ラーサイ廣瀬神社

その他
12 /31 2020
記事一覧

寒い。バイクに乗って楽しそうな気温ではないけれど、テレビばかり見ていてはいかんなぁと思い、電動三輪自転車でお出かけ。

20201231asistahirose (1)
奈良くるC7を北上することにします。横風がきつい。

20201231asistahirose (3)
広陵プリンスゴルフまで来ました。結構お客さんがいました。

20201231asistahirose (4)
寒空に桜並木。もう春が待ち遠しい。

20201231asistahirose (5)
近鉄田原本線をくぐります。

20201231asistahirose (6)
第二浄化センタースポーツ広場はお休み。

20201231asistahirose (7)
ちょっとトイレ休憩。熱いコーヒーと紅茶で暖を取ります。

20201231asistahirose (8)
ここは河合町らしいですが、この辺には上牧町、広陵町、田原本町、三宅町、川西町、安堵町などあって、境目がよくわかりません・・・ちなみに王寺町が奈良では一番「住みここち」がいいとのニュースがありましたね。

20201231asistahirose (9)
リサイクルセンターだが、民間の施設のようです。

20201231asistahirose (10)
振り返ると、南のほうは雪が降っているかもというような雲行き。

20201231asistahirose (13)
御幸橋近くの廣瀬神社の東屋に到着。今日の目的地。

20201231asistahirose (14)
今日はラーサイ(ラーメンサイクリング)なのです。このバーナーは数十年前に買ったものだと思いますが・・・カートリッジも20年以上前のものですが・・・大丈夫か?安全のためにバスケットの中で調理。

無事に使えました・・・

20201231asistahirose (15)
ラーメンに大根葉の炒め物を入れます。

20201231asistahirose (16)
出来上がり。ラーメンのあとは麦笑のブドウパンもいただきました。

20201231asistahirose (18)
誰もいない神社の隅で、大みそかにラーメンすする男。久々の外ラーメンでした!

20201231asistahirose (20)
帰りは飛鳥川沿いに橿原を目指します。

20201231asistahirose (25)
気温は3度くらいかも。もっている服で一番ごついコートを着ているので体は寒くない。鼻水は出ます。人込みなら気を使うが、誰もいない!

20201231asistahirose (29)
風を受けて揺れる水面がキラキラ光る。

20201231asistahirose (31)
京奈和自動車道をくぐります。ここでなぜか電源が切れる!電池の残量はあったと思うのですが・・・電動アシストがなくなりました!
仕方ないので自力でこぎます。セカンドギアなら少々の坂は行ける。ただし遅い!

20201231asistahirose (33)
この休憩所は弥生時代の遺構があったところだそうです。

20201231asistahirose (37)
雪でも降りそうな・・・(あとで実際にチラついていました)

20201231asistahirose (40)
今井町まで下ってきました。アシストなくてもまぁまぁいけました。

20201231asistahirose (42)
畝傍山。明日から橿原神宮は密になるのでしょうか?

帰ってから充電池を充電器に置くと、赤い点滅!「保護機能が働いており、電池を交換してください」とマニュアルにあり。
もう壊れたの?このバッテリー、4万円近くするらしいけど・・・どうしようか・・・

5時間以上、寒風の中の活動。今年の運動収めでした。来年もアクティブでありたいです。まずはコロナ禍の終焉を願います!
スポンサーサイト



伊那佐山(林道を歩いて)

ツーリング
12 /29 2020
記事一覧

大和高田バイパスを昼前に走っていたら、橿原の小房の付近で黒い煙が上がっている。火事かなと思ってちらちら見ていると、まさに今放水しての消火中でした。帰宅してからネットを見たら、写真も投稿されていました。乾燥する季節、気をつけねば・・・

桜井浅古から女寄峠を越え、野依経由で榛原フレンドパークへ。またまたの訪問です。

20201229inasayama (1)
安心安全の駐車場。お子さん連れが多い公園。着替えて出発。

20201229inasayama (2)
宇陀水分神社の横を通り

20201229inasayama (3)
農道を上がっていきます。

20201229inasayama (6)
この間チェックしておいた林道入り口。

20201229inasayama (7)
しばらく行くと、ちいさな貯水池があります。魚影なし。

20201229inasayama (9)
轍はしっかりとあり、しょっちゅう車は通っている様子。

20201229inasayama (11)
溜池があります。そばでお弁当という雰囲気ではない。

20201229inasayama (17)
「近年」とあるが、ひょっとして昭和?

20201229inasayama (22)
一時間ほどで林道は終点。伊那佐山はここから登山道になります。

20201229inasayama (24)
井足岳へは細い道を上って行きますが、今日はやめとこう。

20201229inasayama (25)
伊那佐山はここからちょっとだけ急な登り。

20201229inasayama (27)
ジグザグに上って行き、着いたみたい。

20201229inasayama (28)
神社に到着。正月前だからか、きれいになっています。

20201229inasayama (37)
展望スポット。

20201229inasayama (30)
西方、八咫烏神社方面が見えています。

20201229inasayama (34)
この景色もおかずにお弁当。麦笑のドライフルーツパンとブロッコリー。ラジオを聞きながらゆっくりといただきます。風がまったくないので快適です。

20201229inasayama (38)
神社には時節柄、コロナ収束を願うお札が。

20201229inasayama (39)
来た道を帰ります。会ったのは軽自動車二台だけ。歩いているのは私だけでした。

20201229inasayama (40)
日照を得られないせいか、枯れている葉も多い。あまり手入れされている感はありません。

20201229inasayama (43)
奈良県立榛生昇陽高等学校だと思いますが、「しんせいしょうよう」高校と読むらしい。榛原高校と室生高校をひっつけてできた高校らしいですが、「しんせい」と読むとは・・・自転車競技部がときどきNHK「ならナビ」で取り上げられていますね。

20201229inasayama (45)
額井岳と思います。


20201229inasayama (46)
左から鳥見山、貝ヶ平山、香酔山なんじゃないかなと・・・榛原フレンドパークからよく見えます。

走行たったの62km。今日一日の歩数は12627歩。
伊那佐山は竹橋のあたりから登るのが普通ですが、今日の林道コースは無理なく歩けて、それなりに楽しめました。次回は井足岳をまわることにしようかな。榛原フレンドパークを起点にしてのウォークでした。今年はこれで走り納め?

西吉野コミュニティセンターから波宝神社

ツーリング
12 /27 2020
記事一覧

夜は雨が降るそうですが、日中は大丈夫みたいなのでGSRでGo!
桜井浅古から八井内を直進、吉野川に出てラッキーボールからフルーツロード、県道20号で南下、白銀郵便局を過ぎてトンネルをくぐり左折、西吉野コミュニティセンターへ。

20201227hanou walk (2)
屋根付きの豪華なゲートボール場があり、そばに駐車場。誰もいませんね。

20201227hanou walk (4)
柿を吊るした家の前を通ります。

20201227hanou walk (5)
橋の手前を左に上ります。

20201227hanou walk (6)
下はさっきバイクで通った県道のトンネルです。

20201227hanou walk (8)
落ち葉で覆われていますが、一応舗装されている道です。

20201227hanou walk (9)
轍はありませんが、軽トラがぎりぎり通れる幅かなぁ。

20201227hanou walk (17)
だいぶん上ってきました。西吉野コミュニティセンターの建物が見えます。私のGSRも見えています。

20201227hanou walk (18)
この分岐は左へ行きます。

20201227hanou walk (25)
県道138号に出ました。

20201227hanou walk (24)
この納屋のあるところです。まだ残っていました!そろそろやばいですね。

20201227hanou walk (26)
すぐに分岐があり、左へ。何も表示はありませんが、先には八ツ川の民家が数軒あります。(県道は右へ)

20201227hanou walk (27)
きれいな道。獣害フェンス沿いに歩きます。基本、ずっと登りです。

20201227hanou walk (28)
可愛い実がなっています。

20201227hanou walk (31)
この民家にも吊るし柿が。

20201227hanou walk (33)
今は五條市。でも、かなり辺鄙です。四駆が必要かも。

20201227hanou walk (37)
この分岐を左へ行くのですが、最初は通り過ぎて、300mほど行ってから気が付いてUターン。

20201227hanou walk (38)
石垣のある家のそばを歩いて山の中へ。

20201227hanou walk (41)
この分岐は倒木のあるほうへ。ここから急坂で高度を上げます。

20201227hanou walk (42)
路面は見えませんが、コンクリ舗装です。オフ車なら行けそうですが、下りはスリップしそう。

20201227hanou walk (45)
着いたかな?

20201227hanou walk (47)
波宝神社の鳥居のところ。右の道から上がってきました。道を間違えたせいで70分ほどかかりました。標高差は300mほど。

20201227hanou walk (48)
一応葛城山や金剛山方面が開けています。

20201227hanou walk (52)
波宝神社(銀峯山頂上)まではもう少し上るのですが、展望もないので鳥居をゴールとします。鳥居のそばの丸太でお弁当。
ネギオムレツと「カネテツ」のカツ。それと麦笑のベーコンチーズ。汗をかいてちょっと冷えますが、風がないのでわりと快適。

20201227hanou walk (54)
キャップと飛行帽をかぶって歩くと耳も暖かかったです。

下りは50分ほど。今日のコースは舗装路なんですが、大量落ち葉のせいで山道を歩いた感じです。波宝神社は県道で行ってもけっこう時間がかかった気がしますが、歩いて行けてよかったです。まずまずの運動になりました。

20201227hanou walk (59)
アルモンデ・スマスの手袋は、木工ボンドではくっつかず、結局乾いたボンド越しに縫い付けました。右手はナックルを逆向きにつけてしまいました!

20201227hanou walk (60)
でもこの手袋、ホームセンターのですが、とても暖かいのでもう手放せません。最初から縫い付けておけばもっときれいになったんですが・・・

走行102km。9000歩。年末、寒くなりそうですが、バイクに乗れるお天気はあるのでしょうか?

麦笑今年ラスト&散歩

ツーリング
12 /26 2020
記事一覧

「イエスキリストの生誕を祝う日」も特に変わりなく過ぎて、年末感が漂う中、今年最後の麦笑詣で。
今年も何十回も通った、桜井浅古から八井内、大峠から三茶屋への道。今日ものんびり走ります。

20201226mugiwara (1)
三茶屋の無人野菜販売所が開いていました。

20201226mugiwara (2)
最近白菜をよく食べていますが、また買っておこう。旬のものを食べるのが何かといいと思います。

20201226mugiwara (3)
大根もまだありますが、すぐ腐るわけでもないので買います。葉っぱ付きというのが魅力的。無農薬とあり、葉っぱも食べてくださいとのこと。

そこに店主が軽トラで来られました。「葉っぱ付きの大根はあんまりスーパーでは売ってないでしょ」
私は葉っぱはベーコンと炒めます。茎は細かく切ってふりかけにします。

20201226mugiwara (4)
今年最後の魚見石前。

麦笑でパンを購入。コーヒーをいただきました。いつも「エクセラ」を飲んでいるので、レギュラーコーヒーは久々でおいしかったです。

国道166号に出て、岩崎東口から県道31号へ。芳野川の橋を渡ってすぐ右折、山のほうへ。
つきあたりを左折してしばらく行くと林道の入り口があります。

20201226mugiwara (5)

20201226mugiwara (6)
この林道を行けば、伊那佐山の頂上付近まで行けると思うのですが、また出直します。

20201226mugiwara (7)
バイクが汚れそう。またGSRで来よう。今日は下見。

20201226mugiwara (10)
鳥見山や額井岳方面が見渡せます。冬の宇陀。奈良でも気温が特に低い地域ですね。

20201226mugiwara (11)
宇陀水分神社の下社にやってきました。

20201226mugiwara (12)

20201226mugiwara (13)


20201226mugiwara (15)
何かをここで燃やすのかな。

20201226mugiwara (18)
樹齢300年のヒノキが台風で倒れて社務所の屋根を直撃したらしい。で、伐採されたとのこと。

20201226mugiwara (23)
初詣が密になって、感染者が増えたら元も子もない。家庭で祈るのがベストか。

20201226mugiwara (26)
神社のそばの「榛原フレンドパーク」でパンを食べよう。

20201226mugiwara (27)
今年は何個食べただろう、ベーコンチーズ。

20201226mugiwara (28)
離れて遊ぶのはむずかしい・・・

20201226mugiwara (29)
57000km台で今年は終了ですね。

20201226mugiwara (32)
麦笑で特大の青森産りんごをいただきました!また来年も通います!
走行95km。ホームセンターの手袋はあたたかかったです。

アルモンデ・スマス

その他
12 /21 2020
記事一覧

昨シーズンに冬用バイク用ジャケットのファスナーが壊れて、それでも使っています。

20201221shuzen (1)
うす汚れたジャケットですが、中央に変な縫い目があります。

20201221shuzen (2)
にりん館で買ったものだと思います。相当汚い!


20201221shuzen (3)
この下手くそな縫い目は私の仕業です。

20201221shuzen (4)
もともとついていたマジックテープがくっつかなくなり、というか、ファスナーのスライダーが壊れて、前を閉められなくなったので、100均のマジックテープを縦に何枚か縫い付けてあります。

マジックテープの裏に糊がついており、縫い針がうまく通らず、縫い目をそろえることができませんでした。その結果の縫い目。

20201221shuzen (6)
そこで、「ファスナーの修繕」はできるのかと思い、修繕屋さんに持っていったら、スライダーを交換してくれて、一応胸元まで閉まるようにしてくれました。上のほうのエレメントが欠けているので、胸元までしか閉まりませんが、あとはマジックテープで大丈夫です。

スライダー交換と、胸元にストッパーをつけてたったの1000円でした!こんなことならもっと早くやっておけばよかったです。ちなみに、ファスナーをテープごと全交換すると9000円するとのことでした。(それなら新品を買う!?)

20201221shuzen (7)
そしてこれは、ホームセンターで買った、暖かそうな手袋です。1000円くらいのやつ。

20201221shuzen (8)
これは、ぼろぼろになった皮手袋のナックルプロテクター部分。

20201221shuzen (9)
こうやって貼り付けたら、より安全性の増したバイク用手袋になりませんかね。

20201221shuzen (10)
手のひらのほうにも、スライダーをくっつければ、5000円以上しそうなバイク用手袋の出来上がり!?

バイク用の服や手袋はプロテクターがついているので、その部分を捨てるのはもったいない。古くなってもプロテクト機能が損なわれない限り使おうと思います。私のブランド、Armonde Smath. あるもので済ます!

散歩 明日香村冬野

ツーリング
12 /20 2020
記事一覧

天気が今一つなので遠出はやめて、100kmほどそこら辺を走ろうと思い出発。

桜井浅古から多武峰街道、八井内から大峠トンネル。

20201220fuyuno (1)
小一時間しか走っていませんが、宮奥ダムにてトイレ休憩。

20201220fuyuno (2)
手袋のまんまエンジンをスリスリ。

20201220fuyuno (3)
この冬手袋、7年目かな。穴だらけですが、ボンドで布をはりつけています。Armonde Smath !

20201220fuyuno (4)
ハイキング用の薄い手袋をつけて二重にします。グリップ感覚が希薄になりますが、寒さには代えられない。

20201220fuyuno (5)
三茶屋の手前の無人野菜販売所が開いていました。昨日、東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ行ったときは開いていませんでした。

20201220fuyuno (6)
特大の白菜が100円。

20201220fuyuno (7)
大根の葉は炒めて食べるので、こういうのがうれしいです。

白菜、大根、カリフラワーを買いました。ここ、1,2月はお休みだそうです。

三茶屋から県道28号で津風呂湖へ。

20201220fuyuno (12)
ベンチはないですが、おなかも減ったのでここでお弁当。

20201220fuyuno (13)
対岸にはよく使わせてもらっている東屋があります。

20201220fuyuno (14)
ガードレールを越えて道路端に腰かけます。

20201220fuyuno (16)
麦笑のクリームパンとシュガーパンを持ってきました。熱いコーヒーと紅茶もあります。

バス釣りの船がいくつか出ています。

20201220fuyuno (18)
ここも急斜面ですが、下りて行って釣りができないことはない。

20201220fuyuno (21)
龍門岳と吊り橋。すごい雲量ですが、陽もさしている。

国道に出て、河原屋西から県道37号で新鹿路トンネルを抜けます。八井内に戻り左折。明日香村方面へ。
県道155号で山を越え、下ってから冬野方面へ左折。

20201220fuyuno (23)
きれいな路面の急な道を上って行くと、クリーンセンターがありました。工事中のようで、稼働いるのかな?

20201220fuyuno (25)
上畑に見晴らしの良い場所がありました。大峰山系でしょうか。

20201220fuyuno (26)
雪が降っていそうですね。

20201220fuyuno (28)
牛舎に牛たちがたくさんいました。寒くないのかな?

20201220fuyuno (31)
冬野のここに来ました。

20201220fuyuno (35)
宮内庁の所轄。

20201220fuyuno (33)
鎌倉時代の亀山天皇の第8皇子の良助親王の冬野墓というものです。山奥の寂しいところにあります。

20201220fuyuno (36)
ハイキングで談山神社まで行けます。

20201220fuyuno (37)
この先の道は行き止まりと表示されています。

ちょっと行ってみましたが、民家があり、その先は歩行者専用っぽかったのでUターンしました。「冬野の名水」とかがこの先にあると思いますが、改めて談山神社からのハイクの時に寄りたいと思います。しかし、冬野の住人は雪が降ったら大変ですね。バイクだと絶対行けません。

20201220fuyuno (40)
談山神社に戻り、さっきの遊歩道の反対側に来てみました。

20201220fuyuno (46)
橋の先は自然歩道ですね。また良助親王墓まで歩こう。

20201220fuyuno (42)
明治まではこのあたり女人禁制だったとか。

20201220fuyuno (57)
石舞台まで歩いてみたいですが、だいぶん先かな。

冬野では粉雪が舞っていました。県道から冬野まで標高差440mの道は、路面もまずまずですが、セカンドギアの急坂でした。
近場の散歩、94kmでした。

アシスタワゴン

その他
12 /18 2020
記事一覧

午後3時を過ぎたころ、ちょっとサイクリングでもと思い、最近入手したブリジストンの電動アシスト自転車「アシスタワゴン」で走ってきました。

高田から葛城川沿いの自転車道C7を北上。奈良県第二浄化センターまで行ってUターン。

DSC_0147_800.jpg
もう日が暮れます。

これはワゴンなので、三輪車です。重さは30kgほどあります。後ろには巨大なバスケットがついており、17kgまで積載可能。食料品をいっぱい買っても大丈夫!

DSC_0148_800.jpg
キャンプ道具一式積めそう・・・

DSC_0149_800.jpg
ヘッドライトは自動点灯します。

DSC_0150_800.jpg
スイッチ。普通は弱パワーで走ります。急坂は強ですね。

変速機は三段。普通は3速で走りますが、あまりスピードは出ません。(もともと高齢者用!)
1速だと、ものすごいこぐのが忙しくなります。

DSC_0153_800.jpg
途中の神社。

DSC_0152_800.jpg
古墳にある神社だそうです。

DSC_0155_800.jpg
二上山に日が沈む。

HORIZON_0002_BURST20201218162918672_800.jpg
今年もあと十日余り。1月には今年がこんな年になるとは予想できませんでしたが・・・来年もウイズコロナで明け暮れするのでしょうか・・・

三輪電動自転車に、自転車用のヘルメットをかぶって走るのは今一カッコよくありませんが、安全第一です。
1充電あたり50kmくらい走れるそうなので、片道30kmくらいのサイクリングを楽しみたいと思います。
車に載せても行けるので、津風呂湖沿いの道とかを走るのもいいかもですね。

海住山寺から山城森林公園

ツーリング
12 /12 2020
記事一覧

木津川市の三上山に、海住山寺側から登ろうと出発。
しかし、もう10時を過ぎていて、山頂に着くのが遅くなるなぁと、桜井から天理東ICへ。
名阪国道を針で下りて、369号を北上して笠置へ。
今日もまた笠置キャンプ場にはテントがいっぱいでした。12月なのに・・・みんな宿泊?

笠置大橋を渡り、狭い部分が緊張を強いる163号を木津川市へ。
標識に従って右折、海住山寺のほうへ上って行きます。
従来は集落内の狭い道を通る必要があったようですが、今は参拝者用のきれいな道ができています。

しかしながら、お寺への道は急坂!おまけにヘアピン!初めて通るので先が読めず、大回り!ビビッて途中で止まると絶対こけます!

20201212kaijusenjikara (2)
上がってきました。

20201212kaijusenjikara (1)
駐車場に到着。もう12時です。着替えて出発。

20201212kaijusenjikara (3)
まだ鑑賞に堪える紅葉!

20201212kaijusenjikara (4)

20201212kaijusenjikara (7)
山門までさっきの道を下りてきました。

20201212kaijusenjikara (8)
山門の近くに山道の入り口があります。

20201212kaijusenjikara (9)
海住山寺には寄らず、通り抜けるルート。

20201212kaijusenjikara (10)
滑りやすい山肌の道。

20201212kaijusenjikara (13)
ふかふかの竹林道。

20201212kaijusenjikara (15)
帰り道、ここを直進すれば海住山寺へ入れます。


20201212kaijusenjikara (18)
神童寺まで行けるようです。神童寺までのピストンはかなり距離がありそうです。

20201212kaijusenjikara (21)
神童寺は左、今日は右へ行き、山城森林公園内の林道に下りていきます。

20201212kaijusenjikara (25)
鳴子川に到着。

20201212kaijusenjikara (27)
大きな倒木が道をふさぐ。

20201212kaijusenjikara (28)
このへんでまったりするのも悪くない・・・

時間が遅いのと、ここまでの山道でけっこう汗をかいていたので、三上山への登山は断念。

20201212kaijusenjikara (29)
林道にはこの表示があります。

20201212kaijusenjikara (32)
林道を上がっていくと、道は左へおおきく曲がっていますが、私は直進します。


20201212kaijusenjikara (34)
すぐに、三上山への登山道「冒険の道」の入り口があります。また今度です!

20201212kaijusenjikara (36)
道端でお弁当にします。作業林道なので誰も通ることはなさそうです。

20201212kaijusenjikara (37)
シチューに麦笑の食パン・・・アンパンつき!

空はどんより、雨が降りそうな気配もあります。枯れ葉が風に乗って飛ばされていく。ゆっくりしたいところですが、食後にすぐ帰路に着きます。

20201212kaijusenjikara (39)
倒木に落ち葉。

20201212kaijusenjikara (41)
結局海住山寺には寄らずに帰ってきました。恭仁宮跡(未訪問)から海住山寺まで足で上ってくるのもいいかもです。

20201212kaijusenjikara (44)
これが集落の狭い道を通らずに海住山寺へと上がれる新道。

帰りは須川貯水池経由で県道47号を使ったのですが、大柳生のところで一匹のお猿さんがフェンスの上で通る車を眺めていました。「余裕やな~」と思っていると、国道に出る交差点の手前では3匹のお猿さんがのんびりと歩いており、うち一匹は民家の屋根に乗り、あたりを睥睨しておりました!

20201212kaijusenjikara (47)
屋根のお猿さんの表情はわかりませんが、殿様がわが領土を眺めている感じかも・・・
木津川市へは橿原からR24を北上するのが一番距離が短いですが、信号が多くて面白みのないR24を避けました。
走行130km。オドは57000kmを越えています。

柏原山942.6m (黒滝村)

未分類
12 /09 2020
記事一覧

「黒滝ハイキングガイド」の裏面の地図にある柏原山に登ろうと思います。ほぼ林道歩きになるようです。

大和高田からR24を南下。室交差点で左折、大淀町に出て下市へ。岡崎からR309を南下します。そこそこ寒いですが、震えるほどではない。
道の駅黒滝には寄らず、その先を左折。黒滝小学校前の公衆トイレの駐車スペースに到着。

20201209kashiwarasan (1)
村の人がベンチやらあちこちアルコールで消毒しておられました。

着替えて出発。

20201209kashiwarasan (4)
まずはこの県道を歩いていきます。

20201209kashiwarasan (6)
県道138号を行くと、上中戸口に着きましたが、通行止めの表示。歩行者は行けるかも、と思い上がっていきます。

通行止めの理由は舗装工事でした。作業中の路肩を通らせてもらいました。

20201209kashiwarasan (8)
小型ダンプがバックで作業場まで走っていく様子です。

20201209kashiwarasan (9)
上中戸バス停前。柏原山の標識があります。駐車地から115m登ってきました。

20201209kashiwarasan (10)
ここから一番上まで上っていきます。

20201209kashiwarasan (12)
人影はありません。

20201209kashiwarasan (15)
高野槙が目立ちます。

20201209kashiwarasan (17)
カイフ?

20201209kashiwarasan (18)
集落の一番上にやって来ました。

20201209kashiwarasan (19)
山深いところの集落。黒滝村の人口は・・・

年少人口 8.4% 54人
生産年齢人口 41.3% 267人
老年人口 50.3% 325人  だそうです。

20201209kashiwarasan (20)
ここから未舗装の林道。

20201209kashiwarasan (23)
道は広いのですが、石ころだらけで足裏が痛くなりそうです。

20201209kashiwarasan (27)
国土地理院の地図にはこの林道が一部載っていませんが、ずうっと林道だけで柏原山まで行けるようです。

20201209kashiwarasan (29)
12時をだいぶん回っているのでお弁当を道端で食べます。誰も通りません。動物の気配もない。ラジオを聞きながらのんびり食べます。

20201209kashiwarasan (31)
分岐もあるのですが、轍のはっきりしているメインの林道を進みます。

20201209kashiwarasan (36)
緩やかに上っています。

20201209kashiwarasan (38)
多分ここから山道をたどれば柏原山頂上に行けると思いますが、あてにできないのでパス。

20201209kashiwarasan (40)
この鉄塔の上が頂上です。

20201209kashiwarasan (43)
なんの表示もありませんが、方向的に頂上へ行けそうなので行ってみます。

20201209kashiwarasan (47)
案内がなかったので、GPSを頼りに歩いていくと頂上に到着。結局林道も通じていました。

20201209kashiwarasan (48)
三角点。あとは実に地味~な山頂で、展望もありません。

20201209kashiwarasan (51)
帰りも方向を定めて林道へ下りていきます。

20201209kashiwarasan (53)
大峰奥駈道が通る山々だと思います。

20201209kashiwarasan (55)
集落まで下ってきました。来るときは右から来たのですが、舗装工事場所を再び通るのも気が引けたので、左へ下りていきます。
そうすることによって1.1km余計に歩かなくてはなりませんが、ウォークが目的ですからOKです。

20201209kashiwarasan (56)
赤岩渓谷の駐車場に下りてきました。

20201209kashiwarasan (58)
夏の賑わいはありません。

柏原山ルート_800
本日のルート。

本日の標高差は530mほど。舗装路と未舗装林道でしたが、19739歩でした。11kmくらい歩いたことになります。今日の林道は大峰林道まで通じているとのことで、次回は奥千本の駐車場にバイクを停めて、心見茶屋付近から林道に入って柏原山まで歩こうと思います。その場合は今日ほどの標高差はないと思います。
よく歩いた一日でした。走行78km。今日の林道、オフ車があったら走りたいかも!?

矢治峠(津風呂湖)

車で遠足
12 /06 2020
記事一覧

今日は車で東吉野のパン屋さん「麦笑」へ行った帰りに、津風呂湖畔の矢治峠に登ってきました。

入野から西進し、会員制釣り場の上の駐車場に到着。作業しておられた方に一言かけて駐車。
靴だけ履き替えて出発。さきほどの方が「鹿と猪には注意してください。」とのこと。まぁ、クマじゃなければ・・・!?

HORIZON_0001_BURST20201206124146462_COVER_800.jpg
駐車場の下の釣り場。会員以外は立ち入り禁止らしい。ダムができる前からの土地の所有権とかが関わっているのかな?

DSC_0128_800.jpg
駐車場の向かいに近畿自然歩道の案内。矢治峠まで標高差は50mくらいかもしれません。


DSC_0129_800.jpg
一つ目のゲートが見えました。

HORIZON_0002_BURST20201206124545017_800.jpg
間伐材がいっぱい。

DSC_0130_800.jpg
展望はこれくらい。昔はここは津振川という川だったらしい。

HORIZON_0002_BURST20201206124946599_800.jpg
二つ目のフェンスゲート。ほどいてからしっかり結んでおきます。

HORIZON_0002_BURST20201206124831843_800.jpg
矢治峠を越えて向う側へ下りれば、吉野川沿いの国道に出ますが、今日はちょっと寄っただけなので峠でUターンします。

DSC_0132_800.jpg
ここが矢治峠のようです。

DSC_0133_800.jpg
そばのピークに登っても展望はありません。

DSC_0131_800.jpg
こっち側は土が盛ってあり、立ち入り禁止です。何かの工事現場か。


HORIZON_0002_BURST20201206132836394_800.jpg
鉄塔巡視路があるのでちょっとそっちへ歩いていきます。


IMG_0001_BURST00120201206130212_800.jpg
左側の盛り土がなければいいのですが、道自体はふかふかの落ち葉でいい感じ。

HORIZON_0002_BURST20201206125746179_800.jpg
左側はずっとロープが張ってあります。

HORIZON_0002_BURST20201206130514049_800.jpg
ロープがないところでちょっと登ってみると、工事現場になっていました。確かにこれはお邪魔できませんね。

DSC_0139_800.jpg
少しだけ津風呂湖が見えました。

DSC_0140_800.jpg
矢治峠に戻って、さっき買った麦笑のパンを食べます。

少しのウォークでしたが、汗をかきました。今日は着替えもないのでささっと帰ります。

DSC_0141_800.jpg
人が渡れる吊り橋が見えています。今日もバス釣りの船が出ていました。

帰り、三茶屋の無人野菜販売所が開いていました。

DSC_0143_800.jpg
巨大な白菜が200円。

DSC_0144_800.jpg
でかいブロッコリーが50円。

DSC_0145_800.jpg
キャベツも買っときました。麦笑に行きがけも通ったのに、その時は開いているのに気づきませんでした。

矢治峠は、7世紀の壬申の乱のおり、大海人皇子が宇陀へ向かうときに通った可能性があるそうです。吉野町のホームページには大海人皇子の伝説が残る場所の一覧が載っています。まぁ、当時は津風呂湖もなかったわけで、歴史に思いをはせながら歩きました、とは言えません・・・今度電動自転車(ただし3輪)が手に入る予定なので、津風呂湖を一周してみたいです。

石山観音公園(津市芸濃町)

ツーリング
12 /04 2020
記事一覧

天理東から名阪国道に乗ります。左車線を遅めの車についていきます。3000回転くらいでクルージングすれば、燃費は30km/ℓ以上になります。いい天気で風もなく、快調に関ICに到着。県道10号を少し入り、案内に従って石山観音公園方面へ。

20201204ishiyamakannon (2)
駐車場に到着。

20201204ishiyamakannon (4)
まだ楽しめる紅葉。

20201204ishiyamakannon (10)
駐車場の下の小川沿いに地蔵が二体。

20201204ishiyamakannon (14)
ちょろちょろ流れて岩を削ったと思われます。

20201204ishiyamakannon (15)
公園入口。トイレもあります。

20201204ishiyamakannon (18)
入り口付近は紅葉がすばらしい。

20201204ishiyamakannon (19)
お寺とかがあるわけではありません。磨崖仏がたくさんあるのです。

20201204ishiyamakannon (20)
入り口の階段を登ると大きな地蔵菩薩が出迎えてくれます。

20201204ishiyamakannon (27)
お顔を撮影していくことにします。これは「面目ない」。

20201204ishiyamakannon (28)
ハイキングです!

20201204ishiyamakannon (30)
順路案内もしっかり!

20201204ishiyamakannon (31)
「しっかりせんかい!」

20201204ishiyamakannon (33)
「いやになりますね~」

20201204ishiyamakannon (37)
「私の首が!」

20201204ishiyamakannon (39)
「日が当たってぬくいです」

20201204ishiyamakannon (41)
岩に階段を彫っています。

20201204ishiyamakannon (45)
この先にも仏様がいらっしゃいますが、うっかり落ちたら?と考えて行くのをやめました・・・

20201204ishiyamakannon (49)
馬の背という大岩に彫られています。

20201204ishiyamakannon (51)
花崗岩だそうです。

20201204ishiyamakannon (56)
ここが馬の背。山頂部分です。

20201204ishiyamakannon (61)
伊勢湾が見えます!

20201204ishiyamakannon (67)
馬の背の先端にはちょっと行きにくい・・・

20201204ishiyamakannon (72)
東屋がありました。

20201204ishiyamakannon (75)
ここからの眺めも良い。知多半島も見えています!

20201204ishiyamakannon (78)
馬の背の形がよくわかります。なるほど馬の背の形です。

20201204ishiyamakannon (79)
岩の上の絶景レストラン。

20201204ishiyamakannon (80)
今日のメニュー。昨日の藤原千方窟と違って、日当たりよし、風なし、眺めよし、もちろん貸切!ラジオもよく入る。

20201204ishiyamakannon (84)
もう一度馬の背。

20201204ishiyamakannon (86)
「あなたもたいへんですねぇ」

20201204ishiyamakannon (91)
「冷静に受け止めましょう」

20201204ishiyamakannon (99)
最後に、一番の仏様を飛ばしていました!壱番って彫ってあるので見過ごしました。

20201204ishiyamakannon (100)
これで今シーズンの紅葉は終わりかな・・・

順路はゆっくりまわっても1時間程度です。山は低いのでたいした運動にはなりません。馬の背とか東屋でのお弁当は最高だと思います。
帰りは大阪行きの名阪がリフレッシュ工事をやっていて渋滞しているのがわかっていたので、上野東で下り、名張へ下り、R165を使いました。走行200km。燃費は30km/ℓ以上。冷静に走れました。

藤原千方窟(伊賀市高尾)

ツーリング
12 /03 2020
記事一覧

「鬼」がブームですが、私もあやかって・・・

伊賀上野観光協会サイトには次のようにあります。

「藤原千方(ふじわらちかた)鬼伝説
平安時代、青山には、伊賀忍者の発祥だと言われ、超能力を持つという金鬼、風鬼、水鬼、隠形鬼の四鬼を部下に従えた豪族・藤原千方将軍がいたと伝えられています。
大きな勢力を持ち、朝廷軍と激しい戦いをした千方将軍ですが、残念ながら朝廷に成敗されてしまいます。
でも、その伝説は今も尚、語り継がれているのです。」

ひょっとしたら今流行りの「聖地」になるかも?(あの柳生の一刀石にもコスプレイヤーさんたちが集まっているらしい)

桜井浅古から宇陀へ抜け、内牧からR369、今日はちょっと寒い。車もほとんど走っていません。

20201203chikatakutsu (1)
伊勢本街道・トイレ休憩所で休憩。曇っています!降らなきゃいいですが。

姫石の湯から名張方面へ。狭いところもありますが、おおむね走りやすい道です。
比奈地ダム湖にかかるあたりで右折、林道経由でコリドールに出ます。
県道39号に出て右折、尼が岳登山口方面へ。

20201203chikatakutsu (3)
グーグルマップにも載っていますが、「ソニックのオブジェ」です。由来は不明?これハリネズミ?

20201203chikatakutsu (7)
高尾地区市民センターに到着。中にいる方に駐車の許可をいただきました。

20201203chikatakutsu (8)
隣は小学校ですが、子供の姿はありません。体育館みたいなのも立派なんですが。水車もあります。

20201203chikatakutsu (10)
こっちへ歩くと「逆柳の甌穴」(さかやなぎのおうけつ)に行けると思いますが、また今度。

20201203chikatakutsu (11)
今日は藤原千方窟だけにしときます。

20201203chikatakutsu (14)
四人の鬼みたいな家来がいたそうです。ちなみに観光客は私だけのようで、まだ「聖地」にはなっていないようです。

20201203chikatakutsu (19)
歩いていくと分岐がありました。ここから山へ入ります。

20201203chikatakutsu (22)
簡易舗装がしてあります。

20201203chikatakutsu (23)
分岐にはちゃんと案内があります。

20201203chikatakutsu (27)
忍びの道というらしい。ここまで結構な登りでした。

20201203chikatakutsu (28)
鳥居があります。千方大明神として祭ってあるようです。

20201203chikatakutsu (29)
さらに進むと第二の鳥居。これが岩城の入り口のようで、正面が門の跡のようです。

20201203chikatakutsu (31)
絵では鬼の姿ではありませんね。

20201203chikatakutsu (34)
この先のくぼみが岩城の本体部分のようです。

20201203chikatakutsu (35)
四角い岩がごろごろ。

20201203chikatakutsu (36)
まるで切り取って積んだように見えます。

20201203chikatakutsu (37)
これが千方明神。1760年からのものだそうです。

20201203chikatakutsu (45)
順路には手すりもあります。

20201203chikatakutsu (47)
大門跡の岩。

20201203chikatakutsu (53)
焦点があってませんが、井戸の跡らしいです。

20201203chikatakutsu (63)
風穴。深さは3m以上ありそうで、うっかり落ちるとホントにやばいかも。赤岩尾神社に通じているそうな。

20201203chikatakutsu (67)
ベンチがないので、枝に座ってお弁当。梅干は「栃原道しるべ」で買ったもの。

それにしても寒い。5度もないのじゃないか。風も吹くし。曇ってて今にも雨が降りそうだし。ここに来るのに汗をかいたのでよけいに冷えます。食べ終わってすぐに出発。

20201203chikatakutsu (70)
人里に下りてきました。

20201203chikatakutsu (72)
紅葉も終わりです。

20201203chikatakutsu (81)
コリドールから逆柳の甌穴方面へ下見に行きます。

20201203chikatakutsu (77)
途中のいい色。

20201203chikatakutsu (79)
ここから行けるようですが、駐車スペースはありません。やっぱり市民センターに駐車して、千方古道なるものを歩いてくるほうがいいと思います。ここの入り口には新しい案内標識がありました。前にはなかったので、入り口がわかりませんでした。

20201203chikatakutsu (82)
コリドールから赤岩尾神社に参道がのびています。千方窟の風穴がここまで通じているという・・・

20201203chikatakutsu (84)
名張川沿いで一番美しかった紅葉を撮影。

降りそうな空模様でしたが、結局一粒の雨も降らずでよかったです。まだ薄めの手袋でも我慢できますが、そろそろ冬到来という感じの一日でした。
走行155km。7635歩。柳生の一刀石が聖地になるなら、今日の藤原千方窟の苔むした奇岩の岩城も、なかなかです。
甌穴は「血首ヶ井戸(ちこべがいど)」とも呼ばれていて、千方将軍が敵の首を投げ入れたそうな。そういう伝説の地です。本当に「聖地」になるかも!?

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?