青山高原ウォーク

ツーリング
08 /29 2020
記事一覧

青山高原は何度も訪れています。三角点駐車場から奥山愛宕神社へは歩いたことがありますが、青山高原公園線に沿って設けられている自然歩道はまだ歩いたことがありません。三角点駐車場から布引の滝方面にも下りて行ったことがありますが、途中で引き返しました。
今日は車道沿いの自然歩道を歩いてみたいと思います。

あ、カッパを忘れた!と思いながら桜井浅古、朝倉台、西峠から山麓線経由でR165。名張を通過するのにちょっと時間がかかります。日陰のある休憩所とか一切ないので、青山高原道路の入り口まで一気に走りました。

20200829aoyamakogen (1)
公園線に入ってちょっと休憩。

20200829aoyamakogen (3)
金髪のカツラが落ちている。気味が悪い。

20200829aoyamakogen (4)
三角点駐車場に到着。お店は営業中らしい。外のトイレは使用禁止。

20200829aoyamakogen (6)
三角点のある丘から。海ははっきりは見えませんが、あるということはわかります。

20200829aoyamakogen (8)
三角点と風車群。いっぱいあって未来的風景。

20200829aoyamakogen (13)
三角点から下りて、自然歩道を歩きます。概ね日陰なのがうれしいです。

20200829aoyamakogen (17)
標識も充実しており、かなり老朽化していますが、まだ読める状態です。

20200829aoyamakogen (18)
いたるところにベンチがあります。昔は木が育っていなくて、もっと見晴らしがよかったのかもしれません。

20200829aoyamakogen (22)
芝生の道が終わると苔の道。

20200829aoyamakogen (28)
自然歩道は丸い石が縁石として埋められていますが、ただ埋めているだけではなくて、ちゃんとコンクリの土台があるようです。ここは土が流れて土台が見えています。

20200829aoyamakogen (31)
あれを上れば円山展望台の丘。

20200829aoyamakogen (32)
景色は東側に開けており、まぁ大体同じようなものです。すぐそばに駐車場があるので、けっこう人が上ってきています。

20200829aoyamakogen (34)
少し下ったところに広場を囲むようにしてベンチが設けられています。東屋もありましたが、先客が「ここで一日過ごします」みたいな感じでくつろいでおられました。そうしたくなるような空間ではあります。

20200829aoyamakogen (37)
お弁当にします。

20200829aoyamakogen (39)
チキン弁当。梅干と塩昆布とキムチで塩分補給。

20200829aoyamakogen (45)
その先にある公園の遊具はもう使えないようです。

20200829aoyamakogen (48)
下りていくと太鼓橋がありました。布引の滝へ下りる道の途中にあることは知っていましたが、木が倒れて橋を覆っていました。

20200829aoyamakogen (55)
これは「あせびの丘」のベンチ。確かに馬酔木が多くありましたが、花は春でしたかね。

20200829aoyamakogen (59)
樹間にタコが落ちています。


20200829aoyamakogen (60)
つつじの丘。


20200829aoyamakogen (69)
赤とんぼの丘。どこでもキャンプできそうな芝生広場。

20200829aoyamakogen (72)
自然歩道はアップダウンの繰り返しです。けっこう運動になっています。歩数も1万歩行くのでは?

20200829aoyamakogen (76)
すすきの丘。ススキがあるのかな?


20200829aoyamakogen (79)
こんな感じの道。右下に下りると布引の滝から東青山駅方面へ。

20200829aoyamakogen (82)
この上が第六駐車場。ここでUターンします。ここのトイレも使用禁止。

20200829aoyamakogen (86)
ボードウォーク。しかし、ものすごく滑りやすいので注意です。

20200829aoyamakogen (93)
伊勢見の丘。今は風車しか見えませんが。

20200829aoyamakogen (106)
円山展望台にもどってきました。

20200829aoyamakogen (108)
ズームすると海がはっきりわかります。(ズーム機能は壊れているのですが、ときどき使える・・・)

三角点駐車場に戻ると大盛況。いっぱいの人でした。バイクもたくさん来ています。もう3時なんですが。涼みに来られるのですかね。

公園線を北上し、高良城(こうろぎ)林道でR163に出ます。

20200829aoyamakogen (115)
この道は舗装状態はいいのですが、ところどころ落石があります。めったに車も通りませんが、一台だけ対向車が見えたので、用心して停止したら、ブラインドコーナーから逆車線(私が走る線)へ出てきました。センターラインはありませんが、左に寄って走ってもらいたいものです。

最近「ドラレコ事故動画」をよく見ているのですが、「なんで?」みたいな事故が多くて、走るのが怖くなるくらいです。ブラインドコーナーでは積極的にホーンを使うのもありかと思います。今日駐車場で駐車するのに四苦八苦しておられたご老人がいましたが、そばで心配そうに見ていた奥さんと話をしました。旦那さんは85歳で、まわりからは運転をやめるように言われているようですが、病院とか行くのに車は必要だとか。(まぁ今日は遊びに来ているのですが) なんか、よくある話ですが、アクセルとブレーキの踏み間違いとか起こさないようにと祈ります。バイクはその点、間違わないよね?

中瀬ICから名阪に乗り、自重して安全運転で帰りました。でも!女寄峠を下りたら雨!カッパ忘れたので、とにかくウエストバッグとリュックをトップケースに入れて、自分はずぶ濡れになって帰りました。すごい雨でした!
帰って二時間、後始末、これが面倒くさいんですね、雨の後は。

走行173km。歩数11976歩。青山高原の自然歩道は素晴らしかったです。今度は布引の滝へ行きたいですね。
スポンサーサイト



麦笑往復

ツーリング
08 /22 2020
天気は午後から今一らしいですが、明日の日曜日はもっと大気が不安定ということで、週に一度の東吉野村のパン屋さん「麦笑」へは今日行きます。

桜井浅古から宮奥ダム、三茶屋経由のいつものコース。交通量は少なく、後続車がないのでゆっくり走ります。三茶屋の無人野菜販売所は今日も開いていませんでした。
6速で3500回転くらいで走ると実にスムーズ。燃費がすごくよくなりそう。下りはスロットルを閉じてエンブレかけて下ります。こんな運転では自爆はありえない。ねらったラインで走れます。

私は右コーナーはアウトミドルアウトで抜けます。センターラインには決して近づかない。また、コーナー出口の安全が確認できるまでアクセルを開けません。左コーナーは基本インインインです。対向車がセンターラインを越えてくるのを前提に走っています。こんなんではグループツーリングはできないですね。ソロでのんびり走るのが向いているんだと思います。

数百回走っている東吉野への道。川遊びの人たちが今日も訪れています。アユ釣り人もちらほら。やりたいですが、友釣りは敷居が高い。師匠がいないと・・・


20200822mugiwaraofuku (1)
平和な走行で麦笑到着。今日は食パンが早々と売り切れ。いつもとはちょっと違うパンを買いました。

20200822mugiwaraofuku (2)
次は川口製麺所へ向かうのですが、途中こんな案内がありました。簾屋?

20200822mugiwaraofuku (3)
この家でいいのかな?そんな古民家にも見えませんが・・・見るからに空き家。

20200822mugiwaraofuku (5)
石垣は古そうですね。東吉野村には天誅組縁の場所があちこちにありますね。大河とはいいませんが、ドラマになってほしいですね。


20200822mugiwaraofuku (6)
川口製麺所に到着。これは工場。お店は無人だったので隣の社長宅に行って声をかけます。

20200822mugiwaraofuku (7)
そばを三つ購入。そうめんや太麺はよく売れて、在庫をきらしている様子。この酷暑のせいか、需要が高いようです。
社長さんとあれこれしばらく立ち話。

7月にこの製麺所を訪れたとき、近所の料理旅館「杉ヶ瀬」でバイクの写真展をやっていると伺いました。ちょっと寄ってみたのでその時の写真です。


20200822mugiwaraofuku (31)
いつも前を通り過ぎていたんですが、無料の写真展ということで入らせてもらいます。

20200822mugiwaraofuku (20)
雰囲気の良い中庭。

20200822mugiwaraofuku (15)
舞台のある大広間で写真が展示されていました。

20200822mugiwaraofuku (16)
女性ライダーの写真です。

20200822mugiwaraofuku (18)
海外のレースの雑誌も展示されています。ここのオーナーさんのご趣味らしい。

20200822mugiwaraofuku (19)
大宴会ができそうな大広間。今のご時世ではなかなかですが・・・高見川のすぐそばなのです。

20200822mugiwaraofuku (26)
池にはコイも泳いでいます。

ここでは昼食に「バイカーズプラン」があるようで、「榛原牛」と野菜のセット、ご飯のお替り自由で3000円とのこと。以前からバイクのグループが停車しているのを見ていたのですが、ツーリングでお昼を食べに来ていたんですかね。なかなか粋な大人のツーリングですね。ソロの私は無理ですが・・・

20200822mugiwaraofuku (8)
空模様が怪しくなり、お空もゴロゴロを鳴っているので、今日は寄り道をやめて帰ります。とりあえず宮奥ダムのWCまで帰ってきましたが、おなかが減ったので東屋でランチにします。

20200822mugiwaraofuku (12)
橋を渡ると水車小屋があります。

20200822mugiwaraofuku (11)
あんまり水は流れていません。この水の勢いで回っているとは思えませんが・・・

20200822mugiwaraofuku (13)
広い板の間がある東屋。

20200822mugiwaraofuku (14)
チーズパン。これ一個で十分お昼になります。

食後昼寝をして起きてみると、冷たい風が吹き、空には黒い雲、そしてゴロゴロ・・・急いで帰らねば!

ということで、100km弱、麦笑を往復しただけでした。

長谷山(津市)

ツーリング
08 /20 2020
記事一覧

津10山(つてんざん)というのがあって、以下の通りです。
〇錫杖ヶ岳(しゃくじょうがたけ)676m

〇長谷山(はせやま)320m

〇経ヶ峰(きょうがみね)819.3m

〇髻ヶ岳(もとどりがたけ)756m

〇高束山(たかつかやま)500m

〇矢頭山(やずやま)730.8m

〇髯山(ひげやま)687.7m

〇尼ヶ岳(あまがたけ)957.7m

〇大洞山(おおぼらやま)
 雄岳1013m 雌岳985.1m

〇俱留尊山(くろそやま)1037.6m

津といえば海のイメージですが、今では俱留尊山も津市なんですね。今日はこのうち一番低い長谷山に登ろうと思います。酷暑ですからあんまりきつい山歩きはできません。

桜井浅古から朝倉台経由で、香酔峠のヘアピンを華麗に処理して針ICへ。
大型トラックに囲まれながらも安全運転で中瀬ICで下ります。

R163で東へ。この道は狭くてあまり好きではありませんが、飛ばす車もいなくて落ち着いて走ることができました。
中瀬ICから35km、忠盛塚東で左折。

20200820haseyama (2)
ちょっと一休み。今日も暑い!水分をとらねば!

20200820haseyama (3)
長谷山はここの車道を上がればいいのですが、県道沿いには駐車場がありません。

20200820haseyama (5)
もう稲刈りをしています。

20200820haseyama (6)
県道から長谷寺へ上がる道の途中。ヤマカガシやらマムシやらに注意とのこと。いかにも毒蛇っぽい模様。

20200820haseyama (8)
長谷寺本堂の案内に従ってきました。本堂前の広場の隅に駐車。

20200820haseyama (7)
長谷寺本堂。奈良の長谷寺を模して作ったという。近長谷寺というのもありますが、ここは「遠長谷寺」という別名があるらしい。

20200820haseyama (12)
無人。御朱印はセルフサービスでした。

20200820haseyama (10)
長谷山へのハイキングコースの入り口は本堂の右側。900mだから楽勝かな?

20200820haseyama (15)
と思いきや、けっこう急な登りでした!

20200820haseyama (17)
虫よけにうちわを使っています。ですが、あまり虫は来ない。いないのか、虫にも暑すぎるのか?


20200820haseyama (20)
なだらかになるとうれしいです。

20200820haseyama (23)
ここから林道に出てきました。あとは林道を山頂まで歩きます。

20200820haseyama (24)
直射日光はきついです。

20200820haseyama (26)
建設省の無線中継所とのことです。

20200820haseyama (28)
東側の展望が開けてきました。

20200820haseyama (31)
三重テレビの中継所です。

20200820haseyama (33)
その下の広場が展望所になっていて、ベンチがいくつかあります。日陰がうれしい。ここでランチにします。

20200820haseyama (36)
海はかすんでいて、船は確認できません。

20200820haseyama (37)
津市10山に選ばれているだけあって、津市が一望のもとに見渡せます。

20200820haseyama (41)
あとで昼寝もしましょう!

20200820haseyama (46)
トイレはありますが、ちょっと近づきがたい・・・

20200820haseyama (49)
豚の焼き肉弁当を作ってきました。暑くてちょっと食欲がなかったですが、食べ始めるとおいしくいただけました。

20200820haseyama (45)
ちょっと昼寝をしてから、さらに続く道を歩きます。

20200820haseyama (51)
すぐにNHKの中継所がありました。

20200820haseyama (56)
三角点のある山頂。業者の方か、車が三台。もちろんVstromで上がってくることもできるわけですが、歩くために来ています。

20200820haseyama (58)
山頂を辞して林道で下山します。山道は転倒のリスクがあるので。

20200820haseyama (59)
ここから未舗装路で長谷寺へ行けるようです。

20200820haseyama (64)
長谷寺の参道の途中。踏みつけられているのは?

20200820haseyama (67)
これは朝鮮出兵の時に持ち帰ったものだとか。

20200820haseyama (65)
これを上がれば本堂。

半端ない汗をかきました。上半身裸になって着替えます。

20200820haseyama (69)
下の県道から見た長谷山山頂付近。

帰りは名阪国道で後ろのトラックがけっこう迫ってきましたが、落ち着いて対処できました。安全運転で燃費も31km/ℓ以上。
満タン航続距離は600kmを誇るVstromです。走行207km。歩行7039歩。六つ目の津市10山登頂でした。
今の季節、このくらいの山歩きが限度ですね~。

麦笑散歩 津風呂湖

ツーリング
08 /16 2020
記事一覧

東吉野のパン屋さん「麦笑」は開店が午前11時。十分外気温が上がってから出発となります。
バイクの運転は予測が大事で、「見えないところからは何かが出てくる」「対向の右折車はこっちを見ていない」というような前提で走っていますが、今日も又、私が左折、対向の軽自動車が右折、ということで、私が優先なんですが、案の定というか、軽自動車が私を無視して右折してきました。予測していたのと、道幅が広い交差点だったので、私が警笛で警告したら向うはスローダウンしました。

軽自動車は明らかに、自分の前の車が右折したのに続いて、対向車を見ずに右折したと思われます。こういう不注意で以前滋賀県で右折車に直進車が衝突して園児ら16人が死傷した事故がありました。非は右折車にありました。

バイクはヘッドライトを常時点灯していますが、相手が見ていると思いこまずに、むしろこっちのことなんかまったく見ていないという前提で走るくらいがいいかなと・・・特に交差点は気を付けたいもんです!


20200816mugiwarasanpo (1)
外気温はホットでも運転はクールに快走し、いつもの魚見石。

20200816mugiwarasanpo (2)
対岸はいっぱいの路上駐車。川遊びが今日も大人気。あっちこっちでBBQ。

20200816mugiwarasanpo (3)
麦笑到着。いつも笑顔の元気な店長さん。

20200816mugiwarasanpo (4)
もと来た道をもどります。県道16号で一番好きなところ。200mくらいが日陰になっています。

20200816mugiwarasanpo (6)
津風呂湖のほうに左折。入野(しおの)あたり。

20200816mugiwarasanpo (7)
津風呂川が流れ込んでいるところ。釣り人は何を釣っているのでしょうか。

20200816mugiwarasanpo (12)
止まって写真を撮っているとバイク4台が追い抜いていきました。この津風呂湖沿いの近畿自然歩道を大きなバイクでツーリングする人もいるのですね。

20200816mugiwarasanpo (13)
この道は大体狭くて、石ころがあちこちに落ちています。

20200816mugiwarasanpo (15)
向かい側の山。これからどうするのだろう?

20200816mugiwarasanpo (16)
対向可能場所表示がひんぱんにあります。

20200816mugiwarasanpo (17)
終点までけっこうな距離があります。3速ホールドで20km/h位でゆっくり走ります。

20200816mugiwarasanpo (19)
橋をちょっと渡ってみよう。

20200816mugiwarasanpo (21)
橋の上から。左のは管理釣り場?

20200816mugiwarasanpo (22)
ボートでバス釣りの人があちこちにいます。エレキモーターをつけているようで静かに進みます。手漕ぎボートを借りると遊漁料込みで3700円という情報もありますが、やってみたい気はします。

20200816mugiwarasanpo (23)
道沿いにところどころ空き地がありますが、誰かが「遊んだ」んですかね。

20200816mugiwarasanpo (24)
厳重に立ち入り禁止。まぁ、車中泊とかする人もいそうですね。

20200816mugiwarasanpo (26)
ダム湖に沈んだ家々があります。片岡家もその一つのようで、昔の庄屋さん。

20200816mugiwarasanpo (27)
上が展望台になっています。

20200816mugiwarasanpo (28)
なかなかの眺め。

20200816mugiwarasanpo (30)
今日はここでランチにします。キトラ古墳へ行こうと思っていたんですが、やっぱり水辺がいいですね。

20200816mugiwarasanpo (31)
まずはベーコンチーズ。

20200816mugiwarasanpo (33)
玉ねぎパンも。

20200816mugiwarasanpo (35)
食べてから、こんな空を見ながら昼寝。平和な時間が流れます。

20200816mugiwarasanpo (36)
道の奥まったところ。水も澱んで排水が流れ込んでいます。

20200816mugiwarasanpo (38)
津風呂ダム。なかなかの水量です。

20200816mugiwarasanpo (39)
竜門岳904m。

20200816mugiwarasanpo (40)
終点間近になって通行止めでした。ただし、明日とあさって。よかった~。

20200816mugiwarasanpo (41)
トイレのある場所ですが、以前は橋までの道沿いは木が生い茂っていたのに、えらく見通しがよくなっていました。

20200816mugiwarasanpo (43)
ここのせいで通行止めになるんですね。岩がごそっと剥げ落ちています。

20200816mugiwarasanpo (45)
八井内から浅古に向かう途中、百市には寺川にかかる新しい橋ができているのですが・・・

20200816mugiwarasanpo (46)
道路とつながるのはいつになるのでしょうか?ちなみに橋の名は「もものいち桜橋」。

走行107km。麦笑散歩ツーリングでした。今日も汗をかきました。

この暑いのに岩湧山

車で遠足
08 /13 2020
記事一覧

山友から久々のお誘いがあり、岩湧山へ。

20200813iwawakisan (1)
河内長野駅まで車に乗せてもらい、南海電車に乗ります。

20200813iwawakisan (3)
紀見峠駅。登山者は私たちだけですね~。

林道を歩いて登山口へ向かいます。

20200813iwawakisan (21)
林道の後、山道になり、三合目までが急登になります。熱中症対策で、休み休み登ります。

20200813iwawakisan (25)
三合目到着。ダイアモンドトレールに合流。ここで標高650m。駅から400m以上上ってきました。

20200813iwawakisan (27)
あとは階段やらゆるやかな登りなど、割と楽になります。ただし距離はあります。

20200813iwawakisan (30)
根古峰到着。山頂には行きませんが。

20200813iwawakisan (44)
錦命水。冷たくておいしかったです。タオルを濡らして首に巻くと気持ちいいです!

20200813iwawakisan (45)
五ツ辻到着。要所要所で休憩。半端ない汗をかいています。シャツはビショビショ。

今の季節、ずう~っと虫やらアブやらが顔にまとわりついて不快極まりありません。それさえなければ快適なんですが。タオルをヌンチャクみたいに振って虫を追い払いながら歩きます。ネット付き帽子が欲しい!

20200813iwawakisan (51)
ここを下りていくと岩湧寺。この先はかつて歩いた道になります。

20200813iwawakisan (52)
ここまでくれば山頂は間近。

20200813iwawakisan (58)
東峰870mに到着。扇子は何?

20200813iwawakisan (59)
いったん下ったところのWC。使わせていただきます。

20200813iwawakisan (60)
あとはここを登れば山頂。緑がまぶしい。

20200813iwawakisan (62)
ユリの一種か、ポツンと咲いています。

20200813iwawakisan (66)
山頂到着。もう午後1時です。お腹がすきました!

20200813iwawakisan (67)
かすんでいます。

20200813iwawakisan (68)

20200813iwawakisan (69)
あべのハルカスもよくわかりません。

20200813iwawakisan (70)
大阪湾もかすみの向う。

20200813iwawakisan (79)
展望ポイントに人はちらほら。人気の山ですが、この暑いのに登るのはよっぽどの・・・・


20200813iwawakisan (81)
コロッケとポテトサラダ弁当。いもばっかりですね~。でも山で食べるとなんでもおいしい!

20200813iwawakisan (85)
食後は西へ下りていきます。滝畑まで下りて、バスで河内長野駅まで戻る予定。バスは4時19分発。それに間に合わせなければ。

20200813iwawakisan (86)
滝畑ダム湖が見えています。


20200813iwawakisan (90)
昔のロープウェイのあとかな。ここにリフトがあれば楽だけど・・・

20200813iwawakisan (92)
ここを下りてきましたが、登るのは日差しが強くてしんどそう。

20200813iwawakisan (94)
鉄塔がありました。

20200813iwawakisan (95)
下りは下りでけっこう足にきます。頻繁に小休止。

20200813iwawakisan (98)
どんどん下りていきます。膝にきます。

20200813iwawakisan (102)
変化にとんだ山道です。虫さえいなければ・・・


20200813iwawakisan (110)
ようやく登山口に下りてきました。川遊びの人たちの歓声が聞こえます。

20200813iwawakisan (113)
河原はかなりの人出の密状態。

20200813iwawakisan (115)
久しぶりに山で2万歩越えです!足の裏が痛いです。

20200813iwawakisan (119)
バスには間に合いました。座れましたが満員です。バスから見る岩湧山山頂。

20200813iwawakisan (122)
河内長野駅前の駐車場からも岩湧山が見えました。

今日は24018歩歩きました。紀見峠駅から滝畑はそこそこ長く、10km以上ありました。岩湧山は岩湧寺から「きゅうざかの道」で登るのが一番楽ですね。
今日も半端ない汗をかいてしまいました!

滝谷池(三重県伊賀)

ツーリング
08 /11 2020
記事一覧

「池シリーズ」。地図を見ていると滋賀県地図に滝谷池という大きな池がありました。よく見ると三重県が滋賀県側にぷくっと膨れたような場所にあり、実は三重県伊賀市にある池です。

桜井浅古から長谷寺前、西峠から針IC,名阪国道で大内まで。久しぶりにコリドールを北上します。

20200811takitaniike (1)
名阪国道に乗る前に休憩して水分をとります。塩飴もなめます。熱中症対策。

丸柱でR422を信楽方面へ。エホバのところを右折して県道50号へ。この道は路面はまぁまぁですが、一車線の狭いところが続きます。対向車は一台だけでした。県境を何度がまたいで通っています。伊賀市の広い道になり、左に真木山神社の看板が見えるところを左折します。

20200811takitaniike (2)
ここから政所という集落へ。

20200811takitaniike (3)
カンカン照りのなかの稲の絨毯。

20200811takitaniike (4)
真木山神社の駐車場に到着。まぁ、誰もいないですよね~。

支度をして出発。

20200811takitaniike (5)
結構りっぱな神社ですね。

20200811takitaniike (7)
滝谷池への道には獣よけフェンス。開け閉めは簡単です。

20200811takitaniike (9)
ゆるやかな上り坂。最初は舗装されています。

20200811takitaniike (10)
農地のようなものがありますが、何も栽培されてはいません。

20200811takitaniike (11)
Y字路は右の舗装路へ。

20200811takitaniike (12)
夏らしい雲。夕立にならなければいいのですが。カッパ忘れたし。

20200811takitaniike (14)
道沿いにきれいな水路があります。滝谷池からきているのかな?

20200811takitaniike (15)
バイクだとオフ車がいいですね。車は車高の高いのでないとちょっと擦るかも。

20200811takitaniike (16)
日向は暑い!

20200811takitaniike (17)
40分ほどで到着。

20200811takitaniike (18)
水上バイクをもってきた人がいたのでしょうか?

20200811takitaniike (20)
穏やかな水面。魚影は確認できませんでした。

20200811takitaniike (21)
土でできたダムになっているようです。

20200811takitaniike (23)
人っ子一人いませんね。

20200811takitaniike (24)
堰体の先に芝生広場。キャンプができそうです!炭を燃やした後がありました。(チェーンが張ってあって車は入れませんが)

20200811takitaniike (29)
溢れた水はここから出ていくようです。今の水量は少なめなのかな?

20200811takitaniike (32)
向うにもどってお弁当にしよう。

20200811takitaniike (33)
あの山を越えたら滋賀県信楽。

20200811takitaniike (38)
池沿いの林道は進入禁止。

20200811takitaniike (39)
取水設備でしょうか。

20200811takitaniike (47)
稼働してなさそうですが、内部には神棚が。

20200811takitaniike (43)
貴重な日陰でお弁当。ラジオは甲子園の高校野球。暑い中、がんばっていますね!

20200811takitaniike (45)
冷蔵庫の残り物で作ったチャーハン。美味しいけど、単調ではある。

20200811takitaniike (51)
帰り見つけた木の実。ものすごく硬い。

20200811takitaniike (53)
水路をもう一度撮影。本当に透き通った水です。これも流れて結局は淀川へ。

20200811takitaniike (58)
菫の一種か。ポツンとひとつだけ咲いていました。

20200811takitaniike (61)
真木山神社にもどってきて、ちょっと寄ります。現天皇陛下も来られたとか。

20200811takitaniike (62)
古そうな舞台でちょっと休憩させてもらいました。きれいなトイレも完備です。人は誰もいませんが。

帰りは壬生野から名阪国道を針まで。香酔峠を越えて帰りました。

20200811takitaniike (63)
前にときどき寄っていた「わくわく宇陀いち」が閉店したのは知っていましたが、トイレも閉鎖されていました。店先でちょっと休憩させてもらいました。とにかく小一時間ごとに水分を取ることにしています。

走行172km。歩数9400歩。密から程遠い散歩でした。

20200811takitaniike (65)
往復5kmくらいでした。今日もいっぱい汗をかきました!

麦笑散歩 下市黒滝

ツーリング
08 /09 2020
記事一覧


晴れたら必ず週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へのショートツーリング。
桜井浅古から宮奥ダム経由で三茶屋。今日も寄ります無人野菜販売所。


20200809mugiwarasanpo (1)
キュウリとかあるでしょうか?

20200809mugiwarasanpo (2)
高価そうな自動アルコール消毒器が置いてあります。

残念ながら野菜はほとんど売り切れ?みたいで、唐辛子一袋とキュウリ二本だけを買いました。

20200809mugiwarasanpo (3)
東吉野村、いつもの魚見石の前。河原には人がいっぱい出ています。大盛況です。

20200809mugiwarasanpo (5)
麦笑到着。まだ11時半だったのでいっぱいパンがありました。必ず買うのは食パン、チーズパン、塩パンなど。

20200809mugiwarasanpo (6)
麦笑から宮滝消防署、桜橋を渡り阿知賀の簡易郵便局を左折、しばらく走ると行者の滝。止まるのは二度目。

20200809mugiwarasanpo (11)
ここで源義経が馬を洗いました!

20200809mugiwarasanpo (14)
ちょうどランチタイムなので、道端でいただきます。

20200809mugiwarasanpo (15)
ピンクのはカルピスです。ちょっと濃すぎた!

20200809mugiwarasanpo (17)
もう一個いっとこう。

前の田舎道、普段なら地元の人しか通らないような道だと思いますが、今日はひっきりなしに車が通ります。ナンバーを確認しながら見ていましたが、奈良はもちろん、大阪、和泉、堺、なにわ、神戸(多かった!)、京都、つくば!、広島! それと青森!ナンバーとか、いろいろでした。

この先には森物語村とかあるからでしょうか?

20200809mugiwarasanpo (20)
県道48号をのんびり流して走り、黒滝村役場前へ。小学校と中学校が一緒になっていますね。最近こうなったみたいです。

20200809mugiwarasanpo (21)
道の駅のほうには曲がらず赤滝五條線へ。天川へ行く道との分岐にある河分神社。

20200809mugiwarasanpo (23)
戦時中、兵士の壮行会でもしたのかもしれない。

20200809mugiwarasanpo (25)
左へ上って行きます。

20200809mugiwarasanpo (26)
上中戸という集落のバス停前。

20200809mugiwarasanpo (28)
黒滝村のハイキングガイドにも案内されている柏原山はここから登れるようです。今日は下見に来ました。駐車はここか、役場にすればいいかな。

20200809mugiwarasanpo (32)
空き家も多そうですが、まだまだ現役集落という感じ。

20200809mugiwarasanpo (33)
舗装路がまだ続いていたのでさらに上ってきました。

20200809mugiwarasanpo (38)
さらに道は続いていますが、あんまりバイクで上ると歩く時の楽しみが減るので、ここでUターン。

20200809mugiwarasanpo (39)
さらに赤滝方面へ進むと、黒滝川渓谷。

20200809mugiwarasanpo (41)
かなり上流なので、実にきれいな流れ。

20200809mugiwarasanpo (42)
ちょっとだけ遊歩道も設置されています。

20200809mugiwarasanpo (43)
「川の流れモード」で撮影するとこうなりますが、ぼけているみたいにも見える。

20200809mugiwarasanpo (46)
お弁当スポットに最適。ラーツーもよさそう。

20200809mugiwarasanpo (55)
この橋、壊れて通行止めでした。

20200809mugiwarasanpo (60)
これ以上は行けません。そばでは若い女子の歓声が!きらら赤岩というバンガロー施設があるので、人がいっぱい川遊びしています。

20200809mugiwarasanpo (63)
さらに進むと日本遺産の看板。ここは3回目。

20200809mugiwarasanpo (64)
この先はまだ堰堤や道路の工事中ですね。

20200809mugiwarasanpo (67)
未舗装路を少し走りましたが、汚れるのでここでUターン。この道、大峯林道までつながるのでしょうか?

20200809mugiwarasanpo (69)
さっきの日本遺産、「赤滝石佛長命地蔵大菩薩」。この建物、いつもオープン、中で昼寝もできそうですが、罰があたるかも。

20200809mugiwarasanpo (74)
帰りは下市町やすらぎ村の前を通って帰りました。このだだっ広い広場は前から何かなと思っていましたが、森林公園やすらぎ村の臨時駐車場になっていました。ちなみにやすらぎ村の人出は半端なかった!

それ以上に吉野川の人出はすごかった!「ヨシスト」の前とか、盛況でした。
川遊びといえば、つい先日、私も良く通る川上村東川で事故があったようです。いつも見てて深そうだなと思っていた場所かなと思います。私は水にはつかりませんが、バイクで事故らないように、油断大敵!「ご安全に」ですね。
走行168km。8時間汗だくでした!

熊野古道大日越 本宮から湯の峰へ

ツーリング
08 /07 2020
記事一覧

熊野古道は日帰りで行ける範囲でちょこちょこ歩いてきましたが、今日は久しぶりに石畳を歩いてみようと思います。
熊野本宮大社から湯の峰温泉まで大日越というルートがあります。距離は3キロちょっとで、標高差は250mくらいだと思います。

橿原高田から京奈和で五條IC。そこからR168をひたすら南下します。

20200807dainichigoe (1)
野迫川へ行く橋。長らく行っていません。

20200807dainichigoe (7)
十津川の道の駅で休憩。

20200807dainichigoe (4)
二輪事故の様子。死亡事故は天辻峠、阪本あたり、龍神スカイラインで起こったようです。

20200807dainichigoe (5)
こんなポスターを見るとまた行きたくなりますね。すばらしいお弁当スポットです。

20200807dainichigoe (8)
テレビでも放映されていましたが、21世紀の森公園の敷地内に「空中の村」というのができているそうです。フランス人の方がつくられたようで、木の上のネットの上で一日リラックスできたりするようです。もちろんタダではありませんが。

20200807dainichigoe (10)
まずまずの快走で熊野本宮大社を過ぎたところの、トイレのあるちょっとマイナーな駐車場に到着。大斎原の高さ34mの鳥居が見えています。今日は大斎原は行かずに、直接古道入口へ向かいます。

20200807dainichigoe (12)
あの山を越えていくのかな。

20200807dainichigoe (21)
表示に従って行くと、熊野古道入口に到着。この石段を上がります。

20200807dainichigoe (25)
民家の前が世界遺産。

20200807dainichigoe (26)
熊野古道と言えばこれですね。最初から雰囲気いいです。

20200807dainichigoe (28)
万一ルートを間違うと、教えてくれます。

20200807dainichigoe (32)
250mほど一気に登るので、それなりにしんどい。なにせ暑いです。こんなところで熱中症で倒れたらえらいことなので、無理はしません。水もしっかり飲みます。(麦茶、水道水、超薄いコーヒー、凍らせたスポーツドリンク、の4種類を持参しています。)

20200807dainichigoe (37)
月見ヶ丘神社に到着。ここまで誰もいませんでした。前に道の駅から本宮大社まで歩いたときは、外国人なんかもいっぱいいたのですが。今日は日本人もいません。真夏だから?コロナだから?


20200807dainichigoe (41)
まだまだ登りは続きます。

20200807dainichigoe (44)
すこしなだらかになってきました。

20200807dainichigoe (50)
鼻欠地蔵と呼ばれる磨崖仏まで来ました。

20200807dainichigoe (51)
最近よくマスクが落ちていますが、熊野古道にも落ちていました。

20200807dainichigoe (56)
下りになりました。200m弱下っていきます。

20200807dainichigoe (61)
温泉街が見えてきました。

20200807dainichigoe (68)
湯峯王子に立ち寄りました。

20200807dainichigoe (73)
この小さい橋のところに出てきました。

20200807dainichigoe (74)
そばにはトイレ。こう見えてもシャワートイレでした。さすが。

20200807dainichigoe (79)
有名な壺湯のそばでした。

20200807dainichigoe (80)
温泉街を歩きます。人通りはあまりない。

20200807dainichigoe (81)
近くの店で生卵を買って、ここの「湯筒」につけておけば本物の温泉卵ができるのですが、この暑い中やる気が起こりません・・・

20200807dainichigoe (83)
道の下の川べりを歩いて行ったら行き止まりでした・・・

20200807dainichigoe (84)
湯の峰温泉公衆浴場。今お風呂に入ったら気持ちいいのはわかっているのですが、ふろ上がりに汗びっしょりの服を着たら気持ち悪いだろうなと・・・着替えを持っていたとしても、どうせまた汗だくになるのだし・・・ということで温泉はなし!

バスで本宮まで帰ることも可能ですが、次のバスまで2時間以上あります。温泉に入って待つか?熊野古道の来た道をまた歩くか?
車道で帰るか?を考えて、運動のため?車道を5キロ歩いて帰ることにしました。熊野古道ほど標高差はなさそうだし・・・

20200807dainichigoe (94)
その前に、熊野古道にもどって道端でお弁当をいただきます。

20200807dainichigoe (93)
ナスビと唐辛子の炒め物。結局誰も通らず、今日は熊野古道貸切でした!ある意味贅沢。

20200807dainichigoe (100)
ほとんど車が通らない車道を歩いて本宮へ。ときには演歌とか大声で歌いながら・・・

20200807dainichigoe (112)
1時間ほどで駐車地に帰ることができました。12345歩にしようとバタバタしたら、越してしまいました!

大社から大日越え_640
こんなルートでした。古道入口近くの駐車場に停めたのがよかったです。

帰りは県道20号で下市、新鹿路トンネル経由で帰りました。
走行250km。走りも十分楽しめ、ウォーキングもできました。汗だくでした。

吉野 青根が峰辺りから白倉山方面

ツーリング
08 /05 2020
記事一覧

こんなに暑くては山登りしたいとは思えないですが、ちょっとだけ林道でも歩いてみようと吉野山へ。

桜井浅古から八井内直進でR169。桜橋を渡り、吉野神宮駅近くから県道37号で吉野山へ。
日陰が多い道なので快適です。観光の車はまったく通りません。

20200805yoshino rindou (1)
参陵トンネルを抜けたところ。蝉の声もせず、静寂。

20200805yoshino rindou (3)
奥千本方面へ向かっていたら、電気工事か何かでちょっと待ってくださいとのこと。すぐ通してくれました。道をクレーン車がふさいでいて、車は絶対無理、箱付きVstromでもむつかしかったかも。

20200805yoshino rindou (6)
時速25kmくらいでゆっくり走って、奥千本口バス停前に到着。私を追い抜いて行ったアドベンチャーバイクが坂を上って行かれます。

20200805yoshino rindou (8)
義経の隠れ塔の下にある駐車場に到着。もちろん誰もいません。

着替えて出発。水は2リットルもっています。

20200805yoshino rindou (10)
天川村方面は行けないとのこと。帰りはそっちへ行こうと思うんですが、黒滝村へは下りれるのでは?

20200805yoshino rindou (12)
かすんでて、竜門岳とかよくわかりません。

20200805yoshino rindou (14)
900m林道を歩いてこの分岐に来ました。左へ折れます。右上が青根が峰です。

20200805yoshino rindou (15)
前に蜻蛉の滝から川沿いコースでここまで登ってきました。今日は尾根コースで白倉山方面へ林道歩きです。

20200805yoshino rindou (17)
轍のある林道です。行きは基本下りです。

20200805yoshino rindou (18)
木陰が多くて快適です。それなりに標高もあるので、そんなに暑くはありません。

20200805yoshino rindou (21)
しばらくは送電線伝いに道があります。

20200805yoshino rindou (22)
まだ歩きやすい道が続きます。

20200805yoshino rindou (25)
大滝ダムが見えています。4kmも離れていない感じ。

20200805yoshino rindou (26)
まだ若い植林。

20200805yoshino rindou (27)
猛暑の空ですが、そんなに暑くはありません。

20200805yoshino rindou (32)
オフロードバイクで来たとしてもここまでかな?

20200805yoshino rindou (34)
端っこもこんな感じ。トリッカーみたいなのなら行けるかな。

20200805yoshino rindou (35)
一応白倉山方面の案内があります。

20200805yoshino rindou (36)
日向に出ました。さすがにこんなところは暑いです。

20200805yoshino rindou (37)
大滝ダムがさらに近くに見えます。

20200805yoshino rindou (38)
今日も夕立が心配だなぁ。

20200805yoshino rindou (39)
はい、ここで林道が終わりました。歩く道は続いているようなので直進してみます。

20200805yoshino rindou (40)
山歩きになってきた。

20200805yoshino rindou (42)

20200805yoshino rindou (43)
どうせ白倉山まで行けるわけではないので、ここでお弁当を食べてUターンします。

20200805yoshino rindou (44)
チキン+コロッケ弁当。ラジオもよく入ります。樹間をそよ風が吹き抜けてさわやかです。虫が寄ってこないのが幸い。

20200805yoshino rindou (45)
696ピークまでは行けませんでした。

20200805yoshino rindou (48)
帰り、鉄塔の下まで行ってみました。

20200805yoshino rindou (51)
このコンクリ道を上れば上の林道に出ます。

20200805yoshino rindou (52)
もうちょっとで9000歩。

20200805yoshino rindou (53)
天川村へは林業の作業で行けませんが、右への黒滝までの道は行けそうです。

おとといも通った黒滝村役場前を経由して帰りました。走行110km。今のこの陽気ではこのくらいが健康的かな?
とても静かな吉野山でした。

水鳥憩う三雲碧川コース(松阪市曽原町)

ツーリング
08 /04 2020
記事一覧

久しぶりに海を見たいと思い出発。一応松阪市が案内している「水鳥憩う三雲碧川(みくもあおかわ)コース」という海沿いのコースを歩く予定です。

松阪三雲碧川コース_640
こんなコースです。

桜井浅古から女寄峠、伊那佐山を左に見ながら内牧へ。R369で東へ。


20200804mikumoaokawa (2)
掛公園で最初の休憩。1時間に一度は水を飲みたいですね。

姫石の湯からR368へ。フットパーク美杉の前を経由して北東へ。

20200804mikumoaokawa (4)
リバーパーク真見の前で二回目の休憩。あまり人出はありません。

関ノ宮から県道580号。車は少なく快走です。下之庄を直進して名松線を横切り、次に・・・

20200804mikumoaokawa (6)
近鉄山田線を横切ります。あとでJR紀勢本線もクロスします。このあたり幹線道路ではありませんが、とにかく東へ直進すればOKです。

20200804mikumoaokawa (7)
途中、JRのひまわり畑がありました。こりゃ撮影しなければ!

20200804mikumoaokawa (10)

20200804mikumoaokawa (11)

20200804mikumoaokawa (15)

20200804mikumoaokawa (19)
ヒマワリの間にトマトがなっているんですが、取っていい?まさかね、取るとトマト泥棒に?帰りに見たら、専用駐車場があり、そこにひょっとしたら何か説明があったのかもしれません。

20200804mikumoaokawa (20)
「ハートフルみくも」の案内がありました。

20200804mikumoaokawa (21)
あの大きな施設ですね。

20200804mikumoaokawa (23)
駐車場に到着。スポーツできたり、保健センターがある総合施設のようです。

上着とオーバーズボンを脱いで出発。


20200804mikumoaokawa (26)
左の川が碧川。雲出川と三渡川のほぼ中央を流れる三重県の2級河川です。

20200804mikumoaokawa (27)
ハマボウがちらほらと咲いていました。「碧川に港があった江戸時代に海からの目印として植えられたのが始まりといわれ、最近では減少傾向にある植物です。」と松阪市が案内しています。

20200804mikumoaokawa (29)
大半はまだこんなツボミです。

20200804mikumoaokawa (32)
もうすぐ満開でしょうか。きれいでしょうね。

20200804mikumoaokawa (36)
川で作業をしている方がいます。通りかかったおばあさんに聞くと、シジミ漁だそうです。今ではあまり採れないとか。

20200804mikumoaokawa (37)
途中に堰が設けられています。

20200804mikumoaokawa (39)
小さな漁船の停留場のようです。

20200804mikumoaokawa (40)
さぁ河口だ、伊勢湾だ、と思ったら、引き潮で広い干潟になっていました。タプタプの海を予想していたんですが・・・

20200804mikumoaokawa (41)
ずっとずっと向うまで歩いていきます。日陰なし!歩いているのは私だけ!

20200804mikumoaokawa (44)
松阪港の方を見ています。

20200804mikumoaokawa (47)
貝を掘ってはいけません。

20200804mikumoaokawa (48)
見晴らしポイントはありますが、なにせ屋根がありません。

20200804mikumoaokawa (52)
まだまだ同じように道は続きます。

20200804mikumoaokawa (54)
干潟ではどうも海辺感が希薄。

20200804mikumoaokawa (57)
仕方ないから、日向でお弁当にします。

20200804mikumoaokawa (59)
焼き肉弁当+コロッケ。風があるのでそんなに暑くはありませんが、冷たいお茶がおいしいです。

20200804mikumoaokawa (60)
この川(三渡川)はここだけ広くて西に行くと消えてしまう感じ。水も流れていませんね。

20200804mikumoaokawa (62)
堤防歩きはもうやめます。ちょっとした木陰が涼しい!

20200804mikumoaokawa (64)
水路に船が沈んでいますが、中にカメが泳いでいました。

20200804mikumoaokawa (65)
あぜ道を行けば駐車地にもどれそうですが、やめとこう。

20200804mikumoaokawa (68)
カラスがいっぱい。稲は実りかけですが、稲ではなく、土だけの田んぼに下りて何かあさっていました。ミミズとか?

20200804mikumoaokawa (69)
ハートフルみくもに帰ってきました。指定避難所らしいですが、海抜1mもないので、津波の場合は使えなさそうです。

帰りも同じ道で帰りました。安全速度で走り、燃費は30km/ℓ。走行200km。8500歩。
姫石の湯で冷たい伊右衛門がおいしかったです。走りながら熱中症にならぬとも限らない季節。無理して走らず、適度に休憩したいものです。今度はタプタプした海を見に行こう。

図らずも下市散歩

ツーリング
08 /03 2020
記事一覧

午前中用事があったので、出発は昼前。目的地は下市町と吉野町の境にある菅原池(「池シリーズ」!)。
桜井浅古、新鹿路トンネルでR169に出て、桜橋を渡り吉野川左岸の県道を走ります。

20200803simoichisanpo (1)
阿知賀の簡易郵便局のところを左折、才谷方面へ。

20200803simoichisanpo (2)
しばらく走って、ここを左に上がるのですが・・・ゲートがありました!グーグルストリートビューには写ってなかったですが・・・

20200803simoichisanpo (5)
このあたり、やたらと不法投棄が多かったらしいですね。

バイクならゲートの横の隙間を通り抜けるのは可能でしたが、ちょっと考えて、大人の判断をして、断念しました。

さて、菅原池へ行くプランしか考えていなかったので、プランBはありません。とりあえず、直進して県道48号に出て黒滝方面へ向かいます。

20200803simoichisanpo (10)
秋野川はところどころ実に美しい渓谷美を見せてくれます。下りれるといいのですが、そんな場所はなさそうです。

20200803simoichisanpo (12)
このきれいな看板につられて駐車場へ。

20200803simoichisanpo (21)
才谷地区の集会所兼ゲストハウスらしいです。

20200803simoichisanpo (19)
裏手は涼しそうな渓谷。

20200803simoichisanpo (14)
とりあえず多門院へ。安産祈願のとこらしいですが。

20200803simoichisanpo (16)
説明が何もないので、ただ古そうだなと・・・

20200803simoichisanpo (17)
すばらしい!休憩所がありました。なかなかお金のかかったテーブルです!

20200803simoichisanpo (20)
実に適当な弁当ですが、栃原道しるべで買った梅干があればごはんがすすみます。キュウリは三茶屋で買ったもの。

20200803simoichisanpo (22)
石垣にササユリが一輪咲いていました。

20200803simoichisanpo (26)
黒滝村役場から道の駅方面に走っていると、前にも見たユニークな建物がありました。表示を見ると黒滝村の「こもれびホール」と「やまなみステージ」というものらしい。これはステージのほう。

20200803simoichisanpo (27)
こっちがホールのよう。

20200803simoichisanpo (30)
とりあえず記念撮影。

20200803simoichisanpo (31)
おおきな舞台になっています。

20200803simoichisanpo (32)
長い渡り廊下のようなもの。

20200803simoichisanpo (34)
1000人くらいは余裕で座れそうな広場。

20200803simoichisanpo (36)
舞台の天井。奈良の木材をいっぱい使っているのかな。

20200803simoichisanpo (38)
こっちはホール。中には人がいる様子でしたが、関係者以外入るなという看板がありました。

すばらしい施設のようですが、しょっちゅう使われているわけではなさそうです。とりあえず何の施設なのかがわかりました。

20200803simoichisanpo (40)
黒滝森物語村。そこそこの人出があります。ファミリーの川遊びですね。

20200803simoichisanpo (41)
ここの向かいに登山口がありました。

20200803simoichisanpo (43)
戦時中の防空監視哨がこの上にあるのですが、どこから登るのかこれでわかりました。また寒くなったら来てみよう。道の駅から歩いたら運動になりそうです。

20200803simoichisanpo (44)
こんな道。

20200803simoichisanpo (45)
あのつり橋にも行けるようです。ちょっと渡れる自信ないですが。

あとは広橋のワインディングをキビキビと走り、また阿知賀の郵便局までもどり、新鹿路トンネルで帰りました。
今日もご安全に!でした。 走行108km。菅原池はほかのルートで将来ハンターカブで?

麦笑散歩 上野公園/暮ヶ谷池

ツーリング
08 /02 2020
記事一覧

週に一度の東吉野村のパン屋さん「麦笑」へのショートツーリングです。
桜井浅古・宮奥ダムと経由して、三茶屋の手前の無人野菜販売所に寄るのがいつものコースです。

20200802mugiwaraikefutatsu (2)
よかった、開いています。トマトがあるのはうれしい。

20200802mugiwaraikefutatsu (3)
これだけ買いました。トマトは一個30円です。

20200802mugiwaraikefutatsu (7)
麦笑到着。今日は東吉野にたくさんの人が訪れています。水遊びの人や釣り客。車もたくさん走っていました。

いつものパンを購入して、窪垣内方面へ。そこから宮滝消防署方面へ。

20200802mugiwaraikefutatsu (9)
あちこちに水遊びする人たちが。

20200802mugiwaraikefutatsu (13)
途中、矢治峠への入り口がありました。ここを登って行けば峠があり、向うに下りれば津風呂湖です。

20200802mugiwaraikefutatsu (12)
たいした行程ではなさそうですが、こっち側には適当な駐車スペースがないので、津風呂湖側に駐車してこっちへ歩いたほうがよさそうです。また今度。

20200802mugiwaraikefutatsu (14)
宮滝遺跡に寄ってみました。何かあるのかと思っていたら、モニュメントだけでした。まぁ、飛鳥時代の離宮ということですから、何も残っていないのが当たりまえですが、特に整備もされていませんでした。

20200802mugiwaraikefutatsu (18)
裏道を通ろうと思っていたら、橋が通行止めでした。

20200802mugiwaraikefutatsu (20)
県立吉野高校の裏手の河原。たくさんの人が遊びに来ていました。BBQは禁止。冬にラーツーしに来てもいいかな。

20200802mugiwaraikefutatsu (22)
高校の廊下が道をまたいでいますね。

このあと三在からR24に出て、五條の上野公園(こうづけこうえん)近くのひまわり畑に寄ってみましたが・・・

20200802mugiwaraikefutatsu (24)
咲いているのは二三本・・・今年は、というか、初めて来たのですが、栽培していないのかな?雨も多かったし。

20200802mugiwaraikefutatsu (26)
草ぼーぼーです。

20200802mugiwaraikefutatsu (29)
上野公園の駐車場に到着。ランチはここで。

20200802mugiwaraikefutatsu (30)
池があり、遊歩道で一周できるようです。

20200802mugiwaraikefutatsu (34)
池の主はコイではなく、ミシシッピアカミミガメ。うちのペットと同じ。うじゃうじゃいました。

20200802mugiwaraikefutatsu (38)
雲の多い天気ですが・・・

20200802mugiwaraikefutatsu (40)
百日紅を見ると夏を実感します。

20200802mugiwaraikefutatsu (41)
屋根のある東屋で麦笑のパンのランチ。

20200802mugiwaraikefutatsu (44)
このあとは、この近く、京奈和道のそばにある大きなため池(暮ヶ谷池)に寄るつもりです。

食べていたら雨が降ってきました・・・すぐやみましたが。

20200802mugiwaraikefutatsu (46)
ここの公園のプールは水さえ入っていません。廃業?休業?


20200802mugiwaraikefutatsu (48)
R24から適当に細い道を上って、暮ヶ谷池に到着。国道から50mほどあがったところにあります。ここの水はどこからきているのかな?

20200802mugiwaraikefutatsu (49)
京奈和が見えています。池には一周できる道があります。

20200802mugiwaraikefutatsu (51)
釜窪西トンネルと東トンネルの間の区間が見えています。

20200802mugiwaraikefutatsu (54)
昔はヘラブナ釣りでもしていたのかな?近くには住宅もけっこうあります。京奈和の騒音は、露出部分が少ないせいか、そんなに気になりません。

20200802mugiwaraikefutatsu (57)
この辺の山はせいぜい標高200mほどですが、京奈和はトンネルで突っ切ります。おカネがかかっているのに無料とは、ありがたいですね。

20200802mugiwaraikefutatsu (59)
竜王山やら防城峯やら、きっとその向こうに武士ヶ峯などが見える方向。

ほかにヒマワリがどどっと咲いている場所はあるでしょうか?馬見丘陵公園とかじゃなくて、穴場的な・・・
いっぱい汗をかきました。帰宅してシャワーを浴びると気持ちいい。夏はいっぱい汗かくほうが健康にいいような気がします。
走行118km。3848歩。安全に走れました。

梅雨明けに笹の滝

ツーリング
08 /01 2020
記事一覧

八月になりようやく梅雨が明けたようです。七月は雨が多いのと、都合がつかないのとで、ほとんどツーリングができませんでした。
今月はそこそこ出かけられそうです。酷暑の時期、山を歩くのもしんどそうなので、滝のそばでお弁当を食べようと思い、十津川の笹の滝へ。

橿原から五條まで京奈和で快走。R168の丹原でちょっとだけ給油して南下。そこそこ車は走っていますが、だいたいおとなしい走りの人が多い。直線はゆっくり、ワインディングは安全速度でキビキビと走るようにしました。

20200801sasanotaki (3)
途中、阪本で工事中の新大塔橋を撮影。今日は作業していないのかな。

20200801sasanotaki (6)
風屋ダム入り口を通過して、ヘアピンの頭で左折、笹の滝方面へ。しばらく走るとWCがあります。

20200801sasanotaki (7)
水洗で、紙もあるし手を洗う液体せっけんも完備。

20200801sasanotaki (9)
途中の奥里取水ダム。

20200801sasanotaki (17)
真ん中に巨大な魚っぽいのが写っていますが、木のようです・・・水がいい色をしています。

20200801sasanotaki (19)
笹の滝へはこんな道。行きは川が左手なのですが、ガードレールがないところも多く、ゆっくり2速で走行。苔もはえています。

20200801sasanotaki (20)
R168から滝までは11kmくらいですが、時速25kmくらいで走るので結構時間がかかります。

20200801sasanotaki (23)
途中、山側から水が落ちている場所がたくさんあります。これは常時水が落ちてそうな場所。何とか滝と呼んでもよさそう。

20200801sasanotaki (29)
笹の滝入口のトイレ前に到着。ここは非水洗。

オーバーズボンを脱いで出発。

20200801sasanotaki (38)
トイレ下もなかなかの渓谷美。行けそうなのでちょっと下りてみます。

20200801sasanotaki (46)
橋の下にいい感じの滝。泳げそうなたまりができています。

20200801sasanotaki (48)
笹の滝の入り口。バイクが何台か停まっています。

20200801sasanotaki (50)
きれいに撮れませんが、緑の壁。落石が怖いので離れて歩きます。(最近どこかで滝見物の人が土砂崩れで亡くなっていました)

20200801sasanotaki (54)
ここをくぐりますが、気を付けていても頭を打ちました。

20200801sasanotaki (55)
笹の滝。轟音が響いています。水しぶきも舞っています。

20200801sasanotaki (97)
私のカメラではこれがましな一枚です。

近くへ寄りたいのですが、岩の上は滑りやすく、鎖をつかんで行くのですが、けっこう怖い。

20200801sasanotaki (67)
なんとか近くまで行き、右手で鎖をつかみ、左手でカメラを差し出して撮影。

20200801sasanotaki (74)

20200801sasanotaki (78)


20200801sasanotaki (79)
足元。滑って落ちるとドボンです・・・

20200801sasanotaki (90)
正面上のところまで行けるのですが、この岩がツルツルなのです。登山靴でもグリップしません。

20200801sasanotaki (95)
紫の花にハチ。

20200801sasanotaki (100)
岩盤の上でお弁当を広げます。味噌サバコロッケ弁当。食べてから岩盤でお昼寝。ゴーゴーという滝の音はなぜかうるさく感じません。

20200801sasanotaki (106)
帰り、この橋を渡って右折。平栗川ぞいに走ります。

20200801sasanotaki (108)
この先では砂防堰堤を作っているらしい。路面はきれいなので快走していくと・・・

20200801sasanotaki (109)
未舗装路になりました。Uターン。

20200801sasanotaki (110)
R168大塔橋の手前のトンネルの手前を左折して、Vstromではちょっと怖い坂のヘアピンを上って行きましたが、ここで車道は終わりのようです。下のほうの家屋は現役でしたが、ここあたりは空き家、廃屋です。

20200801sasanotaki (112)
かまど

20200801sasanotaki (113)
昭和の空気が漂う。

20200801sasanotaki (117)
この先も山道が続いているようです。地図で確認するとR168瀧谷橋あたりまで行けそうです。また今度。

20200801sasanotaki (119)
お風呂とトイレは母屋から離れています。

20200801sasanotaki (122)
母屋の裏手は崩壊状態。

20200801sasanotaki (140)
もう一度新橋を違うところから撮影。工事は令和3年2月26日までだそうです。

20200801sasanotaki (142)
あの橋は来春はもう渡ることはないのかな?

20200801sasanotaki (143)
帰り、栃原道しるべで梅干などを買いました。粗品をもらいました。大きなエコバッグでした!ちなみにここの梅干はシャクヤクで有名な?大紀農園部の製品で、私はとても美味しいと思います。


走行209km。3350歩。冷静な走行ができました。やっぱりバイクはいいなーっと。

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?