麦笑プラスワン やはた温泉

車で遠足
06 /28 2019
記事一覧

近畿もようやく梅雨入り 天気予報では当分雨マークが・・・
今日は市街地は晴れ間も見えていますが、山沿いはにわか雨があるかもということで、週に一度の東吉野のパン屋さん『麦笑」へは、車で向かいます

P1190129_640.jpg
宇陀の野依、ヒメカンの交差点  雲の量が多いです

菟田野の岩端の「農村レストラン」で柿の葉寿司を販売しているとのことで、行ってみましたが・・・

P1190131_640.jpg
人気がありません ちゃんと張り紙には書いてあるのになぁ・・・

P1190130_640.jpg
きれいな藤棚もあり

P1190132_640.jpg
立派な休憩所もあり

P1190133_640.jpg
手の込んだ作りの屋根 めずらしいです

仕方ないのでまた国道166号に戻り、東吉野へ

麦笑でパンをどっさり購入し、どこで食べようかと思案  この先のやはた温泉に行くことに決定

P1190136_640.jpg
広い駐車場はガラガラ まぁ平日だし、この天気ではね

P1190134_640.jpg
川の水量は多いですね

P1190137_640.jpg
車の中でいただきます いつものピザパンより 

P1190138_640.jpg
焦点があってませんが、ベーコンチーズ 一個食べるのに7分くらいかけます

P1190139_640.jpg
最後は甘いシュガーパン

食後は温泉へ 実に久しぶりです バイクにリターンした頃は温泉巡りをしていましたが・・・ 最近は服を脱いだり着たりが面倒なのと、結局家でシャワーを浴びるので、意味がないというか・・・温泉はやっぱり車で来るに限りますね

桧風呂をほぼ独り占めでした 500円でゆっくりできました 温泉の効果か、肌がキュキュッと鳴りそうなくらいツルツルになったような気が・・・

お風呂に入っている最中にけっこう強いにわか雨が・・・やっぱり車で来て正解だった!

P1190144_640.jpg
一階の休憩所

P1190145_640.jpg
マッサージチェアとフットマッサージ どちらも10分100円 前は200円だったと思います(値下げしたらしい)

まずはチェアでくつろぎ、フットマッサージにも足を突っ込みます

P1190146_640.jpg
これなかなか気持ちいいです  登山の直後とかいいだろうなぁ

P1190140_640.jpg
もう雨はやんでいます

P1190141_640.jpg
バーベキューする人もいない


P1190148_640.jpg
やはた温泉

P1190150_640.jpg
隣のふるさと村 元学校ですね まだ入ったことがありません またいつか

P1190152_640.jpg
大きな水車が回っています

P1190153_640.jpg
雨にしっとりと濡れたモミジ

P1190156_640.jpg

P1190158_640.jpg
水よし東吉野

P1190160_640.jpg
パンは河原で食べればよかった・・・

市街地の方はにわか雨も降らなかったようで、完全ドライでした
車は楽ですねー こんな楽な乗り物をさらに自動化する必要があるんですかねー!?
(楽すぎて、クラッチペダルはなくても、せめてシフトレバーで変速したいくらい・・・)
スポンサーサイト



網掛山(三重県大紀町)

ツーリング
06 /25 2019
記事一覧
自分の都合とお天気がパーフェクトマッチ! 降水確率ゼロなら登山です
三重県度会郡大紀町の網掛山544mに登ろうと思います
もみじの紅葉で有名らしいですが、初夏の緑もいいと思います

6時前に家を出て、宇陀から国道166号に乗ります 貸切状態です
高見トンネルを抜け、飯高町に下りていきます
蓮ダムへの分岐を過ぎてから国道422号で湯谷峠
狭いところでは気を使いますが、対向車はありませんでした

CIMG4013_640.jpg
このルートではいつも栗谷のWCで休憩 ちょうど小学校へ通学する時間のようで子供たちが出てきました

大台署の交差点から国道42号で南下 阿曽温泉の信号を左折、すぐに温泉施設の駐車場

CIMG4015_640.jpg
初めて来ました まだ8時過ぎなので駐車はなし

CIMG4016_640.jpg
あれが網掛山でしょう

着替えて出発します 陽が照り付けています 暑くなりそう

CIMG4020_640.jpg
案内はしっかりしていそうです

CIMG4023_640.jpg
人気のある山っぽい

CIMG4024_640.jpg
登山者用の駐車場もあります 20台くらいはいけそう


CIMG4027_640.jpg
案内通り行くと登山口がありました


CIMG4028_640.jpg
低山の割には距離がある感じ

CIMG4029_640.jpg
こんな道や

CIMG4030_640.jpg
シダに覆われたこんな道


CIMG4031_640.jpg
表示がうれしい でも25町くらいまであるのだ・・・

CIMG4033_640.jpg
分岐がありました

CIMG4034_640.jpg
右は登山道で山頂へ 左は林道で山頂  登山道を選択します

CIMG4039_640.jpg
展望はあるといっても隣の山々


CIMG4040_640.jpg
阿曽浅間山というピーク 450m


CIMG4043_640.jpg
幸の森というところに着きました  484m 登山口から350mほど登ってきました

CIMG4051_640.jpg
ここからは下るのですが、道が見えないくらい茂っています 

CIMG4052_640.jpg
林道終点というところに下りてきました

CIMG4056_640.jpg
いろいろコースが取れそうです


CIMG4058_640.jpg
赤い丸が現在地 ここから山頂へ向かい、もみじ谷というところをぐるっと回り、下山はJR阿曽駅方面へ行きます

CIMG4068_640.jpg
やっと20町 もうすぐ山頂

CIMG4073_640.jpg
山頂 ほとんど展望はありません 2時間半弱かかりました

CIMG4080_640.jpg
なぜか柿の木が一本

CIMG4084_640.jpg
弁当です まずはサラダから

CIMG4085_640.jpg
サバのみぞれ煮弁当

CIMG4086_640.jpg
デザート代わりに麦笑の餡バター

CIMG4091_640.jpg
あとは下り こんな岩場を下ってきました

CIMG4102_640.jpg
ここからもみじ谷遊歩道 いい道ですが落石の危険があります

CIMG4103_640.jpg
確かに紅葉していたらきれいでしょう


CIMG4107_640.jpg
緑もきれいだけど


CIMG4112_640.jpg
また11月下旬に来てみよう

CIMG4113_640.jpg
もみじ谷西口には座るところがいっぱい 紅葉シーズンは賑わうのでしょうね


CIMG4117_640.jpg
下山ルートにある大理石・石灰採取場跡

CIMG4120_640.jpg
落石注意

CIMG4121_640.jpg
新しい表示があって安心

CIMG4124_640.jpg
国道が見えています

CIMG4126_640.jpg
右へ行っても帰れますが、今日はJR阿曽駅へ下りていきます

CIMG4128_640.jpg
山と山のすきまに人の営み

CIMG4129_640.jpg
この下山道はこんな道とか荒れたごろごろ石の道が多いです

CIMG4130_640.jpg
足の裏が痛くなってきます

CIMG4132_640.jpg
水場 足をつけたいところですが・・・

CIMG4133_640.jpg
この案内がなかったら迷う分岐です

CIMG4143_640.jpg
無事下山  JR紀勢本線を橋で越えます

CIMG4144_640.jpg
阿曽駅が写っていますが、小さい駅なのでよくわかりません

CIMG4147_640.jpg
公衆トイレかと思ったら阿曽駅駅舎・・・

CIMG4148_640.jpg
ここで乗車してのんびり旅をするのもいいですね


CIMG4152_640.jpg
42号線と平行しているのは大内山川 釣り人がちらほら 鮎ですかね

CIMG4155_640.jpg
県道を歩いて阿曽温泉まで帰ります 途中の阿曽観音堂 りっぱな大木です

CIMG4156_640.jpg
天然のプール

CIMG4159_640.jpg
帰ってきました スーパーで今日のご褒美をゲット! 木陰でいただきます

CIMG4162_640.jpg
いいお天気でした

5時間半くらいかかりました 暑かったので熱中症に気をつけて頻繁に休憩しました 冬ならもう少し短い時間で大丈夫だと思います いろいろなルートがあるので楽しそうな山でした また紅葉期に来てみたいです

帰りは湯谷峠は気を使うので回避して、R42を北上、R368経由で帰りました

CIMG4163_640.jpg
R368での休憩といえばここ 炭焼き小屋WC  トイレットペーパーの先が三角に折られていたり、カレンダーまで掛けてあったり、花も栽培してあるし、ベンチで寝れるし・・・最高です!

走行225km 歩数16976歩 走りも歩きも楽しめました

麦笑プラスワン 小ネタ

ツーリング
06 /21 2019
記事一覧

週末は雨の模様 東吉野のパン屋さん「麦笑」に行くなら今日だろうと出発
バイクの自賠責が満期近くなので、まずは東へ走って大阪のバイク屋で保険を更新 バイクを購入したときに払った額よりもだいぶん安くなっていました
帰りは竹内峠手前の道の駅の近くの「竹内街道歴史資料館」に寄ってみます

CIMG3932_640.jpg
資料館の駐車場 5台分くらい 来館者は私だけのよう

CIMG3951_640.jpg
入館料は200円

CIMG3935_640.jpg
展示室は撮影禁止だったので、撮ったのは廊下の壁くらい  二上山のまわりのいろいろな峠越の道がまとめられていました

CIMG3948_640.jpg
竹内街道の江戸時代の道標 「すく大坂さかい道」 堺へ行きますよ、との案内

CIMG3950_640.jpg
サヌカイト 火山岩の一種で、旧石器時代に石器の原材料として使われたらしい  二上山が噴火していたなんてね・・・・

往時をしのびながら最古の官道をたどる、なんてもっと年齢を経てからでいいかなぁと思いながら資料館をあとにします
高田バイパスに乗り、桜井浅古から大峠トンネル、三茶屋から窪垣内へ
まずは東吉野の「川口製麺所」に寄ります 昨日は夕飯に素麺を食べたのでまた買おうということです

CIMG3953_640.jpg
さっきまで雨が降っていたようで路面が濡れていました

社長さんに応対していただき、素麺と太麺を購入 車で買いにこられた先客さんもおられました


CIMG3955_640.jpg
麦笑に到着 空はどんより もう1時はとっくにまわっていて空腹なのですが、中でゆっくり食べようかなというお天気ではありません

CIMG3957_640.jpg
ということで、縁側でいただくことにしました 雨が振り出したら即出発できます

CIMG3956_640.jpg
まずは玉ねぎパン

CIMG3958_640.jpg
ベーコンチーズ ブラックコーヒーもいただいています

CIMG3959_640.jpg
仕上げはシュガーパン

CIMG3960_640.jpg
小鳥は来るのかな?

CIMG3961_640.jpg
ソーメンソーメン次フトメン

CIMG3962_640.jpg
いつもの魚見石前 今日は歯磨きで寄りました

R166に出て北上、新松井橋を右折、県道31号をすこし東へ行くと「菟田野ほたる公園」があります

CIMG3963_640.jpg
広い駐車場があります  

CIMG3964_640.jpg
流れるのは芳野川

CIMG3966_640.jpg
草は刈られているので大丈夫でしょう

CIMG3967_640.jpg
雰囲気のよい公園 

CIMG3970_640.jpg
鮮やかな緑色ですが、何の木でしょうか

CIMG3975_640.jpg
猪のワナもありましたが、このあたりの獣除けフェンスは高く、しっかりしています 

CIMG3979_640.jpg
なにやら新しそうな案内板がありました

CIMG3976_640.jpg
宇陀三人衆の芳野氏のお城跡らしい また冬に訪れるスポット発見です

CIMG3977_640.jpg
ここから登るようです さっそく黒いヘビがいました・・・

CIMG3978_640.jpg
城跡まで500mくらいらしい 冬の近場スポットにしよう


さらに東へ行くと、「猫と古民家ごはん 月うさぎ」とグーグルマップにも載っている古民家レストランがあります

CIMG3980_640.jpg
とりあえず場所の確認だけ 食事は予約が必要だそうです

CIMG3982_640.jpg
さらに東へ行くと・・・

CIMG3984_640.jpg
私有地なのかどうかわかりませんが、監視カメラまであるらしい・・・ 撤退 (ここを歩いて県道28号まで行く計画もあったのですが、徒歩でも進入したらいけないのでしょうか)

CIMG3985_640.jpg
引き返して、岩端公園の隣の農村レストラン

CIMG3986_640.jpg
大好きな柿の葉寿司・・・都合がつけば来てみたい

CIMG3989_640.jpg
岩端公園はきれいに整備されています 東屋もあります  あとWCがあれば最高ですが

CIMG3994_640.jpg
これも興味深い こういう情報は地元でないとなかなか得られませんね

CIMG3995_640.jpg
さらに西へもどり、惣社水分神社へ寄ります

CIMG3997_640.jpg
水の神社です

CIMG4003_640.jpg
本殿 隣の宝物殿には南北朝時代の神輿が保管されているようです 見られるのは10月第三日曜日の大祭らしい

空模様も怪しいので帰路を急ぎますが・・・
途中で、お空がゴロゴロ、ピカッ、ドッカーン! 雷雨になりました 山沿い市街地関係なく広範囲に降っている様子
カッパはあえて置いてきました まぁこの季節ずぶ濡れでも寒くはありませんが・・・

CIMG4008_640.jpg
スーパーの軒先でリュックにレインカバーをつけます

CIMG4009_640.jpg
雨粒がアスファルトにピッチャンピッチャン

バイクに雷が落ちたという話は聞きませんが、ありえるのかなぁ・・・と考えながら、とにかく安全運転でずぶ濡れになりながら帰りました 濡れるのはかまいませんが、あとでバイクの掃除が大変です・・・
140kmくらい まずまず走りを楽しめました

烏岳(三重県松阪市飯南町)

ツーリング
06 /18 2019
一日雨の心配はなさそうなので今日は低山登山です
松阪市の道の駅茶倉からよく見える烏岳545mに登ろうと思います

出発が7時を過ぎてしまい、橿原から桜井を抜けるのに時間がかかってしまいましたが、国道166号で東吉野を抜けるとあとは貸切状態 制限速度で流します

CIMG3798_640.jpg
途中粟野の道端で休憩 R166は道の駅以外はあまり休憩ポイントはないですね

道の駅茶倉を過ぎ、5キロほど走ったところで櫛田川にかかる赤茶色の橋を渡ります
元丈の館という施設の方向へ走ります そこへは寄らず直進すると波多瀬八柱神社の駐車場に到着

CIMG3801_640.jpg
トイレもあります ほかに駐車はありません


CIMG3806_640.jpg

着替えて出発します

CIMG3808_640.jpg
まずは獣除けゲートを通ります

CIMG3812_640.jpg
案内がありました 安心

CIMG3815_640.jpg
登山ボックスのある分岐に来ました

CIMG3816_640.jpg
右か左ですが、とりあえず安心の西コースをとります

CIMG3817_640.jpg
登山ボックスの上にカラスが!  作り物でした・・・ 烏岳なので

CIMG3818_640.jpg
この札が導いてくれるようです

CIMG3819_640.jpg
石がゴロゴロして歩きにくい道

CIMG3822_640.jpg
昔は民家か何かがあったのでしょうか

CIMG3823_640.jpg
沢沿いです

CIMG3826_640.jpg
九十九折れで高度を上げます

CIMG3828_640.jpg
一町ずつ写していきます

CIMG3834_640.jpg
だいぶん来ました けっこう傾斜のある道です

CIMG3835_640.jpg
十一町のところが分岐になっています

CIMG3837_640.jpg
東コースを取るとここで合流するようです

CIMG3839_640.jpg
鉄塔が見えます

CIMG3842_640.jpg
空が見える もうちょっとか

CIMG3844_640.jpg
鉄塔を下から

CIMG3847_640.jpg
十五町を過ぎたところ 右が山頂 左は東屋 まずは山頂へ

CIMG3851_640.jpg
山頂 結構広い 数十人がお弁当を広げられそうです

CIMG3854_640.jpg
左が大洞山 右は尼ヶ岳

CIMG3856_640.jpg
倶留尊山

CIMG3858_640.jpg
とんがっているのが局ヶ岳1028m あれにも登りたいです

CIMG3860_640.jpg
向こうの真ん中に高見山

CIMG3862_640.jpg
真ん中のとんがっているのが迷岳らしい

CIMG3868_640.jpg


CIMG3877_640.jpg
かすんでいるが伊勢湾らしき海が・・・ 右のは答志島?

CIMG3882_640.jpg
お弁当にします まずはサラダから

CIMG3883_640.jpg
麦笑のクリームパン

CIMG3884_640.jpg
チーズ棒?もいっとこう

ラジオを聴きながらゆっくりといただきます 他には誰も登ってきそうにありません 貸切です 眺めはいいのに・・・まぁあんまり快適な山道ではないけれど・・・町を示す札もあるし、また来たいと思わせる山です

CIMG3885_640.jpg
あれは国道のしばらく通行止めになっていたところでしょうか 今は交互通行になっています

CIMG3886_640.jpg
大日さん

CIMG3887_640.jpg
そばの東屋

CIMG3888_640.jpg
そこからの景色もまずまず

CIMG3892_640.jpg
尾根コースとありますが、どこへ行くのかわからないので今回はやめ もと来た道をもどります

CIMG3893_640.jpg
分岐のところ 地理院地図にはない東コースですが、まぁ大丈夫だろうと思い下りは東コースへ

CIMG3894_640.jpg
道はとても狭く歩きにくい

CIMG3895_640.jpg
よく見れば道があるというような・・・

CIMG3896_640.jpg
鉄塔巡視路ともなっているようです

CIMG3897_640.jpg
斜面に滑落しないように気をつけて・・・

CIMG3900_640.jpg
尾根コースの案内がありました 

ここが分岐となっていますが、東コースで登ってきた場合、この案内を見て尾根コースへ行ってしまいます
東コースはこれの右で、案内はありません(道もよくわからない・・・)
つまり東コースをとれば道なりに尾根コースとなり、東屋のところに上がれるということだと思います

CIMG3902_640.jpg
私はあっちから下りてきたのですが、案内がないので登ってきた人は左の尾根コースへ行ってしまうでしょう(それでいいと思いますが)

CIMG3909_640.jpg
ガレガレの林道を下りていきます

CIMG3913_640.jpg
沢沿いになりました ゴールは近い

CIMG3915_640.jpg
登山ボックスのある分岐まで戻ってきました 登りは二時間弱 下りは一時間半弱でした(カメの歩み)

CIMG3918_640.jpg
帰り、道の駅茶倉の展望台から烏岳を撮影

CIMG3922_640.jpg
この道の駅、火曜日は休み

CIMG3923_640.jpg
高いところが苦手な私はあの吊橋さえコワイ

CIMG3927_640.jpg
帰り、桜井の倉橋池に寄りました この駐車場は道沿いではないし、表示もないのでこれまで来れていませんでした
何を釣っているのか、ルアーを投げている人が数人 ブルーギルとかなら私もやってみたい


烏岳_640
今日のコース 赤で登り青で下りました  道は大体わかったので、今度は東コース~尾根コースで登り、西コースで下りようかな

帰りも安全運転 ヒヤリもハットもなく、無事に帰宅 192km 11709歩 平日のR166は快適です

麦笑プラスワン 天気悪し 撤退

ツーリング
06 /16 2019
記事一覧

梅雨入りはまだだそうですが、ここ数日お天気は不安定です
東吉野のパン屋さん「麦笑」は金土日の営業 今日も雲量が多いですが、行かなければ

晴れているところもあれば、黒い雨雲に覆われているところもあり、どこで雨が降ってもおかしくないような空模様
桜井浅古から多武峰街道 八井内から大峠トンネルを抜け、宮奥ダムのそばからR370で三茶屋経由吉野町窪垣内へ
入野トンネルを抜けて下りたところの田舎屋「串こん」さんが今日は営業中 
経営者ご夫婦がおられてビデオを見せてもらったり、いろいろエピソードをうかがったりで1時間ほど過ごしました

P1190088_640.jpg
コンクリ造りのガレージがお店 一本100円

カメラのスイッチが入らず、コンニャクを食べているときに写真が撮れませんでした 使っているのはあとでスペアカメラで写したものです

P1190087_640.jpg
ここのコンニャクはいろいろなところで販売されています

ちなみにこのあたりはピン芸人のゆりやんレトリーバーさんの出身地です 彼女もピアノが上手ですが、このあたりのおうちではみんな子供にピアノを習わせていたそうです(教育熱心な家庭が多い)
今は子供もあまりおらず、これからは空き家も増えていきそうです  

P1190105_640.jpg
あとで撮影したものですが、このこんにゃくも購入しました こんにゃくいもは広島産のものだそうです

P1190090_640.jpg
いつもの魚見石 Vstromでは久々です 今日も川には釣り人が多いです

麦笑でパンを買い、近くの川口製麺所へ

P1190091_640.jpg
店に明かりはついていましたが、無人だったので隣の社長宅へ声をかけて出てきてもらいました


P1190092_640.jpg
麦笑のパンと川口製麺所の製品

昨日は川口製麺所の「ふとめん」をゆでて、パスタソースをかけていただいたのですが、これがすごくおいしかったです
スパゲティよりも柔らかく、まさに麺をすすって食べられるのです 葛入りなので、のどごしもとてもなめらかです
せっせと食べて、麦笑とともにお店に寄ることが多くなりそうです

県道31号を北上し、西峠から西へ、桜井浄水場から北上し県道38号に出る手前の休憩所でランチにします

P1190093_640.jpg
初瀬ダムと麦笑のピザパン 天気が超今一

P1190094_640.jpg
玉ねぎパン 最近はこれがお気に入り

P1190095_640.jpg
あんパターフランス 今日は3個買ってしまいました (餡が好きなのです・・・)

サンパチ県道は走り屋のバイクやスポーツカーが行ったり来たり・・・
サンパチを少し走って県道50号経由で「笠そば」へ

P1190096_640.jpg
広い駐車場 今日はあまり車がいません

今日の予定としては、ここから歩いて龍王山585mに登ろうというものでした
龍王山は天理トレールセンターから登るとそれなりにしんどいですが、笠そばからだと標高差85mほどです
それも半分は舗装路歩きなので楽勝なのですが・・・・
小雨が降ってきました!着替えて歩く気がなくなりました・・・

P1190097_640.jpg
仕方ない 花でも写しておこう

P1190098_640.jpg

P1190099_640.jpg

P1190104_640.jpg

仕方ないので家路につきますが、どうも中途半端なツーリング
どこか寄るところはないかなぁと思って倉橋池の方へ 古墳があるのを思い出しました

P1190106_640.jpg
天王山古墳


P1190107_640.jpg

P1190108_640.jpg
古墳ブームなのか、案内もばっちり 当然ものすごく古いものです


P1190109_640.jpg


P1190110_640.jpg
古墳に登れるようになっています


P1190112_640.jpg
玄室がありました

P1190113_640.jpg
手だけ入れて撮影 もぐりこむ勇気はありません

P1190115_640.jpg
あれがてっぺん

P1190116_640.jpg
てっぺんは広い  お墓なのに土足ですみません・・・

P1190118_640.jpg
竹林もあります 

P1190120_640.jpg
ついでに倉橋池の駐車場にバイクを停めて歩いてみます

P1190121_640.jpg
周回路があるようです

P1190122_640.jpg

P1190123_640.jpg
音羽三山かな

P1190125_640.jpg
車道ぽいですが、車は通らない様子

倉橋池をゆっくり歩いて一周するのもよさそうです  
帰りはあと少しというところで大粒の雨に降られました・・・


P1190075_640.jpg
突然どうも うちのペットです

P1190077_640.jpg
ほんのちいさいミドリガメが・・・15年ほどたって立派になりました

P1190078_640.jpg
大好物のカメのおやつをねだるときはものすごい勢いです 私より長生きしそうです・・・

走行127kmでした  晴れの日にちゃんと山に登りたいものです

麦笑プラスワン 額井岳

ツーリング
06 /09 2019
記事一覧

快晴ではないが、雨は降りそうにないので、東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ行ってから、榛原の額井岳(ぬかいだけ:別名大和富士812m)に登ろうと思います

桜井市浅古から多武峰街道、八井内から大峠トンネル、貸切の道でR370、三茶屋、窪垣内(串コンニャクはまた休み)、県道16号で東吉野へ

CIMG3684_640.jpg
いつもの魚見石前 釣り人?の車が停まっています

CIMG3685_640.jpg
今日はあちこちで釣り人ががんばっています 私もやりたいですが・・・ルアーとか揃えたこともありました・・

CIMG3686_640.jpg
麦笑到着 立派な屋根です

CIMG3691_640.jpg
まずまずのお天気

その後西峠へ向かいますが、榛原あたりで自転車ロードレースか何かで通行規制をしており、いつもと違うコースを走りました
西峠から香酔峠を越えて、奈良市吐山(昔は都祁村でしたが)の公民館に駐車

CIMG3695_640.jpg
メタセコイヤの大木の下に駐車 あとで地元の人から知りましたが、ここは旧小学校の校庭だったそうです

着替えて出発 今年の3月23日に戒場山に登ったのと同じコースなので、地図を見なくても行けます

3月23日 戒場山

CIMG3699_640.jpg
田植えも終わり緑の綺麗な田園

CIMG3703_640.jpg
はやまの森野営場まで来ました ここを左にとります

CIMG3705_640.jpg
施設の屋根です 自然に溶け込んでいます

CIMG3706_640.jpg
山道になります

CIMG3707_640.jpg
岩の上を清流がサラサラ

CIMG3708_640.jpg
草ボーボーですが、ここが登山口です 

CIMG3710_640.jpg
谷筋を登っていきます

CIMG3712_640.jpg
通る人も少なく、苔が見事です

CIMG3714_640.jpg
戒場峠に到着 前は戒場山へ向かいましたが、今日は反対側の額井岳へ

CIMG3715_640.jpg
夏でも涼しそうな雑木林の道

CIMG3717_640.jpg
急登の根っこ道

CIMG3718_640.jpg


CIMG3720_640.jpg
あと距離で600mくらいか

CIMG3722_640.jpg
狭い尾根道

CIMG3726_640.jpg
無線反射板に到着 水資源開発公団が建てたようです

CIMG3732_640.jpg
額井岳山頂手前はロープが張られた急登道

CIMG3736_640.jpg
もうちょい

CIMG3737_640.jpg
山頂のようです

CIMG3738_640.jpg


CIMG3744_640.jpg
東屋があります

CIMG3746_640.jpg
三角点タッチ

CIMG3749_640.jpg
丸太に座ってランチ 麦笑のパンです 大好物のベーコンチーズ

CIMG3750_640.jpg
餡バターフランス

私のほかに年配の男女ペアがおられました 十八神社の方へ下りていかれましたが、私は来た道を帰ります

CIMG3751_640.jpg
こんな看板がありますが、コースはとても歩きやすいです

CIMG3754_640.jpg
下っていると何かの骨が

CIMG3757_640.jpg
下りは1時間くらいでした(登りは2時間弱) 田圃の花を撮影


CIMG3759_640.jpg


CIMG3761_640.jpg
国道沿いの城山 あれにもまた登ろう

CIMG3762_640.jpg
吐山小学校 まだきれいな校舎ですが閉校されています 針のほうの学校へ統合されたようです

CIMG3764_640.jpg
これも閉園となった吐山保育園のトイレが土日に限って使えます 〔シャワートイレ)

このあたりにはこぶしが丘という住宅地もありますが、年月を経て小さな子供もいなくなり、老夫婦だけになったり、空き家になったりだそうです  やはり鉄道の駅がないので、冬などは香酔峠が通れなくなったりするので不便だそうです
吐山小学校などはもったいないですが、近々ベトナム人研修生の研修場とかになる計画もあるようです(以上、地元の人との立ち話より)

近くに「吐山のスズラン群落」があるので、帰りに寄ってみます

CIMG3769_640.jpg
車両進入禁止のコーンを越えたところにちょっと停めさせてもらいます (車はムリ 駐車場はありません 指定の駐車場はだいぶん離れた吐山の公民館です)

CIMG3772_640.jpg
ここも柵で守られています


CIMG3775_640.jpg
よく見れば咲いていますが、時期はもう過ぎたのでしょうか

CIMG3782_640.jpg
ぽつんと咲くユリ

CIMG3785_640.jpg
スズランの葉の上にアマガエル

CIMG3789_640.jpg
小さくてピントが合いません・・・


CIMG3796_640.jpg
帰途、香酔峠を下りたところでさっき登った額井岳を撮影

今日の登山の標高差は340mくらい 歩数14000歩 
近場の山だし、いろいろなコースが取れるので今後も登っていきたい山です

麦笑プラスワン 向淵スズラン

ツーリング
06 /02 2019
記事一覧

6月2日 (日)今日は午後からは雨が降りそう  東吉野のパン屋さん「麦笑」へ早めに行き、帰りに宇陀市向淵(むこうじ)のスズラン群生地を訪れてみようと思います

桜井浅古から多武峰街道で八井内、大峠トンネルを抜けてR370号へ
途中、宮奥ダム横の道で、女性が運転する対向車が、もろに私の車線に!


宮奥ダムあぶないところ_640
ここはセンターラインがなく、ダム側には広いゼブラゾーンがあります 何やら対向車が自分の車線に入ってきそうだったので私はブレーキをかけました 乗用車はゼブラゾーンに沿って走り去っていきました・・・そこ、もろに私の走るトコなんですが・・・
(青い矢印が私、乗用車は白矢印) まぁ、以前からここは危なそうだったので、余裕で予測できていたのでヒヤリともしませんでしたが、ドライバーは対向車線を走った自覚があるのでしょうか?

窪垣内の串コンニャク屋さんは今日もお休み  のんびり県道16号を走って東吉野村へ

CIMG3631_640.jpg
麦笑到着 

CIMG3634_640.jpg


今日もそこそこパンを買って麦笑を出発 佐倉峠から西峠へ R165をすこし走ってから県道28号へ左折(この交差点は常時左折ですが、知らずに少し信号で停まってました・・・)

CIMG3636_640.jpg
どんどん上って行くと向淵スズランの案内がありました

CIMG3637_640.jpg
この道を走っていきます 一部未舗装 つきあたりは畜産業者の施設があるようです

CIMG3638_640.jpg
スズラン群生地の入り口 昭和五年に天然記念物に指定されたそうです  ずいぶん長い間大切にされているようです

CIMG3643_640.jpg
つきあたりに駐車場があります 車なら5台分くらい

CIMG3646_640.jpg
ゲートを開けて

CIMG3647_640.jpg
緑が綺麗

CIMG3648_640.jpg
これがスズランなのか

suzuran_640.jpg
ネットで検索するとこんなのが出てくる 今見ているのも同じものだ こんなに小さいものだったのか

CIMG3649_640.jpg
よく見たらこんな花が咲いている

CIMG3650_640.jpg
ものすごく小さい花だ 確かに釣鐘の形 


CIMG3660_640.jpg


CIMG3667_640.jpg


CIMG3670_640.jpg
黄色い花の方が目立つ

CIMG3658_640.jpg


CIMG3678_640.jpg
スズラン群生地は柵で守られています

CIMG3680_640.jpg
団体ハイカーさんなど、私のほかにも15人ほどが見学に来られていました 人の姿も今の時期だけなのかもしれません

CIMG3681_640.jpg
ベンチがあったのでお弁当にします まずはベーコンチーズ

CIMG3682_640.jpg
餡バターも

CIMG3683_640.jpg
塩パンもひとついっとこう

昼食後帰途につきましたが、桜井の浅古交差点を私が直進するとき、前方の右折待ちの軽自動車が何やら挙動不審
バイクの私のスピードが把握できず、右折できるものと思ったのか、ちょっと発進、それを予測した私はブレーキをかけて停まりそうなスピードで交差点に入りました 軽自動車にはハンドルにしがみつくようにしている女性が・・・ 
ヘッドライトをつけているとはいえ、バイクのスピードがつかめず、「行けそうだ」と思って右折する車があるのは「アルアル」ですが、滋賀県の園児への突っ込み事故のこともあり、交差点では常に車の動きに注意しているこの頃です

走行107km 帰宅前5分で雨が・・・まぁ大丈夫でした

十津川ホテル昴から果無峠

ツーリング
06 /02 2019
記事一覧


6月1日(土) 降水確率0% 今日はしっかり歩きたいと思います
熊野古道小辺路の一部、十津川温泉から果無峠まで6.5kmほど、標高差は900mはあります
果無峠まではムリかもしれませんが、観音堂というところくらいまでは行けそうです

6時台に出発、橿原から京奈和道、五條ICで下りてR168を南下、道はまだすいています

CIMG3467_640.jpg
風屋ダムで休憩 5分ほどベンチでゴロリ


CIMG3469_640.jpg
十津川ブルー

ゆっくり確実に走ります 途中、乗用車が道をはみ出て山に突っ込んでいました 人が電話連絡していましたから事故からまだ数分程度だったかも R168の狭い部分でしたが、どうすればああなるのかという・・・気をつけよう

CIMG3471_640.jpg
ホテル昴の駐車場に到着 歩いた後でお風呂に入れればいいのでしょうが、時間的にきっと無理・・・
ここは標高140mくらい

着替えて出発

CIMG3473_640.jpg
駐車場の端にあるこのトンネルを抜けます

CIMG3478_640.jpg
抜けると県道735号 バイクにリターンしたときGSRで全線走ったことがあります ちょっと険道かな

CIMG3479_640.jpg
この吊橋を渡ります 結構揺れます 5人以上では渡らないようにと書いてあります

CIMG3482_640.jpg
今日のルート 昴の郷から果無峠へ

CIMG3488_640.jpg
案内標識完備で迷うことはありません

CIMG3491_640.jpg
ここが登山口 ひたすら登っていきます ここから果無峠まで5.3km


CIMG3496_640.jpg
イメージしたとおりの熊野古道 登山道というよりちゃんとした街道という感じ

CIMG3498_640.jpg
比較的歩きやすい石畳 よくこんだけのものを作ったものです

CIMG3500_640.jpg
展望が開けました 大きな施設は老人ホームです

CIMG3504_640.jpg
汗がしたたり落ちます けっこう急です

CIMG3505_640.jpg
ゲートを開けて果無集落へ

CIMG3506_640.jpg
綺麗な花に出迎えられます

CIMG3507_640.jpg

CIMG3509_640.jpg
天空の水田

ここまで来てちょっと電話の用事があり小一時間通話して再出発

CIMG3511_640.jpg
世界遺産の石碑 以前ここまではバイクで車道を上がって来たことがあります


CIMG3512_640.jpg
果無と思える山々の風景 実際には十津川村の中心まで車ですぐですが・・・

CIMG3517_640.jpg


CIMG3520_640.jpg
古道沿いには観音石仏が多数あります

CIMG3523_640.jpg


CIMG3526_640.jpg
これもルートです

CIMG3529_640.jpg
また車道に出て、再び登山口がありました 登山届ボックスもあります

CIMG3533_640.jpg
お辞儀しながら通過

CIMG3535_640.jpg
ちっちゃいマムシかな?30cmもない

CIMG3540_640.jpg
天水田跡  雨水だけで水田をしていたらしい  ベンチもあり、日向ですが休憩スポット  ここで6000歩
450mほど登ってきました 果無峠まではまだ500m以上登らなくては・・・ムリかな?


CIMG3549_640.jpg
山口茶屋跡  天水田はここに住んでいた人がやっていたらしいです

CIMG3553_640.jpg
近所の山々 自分がだいぶん登って来たことがわかります

CIMG3557_640.jpg
土の道は歩きやすい 標高760mを越えました


CIMG3562_640.jpg
観音堂が見えてきました


CIMG3563_640.jpg
どうやら修理中  大工さんらしき人が二名作業中

ここでお弁当を食べて引き返そうかと思っていましたが、人が働いているのでもうちょっと先まで歩いてみます
しんどいなぁ、もう昼を過ぎているしなぁと思って急な坂を登って行くと、十津川温泉方面が眼下に見える場所がありました


CIMG3569_640.jpg

CIMG3570_640.jpg


CIMG3575_640.jpg
ここでお弁当にします

先着の方が4名、あとで1名が着かれました

146457610568903403178_hatenashi.jpg
あとで着かれた方は果無集落のこのポスターで有名なおばあさんの息子さんでした 古道の管理をされていて、今日は雨水を逃がす溝を掘っておられました

お弁当を食べて引き返そうと思っていたのですが、その方が「あと十五分やで」とおっしゃるので、やっぱり果無峠まで歩くことにします あと100m以上登ることになりますが、まぁせっかくだし・・・

CIMG3585_640.jpg
15分以上かかりましたが、果無峠に到着 標高1070m ブナノ平のほうは果無山脈を冷水山の方へ向かうルートのようです

もう2時前なので、峠では休憩せずにUターン  観音堂まで一気に下ります

CIMG3596_640.jpg
本来なら観音堂に安置されている菩薩像などは隣の小屋に仮置きされています


CIMG3602_640.jpg
もう壁が取り付けられていました

CIMG3600_640.jpg
ここには給水所があります 冷たくてとてもおいしい水です

CIMG3604_640.jpg
古い柱に新しい部分を継いでいます

CIMG3613_640.jpg
石畳は下りは結構膝にきます なんとか果無集落まで下りてきました

CIMG3616_640.jpg
世界遺産の縁側前の道 あのおばあさんは療養中でおられません 95歳だとか 


CIMG3617_640.jpg


CIMG3622_640.jpg
そのおうちの小さな水溜に大きなコイが三匹 一番大きいのは超巨大です こんなに大きなコイを見たことがありません
水溜がいかにも窮屈な感じです・・・

ホテル昴の駐車場に戻ってきたのは4時15分 出発は9時15分でしたから7時間くらいの行程でした 疲れました!

CIMG3629_640.jpg
帰りに猿谷貯水池で休憩 あとは一気に帰りました 12時間以上のアクティビティでした
走行205km 歩数20800歩くらい よく頑張りました!

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?