また雨でUターン!トホホ

ツーリング
09 /27 2020
記事一覧

南伊勢町まで行って低山に登ろうと、走る気満々で早起きすると小雨が降っている。
ふて寝して、10時を過ぎると路面も乾いたようで、とりあえず飯高の高束池を歩いて一周しようかと思い出発。

空はあっちは白い雲、そっちは黒い雲、ところどころ晴れ間も見えて、まぁそのうち晴れるのだろうと思いながら走ります。
高見峠を越えて松阪に入ると青空の面積が増えた。いい感じだと思っていたら・・・飯高町七日市のあたりで雨が・・・それまでもパラパラときていたのですが。
前方の空はどんよりと曇っていて、ハイキング日和とは言い難い。歩く気分を失い、Uターン。

20200927mataamede (1)
あっちは青い空ですが・・・

20200927mataamede (2)
視線を移せばこんな感じです。

20200927mataamede (3)
黒い雲の下はけっこう降っているでしょう。

20200927mataamede (7)
いつも前を通り過ぎていましたが、こんな時なので寄り道。

20200927mataamede (4)
かなりすごい人のようです。

20200927mataamede (6)
ここから山を上ると熊ヶ池がありますが、この方のお気に入りだったそうです。

20200927mataamede (9)
茶聖誕生地でカッパを着て、ランチはどうしようかと思いつつ走り、泰運寺にでも寄るかと狭い苔道を上がり、駐車場までやって来ました。さぁ食べようと思ったら、またも雨が降ってきました・・・

20200927mataamede (8)
カマキリが前輪に向かって歩いてきました。


20200927mataamede (11)
バッタがやられた。

20200927mataamede (12)
口窄谷の渓流。薄暗がりの中をサラサラと流れています。

20200927mataamede (14)

20200927mataamede (15)

20200927mataamede (16)
水源地の尾根はすぐ北。櫛田川に注ぎます。

20200927mataamede (18)
昨日行けなかった東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ来ました。昨日葛城市のカントリーロードで食パンとか買いましたが、やっぱり味わい深い麦笑のパンは格別です。

20200927mataamede (19)
縁側をお借りしてお弁当をいただきました。パンはほぼ売り切れに近くなりました。滋賀ナンバーや和歌山ナンバーとかも来ていました。


20200927mataamede (20)
宮奥ダムで南を撮影。10月はすっきり秋晴れのもとツーリングしてみたいものです。
159km走行。交通安全運動中でありながら、飛ばす車が多かったです。
スポンサーサイト



近場散歩

ツーリング
09 /26 2020
記事一覧

週末恒例の東吉野村のパン屋さん「麦笑」へのツーリング、桜井浅古から多武峰街道へ入り上がっていくと、倉橋あたりで小雨が・・・
カッパはありますが、チェーンを掃除したばかりだし・・・麦笑はあきらめてUターン。帰宅しようと思いましたが・・・山沿いの黒い灰色の雲とは対照的に市街地の空は白い。すぐには降りそうにないので、適当に寄り道して帰ることにしました。

20200926tikabasanpo (5)
藤原宮跡東のコンビニ近くにて彼岸花

20200926tikabasanpo (12)


20200926tikabasanpo (20)
天香具山駐車場へ移動


20200926tikabasanpo (16)
田んぼにはこんな生き物がいっぱい・・・タニシか。


20200926tikabasanpo (17)
タニシでしょうね・・・何タニシか知りませんが・・・


20200926tikabasanpo (23)
畝尾都多本神社(うねおつたもとじんじゃ) 古事記に出てくるらしいです。

20200926tikabasanpo (56)
八釣山地蔵尊という案内に従って来ました。 この先に興福寺というお寺があったのですが、地蔵尊というのはなかったので、その辺を一周して戻ってきました。ネットで調べると、興福寺=八釣山地蔵尊(やつりやまじぞうぞん)でした!

20200926tikabasanpo (38)
興福寺 ネットの説明では・・・
「585年に、物部守屋(もののべのもりや)が仏法を嫌い、飛鳥の「橘寺」(たちばなでら)に火を放って焼いたとき、金堂に安置してあった地蔵菩薩が、火から香具山(かぐやま)の頂上に逃れて行き、それを知った聖徳太子が香具山の山麓に寺を建立して地蔵を祀ったと言われています。」ということです。とにかく、古そうです。

20200926tikabasanpo (39)
広い休憩所があります。

20200926tikabasanpo (35)
隣の神社の裏に頭蓋骨のような物体が転がっていました。キノコのようですが・・・
「頭蓋骨のようなキノコ」で検索すると、「オニフスベ」というものだとわかりました。

20200926tikabasanpo (50)
あちこちに彼岸花

20200926tikabasanpo (51)
興福寺のお地蔵さん


20200926tikabasanpo (65)
藤原宮跡の南側へやって来ました。

20200926tikabasanpo (61)
火山の耳成山!

20200926tikabasanpo (67)
食パンは買わなければいけないので、高田バイパス経由で山麓線にまわり、葛城市のパンカフェ「カントリーロード」へ。
以前は別のところにありましたが、3年弱前にこの場所へ。訪れるのは初めてです。

20200926tikabasanpo (69)
いろいろ買ってみました。単価は安めでした。

20200926tikabasanpo (68)
駐車場で立ったままランチにします。これはアンパン。

20200926tikabasanpo (71)
クリームパン。

麦笑のパンと比べたらどうか?と思いますが、そもそものパン作りのやり方が、毎日大量に焼くお店と週末営業とのお店では異なるだろうから、比較しても意味がないので、コメントはしません・・・でもまぁ、おいしくいただきました。山沿いは雨、市街地はOK,のこんな日に訪れるのもいいかなと思います。

20200926tikabasanpo (74)
カントリーロードから九品寺へ移動

20200926tikabasanpo (76)
ここでも彼岸花がいっぱいです。参拝者(ハイカー?)も多い。

20200926tikabasanpo (81)
そろそろコスモスも咲き始めています。

20200926tikabasanpo (84)
山のほうの空はすごいです。

20200926tikabasanpo (87)
アジア系外国人?の一行が彼岸花と記念写真を撮っていました。

20200926tikabasanpo (91)
山麓線をさらに走ると、GSPがあります。

20200926tikabasanpo (92)
いろいろ報道されていますが、再開されるときは来るのでしょうか。貴重な存在だっと思うのですが。

20200926tikabasanpo (97)
名柄交差点(近くにはいっぱい彼岸花が咲いている有名スポットがありますが)を通過してしばらくして左折。御所市南郷のあたりの細い道を走ってみます。

20200926tikabasanpo (101)
このあたり、なかなかの秋の風景が広がっています。

20200926tikabasanpo (105)
コスモスと彼岸花の競演。

20200926tikabasanpo (110)
キバナコスモスとの競演。

20200926tikabasanpo (116)
葛城川ぞいに北上していくと牧場があります。

20200926tikabasanpo (118)
馬もいますが・・・

20200926tikabasanpo (117)
R24沿いにある「月に3日しか開けない店」の看板の牧場みたいです。馬刺しもあるようです。

距離は55km。寄り道ツーリングにしてはいっぱい写真を撮りました。
奈良は歴史の宝庫、近場だけでも雰囲気のある場所がいっぱいありますね。

紀北町 片上池一周

ツーリング
09 /21 2020
記事一覧

池シリーズ!?です。
道の駅紀伊長島マンボウのそばに大きな池があります。片上池といって、汽水の池らしい。池のそばでお弁当は何度か食べたことはありますが、池を一周する遊歩道はまだ歩いたことがないので、今日は天気もいいし、のんびり歩いてみたいと思います。

高見峠を越え、飯高の道の駅には寄らず、まずまず快適に走行。交通安全運動が始まっていますから、いつもにも増して慎重に。
粥見井尻からR368へ。


20200921katakamiike (1)
いつも寄る朝柄のトイレで休憩。

20200921katakamiike (2)
フロントに工具箱のような箱をつけました。カッパとか入れています。かっこは・・・まずまず?

20200921katakamiike (3)
R42に出て快走。無事に道の駅紀伊長島マンボウに到着。

ここに着く前、荷坂峠を下っていると、左のガードレールに大破したバイクが・・・前輪がほぼ外れそうな状態。起きたばかりの事故のようで、ツーリングのグループが集まっていました。救急車を待っていたのでしょうか。

道の駅に着いてしばらくすると救急車のサイレン。町のほうへとむかっていきました。そのグループはしばらく前に私を追い抜いて行ったグループかと思いますが、飛ばしすぎたのかもしれません。

20200921katakamiike (66)_640
さて、片上池はこんな池です。一周2kmくらいですから軽い散歩です。でも、気温が上がっているから少し暑いかな。

20200921katakamiike (5)
マンボウの串焼きに目もくれず出発。敷地には岩の芸術が。こんなのがあちこちにあるらしい。

20200921katakamiike (11)
まだ10時過ぎですが、おなかが減ったので、この特上のベンチでランチにします。

20200921katakamiike (12)
ほんとはサンマ寿司でも買って食べたいところですが、我慢して?煮豆を!

20200921katakamiike (13)
麦笑のアンパンも!石川さゆりの民謡を聞きながら・・・

20200921katakamiike (16)
さて歩き始めます。最初はこんなボードウォーク。

20200921katakamiike (18)
外海に近く、池の水も今は引き潮になっています。


20200921katakamiike (21)
流れ込む川。透き通っていますね。

20200921katakamiike (24)
タブノキというのが植えられている広場。もっともっと高くなる木だそうです。

20200921katakamiike (27)
特徴のある道の駅の屋根。

20200921katakamiike (28)
釣りは禁止ではなさそうですが、釣り人はだれもいません。というか、人がいません。

20200921katakamiike (30)
30cmくらいの魚が悠々と泳いでいますが・・・

20200921katakamiike (33)
また岩の芸術がありました。逆U字も一つの岩から作ったのか!と驚きましたが、根元に接着部分がありました。

20200921katakamiike (35)
南端まで歩いてきました。せっかくなので、海まで足を延ばしてみたいと思います。

20200921katakamiike (39)
紀勢線の列車。

20200921katakamiike (42)
川はここまで。この向うは海。

20200921katakamiike (43)
テトラポットが無数に置かれています。

20200921katakamiike (45)
向うまで歩いていきます。浜がありそう。

20200921katakamiike (47)
釣り人がちらほら。いいなぁ~。

20200921katakamiike (49)
瑠璃ヶ浜という浜らしい。砂利で覆われている。

20200921katakamiike (51)
平たいのをお土産に・・・サイドスタンドの下に敷くやつに!

20200921katakamiike (54)
こっちでも釣り。片上池水門のところ。グレ、チヌ、アオリイカなどいろいろ釣れるそうです。道具そろえて車で来たいなぁ。

20200921katakamiike (56)
川にはこんなのがうじゃうじゃいます。片上池にはシーバス、クロダイ、ボラ、ウナギ、フグ、キスまでいるそうです!!

20200921katakamiike (57)
池の南端から。これからR42沿いを歩いて道の駅まで帰ります。

帰りは、紀伊長島ICより紀勢道の無料区間を利用、尾鷲からは熊野尾鷲道路で一気に大泊ICへ。半分以上トンネルという感じですが、やんちゃな車もおらず、安心して走れました。自動車道はVstromなので余裕ですね。

あとはR42、R309、R169で帰りました。

20200921katakamiike (62)
下北山の舞桜の池のそばで休憩。大里トンネルは通行できました。

20200921katakamiike (64)
スポーツ公園を見下ろす部分の、通行止めになっていたところは信号で交互通行になっていました。

池原貯水池沿いのくねくね道は、リーンアウトで走ってみると走りやすかったです。オフ車では普通にやっていましたが、Vstromでもやりやすかったです。

335km走行。ひさびさの300km越え!その割には疲れませんでした。なるべく定速を心掛けたせいかな。
歩行7900歩。燃費は32km/ℓ。道の駅マンボウで串焼き食べるだけではもったいない。片上池一周はおすすめです。

屯鶴峯 かつらぎの森

ツーリング
09 /20 2020
記事一覧

朝は路面が濡れていましたが、昼前になって乾いたので、昼ご飯は外食(文字通りアウトドアでランチ)にします。
桜井の巻向山あたりの神社へ行くつもりが、急遽、屯鶴峯に変更。麦笑のパンをもって出発。

R165で香芝を抜け、穴虫から太子道703号をしばらく走ると、左手に屯鶴峯専用駐車場があります。

20200920donzurubou (3)
この道路、交通量が多く、渡るのに気を使います。

20200920donzurubou (4)
屯鶴峯の入り口の階段。なんか、ほったらかしのような・・・


20200920donzurubou (6)
それでも、この案内看板は新しい。前来た時にはなかったような・・・ イラストなのであまり詳しくはありません。

20200920donzurubou (9)
少し歩くともうこういう光景。あの年金山と言われる二上山が噴火していたなんて!

20200920donzurubou (12)
崖には近寄らず、滑らないように歩きます。

20200920donzurubou (13)
順路というものはなく、自分で選んで歩いていきます。サンダルとかではあぶないと思います。

20200920donzurubou (16)
一番高いところ?で昼食。食べようと思ったら家族連れの団体さんが上ってきて、しばらくワイワイでした。男の子は崖を気にせず動き回るので、親御さんも気を使いますね。

20200920donzurubou (18)
麦笑のパンのあとは、こんなカマボコ。けっこうおいしいです。

20200920donzurubou (21)
層になっているのがわかります。

20200920donzurubou (22)
次回は、向うの住宅街からこっちを見てみたい。

20200920donzurubou (23)
二上山。ああいう形は皆火山で生まれたのですかね。耳成山だって火山だった!


20200920donzurubou (26)
すっかり枯れていますが、針葉樹だからナラ枯れではないのかな?

20200920donzurubou (28)
さらに進むと西方向に大規模なハウスが見えました。あの向うは大阪教育大学かな?

20200920donzurubou (30)
この辺は人が来ないので、ギターを持ってきて歌うのもいいかも。

屯鶴峯をあとにして、竹内街道経由で山麓線(県道30号)へ。南下します。九品寺にでも行こうかと思っていましたが、ちょうど「かつらぎの森」の前の信号で止まったので、かつらぎの森へ寄ることにしました。

20200920donzurubou (34)
奥の駐車場に到着。ここの施設は食事・宿泊・レストランらしいです。歩くコースもありそうです。

20200920donzurubou (37)
すぐのそばの池には、なんと水面にソーラーパネルがいっぱい!

20200920donzurubou (38)
そばには刈り取りまじかの稲田。ちょっとだけヒガンバナ。

20200920donzurubou (41)
咲く前はこんな感じ。

20200920donzurubou (44)
もうひとつ池がありました。釣り堀のようですが、罰金が高額!

20200920donzurubou (50)
ぐるっと歩いていると「中戸農村公園」という表示のある場所へきました。これは「中戸新池」です。

20200920donzurubou (53)
なかなか雰囲気のよい池です。池畔に細い道がありますが、立ち入り禁止になっています。柵沿いに遊歩道があります。

20200920donzurubou (55)
りっぱな東屋もあります。冬のラーツーによさそう?

ほかにも神社や、古墳、舞台スペースなんかもあります。

20200920donzurubou (62)
これはキャンプファイヤースペースか。奈良県社会教育センターもここにあるので、こういう施設もあるのかな。

かつらぎの森、ちょっと散策するにはよさそうです。夏は虫が多そうですが。

もうちょっと距離を走りたかったのですが、市街地ではいい道もなく、交通量も多いので、さっさと帰りました。
35km走行。5700歩。屯鶴峯とかつらぎの森、両方でいっぱい汗をかきました!

麦笑プラス津風呂湖遊歩道

ツーリング
09 /19 2020
記事一覧

お天気と都合がマッチせず、ツーリングらしいツーリングに行けていません。今日は雨は降らないようですので、東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ行ってからちょっとウォーキングしたいと思います。

桜井浅古から多武峰街道へ。

20200919tuburoko (1)
信号があり、交互通行になっています。狭隘区間の改良工事がまた始まったようです。

20200919tuburoko (3)
県道16号でも法面の改良のためか、またもや交互通行になっていました。完成したのかと思っていました。

20200919tuburoko (4)
魚見石のWC前。ちょっと寒いと思うのですが、川遊びグループが頑張っていました!

20200919tuburoko (5)
麦笑到着。今週は土日月の営業。いつも2500円前後買います。だから昼食は大体パンです。

20200919tuburoko (6)
それから川口製麺所へ。向うに見えているのは社長さんのWR。いろいろカスタマイズされていてかっこいい。そばなど購入して、しばし社長さんと歓談させていただきました。

20200919tuburoko (8)
これが県道16号の交互通行のところの法面。うん、危なそうだ…

20200919tuburoko (10)
三茶屋経由で吉野運動公園までやって来ました。ちょっと着替えて出発。

20200919tuburoko (11)
広い運動場。誰もいないですね。

20200919tuburoko (13)
休憩場所とか、ちょっと荒れ気味。

20200919tuburoko (15)
観光展望塔なんですが・・・・入り口はシャッターが閉まっていました。期待してたのに・・・

20200919tuburoko (17)
そばの東屋でランチ。「ひきこもりラジオ」とかいう番組を聞きながら。あきないうまさ、ベーコンチーズ。

20200919tuburoko (18)
ピンクのドットのルートを歩く予定。距離はちょっとだけ。

20200919tuburoko (21)
野球場を通り過ぎて、誰も通らない車道を歩きます。日差しももうやわらかい。秋はやっぱり来るのですね。

20200919tuburoko (26)
途中で森に入ります。

20200919tuburoko (28)
津風呂湖に下りるところがありました。釣りスポットかな?


20200919tuburoko (31)
魚は見えませんでしたが、カメを発見。けっこう釣り人がいます。

20200919tuburoko (33)
山口吊り橋。あれを渡ります。

20200919tuburoko (38)
けっこう頑丈で揺れません。

20200919tuburoko (39)
風がなく、穏やかな湖面。

20200919tuburoko (43)
湖岸に下りるところがあちこちにあり、下では釣り人が竿を垂れています。のどかな趣味で、いいなぁ。

20200919tuburoko (44)
季節を感じます。

20200919tuburoko (46)
何やら新しそうな施設が建っています。

20200919tuburoko (47)
みかえり橋を渡ります。

20200919tuburoko (48)
津風呂湖と龍門岳。私の持っている「奈良県の山」の表紙も「津風呂湖から望む龍門岳」です。

20200919tuburoko (51)
橋の上から釣り人たちを撮影。しかし、このダム湖、深そうです。ライフジャケット必須ですね。

20200919tuburoko (59)
吉野健民運動場はかなり荒れています。

20200919tuburoko (61)
ファミリープールも閉鎖。今年だけではない感じ。

20200919tuburoko (66)
遊歩道がまだあったのでたどっていくと・・・

20200919tuburoko (69)
広い駐車場があり、たくさんの人が釣りをしていました。川遊びと違って、静かな空間です。年券は7000円くらいだそうです。

8000歩くらい歩きました。日が暮れるのが早いので、遠出は早朝出発しなくては・・・
連休になりますが、距離も走って、ちょっと歩きたいですね。
今日は110kmでした。津風呂湖のかつての賑わいは知りませんが、今はひっそりと、穴場的存在になっています。ダム湖を自転車で一周するとか、気持ちよさそうです。

麦笑&如意輪寺

ツーリング
09 /05 2020
記事一覧

非常に強い台風が近づいているとのこと。近畿への影響は今日は大丈夫そうなので、東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。
先週も行ったのですが、その時は「タンク」さんと出会い、一緒に藤原宮跡まで走って帰りました。記事はありません。

20200905nyoirinji (3)
先週の麦笑 クロスカブに50CCの年代物ながらきれいな色のスーパーカブ、ここに新しそうなクロスカブ?が到着して、まさにカブ祭り!

20200905nyoirinji (4)
本日の麦笑 さすがに今日川遊びの人たちはほとんどいませんでした。

20200905nyoirinji (5)
魚見石 河原には誰もいませんでした。

20200905nyoirinji (7)
堂の瀬の高見川 釣り人がちらほら

20200905nyoirinji (9)
清浄な水流


20200905nyoirinji (10)
宮滝大橋まで走り、楢井で橋を渡り県道39号へ。

20200905nyoirinji (11)
昨今BBQは場所を選ばなければ・・・

20200905nyoirinji (12)
いっぱい看板が。ここでの川遊びは地元民だけとも書いてある。ここでランチは無理だ。

20200905nyoirinji (13)
吉野高校から飯貝経由で如意輪寺前の駐車場に出る道をはじめて走ることにしました。

20200905nyoirinji (14)
藤田の集落まではいい道がついています。


20200905nyoirinji (15)
飯貝地区の「身代わり地蔵尊」というのがあります。

20200905nyoirinji (17)
昔ここには地区の火葬場があったそうです。

20200905nyoirinji (20)
身代わり地蔵を安置し、ご先祖様を供養しています。まわりは植樹され、公園のようになっています。

20200905nyoirinji (21)
日陰にベンチがあったので、ここでチーズベーコンパンでお昼。ラジオは好きな番組「エリーナの歌え土曜日ラブヒッツ」。新井恵理那さんの品のある話し方が気に入っています。森七菜の歌「スマイル」がかかっていた。ボブディランのカバーと言っていたが、ボブディランの曲としては変だなぁと思って、家で調べたら「ホフディラン」のカバーでした!

20200905nyoirinji (25)
さらに道を進みます。藤田集落のはずれ。大きな邸宅も空き家かな。隣の家はくずれかけています。

20200905nyoirinji (26)
沢沿いの道ですが、部分的には絵になる沢です。全体としては荒れています。

20200905nyoirinji (28)
林道は森野苔道になりました。これはまだましなほうです。水が出ているところもあります。ゆっくり走ります。

20200905nyoirinji (31)
まもなく如意輪寺前の駐車場に出てきました。対向車ゼロでした。

20200905nyoirinji (32)
トイレを使わせてもらって、ついでなので如意輪寺を訪れてみます。はじめてです。楠木正行(まさつら)は正成の子供ですかね。

20200905nyoirinji (33)
裏山門から入ります。

20200905nyoirinji (38)
宮内庁所管の施設、この上には・・・

20200905nyoirinji (39)
後醍醐天皇の陵があります。塔尾陵(とうのおのみささぎ)というらしい。京都のほう(北)を向いているとか。普通天皇陵は南面だそうです。

20200905nyoirinji (48)
後醍醐天皇が腰かけられた岩だとか。確かに座りやすそうな感じ。

20200905nyoirinji (46)
これが表山門。参道の階段が下に伸びています。歩かないけど。

20200905nyoirinji (47)
これが本堂。

宝物殿には、楠木正行が四条畷の戦いに赴くときに、本堂の扉に辞世の句を刻んだものが残っているらしい。今日はパス。

20200905nyoirinji (52)
このあと「吉野温泉元湯」に寄ってみました。今ならGO TOなんとかでお安い?まさに隠し湯という感じのところにありますが、日帰り入浴も予約(当日可)すれば700円でOKらしいです。吉野山を歩いて、温泉入ってゴロゴロして、電車で帰るのもいいでしょうね。吉野駅まで1.5kmです。今日、風呂上がり風の歩行者が3名いました!

という、なんということのないツーリングでしたが、吉野高校から如意輪寺までは初めての道だったのでよかったです。古い「クマ出没」の看板もありましたが、まぁ、いてもおかしくないような山奥感がありました。

走行115km。2600歩。台風被害が出ませんように。

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?