100km散歩

ツーリング
02 /28 2020
記事一覧

春のような陽気のあとに寒波が来るとけっこう寒く感じますが、雨は降りそうにないのでちょっとお出かけ。

桜井浅古から多武峰街道を南下。

20200228sanpo (1)_640
八井内の手前、不動の滝に立ち寄り。バックミラーが動くようになったので調整。
そばのお不動さんにお参りしている方がいらっしゃいましたが、スマホで念仏を流しておられました。今風ですね。


20200228sanpo (3)_640
宮奥ダム横のWCに寄ります。

20200228sanpo (4)_640
そばの公園の東屋でランチ。もう1時近いのでした。

20200228sanpo (5)_640
適当弁当。

20200228sanpo (7)_640
水車が回っていますが、

20200228sanpo (6)_640
中の装置は回っていませんでした。

20200228sanpo (8)_640
三茶屋手前の無人野菜販売所。

20200228sanpo (9)_640
大根4本だけ残っていました。1本50円で全部買います。季節の野菜を食すのが一番?

三茶屋から県道28号で西へ。中竜門の郵便局のところを右折して北上。吉野町柳という集落。

20200228sanpo (10)_640
途中の神社。このあたりたくさん民家があります。

20200228sanpo (21)_640
集落を抜けて分岐がありました。

20200228sanpo (20)_640
ここからは林道。

20200228sanpo (13)_640
こっちも林道。どちらの林道も行き止りだと思います。

とりあえず、直進の林道を走ります。

20200228sanpo (23)_640
新しそうな地区の浄水場。

20200228sanpo (24)_640
さらに行くと分岐。

20200228sanpo (25)_640
かなり汚い道になっています。行き止りまで走って龍門岳の登山口を確認したかったんですが、やんぴ。Uターン。

20200228sanpo (28)_640
下って行くと前方に高い山。

20200228sanpo (29)_640
ズーム。方向的には四寸岩山とかですが・・・

県道28号にもどり、中竜門トンネルを抜けて左折。

20200228sanpo (30)_640
グランデージゴルフ場方面へ。

20200228sanpo (31)_640
民家の梅。

20200228sanpo (33)_640
途中で休憩。温かい紅茶を飲みます。この道はR370と県道28号を結ぶ抜け道ですが、交通量はほとんどありません。


20200228sanpo (35)_640
下って行くとR370が見えました。下色生というバス停のところに出ます。

国道を少し南下し、トンネルを抜けたところで左折します。

20200228sanpo (36)_640
林道殿川線です。

20200228sanpo (37)_640
きれいとは言えないですが、突入。汚れるのがイヤなのでゆっくり走ります。

20200228sanpo (38)_640
きれいに車のあとがついています。

20200228sanpo (41)_640
濡れているところはローギアで通過。

20200228sanpo (44)_640
誰もいないなと思って走っていると、前に作業しているショベルカーが。

すいませーん、と通してもらいました。

20200228sanpo (46)_640
すぐに民家のあるところに出ました。これが宇陀市殿川のようです。

20200228sanpo (48)_640
殿川の集会所がありました。

20200228sanpo (58)_640
こんな農機具がありました。

20200228sanpo (51)_640
前のバス停のベンチでランチ、という予定もあったのですが、座ったら壊れそうな状態でした・・・

殿川からは急な坂を下ることになります。

20200228sanpo (62)_640
下ると小名(こな)という集落。これは白山寺。

県道28号に出て右折。

20200228sanpo (65)_640
しばらく走ると、ここは日の森峠への入り口です。古道ですね。県別地図にも載っています。また歩こうと思います。

国道166号に出て、佐倉峠経由で北上。安楽寺跡の表示で左折。

20200228sanpo (67)_640
走っていくとこの道標。前は「天国(てんごく)」と思っていて、なんだろー、飛び込めば天国に行けるのか?などと思っていたのですが、「天国(あまくに)」と読み、どうやら刀工で、701年に日本刀の原形の小烏丸という刀を作った人だとか・・・その人が使った井戸があるという・・・
(ちなみに、だから宇陀市は「日本刀発祥の地」らしいです。昨年の夏に「日本刀の祖 天国の郷を訪ねて」というツアー企画もあったようです。

20200228sanpo (69)_640
八坂神社があり、その入り口に井戸があります。

20200228sanpo (70)_640
天国の井戸。現代文の説明がないので、ちょっと立ち寄った人にはよくわからないものです。

あとはぐるっと回って、また宮奥ダムに寄って帰りました。気温はずっと4度くらいだったと思います。指がかじかむほとではありませんでした。世の中はコロナで大騒ぎですが、バイクに乗っていれば濃厚接触しないので大丈夫か・・・?
走行102kmの散歩ツーリングでした。
スポンサーサイト



大和葛城山959m

車で遠足
02 /23 2020
記事一覧

山友のお誘いで葛城山へ。昨日けっこう雨が降ったので、登山道はぬかるんでいないか心配でしたので、下はカッパを着ていきます。

20200223katsuragisan (2)_640
青空が広がっていますが、もってくれるのか?

20200223katsuragisan (3)_640
北尾根から登り、櫛羅コースで下山予定。

20200223katsuragisan (4)_640
この四日間で三回目の山歩きなので急坂はしんどい。

20200223katsuragisan (7)_640
見晴らしのよいところで休憩。子どもたちを含むグループと抜き抜かれつ。

20200223katsuragisan (9)_640
高度感のあるロープウェイ。乗ったことがありません。

20200223katsuragisan (10)_640
道はぬかるんではいなくて、そんなに靴は汚れません。

20200223katsuragisan (11)_640
前はこんな階段なかったような・・・

20200223katsuragisan (14)_640
ちょっとなだらかになりました。

20200223katsuragisan (16)_640
階段はいやだ~ トレールランの人が多いけどすごいな~

20200223katsuragisan (17)_640
よく見るが名前は知りません。緑が鮮やか。

20200223katsuragisan (18)_640
弘川寺からの道。また登ってみたい。

20200223katsuragisan (19)_640
これを過ぎれば白樺食堂はすぐ。

20200223katsuragisan (20)_640
白樺食堂の裏からの奈良側の展望。期待していましたが、すごくもやっています。

20200223katsuragisan (25)_640
山頂到着。

20200223katsuragisan (22)_640

20200223katsuragisan (23)_640
ライブカメラがありました。確かにネットにアップされていました。

20200223katsuragisan (28)_640
吹きさらしの山頂。さすがに寒い。手先がかじかむ。

20200223katsuragisan (29)_640
とりあえず鳴らしておきます。

20200223katsuragisan (32)_640
つつじ園を見下ろしてランチ。寒い。あったかいものはサーモのお湯だけ。ささっといただきます。長居は無用。

20200223katsuragisan (35)_640
ロープウェイ乗り場の下に、櫛羅コースの入り口があります。

20200223katsuragisan (36)_640
これはさすがに使われていません。

20200223katsuragisan (39)_640
ここは崩壊場所。前は通行止めだったのかな?

20200223katsuragisan (42)_640
補助ロープかと思ったら木の根?でした。

このコース、けっこう歩きにくいと思うのですが、就学前のような子も登ってきていました。すごいです。

20200223katsuragisan (49)_640
櫛羅の滝。5年近くぶりです。

20200223katsuragisan (51)_640


20200223katsuragisan (53)_640
見栄えは悪い沢ですが水はきれいです。

20200223katsuragisan (54)_640
北尾根との分岐まで帰ってきました。

歩数17739歩。6.5kmくらい。帰りは「かもきみの湯」でゆっくりさせてもらいました。
近くの山だし、年に1回は登りたいですね。いい運動になりました。麦笑には行けなかったけど・・・

三津八王子神社から龍門岳904m

ツーリング
02 /21 2020
記事一覧

龍門岳には2018年の4月に吉野山口神社から登りましたが、けっこうしんどかったです。
今日は楽をして、西側の三津から登ろうと思います。

今日もまた桜井浅古から多武峰街道で南へ、新鹿路トンネルを抜けてすぐ左折して旧道へ。
旧道をぐんぐん上り、途中の分岐で右折。

20200221ryumondake (1)_640
ここを右折。

20200221ryumondake (2)_640
古そうな道標もあります。

林道っぽい道を上ったら何軒か民家があります。現役の三津の集落です。

20200221ryumondake (4)_640
民家を抜けて、ここに駐車します。

着替えて出発。陽が差してあたたかい。

20200221ryumondake (5)_640
50m先に三津八王子神社。

20200221ryumondake (8)_640
しばらく林道を歩きます。ヘリポートもありました。沢は外見は落ち葉だらけで今一ですが、水はきれいそう。

20200221ryumondake (11)_640
登山口に到着。ここからもコンクリ舗装がされています。

20200221ryumondake (13)_640
コンクリ道は水の流れているところもあり、凍ったら危険。今日は暖かいのでOK。

20200221ryumondake (14)_640
このヘアピンなんか、凍っていたら下るのは怖い。

20200221ryumondake (16)_640
沢を離れ、溝の道。

20200221ryumondake (18)_640
なだらかな快適な道。今日の標高差はたったの340mの楽々コース。

20200221ryumondake (25)_640
三津峠に到着。730mくらい。ここから大峠も行けるし、宮奥ダムへも行けます。また歩いてみよう。

20200221ryumondake (21)_640
大峠はこっちへ。

20200221ryumondake (30)_640
峠からもゆるかな道が続く。風もなく寒くありません。

20200221ryumondake (36)_640
鉄塔が見えてきました。

20200221ryumondake (45)_640
鉄塔の下は広場になっている。シカのフンだらけですが。

20200221ryumondake (43)_640
ちょっとだけ雪が残っている。

20200221ryumondake (42)_640


20200221ryumondake (38)_640
金剛葛城。

20200221ryumondake (39)_640
二上山も。龍門岳山頂では展望がないので、このコースではここが一番眺めがいいです。

20200221ryumondake (49)_640
反射板もある。

20200221ryumondake (54)_640
次の分岐では道標が倒れていました。

20200221ryumondake (56)_640
立てておきました。紐があったらなぁ。ここから柳(中竜門)へ行けるようですが、すごくマイナールートっぽい。烏ノ塒屋山(からすのとややま)へも行けるとか。

20200221ryumondake (57)_640
山頂の祠が見えてきました。

20200221ryumondake (58)_640
久しぶりです。ここまで誰とも会わず。

20200221ryumondake (60)_640
今回はヤマップを使ってみました。正確にトレースしてくれていました。まぁ、迷う道ではありませんが。

鉄塔広場にもどって景色を見ながらお弁当にしようとも思いましたが、おなかが減ったので山頂でランチにします。

20200221ryumondake (61)_640
あるものを適当に詰めてきたお弁当。目を閉じて味わい、ふと目を開けると一人静寂な山の中。そんな瞬間が好きです。

20200221ryumondake (64)_640
再び鉄塔広場。北にあるので音羽三山なのかな?

他にも鳥見山や貝ヶ平山が見えているのかもしれません・・・

20200221ryumondake (67)_640
反射板が見えている。熊ヶ岳の南の四等三角点峰859mにあるものかなぁ。音羽三山も近いうちに歩こう。

20200221ryumondake (69)_640
下山は早かった。こけずに済みました。

帰りは佐々羅まで下り、県道28号で三茶屋。信号のない道を楽しんでツーリングっぽく帰りました。
走行71km。歩数9672歩。龍門岳山頂にはこだわらず、その周辺をまたいろいろ歩きたいと思います。

白倉山から五社峠方面

ツーリング
02 /20 2020
記事一覧

10時台に出発。桜井浅古からいつものように八井内、宮奥ダム、三茶屋、窪垣内とつなぎ、国栖で右折。

20200220CIMG1507_640 (2)
八井内から大峠トンネル方面へ上がっていくと、凍結防止剤が固まっている部分がありました。乗っかると滑りそうなので注意。

20200220CIMG1507_640 (3)
県道262号から山を上り、匠の聚の外の駐車場に到着。前は中に停めましたが、登山者は外の方がよさそう。

20200220CIMG1507_640 (5)
真ん中に形のいい山が。方角からすると龍門岳904mなのかな?

20200220CIMG1507_640 (6)
ちょっと道をもどると、この登山口があります。距離はたいしたことありません。白倉山まで標高差は245mくらい。

20200220CIMG1507_640 (8)
ちょっと登ると祠。山の神。

20200220CIMG1507_640 (9)
なだらかで気持ちのいい道。

20200220CIMG1507_640 (10)
二つ目の祠。こんな倒木、前はなかったような。

20200220CIMG1507_640 (12)
ちょっと登りがきつくなってきました。ヒノキの森かな。花粉症なんですが・・・

20200220CIMG1507_640 (14)
そこそこ急ですが歩きやすいやわらかい道。

20200220CIMG1507_640 (15)
あれ、東屋を通りすぎたところに出てきました。前とは違う道を通ったみたいです。

20200220CIMG1507_640 (16)
ここで一休み。

20200220CIMG1507_640 (17)
ここを登れば頂上。

20200220CIMG1507_640 (18)
頂上の手前の分岐。青根ヶ峰はだいぶん遠い。

20200220CIMG1507_640 (20)
白倉覗はあとで行くとして、まずは青根ヶ峰方面へ下っていきます。その先の五社峠をおりて、鹿塩神社でお昼の予定。

20200220CIMG1507_640 (22)
この急坂のくだりがちょっと危なかった。最初はワイヤにつかまれましたが、そのあとは木にしがみつきながら、滑らないように気をつかいました。左側は崖なので大転落するとアウト。

20200220CIMG1507_640 (23)
下から見上げます。ま、登る分には大丈夫そうです。

20200220CIMG1507_640 (25)
ほぼ真下に西河の集落が見えています。

20200220CIMG1507_640 (26)
電線に倒木が・・・

20200220CIMG1507_640 (27)
気持ちのいい道。左側は崖/急斜面ですが。

20200220CIMG1507_640 (28)
これを木に結びつけて登るらしい。初めて見た道具です。

20200220CIMG1507_640 (33)
いっぱい木を切った場所。ここをまっすぐ行きましたが・・・

20200220CIMG1507_640 (29)
道なんだかどうなんだか、という状態になり・・・

20200220CIMG1507_640 (30)
五社峠はすぐ近くなんですが、下っているし、あんまり下るとまた帰ってくるのが面倒だし・・・

なんか道がよくわからなくなり、お昼タイムも過ぎていたので、Uターン。

20200220CIMG1507_640 (35)
道端で野菜入りラーメンを作っていただきます。自然の中で食べると、100円もしないものがとてもおいしい。


20200220CIMG1507_640 (41)
山頂への急斜面。こんな風に撮影すればリアルな斜度がわかるかも。はいつくばるように登りました。

20200220CIMG1507_640 (43)
山頂から細尾根を歩いていきます。

20200220CIMG1507_640 (44)
県道が見えています。

20200220CIMG1507_640 (46)
NHKの塔のそばに新しい階段が設置されていました。助かります。横が崖なので、滑りやすい斜面を歩かずにすみます。


20200220CIMG1507_640 (47)
白倉覗に到着。

大峯山系や大台ケ原のほうが見えていると思うんですが・・・

20200220CIMG1507_640 (51)
大台ケ原のほう?

20200220CIMG1507_640 (54)
ちょっとズーム。

20200220CIMG1507_640 (55)
これは、登山ブログでよく見る形。距離的には30kmくらいのところに、大普賢岳とか稲村ヶ岳とかあるので、そのへんかな?
自分で登ると山の形をしっかり覚えられるんでしょうが・・・

20200220CIMG1507_640 (56)
これは金剛山、葛城山方面かな。

20200220CIMG1507_640 (58)
西河の集落を俯瞰。


20200220CIMG1507_640 (59)
向かいの山の展望台。また行きたいです。

20200220CIMG1507_640 (62)
下山します。登るとき、ここをまっすぐ行ったのがミス。ちゃんと標識あったのに、下向いていたからかな?

20200220CIMG1507_640 (63)
山の中にゴミ箱はめずらしい。

20200220CIMG1507_640 (64)
帰ってきました。3時間ちょっとのハイキング。

20200220CIMG1507_640 (66)
帰り、三茶屋近くの野菜販売所。また大根を買います。

20200220CIMG1507_640 (67)
カブが6個で100円でした!

白倉山再訪でしたが、五社峠方面へは初めてでした。急坂の上り下りができて運動になりました。五社峠と鹿塩神社には行けませんでしたが、西側から通じている林道があるみたいなので、またそっちから歩いてみたいと思います。あくまでツーリング、のんびり安全にハイキングを楽しみたいと思います。走行90km。歩数8073。

麦笑プラス 浄見原神社

ツーリング
02 /15 2020
記事一覧

なかなかちゃんとツーリングに行けません。先週は山歩きの疲労で東吉野のパン屋さん「麦笑」に行けなかったので、今日は絶対行かなくては。
えらい曇っていて、あたりも少しガスっている中を、多武峰街道から宮奥ダム経由で三茶屋、窪垣内から東吉野へ。

20200215kiyomigaharajinja (2)_640
三茶屋の手前の無人野菜販売所が久ぶりに営業中。


20200215kiyomigaharajinja (4)_640
これで200円でした。

20200215kiyomigaharajinja (5)_640
いつもの魚見石前。 少し晴れたがまたすぐ曇る。

20200215kiyomigaharajinja (6)_640
麦笑到着。食パンが売り切れていました(もう2時半過ぎ)。


窪垣内の手前までもどり、国栖交差点で左折、トンネルを抜けたところで左折します。

20200215kiyomigaharajinja (7)_640
小さく「浄見原神社」の道標があります。「きよみがはらじんじゃ」です。

20200215kiyomigaharajinja (8)_640
狭い道を行くと駐車場所がありました。

20200215kiyomigaharajinja (9)_640
有料らしいですが・・・川遊びする人がいるからかなぁ。

20200215kiyomigaharajinja (15)_640
とりあえず昼食がまだだったのでチーズパンを立ったまま食します。

20200215kiyomigaharajinja (25)_640
久々にクリームパンも購入。

20200215kiyomigaharajinja (26)_640
こんなクリームが入っています。パン生地よりちょっと甘いくらいの味。小麦の甘味との弦楽二重奏やぁ~♬

20200215kiyomigaharajinja (13)_640
えらい古い倉庫みたいなのが立っています。

20200215kiyomigaharajinja (21)_640
こりゃまた年代物のトヨタのトラック。

20200215kiyomigaharajinja (20)_640
たった一つだけ花のていを成していました。


20200215kiyomigaharajinja (27)_640
浄見原神社への参道。

20200215kiyomigaharajinja (29)_640
左のかっこいい山は衣笠山442.6m。登れるのだろうか? 橋は鈴の音橋。渡ったことはない。

20200215kiyomigaharajinja (34)_640
この地は「国栖奏」で有名らしいですが、壬申の乱に関係しているらしい。壬申の乱とは?

天智天皇崩御後⇒弟の大海人皇子(いつ習ったんだろう?一応読めるけど)と天智天皇の子供の大友皇子とが後継争いをした⇒大海人皇子が勝利⇒天武天皇となる

この地の人たちは大海人皇子の味方をして、おもてなしをしたとか。そのときの踊りというか、パフォーマンスが今でも「国栖奏」として旧正月14日に行われるらしい。旧正月とは?調べると今年は1月25日だったとか。では今年の国栖奏はもう終わっているのかもしれません。

20200215kiyomigaharajinja (38)_640
吉野川は手前に瀬があり、ここはよどんでいる。泳げそう。

20200215kiyomigaharajinja (37)_640
5分ほど歩くと神社があります。

20200215kiyomigaharajinja (40)_640
ここで国栖奏を行うのかな?

20200215kiyomigaharajinja (45)_640
狭いところなので、見学とかできるのだろうか?

20200215kiyomigaharajinja (42)_640
一段高いところに祠があります。

20200215kiyomigaharajinja (44)_640
見上げると崖。落石が怖いのですぐ退散。

20200215kiyomigaharajinja (54)_640
帰途に気づいた案内板。国栖奏の伝統は1300年!
「ならナビ」の録画がたまっていますが、ひょっとしたら取材されているかも・・・

あとは来た道を帰りました・・・走行95km。

【付録記事】
昨日はVstromを車検に出しに大阪のバイク屋さんに行きました。帰りが電車になったので、ついでに近鉄古市駅から近くの世界遺産の古墳群を見ようと計画しました。

20200214furuichikofun (2)_640
古市駅から15分ほど歩いたところの軽里北交差点近く。最古の国道竹内街道の案内があります。

20200214furuichikofun (4)_640
住宅街を通っていますが、特別な舗装ですね。


20200214furuichikofun (7)_640
すぐに白鳥陵古墳があります。

20200214furuichikofun (11)_640
外環状沿いにも大きな池があります。これも古墳を囲む池なのかも。

20200214furuichikofun (13)_640
軽里交差点を渡るとすぐに峰塚公園があります。これは古墳を中心とした広大な公園です。

20200214furuichikofun (17)_640
峯ヶ塚古墳。

20200214furuichikofun (24)_640
丘に登ると二上山がよく見えます。

さて、7kmのウォーキングルートを古墳を巡りながら歩くつもりだったのに、ここで雨が・・・けっこう降ってきました!
折り畳み傘はあるのですが・・・背中にリュック、ヘルメット入ったバッグも持っているので、これは中止です・・・

20200214furuichikofun (25)_640
池のほとりにカフェ。池を見ながらコーヒーでも飲めたらそれはそれでいいのでしょうが・・・帰ります。painは「痛み」じゃなくて、フランス語でパンらしいです。でもcakeは英語?
世界遺産を歩く計画はまたの機会に。

蜻蛉の滝から青根ヶ峰/奥千本

車で遠足
02 /08 2020
記事一覧

山友と山行です。車に乗せてもらって、桜井浅古から多武峰街道経由でR169に出ます。五社トンネルを抜けて右折、「あきつの小野公園」の駐車場へ。
大きなカメラを構えて山を見つめている方たちが数人。この間もそういう人がいましたが、鳥の撮影?

着替えて出発。

20200208aonegamine (1)_640
まずは蜻蛉の滝へ。

20200208aonegamine (2)_640
今日も勢いよく落ちています。

20200208aonegamine (4)_640
下を覗き込むとわたしはやっぱりコワイ。

この間の下見で、「尾根コース」は「落ちたらアウト」な場所があるので、今日は音無川コースで青根ヶ峰へ登ります。

20200208aonegamine (8)_640
滝の周遊路から上の林道に出て、終点のここから山道です。

20200208aonegamine (9)_640
最初はなだらかに上って行くので、ハイキング気分。気温は低いのかもしれませんが、風がないのであまり寒くありません。

20200208aonegamine (11)_640
この谷を登るとどこへ?

20200208aonegamine (12)_640
音無川の水は済んでいます。ところどころきれいな小滝が。

20200208aonegamine (13)_640
枝がたくさん落ちているので、足をとられないように気をつけます。

20200208aonegamine (20)_640
古い道標でみぎよしの

20200208aonegamine (21)_640
ここから川を離れ急な山道になります。

20200208aonegamine (22)_640
ところどころ倒木も。

20200208aonegamine (23)_640

20200208aonegamine (28)_640
放置された?

20200208aonegamine (32)_640
尾根コースと合流。

20200208aonegamine (34)_640
ここは広い道ですが、下山に使うのは余計危ないらしい。

20200208aonegamine (37)_640
林道に出ます。

20200208aonegamine (40)_640
向かいのこの階段でも青根ヶ峰に登れますが、使われてない感があり、パス。

20200208aonegamine (41)_640
こっちの方から登ります。

20200208aonegamine (45)_640
ここからの大峯山系。10層くらいに山が重なっている。霞んでいるが、それがかえって美しく見せている。


20200208aonegamine (51)_640
青根ヶ峰山頂。857.9m。展望なし。座れますが、移動します。

20200208aonegamine (52)_640
禿山に桜の植林をしているところに登ってみます。


20200208aonegamine (57)_640
橿原方面の市街地かな。

20200208aonegamine (58)_640
北から北東は、高見山、三峰山、局ヶ岳の順に見えているだろうが、かすんでいてよくわかりません。

20200208aonegamine (60)_640
最近出来上がったモニュメント。

20200208aonegamine (62)_640
西行庵の手前の見晴らしのよいところでランチ。切り株がテーブルになりました。

20200208aonegamine (63)_640
苔清水では細い水が落ちていましたが、夜間には凍るようです。この冬初めて氷を見ました。

20200208aonegamine (66)_640
何度目かの西行庵。

20200208aonegamine (67)_640
百貝岳にも行くつもりでしたが、時間的にしんどいので奥千本周回だけにします。

20200208aonegamine (69)_640
金峯神社のWCは冬季閉鎖でした。

20200208aonegamine (74)_640
林道でも凍結しているところがあります。(林道は現在通行止めという表示がされています)

あとは来た道を帰りました。枝に足をとられて転びそうになったこと数回。

20200208aonegamine (82)_640
駐車場に帰ってきたらわれわれの車だけでした。道中会ったのは二人のハイカーだけ。この季節、有名な吉野も人影がありませんでした。

20200208aonegamine (84)_640
帰途、はじめて中荘温泉に入りました。サイトのクーポン持参で500円。JAF割引も可です。去年リニューアルオープンしたので中はたいへん綺麗でした。800円くらいで日替わりのランチもあり、また寄ってみようかな。

歩数は22536歩になっていたので、一歩45cmとして、10kmくらいは歩いたかなという印象。
奥千本の桜の植樹もあと数年すれば、けっこう立派に咲きそうです。さくら吹雪舞う奥千本を蜻蛉の滝から見に行けるように、健康でありたいものです。
下界は雨が降っていました。こういうときやっぱり車はいいですね。たっぷり歩けた健康登山でした。

麦笑プラス 蜻蛉の滝から聖天窟

ツーリング
02 /02 2020
記事一覧

週に一度の東吉野村のパン屋さん「麦笑」へのツーリング。

20200202seitenkutsu (26)_640
いつものルートで魚見石前。 気温は低いですが、春のような日差し。

20200202seitenkutsu (27)_640
麦笑到着。大型バイクの団体さんがいて、駐車待ちしました。

パンを購入後は来た道をもどり、県道262号で国道169号へ。
五社トンネルの入り口手前を左折して、あきつの小野スポーツ公園へ。

20200202seitenkutsu (28)_640
駐車場はよくすいています。着替えて出発。

20200202seitenkutsu (31)_640
今はもうBBQとかはできません。

20200202seitenkutsu (33)_640
まずは蜻蛉(せいれい)の滝へ。

20200202seitenkutsu (37)_640
階段を登っていけばすぐに展望台があり、滝が見えます。

20200202seitenkutsu (38)_640
この螺旋階段を下りますが、数10m下が見えるので、私は怖い・・・

20200202seitenkutsu (39)_640
こんなんですが・・・下を見ると峡谷に吸い込まれそうです。

20200202seitenkutsu (42)_640
滝は50mほどあるので、全貌を撮影することはできません。

20200202seitenkutsu (49)_640
滝の真正面に設置されている滝見台ですが、下を見ると滝壺が見えて、ここもコワイ・・・

20200202seitenkutsu (45)_640
滝壺がふたつある。水量もなかなか。芭蕉先生も本居先生もごらんになったとか。

20200202seitenkutsu (62)_640
さらに上って行くと滝の一番上が見られます。ここにいったん水がたまり、

20200202seitenkutsu (61)_640
ここから落ちていきます。


20200202seitenkutsu (65)_640
さらに周遊路を登っていきます。

20200202seitenkutsu (66)_640
分岐。

20200202seitenkutsu (67)_640
右方面、白倉山、青根ヶ峰方面へ行きます。

白倉山は一度匠の聚から登ったことがありますが、こっちからもルートがあります。青根ヶ峰もここから登れますので、今日は下見をしにきました。

20200202seitenkutsu (68)_640
崖沿いに柵が設けられていますが、壊れている部分もあります。(つかんでも動きませんが)

20200202seitenkutsu (70)_640
階段が枯葉で埋まっているので要注意です。柵がなければよう歩きません。

20200202seitenkutsu (1)_640
ここは柵をあてにせず、一歩一歩注意して登ります。

20200202seitenkutsu (6)_640
聖天の岩屋(聖天窟)に到着しました。

20200202seitenkutsu (5)_640
こんなところをよく見つけたものです。

ちょっと休憩して、先を行こうと思ったのですが・・・

20200202seitenkutsu (7)_640
一歩先は崖。落ちたらアウト。

20200202seitenkutsu (9)_640
この先は柵がなさそう。

20200202seitenkutsu (8)_640
赤い矢印のところが道ですが、滑って落ちたらアウトっぽい。気をつければ行けそうですが・・・

ちょっと考えて・・・「落ちたらアウト」みたいなところを敢えて行く必要はないとの結論に・・・(高いところがコワイ人だから)

またリュックをおろし、麦笑のパンのランチにします。

20200202seitenkutsu (10)_640
チーズがたまらん。

20200202seitenkutsu (11)_640
ベーコンがたまらん。

食べていたら、上から単独の方が・・・
友人の猟犬が行方不明になって十日ほどたつそうで、探しているとのこと。音無川ぞいに青根ヶ峰方面に登り、このコースで下山してこられた様子。「この先あぶないですか?」と聞けば、「そこが一番コワかったな、危ないな。」とのこと。
山には慣れている方のようで、大峯山とかしょっちゅう登っておられるらしい。ということで、行かなくてよかったなぁ・・・と。
猟犬は老犬なのだが、獲物を追う気満々で、山に入ってどこかへ行ってしまったらしい。シカを食べることもできるが、イノシシなんかだと向かってくるので殺されるかもしれないとのこと。骨だけでも拾ってやりたいとのことで探しておられるのでした。


20200202seitenkutsu (12)_640
さて、下りていきます。階段なのですが、落ち葉で見えない。

周遊路にもどり、吉野山の道標に従って進みます。


20200202seitenkutsu (20)_640
簡易水道施設のところで林道に出ます。

20200202seitenkutsu (21)_640
この林道を行けば音無川ぞいの青根ヶ峰登山道になります。そっちの方が安全。

林道を下りていけば、駐車場まで戻れました。途中、さっきの猟犬探しの方の軽自動車がクラクションを鳴らして通っていかれました。

20200202seitenkutsu (23)_640
林道の途中から見える白倉山588m。

20200202seitenkutsu (24)_640
NHKの塔があるのでわかりやすい。登ったのは去年の4月19日。

あとは来た道で帰りました。概ね低回転でゆっくりと流せました。レッドゾーンは1万回転からですが、6000回転以上回すことがありません。3000以下で十分です。回して楽しむなら125ccくらいがいいのかな。
単気筒125GSX-Sとか、新ハンターカブとか乗ってみたいですね。
112km。歩数は3500歩くらい。健康ハイキングで十分楽しめました。

国見山680m 元奈良市最高峰

ツーリング
02 /01 2020
記事一覧

久々にGSR-Sで出動。曇っていますが雨は大丈夫みたい。
桜井浅古から忍阪東、朝倉台経由でR166、桜井浄水場からサンパチ県道へ抜けます。
日陰は寒いサンパチ県道。針IC北で停止して、手袋でエンジンをスリスリ。指先が回復します。
R369で北上、東部広域農道で白笠に出て、県道80号を西へ。


20200201kunimiyama (2)_640
大野の公衆トイレ 久々に寄りました。隣にベーカリーがあります。寄りたい所ですが・・・

20200201kunimiyama (3)_640
ベーカリーの裏で勢いよく炎があがっています。しばし手をかざさせてもらいました。


20200201kunimiyama (4)_640
その先の田原の信号を左折、3kmほど行くと右に入る道があります。

20200201kunimiyama (5)_640
一応標識があります。「塔の森」「日吉神社」、消えかけているのは「国見山」。

20200201kunimiyama (6)_640
激坂をローギアで上ります。車なら、軽でも走りたくない道です。

20200201kunimiyama (7)_640
結構広い日吉神社の駐車場。誰もいません。

20200201kunimiyama (11)_640
さびれた神社かと思いきや、社務所には立派な提灯が。

20200201kunimiyama (12)_640

20200201kunimiyama (13)_640
鳥居の先に道はありませんが。

着替えて出発します。日吉神社が標高540mくらいで、今から登る国見山は680mなので、軽いハイキングになります。

20200201kunimiyama (19)_640
途中までは車も入れるコンクリ舗装。

20200201kunimiyama (22)_640
赤い鳥居が見えて・・・

20200201kunimiyama (23)_640
急な階段。

20200201kunimiyama (26)_640
稲荷神社みたいです。

20200201kunimiyama (30)_640
奈良時代の塔らしい。これがあるので、ここを「塔の森」といいます。

20200201kunimiyama (8)_640
日吉神社にあった説明。千何百年も前のものが、さりげなくある・・・

20200201kunimiyama (33)_640
はっきりくっきり最新の道標。

20200201kunimiyama (37)_640
ここにも。

20200201kunimiyama (38)_640
ちょっと急なところにはロープあり。落ち葉で滑りやすいので助かります。


20200201kunimiyama (40)_640
展望はありませんが、666m峰。666というと、あのホラー映画を思い出すが・・・


20200201kunimiyama (48)_640
こんな分岐もあります。七曲もハイキングしたいと思っているところなので、また南側からここへ登ってもいい。

ならだかなアップダウンを繰り返し・・・

20200201kunimiyama (49)_640
どうやら着いたっぽい。

20200201kunimiyama (50)_640
国見山山頂。680m。テーブルふたつ完備。誰もいません。

20200201kunimiyama (53)_640
大和郡山とか天理の市街地が見渡せます。

20200201kunimiyama (55)_640

20200201kunimiyama (62)_640
質素な食べ物でもここは私には極上レストラン。

しばらくして、軽装のトレールランナーが来られました。天理駅から桃尾の滝経由で大国見山、北上して高峰山、やぶこぎしながらここまでやってきたとのこと。スパッツとか破れていました。これから若草山まで行くとか。30km近い行程らしい。フルマラソンも走られるらしい。すごい体力です!

この国見山、かつての奈良市の最高峰。今は貝ヶ平山822m(去年の1月に登りました)が最高峰です。
登山道は荒れていたようですが、昨年の秋に「奈良大宮山歩きの会」が延べ6日かけて、広く歩きやすい登山道にしてくれたらしい。分岐点の道標が新しいのもそのおかげです。かつては、笹のやぶこぎ状態だったらしいですが、今日はまったく快適な遊歩道でした。

CIMG0939 kunimiyama kiji2_640
県の広報記事。

40分ほど休憩して、来た道をもどります。熱はないのですが、ずっと風邪気味なので、これくらいの運動量が適当なようです。
冷たい空気を吸わないように口だけマスクをしていました。

20200201kunimiyama (70)_640
日吉神社に戻ってみると車が三台も停まっていました。何かの行事の準備のような。

国見山 元奈良最高峰_640
本日のルート

国見山という名の山はあちこちにありますが、今日のは私の県別地図に載っていません。山容としてはあまり特徴がないのかもしれない。ちゃんとした駐車場とかがないので、マイナーな山ですが、快適な道なので、ちょっと歩きたいときにいいと思います。次回は県道80号沿いの矢田原の緑の道標に駐車して、周回コースを取るのもいいかもしれない。

20200201kunimiyama (73)_640
帰途、山辺高校前の並松池。水がほとんどありません。



サンパチ県道はやっぱり楽しい道です。
走行101km。歩行7336歩。真冬はいつ来るのかな?

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?