しいかもですね。

20210214Mttokama (38)
住宅街を歩くだけでもけっこう上ってきました。

20210214Mttokama (40)
ここが登山口。

20210214Mttokama (43)
竹林パート。

20210214Mttokama (49)
けっこうきつい登りです。

20210214Mttokama (53)
まぁでも、292.5mですから、たいした時間もかからず山頂に到着。大和三山と左手前は隣の鳥見山。

20210214Mttokama (54)
ほんとにいい眺めですね。

20210214Mttokama (60)
近鉄電車が走っている。

20210214Mttokama (65)
特等席はほかの方がいらっしゃったので、手前のベンチでお弁当。

20210214Mttokama (62)
おでん弁当と麦笑のベーコンチーズ。人気の山だけに、一人きりになることはありませんでした。

20210214Mttokama (67)
忍阪、竜谷方面へ下山します。

20210214Mttokama (71)
前回は忍阪へ下りましたが、今日は反対側の竜谷に下りてみます。

20210214Mttokama (81)
分岐。右から下りてきました。左へ下りていくと、石位寺のあたりへ下りていくのかな?

20210214Mttokama (87)
竜谷の集落が見えてきました。

20210214Mttokama (90)
ここへ下りてきました。隣は民家。案内標識はありません。ここへおりてくるだろうなとは見当がついていました。

20210214Mttokama (91)
のどかな里。そんなに遠いところへ行かずとも、ホッとする風景はあるんですね。

20210214Mttokama (101)
Emu55?

20210214Mttokama (95)
エミューが四羽。

20210214Mttokama (97)
キミは食用?

20210214Mttokama (103)
これでナンバープレートが付いています。

20210214Mttokama (108)
帰りの中和幹線にて。やたら電柱が写りますが、それなりに夕暮れの雰囲気は伝わるかと。

6h30mのアクティビティ。自転車3時間30分。ハイキング2時間、休憩1時間というところ。
竜谷に下山して大和朝倉駅までがけっこうありました。今日は歩き10000歩としておこう。
ハイサイはけっこう運動した気になりますね。電車賃もガソリン代も不要。世の中の役には立たないが、体力はつきました。

富田林コロッケ

ツーリング
02 /13 2021
記事一覧

ぽかぽか陽気。ネックウォーマーをしていると首に汗をかくくらい。
まずは週に一度の東吉野のパン屋さん「麦笑」へ。

20210213korokke.jpg
いつもの魚見石前。ここまでスイスイと来れました。

麦笑でパンを購入後、窪垣内までもどり、宮滝の吉野消防署からR169へ。吉野川沿いに走り土田交差点を右折。
「焼き鳥赤影」という一風変わった店構えのお店を過ぎて左折、あとは道なりにどんどん走ります。
R309に合流してどんどん西へ。水越峠をぐんぐん登りトンネル通過。
ランチタイムは過ぎているのですが、適当な公園がありません。

仕方ないので「道の駅かなん」に初めて寄ります。

20210213koroke (2)
奈良があまりにも自然豊かなので、河南に来て自然豊かとはあまり感じません・・・大阪から来れば感じるでしょうね。

20210213koroke (3)
消費しないのであえて中は見ません。立ったまま麦笑のパンをいただきます。そばの国道は直線なのでいろんなバイクがエンジンを回して走り去っていきます。

板持南で右折、道なりに走り石川を渡ります。すぐに右手に業務スーパーがあるところを左折、富田林寺内町方面へ。
突き当りを左折するとすぐに富田林コロッケのお店です。

20210213koroke (4)
営業は土日のみ。

20210213koroke (6)
サトイモの仲間の海老芋で作るコロッケ。

20210213koroke (5)
プレーンとチーズ入り、カレー味の三種類があるようです。プレーンを注文。

20210213koroke (9)
店内での飲食はできません。

お客さんは寺内町巡りの人が多いようです。コロッケなので手軽ですよね。
できるまでに5分少々待ちます。

ネットで「あのねのね」の原田さんが、富田林市長に面会した後に、このお店に来られていました。その時彼にコロッケを渡していた女性から私もコロッケをいただきました。

20210213koroke (1)
帰宅後いただきました。ねっとりしててちょうどいい塩加減、おいしかったです。
麦笑の往復だけより、ぐるっとまわってコロッケを買うツーリングもいいかも。どちらも土日営業だし。
122kmでした。麦笑だけより30kmちょい距離がのびました。

蝋梅の里(河内長野市流谷)

ツーリング
02 /12 2021
記事一覧

「蝋梅の里」というくらいだから、二本や三本ではなかろうと、期待しながら出発。

橿原ICから京奈和に乗り、すいた道を一気に橋本へ。
R371を北上し、紀見トンネルを抜け、バイパスには行かずに旧道へ入るとすぐに出合ノ辻。
左折してまたすぐ左折、600mほど走ると八幡神社の駐車場に到着。

20210212robaisato (1)
蝋梅の里はもう少し先ですが、ウォークで行くためにここに駐車。

20210212robaisato (4)
朱色の橋を渡って神社へ。大きな木は勧請杉。勧請、といっても仏教用語でなかなかむずかしい。

20210212robaisato (7)
こっちは勧請縄。毎年1月6日に注連縄をこうやって川に渡すらしいです。

20210212robaisato (12)
ジャンボなサルノコシカケ?単三電池を置いたのは私。

20210212robaisato (14)
この鉄製湯釜は1340年作。この神社自体、創建はおよそ1000年前!!

20210212robaisato (19)
天然記念物の大イチョウ。樹齢400年以上らしい。

20210212robaisato (20)
老いてなお壮健!

20210212robaisato (22)
怪物の脚のようなむき出しの根。迫力あります。

20210212robaisato (24)
道路に戻って蝋梅の里へ歩いていきます。80mほど上ることになります。

20210212robaisato (28)
お屋敷と呼べそうな家が多いような・・・

20210212robaisato (31)
風もないし、梅は咲いているし、人はいないし・・・

20210212robaisato (33)
自然の滝のような、そうでないような・・・

20210212robaisato (37)
咲き誇る。

20210212robaisato (39)
落ちずに頑張る栗ひとつ。

20210212robaisato (41)
このへんでイノシシを猟銃で狩っています、とのお知らせ。

20210212robaisato (48)
なるほど!座布団一枚!

20210212robaisato (50)
やたら、不審者、痴漢などへの警告が多い。

ここで気が付きました!バイクのカギがない!ああああああ!トップケースにさしたままじゃないだろうか!
来た道を駆け足、速足で戻ります。

20210212robaisato (52)
ありました!ぼけてましたよ。田舎でよかった!

20210212robaisato (54)
だいぶん歩いていたので、もう一度歩くのはやめて、バイクで蝋梅の里の近くの駐車スペースまでやって来ました。

20210212robaisato (56)
新しめの案内が立っています。

20210212robaisato (59)
いっぱい咲いています。

20210212robaisato (64)
花盛りです。

20210212robaisato (70)
こんな咲き方があるんですね。

20210212robaisato (74)
植樹して二十数年のようですが、大きくなっていますね。7~8mもあります。

20210212robaisato (78)
個人の土地のようですが、自由に見て回ってOKの様子。

20210212robaisato (82)
蝋梅の里にふさわしい。

20210212robaisato (83)
ここは「山茱萸(サンシュユ)の里」でもありますが、この裸の木が山茱萸かな。

20210212robaisato (88)
お花畑です!

20210212robaisato (98)
だいぶん上のほうまで上がってきました。これより上には民家はないようです。

20210212robaisato (101)
今日のアウトドア食堂。

20210212robaisato (102)
おでん弁当。NHKごごカフェで「アララクラシック」というのを聞きながらゆっくりいただきます。
食べていたら、発砲音が!

20210212robaisato (111)
最後にもう一枚。

帰りも京奈和を利用。帰りは御所で下りましたが、帰ってニュースを聞いていたら御所ICで事故があったらしい。見通しのいいところなのに、気をつけねば。
88km、今日一日で7100歩。この場所は3月下旬にサンシュユを見に行ってもいいですね。

西田原ふるさと公園(名張)

ツーリング
02 /11 2021
記事一覧

「西田原ふるさと公園」といっても、県別地図には載っていないので、多分地元の人しか知らないのでは?
「眺望絶景、名張のパノラマが一望」らしいので行ってみます。山というより丘、里山という感じ。

榛原の山麓線経由でR165に出て、狭めの国道をライン取りに気を付けて走行。名張に入り、いろんな店がいっぱいあるなぁと思っていると蔵持町原出。ここを左折して4kmほどR368を走り、「弥勒寺」の看板で右折。

20210211nishitahara (2)
立派なお寺がありました。

20210211nishitahara (3)
駐車場は傾斜しているので停める方向に注意。

20210211nishitahara (4)
いろいろ像があるようですね。

20210211nishitahara (5)
このキャッチフレーズにつられて来たのです。

20210211nishitahara (6)
駐車場からの眺め。田んぼの広がる農村地帯。

20210211nishitahara (7)
ルートの案内がありました。

20210211nishitahara (9)
弥勒寺の本堂の裏手を上っていきます。

20210211nishitahara (11)
多分50mくらいしか登りません。

20210211nishitahara (13)
でも感じのいいハイキング道です。

20210211nishitahara (14)
お天気のいい日は日陰の森の中より、こんな道を歩きたいですね。

20210211nishitahara (16)
もう着いてしまいました。運動にならない!

20210211nishitahara (17)
何が見えているのかな?

20210211nishitahara (20)
写真ではわかりませんが、青山高原の風車群が見えます。

20210211nishitahara (21)
左が尼が岳、右に大洞山、らしい。

20210211nishitahara (22)
どれとはいえないけれど、左から倶留尊山、古光山、そして鎧岳。

20210211nishitahara (23)
国見山と住塚山も見えている、はず。

20210211nishitahara (19)
まだ道が続いていたので行ってみます。

20210211nishitahara (25)
ゲートを通ると・・・

20210211nishitahara (27)
さっき走ってきた国道でした。

20210211nishitahara (30)
展望所までもどり、別の道へ。

20210211nishitahara (32)
フェンス沿いに歩いてみます。

20210211nishitahara (33)
道はありそうでしたが、途中で草に覆われてしまっていました。Uターン。

20210211nishitahara (34)
20年ほど前に桜が何本か植えられたようです。

20210211nishitahara (36)
本日のアウトドア食堂。太陽光にあたりながら食べたい。春なら目の前は桜が咲いていることになります。

20210211nishitahara (38)
コロッケやら天津鍋の具やらの適当弁当。麦笑のアンパン。ラジオを聞きながらゆっくりいただきます。
突然の柏手。振り向くとおひとり、社にお参りされてました。

20210211nishitahara (40)
帰りは別の道を選択。集落はすぐ下なので、適当に歩けばよかろうと。

20210211nishitahara (42)
歩きやすくはないですが。

20210211nishitahara (45)
山奥ならこんな道行きませんが。

20210211nishitahara (47)
無事に集落のここに出てきました。

帰り支度をしているとお寺の方が「お参りできますよ」と声をかけてくださったのだが、「急いでいますので・・・」と口を濁して、ささっと家路につきました。信心するにはあと10年はかかる?いずれはね。

帰りは久々にコリドールをちょっと走り、県道80号から国道25号、小倉ICからこれも久々のやまなみロードで龍穴神社。
室生寺の前を通り、R165、山麓線経由で西峠、そして女寄峠経由となりました。帰りはけっこう走りが楽しめたと思います。

136km、4000歩。たいした運動にはなりませんでしたが、いいお天気で気持ち良かったです。
お昼ご飯を食べていると、大音量の軍歌?が聞こえてきました。そうか、今日は建国記念の日でした。

広陵町東部農村広場

車で遠足
02 /07 2021
記事一覧

午前中はGSRで東吉野のパン屋さん麦笑への往復。
午後もあいていたので、ちょっと車でお散歩。週に一度は乗らなくては。

メジャーな馬見丘陵公園はやっぱりやめて、最近よく通る葛城川沿いの県道108号に「与楽寺」と案内があるのを思い出し、寄ってみることにします。

広陵町のクリーンセンターのすぐ北から東へ。突き当りが与楽寺の駐車場でした。

20210207yourakuji (3)
与楽寺は「ようらくじ」と読むようです。

20210207yourakuji (4)
振り返ると広がる大和平野。

20210207yourakuji (5)
ここは広陵町東部農村広場。きれいなWCと児童公園があります。

20210207yourakuji (23)
与楽寺。弘法大師の座像が本尊らしい。

20210207yourakuji (6)
広場には池がふたつあります。

20210207yourakuji (30)
桜が咲く季節もよさそう。

20210207yourakuji (32)
コイとかの魚影はありません。

20210207yourakuji (33)
東屋がひとつ。コーヒーブレイクしました。

20210207yourakuji (34)
東側の曽我川ぞいを北へ歩いてみます。これは南側を撮影したもの。

20210207yourakuji (11)
ゴルフ練習場があります。曽我川ゴルフセンターですね。10人くらい打っていました。

20210207yourakuji (12)
県道14号。桜井田原本王寺線。交通量は多いです。

20210207yourakuji (14)
向うに見える学校は県立大和広陵高校ですね。高田東高校+広陵高校でできた高校。

20210207yourakuji (16)
枯れたように見える作物がいっぱい。

20210207yourakuji (18)
これは綿では。奈良盆地は昔綿の産地だったらしい。今もこのあたりは靴下で有名。

20210207yourakuji (19)
いっぱいに咲いている紅梅。

20210207yourakuji (21)
立派な塔がありました。常念寺の墓地内にあります。

20210207yourakuji (48)
その塔と二上山と赤い夕陽。

20210207yourakuji (25)
そろそろ帰りましょう。

9世紀初期に空海が訪れて、池を掘られたという与楽寺でした。近場の散歩もいいですね。すぐ帰れるし。

柳生の忘れられた遊歩道

ツーリング
02 /06 2021
記事一覧

柳生ではまだ「柳生古城跡」に行っていないので、歩きに行きます。時間があれば「一刀石」にも行こうかなと出発。

今日はいつもとは違い、天理市街からR25で天理ダムを通り、福住中学を過ぎて県道47号へ。この47号は交通量も少なく、農村風景を見ながらのんびり走れます。
杣ノ川でR369に合流、あとはスイスイと柳生まで。天気も良く快走です。

20210206yagyh (1)
結構車が停まっている公営駐車場。

20210206yagyh (2)
この地図で一番上の古城跡に行きます。

20210206yagyh (4)
鬼滅の刃で柳生人気再燃か。

20210206yagyh (8)
打滝川がキラキラ光っています。

20210206yagyh (10)
ここから山へ上ります。

20210206yagyh (11)
古城山、剣塚方面へ。

20210206yagyh (13)
剣塚までしか行けないようで、阿対の石仏は消してあります。道があるのなら行ってみたいですが・・・

20210206yagyh (15)
ちょっと登れば景色がよくなりました。小学校はまだありますが、人口構成はどうなってるのでしょう。

20210206yagyh (16)
結構急なところもあります。

20210206yagyh (19)
落ち葉でふかふかの道です。

20210206yagyh (20)
東屋が見えてきました。

20210206yagyh (21)
使えそうですが、日陰ですね。

20210206yagyh (28)
広場になっています。

20210206yagyh (30)
剣塚の前でお弁当にします。日向ぼっこをしながら食べたい。

20210206yagyh (31)
最近カネテツの「うまカツ」というのがお気に入り。野菜の下に入っています。

NHKで昔ののど自慢の音声を聞きながらゆっくりいただきます。誰も来ません、貸切です!

20210206yagyh (23)
あれが桜なら、一本でもいいからここで花見したい。

20210206yagyh (33)
標識はないですが、道は続いていたのでさらに進んでみます。

20210206yagyh (34)
柳生沿線?

20210206yagyh (39)
展望が開けたところがありました。

20210206yagyh (41)
特に危険なところのない道です。

20210206yagyh (44)
枠は鉄製なので大丈夫。

20210206yagyh (45)
倒れた標識。根元が腐っています。

20210206yagyh (47)
阿対の石仏0.8kmかな?

20210206yagyh (49)
分岐。案内がないので、左へ。左へ行くと県道に下りれるのはわかっています。

20210206yagyh (51)
ここで道がわからなくなりましたが、さらに行きます。

20210206yagyh (52)
道に復活。

20210206yagyh (53)
民家と県道4号が見えてきました。

20210206yagyh (57)
小学校の近くに下りていきます。

20210206yagyh (63)
ここに下りてきました。阿対の石仏はまだ400mほど北になります。さっきの分岐で直進すればよかったのかもしれません。
まぁ、そこそこ歩いたので駐車場へ戻ります。

20210206yagyh (64)
コスプレ撮影を奨励していますね。

来た道をもどります。まずまずの快走です。

20210206yagyh (67)
山の辺の道の内山永久寺跡に寄りました。天理トンネルのすぐ南側です。また自転車で来ようかな。

20210206yagyh (65)
ちょっと止まっただけですが、その間にも何組も歩いて通過されました。

20210206yagyh (70)
杣之内町に「なら歴史芸術文化村」というのを建設しているようです。グーグルマップにはそう載っています。

暖かく、歩いていっぱい汗をかきました。今日の道は、駐車場の係りの人に聞いてもそんな道があるんですね、みたいな感じで、観光地図には載っていない「忘れ去られた遊歩道」でした。柳生から笠置へ歩くときにわざわざ使うルートではないかもしれませんが、雰囲気のよい森歩きが楽しめます。次回はぜひ阿対の石仏まで歩きたいと思います。
106km。6800歩でした。

蝋梅サイクリング(大和民俗公園)

その他
02 /03 2021
記事一覧

予定では天理の桃尾の滝から大国見山に登るつもりでしたが、またまた出発が遅れ、バイクはやめてサイクリングに。

電動三輪車アシスタに新しいバッテリーを装着してスタート。

20210203yamatominpark (1)
近鉄松塚駅西から「ならクルC7」を北上します。

20210203yamatominpark (3)
途中の梅。

20210203yamatominpark (4)
奈良県第二浄化センタースポーツ広場にやってきました。

20210203yamatominpark (5)
Vサインがなければ、「助けて~!」にも見えなくもない。

20210203yamatominpark (6)
一部車道もありますが、車はほとんど通りません。

20210203yamatominpark (7)
御幸橋を渡ります。

20210203yamatominpark (9)
信貴山の方向。

20210203yamatominpark (10)
法隆寺にもそのうち行きたい。自動二輪では情緒がない、サイクリングがちょうどいいですね。

20210203yamatominpark (15)
ここを左折して大和民俗公園へ。奈良高専の前を通ります。

20210203yamatominpark (16)
大和民俗公園の駐輪場に到着。私の自転車はスタンドいらず。もう3時前になってしまいました。2時間弱かかっています。明るいうちに帰るためには長居はできません。

20210203yamatominpark (21)
古民家の展示スペース。

20210203yamatominpark (22)
ちょうどベンチがあったので遅いランチ。八宝菜と麦笑のパン。

20210203yamatominpark (23)
これが麦笑のエピ。ちいさいけれど硬いですからゆっくりいただきます。

20210203yamatominpark (30)
博物館はリニューアルオープン待ちみたいですね。

20210203yamatominpark (24)
池のほとりでお弁当もよさそう。

20210203yamatominpark (26)
自然の地形を生かしているようで、なかなか雰囲気がいいですね。

20210203yamatominpark (54)
新聞にこんなのが載っていたのでやってきたのですが、ずっと歩いていてもどこに咲いているのかわかりませんでした・・・

ちょうど博物館の方が旗おろしされていたので伺うと、すぐ近くとのこと。

20210203yamatominpark (33)
ありました!

20210203yamatominpark (38)

20210203yamatominpark (40)

20210203yamatominpark (32)
梅もね。

20210203yamatominpark (42)

20210203yamatominpark (45)
梅はけっこう本数がありますが、蝋梅は、実はちょっとだけでした・・・蝋梅林でもあるのかと思ってました。

いつの間にか四時過ぎ、蝋梅を見たので急いで帰ります。モードは「高」。一心不乱に?こぎます。まぁ、時速は最大15kmくらいしか出ませんが。

20210203yamatominpark (50)
途中で日暮れるのでした。自転車専用道なので安全ではあります。ヘッドライトもつくし、別にもうひとつライトを装着しています。
リアのライトも点滅します。さすが電動です。

20210203yamatominpark (51)
二上山と夕焼け。

帰って歩数計を見ると2万近くになっていました。公園で歩いたのは2kmくらいなので、あとは自転車をこいでかせいだ数字です。
まぁ、35km近くはこいだので、2万歩歩いたことにしましょう!アシストのせいで無理な負荷が脚にかからないので、変に疲れません。ジムの自転車こぎよりははるかに楽しいかもですね。無料だし・・・

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?