麦笑プラス散歩 ワンコと再会

ツーリング
03 /29 2020
記事一覧

おとといも昨日も雨でした。今日は昼から曇るとのことで待っていると、道が乾いてきた模様。東吉野のパン屋さん「麦笑」へ向かいます。
桜井浅古から八井内、宮奥ダム経由でR370に出て窪垣内、県道16号で東吉野へ。
途中、標高の低いところではけっこう桜が咲いていました。宮奥ダムで気温は5度あるかないかで、桜も満開になるのはまだまだの様子。

20200329mugiwara sanpo (9)_640
麦笑に到着。

20200329mugiwara sanpo (1)_640
「本日 残りわずかです」とあります。とりあえず売り切れでなくてよかった!

でも、いつも買うチーズパンとか塩パンとか、小さい加工パンはほぼ売り切れていました。買ったのは食パンとか、かのこ豆パンとか、ぶどう食パンとか。残りはさらにわずかになりました!

20200329mugiwara sanpo (2)_640
橋を渡りました。突き当りが麦笑の古民家。

20200329mugiwara sanpo (3)_640
高見川と桜。

このまま来た道を帰ろうかと思いましたが、県道221号には桜がないかなと、さらに進みました。

20200329mugiwara sanpo (11)_640
県道221号沿いにはあまり桜がありませんでした。これは薬師堂近くで。

20200329mugiwara sanpo (15)_640
そばのお店「よしの庵」と桜。営業中のようでした。

木津峠から伊豆尾、萩原方面へ。

20200329mugiwara sanpo (18)_640
この道でもあまり桜はありませんでした。これくらいかな。

20200329mugiwara sanpo (23)_640
雨のしずくを宿らせて。

20200329mugiwara sanpo (24)_640
この案内のところでストップ。鳥見霊畤まで行くのはやめておこう(展望がないし)。

20200329mugiwara sanpo (29)_640
山々の頂上は雲に覆われています。

20200329mugiwara sanpo (30)_640
高見山の頂上も全然見えません。

20200329mugiwara sanpo (31)_640
立ったままかのこ豆パンをいただきます。飲み物を忘れてきたのですが、しっとりしたパンなので大丈夫です。

20200329mugiwara sanpo (32)_640
お、ワンコが・・・

20200329mugiwara sanpo (37)_640
これは、前に私にずっとついてきたあのワンコか?

20200329mugiwara sanpo (38)_640
私に擦り寄ってくる。麦笑のパンをあげてみると、がっつく様子がない。

何を求めて擦り寄ってくるのか?撫ぜ撫ぜしてほしい?それはちょっと・・・
なんとか麦笑のパンは食べてくれた。

20200329mugiwara sanpo (39)_640
遊び相手にならないと思ったのか、坂道を下りていった。


このときのワンコか?

前は首輪をつけてなかったが、今日はつけていた。よかった。ちゃんとした飼い犬だったのか、それとも飼われるようになったのか。それにしても、放し飼いということで、かなりの行動半径のようです。

20200329mugiwara sanpo (41)_640
下の方で私を見ている。

20200329mugiwara sanpo (43)_640
戻ってきた。

20200329mugiwara sanpo (44)_640
やっぱり遊んでくれないのかと思ったか、帰っていきました・・・

このあとは、旧道で宝蔵寺の近くまで走り、国道166号に出て、佐倉峠から国道370号に抜けて、大峠から多武峰街道へ。

20200329mugiwara sanpo (46)_640
音羽山観音寺への入り口の下居のバス停の桜がきれいでした。
観音寺のご住職さんなどはよくテレビで拝見していますが、近くて行けていない場所です。
次回の麦笑ツーリングでは音羽山展望台まで行こうかな・・・

藤原宮跡の桜もよく咲いていて、けっこうな人出でした。

特に新しい道を通ったわけではありませんが、1年半前に鳥見霊畤の手前までついてきたワンコに再会できたのがよかったです。
走行107km。麦笑+散歩ツーでした。
スポンサーサイト



観音岳605m

ツーリング
03 /26 2020
記事一覧

サッと登れて展望のよい山、かつ走りも楽しめる、ということで松阪の観音岳へ行きます。
松阪森林公園から一度登ったことがありますが、今日は楽をして、県道沿いの堀坂峠から登ろうと思います。
登りが1時間もかからないようです。

桜井浅古から忍阪東、八咫烏神社のそばからR166へ抜け、あとは高見峠を越して、どんどん東へ。
交通量が少なく、まったくのマイペースで松阪へ。丹生寺町で左折して県道59号へ。3kmほど走って県道45号へ左折。松阪森林公園の桜も咲いているかなと思いつつ、スルー。セカンドギアでヘアピンをいくつか華麗に上り、堀坂峠に到着。休憩なしで来ました。

120200326kannondake (1)_640
人気の山で、車が何台が停まっています。反対側の堀坂山のほうがより人気かもしれませんが。

着替えて出発。

120200326kannondake (2)_640
現在地から観音岳まで行って、帰ってくるだけです。

120200326kannondake (5)_640
15町しかありません。平地なら20分くらいの距離。山だから40分はかかるみたい。

120200326kannondake (6)_640
白米城までも行けるのです。(行ったら帰ってこれませんが・・・)

120200326kannondake (7)_640
最初はなかなか急な道。

120200326kannondake (10)_640
天気がよく、陽射しを浴びるより、森の中の方が快適かも。(花粉症対策で鼻だしマスクしてます)


120200326kannondake (11)_640
ずっと続くわけではないので、こんな道も楽しい。

120200326kannondake (12)_640
開放的。道はわりと広い。尾根筋に出ると軽いアップダウンが続きます。


120200326kannondake (14)_640
巻き道は狭いですが。転げ落ちても大丈夫?的な急斜面。

120200326kannondake (15)_640
展望が開けました。松阪や伊勢のほうかな。

120200326kannondake (18)_640
咲いているのは馬酔木かな。ちょっとクリーム色。

120200326kannondake (22)_640
前はここから下りて森林公園へもどりました。

120200326kannondake (24)_640
頂上に到着。小一時間というところ。サクっと登れました。

120200326kannondake (25)_640
有名な?白いチェアがありました。

120200326kannondake (27)_640
向かいの堀坂山。あっちのほうが高い。

120200326kannondake (30)_640
東の展望が抜群です。

120200326kannondake (31)_640

120200326kannondake (36)_640
走ってきた下の県道が見える。


120200326kannondake (40)_640
お弁当にします。女子ふたりが登ってこられてトーク。それをラジオ代わりに聞きながら・・・

120200326kannondake (41)_640
麦笑の食パンもありますー。日向にいると暑いくらい。ちょっと木陰で食べています。

他にも登山者がちらほら。やっぱり人気の山ですね。でも長居しているのは私だけ・・・皆さんは周回するのかな?

ゆっくり休憩して下山します。30分もかからない。

120200326kannondake (43)_640
馬酔木。

120200326kannondake (44)_640
今日の山の友。これでも役に立つ。(あんまりいい枝がなかった・・・)

120200326kannondake (45)_640
四町までがゆるやかで、あとはどんどん下りていく。

120200326kannondake (46)_640
愛車が待ってくれています。


帰りもほぼ同じルートで帰りました。バイク走行5時間以上。山歩き2時間半。走って歩いて、心地よく疲れました・・・
走行230km。桜もあちこちで咲いていました。

竜王山361.7m(伊賀市)

ツーリング
03 /24 2020
記事一覧

伊賀市にも竜王山があります。私の県別地図には載っていないですが、道が整備され、展望もいいらしい。

名阪国道の白樫ICの近くなので、名阪で行けば早いですが、それではつまらないので下道で行きます。
桜井浅古から忍阪東、朝倉台経由で国道165号。桜井浄水場からサンパチ県道に抜けて北上。
ぶっちぎりの独走で針IC北へ。そこから非名阪25号で伊賀方面へ。

25号は狭いところもありますが、信号もなく、とても走りやすいです。五月橋のところは新しい橋がかかっていました。
「日本物流」の大きな倉庫のところで県道82号へ左折。すぐ右折して岡八幡宮につきあたり、右折してしばらく走ると応感神社の赤い鳥居があります。

20200324ryuousan (1)

20200324ryuousan (2)
まだ新しい案内もあります。

20200324ryuousan (3)
応感神社の駐車場に到着。もっと広い駐車場が上にあるのをあとで発見。

靴をはきかえて出発。

20200324ryuousan (5)
階段を上って応感神社本殿へ。

20200324ryuousan (6)
本殿に竜王山マップがあったので一枚もらいました。

20200324ryuousan (7)
本殿横の登山口にもマップあり。

20200324ryuousan (8)
ここから登ります。ここが標高227mくらい。山頂は361mくらい。登山というほどのものではない。

20200324ryuousan (10)
でも道はなかなか険しい感じ。

20200324ryuousan (11)
運動になってよろしい。

20200324ryuousan (12)
巨岩がいっぱいあるのですが、これが一番目の犬戻岩。えらい隙間があいている。

20200324ryuousan (15)
道には白いテープが延々と張られている。

20200324ryuousan (16)
ここを左に行き、断崖の上を歩くのかと思ったら、右に普通の道があったのでホッ。

20200324ryuousan (17)
ここまでは滑りやすいところもあったが、もう安心。

20200324ryuousan (23)
「ジョーズ岩」。本当は別の名前があるんですが、巨大サメに似ているのでつけたとか。なかなかユーモアがあってナイス。
(下から見ると本当にサメに見える!)

20200324ryuousan (26)
弘法の護摩岩。弘法大師が岩の上で護摩を焚いて雨乞祈願をしたという。それはともかく、真下に行くとコワイ。微妙なバランスでなりたっています。

20200324ryuousan (29)
自然の不思議。

20200324ryuousan (36)
第一展望台に到着。ここが山頂のようで、三角点もありました。

20200324ryuousan (38)
島ヶ原方面の展望。山の向こうは滋賀県になります。

ベンチがありましたが、かなり風が強く、ここでのランチは諦め、第二展望台へ向かいます。

20200324ryuousan (43)
すてきな尾根道を歩きます。ここまで誰とも会わず(最後まで会わず)。

20200324ryuousan (44)
500mほど歩くと第二展望台。

20200324ryuousan (45)
馴染みのある山々が見えるのです。

20200324ryuousan (47)
カメラの望遠がきかないので、わかりにくいですが、登った山でいえば、尼ヶ岳、大洞山、倶留尊山、古光山、学能堂山、三峰山、住塚山、国見山などが見えます。

20200324ryuousan (52)
倶留尊山まで大体30kmくらい。向こうからもこっちが見えていたのかな?


20200324ryuousan (57)
風が少しましなので、ここで昼食。キャベツと豆のいためもの。

20200324ryuousan (58)
麦笑の柑橘パン。お気に入りです。ラジオを聞きながら小一時間、ゆっくりといただきます。

下山はあっという間。往復3kmということです。

この山には法花断層が走っているらしいですが、1854年の安政の大地震で動いたらしい。「開口クラック/滑落崖」とかの表示もあったのですが、素人には普通の山の斜面にしか見えませんでした・・・地震で護摩岩が落ちなければいいですね・・・
帰りは上津ダムに寄り道して、やっぱり非名阪25号とサンパチ県道で帰りました。走りも楽しめたバイクでハイクでした。

滝畑ダム湖ウォーク

ツーリング
03 /23 2020
記事一覧

竹内峠を越えて大阪へ行く用事があり、その後河内長野駅前から府道218号に入ります。この道、歩道もなく両側に民家やいろいろ建て込んでいますが、交通量が少なく、どんどん進むと次第に山の中へ入っていきます。滝畑ダムに近づくともう林道状態です。

「権現滝」というのが地図に載っていたので、ちょっと寄り道します。

20200323takihatadamko (2)
何の案内表示もありません。

20200323takihatadamko (7)
Uターンしてここに停車。何か道みたいなものがある。

20200323takihatadamko (3)
崖というか急斜面の上を歩いて行く。

20200323takihatadamko (6)
渓谷になっていて、滝はありそう。

でも、滑って落ちるとジエンドみたいなところなので、無理をしないで撤退・・・・

20200323takihatadamko (10)
滝畑第二トンネルを抜けて左折。滝畑ダム管理事務所前の駐車場に到着。

靴だけはきかえてウォーキングに出発。

20200323takihatadamko (11)
湖面はおだやか。いいお天気です。人出もあります。学校休みでお子さんたちも。

20200323takihatadamko (13)

20200323takihatadamko (15)
ここからは歩行者と自転車専用道。

20200323takihatadamko (17)
景色を見ながらゆっくり歩きます。

20200323takihatadamko (27)
ダムができたのは昭和55年。

20200323takihatadamko (21)
ダムの上から岩壁を見ると、仏様の顔が・・・顔だけ?

20200323takihatadamko (23)
都会人からすれば秘境のような集落。

20200323takihatadamko (30)
自転車は結局一台も見ませんでした。

20200323takihatadamko (32)
権現山というのがあるらしい。また調べてみよう。

20200323takihatadamko (35)
河内長野や富田林を流れる石川をイメージしたオブジェ。

20200323takihatadamko (36)
誰もいない東屋が。

20200323takihatadamko (39)
パンのお弁当。麦笑じゃないのもありますが・・・

20200323takihatadamko (41)
この階段の上は「滝畑レイクパーク」というものだったらしいですが、閉鎖されています。相当広い公園だったみたいですが・・・

20200323takihatadamko (43)
向こうに見える橋を目指しています。橋を渡って周回します。

20200323takihatadamko (44)
遊歩道の終点。ここを左折すれば林道で岩湧寺まで行けるようです。興味ありますが、かなりの落ち葉道かも?

20200323takihatadamko (49)
夕月橋の上から下流の風景。


20200323takihatadamko (53)
府道61号沿いの歩道で管理事務所へ戻ります。ライディングの格好で歩いていますが、汗もさほどかきません。

20200323takihatadamko (54)
途中の小公園からのダム風景。

20200323takihatadamko (56)
山頂に木がないのが岩湧山なのかな。岩湧寺から2回登りました。次回はこっちの滝畑側から登る予定。

一周で3.7kmくらいでした。バイクに乗り、府道61号を南下します。車では絶対走りたくない狭い道。

20200323takihatadamko (58)
光滝寺キャンプ場。ここの奥に光滝があるのですが、コロナのせいかお休みの様子。滝を見るには駐車料金とかで400円必要ですが・・・

20200323takihatadamko (60)
汚れた道をのんびり走り、蔵王峠まで来ました。ここから和歌山県。

20200323takihatadamko (62)
葛城蔵王権現社の来月のイベントも中止との張り紙。

20200323takihatadamko (64)
南へ下って行くとビューポイントがあります。南側が広く見渡せます。

20200323takihatadamko (65)
東南の大峯の山々?

20200323takihatadamko (66)
九度山とか高野口かな?


紀ノ川広域農道に入り、東進。途中、九重方面へ左折(県道112号)。信太神社を通り過ぎてすぐのところに停車。

20200323takihatadamko (70)
横の道を下りていくと「嵯峨の滝」があります。嵯峨天皇もお休みになったところとか。

20200323takihatadamko (74)
道が途切れています。仕方ないので、反対側から河原に降ります。

20200323takihatadamko (72)
10mもないような。

20200323takihatadamko (79)
二段になっているのかな。休憩所みたいなところもありましたが、かなり寂れた様子でした。

20200323takihatadamko (82)
そばの信太神社の大きなクスノキ。樹齢400年とか。

20200323takihatadamko (86)
なるほど、いかにもパワーがありそうな幹です!

ここは「一本杉ハイキングコース」となっています。また歩こうとは思うのですが、駐車場所が問題。ちょっと下ったところの勤労者体育センターならOKかも(今はコロナでお休み中)。

大阪、和歌山、奈良と走ったのに、距離は96km。麦笑往復よりも短いくらいでした。
今度は滝畑ダムから岩湧寺経由で天見駅に抜ける道を走りたい・・・

麦笑プラス 室生散歩

ツーリング
03 /21 2020
記事一覧

昨日の登山で疲れたので朝寝。行動は昼ごろから。
いい天気なので久しぶりにバイクに乗って東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ向かいます。
桜井浅古から宮奥ダム経由で国道370号。三茶屋の手前の無人野菜販売所に寄ります。

20200321mugiwara (5)_640
「処分特価」との表示。

20200321mugiwara (1)_640
何と一本10円!全部いただきます!

20200321mugiwara (2)_640
キャベツも全部いただきます!

20200321mugiwara (4)_640
こんなのもOK!

大根料理・・・煮物、麻婆大根、大根おろし、味噌汁の具、などが簡単なのでよく作ります。

20200321mugiwara (6)_640
麦笑到着です。今日はまだ開いててよかった! 2500円ほど購入。

今日はテキトーに散歩ツーリングの予定。
まずは県道16号から国道166号に出て北進。水分橋から国道369号へ抜けます。曽爾方面へ少し走り、弁財天トンネルを抜けて左折、室生寺方面へ。気温は15度前後。寒くもなく暑くもなく、バイクには最高のコンディション。ライダーも多そうです。ドライブやツーリングはコロナとは無縁そうだし・・・

20200321mugiwara (9)_640
途中、菟田野の火の見櫓?消防団のそばにありました。

20200321mugiwara (10)_640
春の花。


県道28号を北進し、血原橋で左折。普通なら通らないような道をゆっくり進みます。

20200321mugiwara (13)_640
何かあるとは期待していませんでしたが、「オトバヤの滝」というのがありました。

20200321mugiwara (18)_640
5mほどの小さな滝でした。室生田口地区というところ。

さらに進むと、これは林道らしく、車のタイヤの跡はあるものの、枯葉だらけの道となり、汚れないようにゆっくり進みます。

20200321mugiwara (22)_640
今度は「姫隠岩」というのがありました。

20200321mugiwara (26)_640
この巨岩のことらしいですが、説明文がないので、姫って誰?

帰宅してから検索すると・・・

姫隠し岩
『古事記』にも登場する岩で、仁徳天皇が女鳥王(めどりのみこ)を妻にしようとした時、女鳥王はそれを受け入れなかった。さらには天皇の弟・速総別王(はやぶさわけのみこ)の妻になったため、怒った天皇は二人を殺そうとした。追っ手から逃げていた二人が二人連れで逃げているのを怪しまれないため、姫だけをこの岩の影に隠して逃れたという逸話が残る。
【住】宇陀市室生区田口
【時】【休】散策自由
(上方落語家が歩く、平成の伊勢参りの道より)

20200321mugiwara (27)_640
こんな道。ここは広いですが大半は一車線の林道。

20200321mugiwara (28)_640
伊勢本街道を歩くときの道標がありました。石割峠は知っているので、また土地勘ができました。

20200321mugiwara (31)_640
ここを行くと石割峠に行けるようです。石割峠からは三郎岳へ登れます。この道、ハンターカブなら行けそう。

20200321mugiwara (32)_640
さらに行くとこの道標。原山石割地区から三郎岳へのルートがあるようです。仏隆寺から石割峠経由でここまで来て、東側から三郎岳に登るという周回ルートが可能ですね。

20200321mugiwara (34)_640
道端の防火用の池のそばでパンを食べます。(池にはコイがたくさんいて、ちょっとパンをあげたのですが、あまり興味を示してくれませんでした。結局食べてくれましたが。)

20200321mugiwara (33)_640
のどかな、人の気配がないところ。

20200321mugiwara (35)_640
かのこ豆パンをいただきます。ほどよい甘さです。陽射しがぽかぽか。遠くの高い山は曽爾の山かな?

20200321mugiwara (38)_640
さらに進むと法円寺があり、集落もあります。馬酔木かな?

20200321mugiwara (45)_640
春爛漫。

20200321mugiwara (42)_640

20200321mugiwara (47)_640

20200321mugiwara (48)_640
住んでいる人じゃないと通らないようなこんな道を行くと、ここで県道28号に復帰します。

20200321mugiwara (49)_640
これがあるところ。チェーンソーアートの龍らしい。

龍穴神社をパスし、室生トンネルを抜けてすぐの滝に寄ります。

20200321mugiwara (54)_640
西ヶ滝。

20200321mugiwara (55)_640
透明度よし。

20200321mugiwara (58)_640
ここでも新型コロナ。

帰り、橿原の小房近辺は大渋滞。それなりにみなさん、お出かけだったようです。バイクも多かったです。
「知らない道を走ってみた~い」的な寄り道散歩ツーリングでした。128km。

局ヶ岳1029m

車で遠足
03 /20 2020
記事一覧

山友のお誘いで松阪市飯高町の局ヶ岳1029mに登ります。

車に乗せてもらい、桜井から女寄峠、ヒメカンから県道31号経由で国道166号を走ります。
東進し、飯高の道の駅にも寄らず、その先を左に入り、局ヶ岳登山口へ。
局ヶ岳神社の前に駐車します。ここで標高325m。支度をして出発。

20200320tsubonegatake (4)_640
昨晩は強風が吹いていましたが、今日はこんなにお天気。山頂からの見晴らしの期待大。

20200320tsubonegatake (5)_640
林道を少し歩くと分岐。今日は旧道で登り、新道で下山します。局ヶ岳に登るのは初めて。

予習によれば林道の途中から階段を上るとショートカットできるのでした。階段は確かにありましたが、林道をそのまま進みました。
ちょっと遠回りでしたが、ショートカットの山道より楽だったかも知れません・・・

20200320tsubonegatake (8)_640
ここで左の林道へ入ります。

20200320tsubonegatake (11)_640
砂防ダムにたまっている水がとてもきれい。そのまま飲めそうなくらい。

20200320tsubonegatake (12)_640
ここが旧道登山口。

20200320tsubonegatake (13)_640
いきなりの急登でぐんぐん登っていきます。

20200320tsubonegatake (15)_640
変化に富んだ道です。

20200320tsubonegatake (18)_640
しかし今日は身体が重い。息切れしそうになるのでゆっくりマイペースで。

20200320tsubonegatake (21)_640
雑木の道もあり。

20200320tsubonegatake (25)_640
ちょっとのぞく下界の展望。

20200320tsubonegatake (26)_640
苔道もあります。しんどいのですが、単調な道よりましかも。

20200320tsubonegatake (28)_640
数回の小休止を経て、なんとか新道との合流点に到着。旧道そのものはここでは案内されていません。ここで標高912m。

かなりへばりましたが、ここからは山頂まで20分、117mアップです。あともう少し。

20200320tsubonegatake (30)_640
最後の急坂。

一度道を見失いましたが、元へもどって復帰。とにかく上へ登れば間違いない。

20200320tsubonegatake (32)_640
私は遅い。

20200320tsubonegatake (35)_640
バイケイソウかな?

20200320tsubonegatake (36)_640
空が近い。

20200320tsubonegatake (38)_640
21町とあり。新道登山口からの距離だと思います。



20200320tsubonegatake (39)_640

20200320tsubonegatake (40)_640
恐くはないですが片側は急斜面。樹木があるのでまぁ大丈夫。

20200320tsubonegatake (42)_640
だいぶん開けてきました。

20200320tsubonegatake (43)_640
ここからぐるりと回りこむと・・・

20200320tsubonegatake (46)_640
やっと山頂到着。有名な?反射板がありました!2時間30分ちょいかかりました。

20200320tsubonegatake (47)_640
反射板のところ以外はすべて展望がききます。右にこの間登った尼ヶ岳、左に大洞山(北西)。

20200320tsubonegatake (48)_640
向こうに倶留尊山(西北西)。手前左は学能堂山かな?

20200320tsubonegatake (49)_640
ダイナミックな三峰山の尾根筋。その向こうに高見山(西方)。

20200320tsubonegatake (51)_640
台高、大峰方面。山がいっぱいでどれがどれやら?

20200320tsubonegatake (52)_640
とがっているのは名のある山なんだろうけど・・・

20200320tsubonegatake (55)_640
国道沿いもよく見えています。飯高の道の駅もよく見えます。いつもは向こうからこの山を見上げていました。やっと登ることができました!

20200320tsubonegatake (60)_640
反射板の下に展望台があります。ここからは東がよく見えます。かすんではいますが、伊勢湾が見えます。

20200320tsubonegatake (61)_640
白猪山、堀坂山方面。

20200320tsubonegatake (63)_640
上半分が海です。

20200320tsubonegatake (71)_640
風は吹いていますがベンチのところは樹木がさえぎってくれているので、ここでお弁当にします。

登ってきたときに男女のお二人が下山するところ、食べているときに一人登ってこられました。会ったのはこの三名のみ。


20200320tsubonegatake (81)_640
下山です。左から旧道で登ってきました。下山は直進して新道で下ります。

九十九折の単調な道をどんどん下りていきます。歩きやすいですが、旧道より面白味はないかも。

20200320tsubonegatake (83)_640

20200320tsubonegatake (85)_640
1時間くらいで林道まで下りてきました。



20200320tsubonegatake (88)_640
ここが新道の登山口。ここから林道を10分ほど歩いて駐車地にもどります。

駐車地にあるトイレは24時間、水が流れっぱなしで循環している珍しいトイレでした。

20200320tsubonegatake (91)_640
ヤマップのスイッチを押すのが遅れたのでスタートが変なところになっていますが、実際はGからスタート。上りも748mだったと思います。歩数は14000歩。足の裏が痛くなりました!

20200320tsubonegatake (94)_640
道の駅近くから見る局ヶ岳。

20200320tsubonegatake (96)_640

20200320tsubonegatake (99)_640
松阪方面に少し走ると反射板がよく見てとれました。

飯高の道の駅の温泉でもよかったのですが、車やバイクでごった返していたので、混雑を避け、東吉野村までもどり、たかすみ温泉で汗を流して、大相撲を見て帰りました。
しんどかったですが、眺めは最高。また登りたいと思わせる山でした。
次回はバイクツーリング!!

尼ヶ岳 3回目

車で遠足
03 /15 2020
記事一覧

山友からのお誘いで三重県の尼ヶ岳957.7mに登ります。
ここのところ忙しく、バイクにも乗れませんでした。東吉野のパン屋さん「麦笑」には今週も行けないなぁ。次回からは金~日の営業だから絶対行こう!

車に乗せてもらい、橿原、桜井、女寄峠、内牧経由で国道369号へ。道の駅御杖に寄ってから368号で北上、下比奈知トンネルの手前を右折、コリドール経由で県道39号で南下すると、尼ヶ岳高尾ルートの登山口駐車場があります。

20200315amagatake (2)_640
私たちの車だけです。

20200315amagatake (3)_640
時計回りで回ろうと思います。登り90分、下り60分くらいか。このルートは二回目。

20200315amagatake (5)_640
林道を15分ほど歩くと橋があります。これを渡ると山道。

20200315amagatake (6)_640
新しい注意看板。まぁ今日は二人なのでちょっと心強い。

20200315amagatake (12)_640
尼ヶ岳高尾ルートといえば階段地獄。

20200315amagatake (13)_640
わりと歩きやすいんですが、休み休みです・・・

20200315amagatake (14)_640
いいところに休憩所。始め雪がちらついていましたが、もう大丈夫なよう。晴れたり曇ったりと慌しい空模様。

20200315amagatake (15)_640
そしてまた階段で直登。

20200315amagatake (18)_640
だんだんと展望がきいてくる。

20200315amagatake (19)_640
ここを上がると山頂ぽいが、実は違います。

20200315amagatake (21)_640
あと300mはある。

20200315amagatake (27)_640
美しい階段ではあります。

20200315amagatake (28)_640
ちゃんと足を上げないとつっかえます。

20200315amagatake (29)_640
やっと山頂です。3回目。

やっぱり風が吹きさらしで寒い。先行者おひとり。

20200315amagatake (31)_640
青山高原の風車はわかりますが、全体的にぼーっとした展望。

20200315amagatake (33)_640
倶留尊山に登っている人は多いだろうか?

20200315amagatake (34)_640


20200315amagatake (35)_640
寒いですが、まぁ我慢してランチにします。押さえてないといろいろ飛ばされる。
食べている間に4人が登ってこられました(高尾ルート以外で)。

20200315amagatake (38)_640
食べたらすぐ下ります。しばらくは階段。まるでハードルみたいだ。

20200315amagatake (41)_640
どんどん下りる。杖は登山口にあったのを借りています。もって帰らねばなりません。

20200315amagatake (45)_640
こういうところはほっとします。

20200315amagatake (46)_640
林道まで快調に下りてきました。沢沿いです。ちょっと歩けば行きがけに渡った橋があり、駐車場まで10分です。

20200315amagatake (51)_640
このあたりで温泉といえば姫石の湯。100円引きクーポン持参。ぬるめの風呂がよかったです。ごったがえしているとコロナが心配なこの頃ですが、温泉はまずまずすいていました。

20200315amagatake (50)_640
今日のルート。歩数は7600歩くらいで、まぁあまり激しい運動ではありません。

20200315amagatake (54)_640
温泉には有名人の色紙が掲げられていました。「ときひろみ」さんのもありました!ライダーなら知っている?あの方です!

ときひろみオフィシャルブログ

温泉でさっぱりして帰途につきました。山では天気はころころ変わりましたが、桜井まで帰ってくると、なんかずっと晴れていたみたいな?

次は局ヶ岳がいいね、ということで今日の山行を終えました。

伊勢奥津駅から伊勢本街道

ツーリング
03 /06 2020
記事一覧

ちょっと寒いなーと思っているともう10時。
Vstromで出発。桜井浅古から多武峰街道、八井内から宮奥ダム経由万六交差点を右折して、県道135号経由で水分橋、そこから内牧に出て国道369号。このルートだと車がほとんどいません。遠回りなんですが・・・

そこからはぶっちぎりの独走。弁財天トンネルを抜けたところの気温計はマイナス1度。グリップヒーターを作動。
御杖の道の駅もパスして美杉へ。ノンストップでJR名松線の終着駅の伊勢奥津駅へ。

20200306isekaidou (1)_640
向こうに見えるのはSLの給水塔。前は蔓とかからまってなかったかな。

20200306isekaidou (2)_640
今日はここから伊勢本街道を飼坂峠方面へ歩く予定です。ほとんど舗装路。

20200306isekaidou (4)_640
名松線にも一度乗ってみたいです。

20200306isekaidou (6)_640
歩き出します。早速このようなレトロな商店が。

20200306isekaidou (7)_640
コミカルな木工細工。サルがスイカを取ったのでおじいさんが怒っている。

20200306isekaidou (9)_640
どの家ものれんを下げています。

20200306isekaidou (10)_640
立派な蔵。

20200306isekaidou (11)_640
道標は完璧。飼坂峠まで3.2km。

20200306isekaidou (12)_640
これは現代風。

20200306isekaidou (15)_640
宮城橋から川面を見る。光っていてきれい。

20200306isekaidou (18)_640
途中、「おんばさん」という延命地蔵に寄ります。

20200306isekaidou (19)_640
悪い咳が出る病気になった子にこのよだれかけをかけてやると楽になるという。

20200306isekaidou (21)_640
ニャオーと私がないたら、ニャオーとなきながら寄ってきた。

20200306isekaidou (23)_640
のどか。誰も通らない。車も通らない。ところどころは空き家です。

20200306isekaidou (24)_640


20200306isekaidou (26)_640
常夜燈。曲がり角などによく設置されている。

20200306isekaidou (28)_640
正念寺の立派な山門。



20200306isekaidou (29)_640
一番上の道は国道。

20200306isekaidou (30)_640
伊勢本街道はここを右へ。

20200306isekaidou (31)_640
首切り地蔵。山賊の犠牲者を弔ったものという・・・現代は山賊がいなくてよかった!

20200306isekaidou (32)_640
ここからやっと山道。

20200306isekaidou (33)_640
ここを上がると国道に出ます。

20200306isekaidou (34)_640
伊勢本街道は国道を横切ったところから飼坂峠への道が続いています。

以前、道の駅美杉より飼坂峠経由でこの場所までは歩いたことがあるので、飼坂峠まで行こうかどうか迷いましたが、時刻はもう1時半。おなかも減っています。

20200306isekaidou (35)_640
日当たりのよいベンチでお弁当にします!日陰の飼坂峠より絶対いい!

20200306isekaidou (36)_640
適当弁当。国道脇ですが、日光を浴びてのんびりいただきます。


20200306isekaidou (22)_640
Uターンして来た道をもどりますが、途中、「不動の滝」があるらしく寄ってみます。

20200306isekaidou (39)_640
道を上がっていき、振り返ると大洞山がドドーンと見えました。

20200306isekaidou (42)_640
大きな砂防ダム。

20200306isekaidou (41)_640
こんな道。バイクでは通りたくない。

20200306isekaidou (56)_640
850mほど歩くとこの滝がありました。二本落ちています。ベンチもあったのでお弁当スポットにもいいですね。




20200306isekaidou (64)_640
これはカフェ。営業中。

20200306isekaidou (61)_640
大洞山もう一枚。美杉のシンボルマウンテン。

帰りは来た道をゆっくり、軽トラのうしろをのんびりと走って帰りました。気温はせいぜい5,6度だったようです。
距離140km。歩数12000歩。平地が多かったのであまり疲れませんでした。のんびりできた7時間でした。

鳳閣寺から百貝岳

ツーリング
03 /03 2020
記事一覧

先月8日に蜻蛉の滝から青根ヶ峰まで歩いたときに、できれば百貝岳まで行きたかったのですが、できませんでした。
ということで、今日は逆の西側から百貝岳に登ろう(というか、そのへんをハイキング)と思います。

桜井浅古から多武峰街道を南下、八井内も直進、R169に出て右折、桜橋を渡って県道39号を西へ。

20200303hyakkaidake (2)_640
阿知賀郵便局前を左折。黒滝方面へ。

20200303hyakkaidake (3)_640
途中に「行者の滝」があります。

20200303hyakkaidake (4)_640
頼朝の追っ手から逃げていた義経が通ったという・・・

20200303hyakkaidake (5)_640
見た感じ、三段くらいになっている細い滝。

20200303hyakkaidake (9)_640
突き出ているのは倒木ではなくて、ちゃんとセッティングしているようだ。

20200303hyakkaidake (15)_640
白梅と滝。さらに進むと県道48号に合流。左折して進む。

20200303hyakkaidake (17)_640
地蔵トンネルの手前で左に入ります。山奥に古い公衆電話。

20200303hyakkaidake (19)_640
旧道を上って行くと地蔵堂があります。

20200303hyakkaidake (20)_640
なかなか由緒あるもの。

20200303hyakkaidake (21)_640
地元の御婦人たち?が丁寧にお参りされていたので、見学はやめました。赤ちゃんがいたけどひな祭りのお参り?

20200303hyakkaidake (23)_640
ここはハイキングコースにもなっています。道の駅からここまで歩くのもいいですが、舗装路が多いので・・・

地蔵堂の先を左折、鳳閣寺のほうへぐんぐん上がっていきます。

20200303hyakkaidake (27)_640
鳳閣寺の下にある神社の駐車場に停めます。誰もいません。来そうにもありません。

20200303hyakkaidake (31)_640
鳥住春日神社。

20200303hyakkaidake (30)_640
のどか。

着替えて歩き出します。

20200303hyakkaidake (40)_640
鳳閣寺。久しぶり、二度目です。下の駐車場からは激坂です。

20200303hyakkaidake (41)_640
直接金峯神社へ行く道、百貝岳経由で行く道があります。今日はまず山に登ります。
お寺の裏にあるトイレ(使用OK)のところからハイキング道が続いています。


20200303hyakkaidake (46)_640
歩き出す前にお寺の展望台から景色を楽しみます。ここでのお弁当は魅力ですが、まだちょっと早い。

20200303hyakkaidake (47)_640
見える範囲は吉野山から信貴山、生駒山、二上山、葛城山、金剛山までは明瞭です。

20200303hyakkaidake (57)_640
お寺に新しそうなハイキングガイドがあったので一部もらいました。

20200303hyakkaidake (63)_640
こんな道をトラバースしていきます。

20200303hyakkaidake (66)_640
道標はばっちりです。絶対迷いません。

20200303hyakkaidake (68)_640
理源大師というえらいお坊さんの廟塔(びょうとう、と読むのか?)があります。

20200303hyakkaidake (71)_640
重要文化財とかで、がっしりと囲われて守られています。

20200303hyakkaidake (79)_640
さらに進みます。一応山頂目指しているので登りです。

20200303hyakkaidake (80)_640
ヤマップのルートをたどっています。

20200303hyakkaidake (83)_640
山頂に到着。休憩所があります。展望はなし。

20200303hyakkaidake (86)_640
百貝岳なのか、百貝ヶ岳なのか?2種類の表記が使われている。

20200303hyakkaidake (89)_640
麦笑のパンのランチ。ラジオは国会中継。もちろんコロナウィルスの件。

20200303hyakkaidake (94)_640
食事後、下山していくと鳳閣寺への近道がありました。でも、もう少し歩きたいので金峯神社方面へ下ります。


20200303hyakkaidake (95)_640
総じて歩きやすい道です。登山ではなくハイキングです。

20200303hyakkaidake (97)_640
分岐。これがヤマップのルートです。鳳閣寺へもどります。(時間があれば西行庵くらいまで行きたいところですが、又今度)

20200303hyakkaidake (101)_640
歩いて行くと、さっきの鳳閣寺への近道と合流。

20200303hyakkaidake (104)_640
鳳閣寺の横手に戻ってきました。

20200303hyakkaidake (106)_640
立派な展望台です。

20200303hyakkaidake (108)_640
山の中なのに、神社には喫煙所が・・・火の用心ということかな?

20200303hyakkaidake (110)_640
こんな感じで周回しました(時計と逆回り)。

20200303hyakkaidake (111)_640
帰途見つけた黒滝の謎の建物。

吉野までは行けませんでした。また吉野側から百貝岳に登るのもいいかもです。
帰りは多少きびきび走り、走行112km。歩数7831歩。適度な運動でした。

【追加】
この間の日曜日、Vstromが車検からあがってきました。

20200301 (4)_640
タイヤ交換。

20200301 (5)_640
チェーンとスプロケ交換。

20200301 (11)_640
その足で麦笑ヘ。二週間ぶり。

20200301 (12)_640
榛原フレンド公園でまったりパンをいただきました。

Vstrom、今5万キロくらい。10万キロ目指して安全第一でツーリングしていきたいと思います。GSRももうすぐ5万キロ。
バイクにリターンしてから地球を二周以上してしまいました!

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?