末日の出 明神山

その他
12 /31 2018
記事一覧

今日は大晦日 明日の初日の出は東方が望める山は混雑しそう
大晦日の日の出なら人も少なかろうと、早起きして王寺町の明神山に登ることにしました
天気予報はくもりで、朝日を拝める可能性は低いのですが、主目的は山歩きなので気にしない


CIMG9186_640.jpg
ヤオヒコ美しヶ丘店隣の雪丸くんもまだ暗い中

CIMG9188_640.jpg
登山口の鳥居 

CIMG9191_640.jpg
普通に写すと夜景はこんな感じ 夜景モードを使えばよかった

舗装路を登っていきます もう下ってくる地元の人もいる

CIMG9195_640.jpg
山頂手前の案内 下山はこの「へんろ道」にする予定

CIMG9196_640.jpg
少し白んできました 北東方面

CIMG9201_640.jpg
山頂到着 大阪方面

CIMG9202_640.jpg
北東



CIMG9211_640.jpg
さてそろそろ日の出の時間 夕焼けモードで撮るとこんな感じ 赤が強くなります

CIMG9214_640.jpg
このほうが実際の色に近い

CIMG9220_640.jpg
夜が明けて二上山もはっきり見えています

CIMG9225_640.jpg
望遠鏡をのぞくと若草山が見えます

CIMG9233_640.jpg
ちょっと太陽がのぞきそう・・・

CIMG9235_640.jpg

CIMG9244_640.jpg
これが精一杯か まぁこれでよしとしよう 今年も一年ありがとうございました

適当に丸太階段を下って山道を歩きます

CIMG9248_640.jpg
便所の方向に道はありませんが・・・


CIMG9249_640.jpg
以前来たトライアルセクションに出ました

CIMG9250_640.jpg
ここを超えていきます

CIMG9251_640.jpg
ガムテープの案内 関屋へ下りるコースらしい

CIMG9252_640.jpg
こっちは瀧不動院方面へ

予定していた「へんろ道」は瀧不動院に下りる道なので、まぁここからでもいいかと思い、進みます

CIMG9257_640.jpg
快適な落ち葉を敷き詰めた尾根道 ときどき倒木あり

CIMG9258_640.jpg
後からトレイルラン三人組が来られて「こっちは関屋ですか?」と

こっちは滝不動院、駅なら畠田方面ですと返事  戻るのもなんだからと、身軽くそのまま走っていかれました

CIMG9261_640.jpg
急なところもあります 唯一のロープ場 トライアルセクションなみの急坂です

CIMG9262_640.jpg
これは枯れ枝ではなくて、根です 両端が土にもぐっているので、蹴ろうとしたら絶対つまづきます

CIMG9263_640.jpg
地味なキノコ シジミダケとでも名づけておこう

CIMG9264_640.jpg
里が近い予感

CIMG9265_640.jpg
冬イチゴでもなさそうだが・・・あちこちに見られる

CIMG9267_640.jpg
建物が見えてきました

CIMG9270_640.jpg
これは特養ですね 瀧不動院ではありませんでした

CIMG9273_640.jpg


CIMG9274_640.jpg
ここから出てきました 何の表示もなく、ここから明神山へ登れるとは知る人ぞ知るですね

せっかくだから瀧不動院に行ってみます

CIMG9277_640.jpg
車なら二台くらいは停められるかも

CIMG9278_640.jpg
ここを上ります

CIMG9281_640.jpg
瀧不動院

CIMG9284_640.jpg
子安地蔵 大き目の帽子がかっこいいかも


CIMG9285_640.jpg
一瞬もう一度明神山に登ろうかと思いましたが・・・そんなに無理せんでもね、ということでやめました

滝があるのかと、お瀧道のほうへ

CIMG9288_640.jpg
こんな滝がありました 黒い岩肌が美しい 低山でもこういう水の出所があるのですね


CIMG9293_640.jpg
不動院の横に休憩コーナー?がありました 朝食より5時間近くたっているのでランチにします

CIMG9294_640.jpg
カップラーメンと栗ご飯  

利用させてもらって一礼します 細い道を東へ

CIMG9295_640.jpg
ここへ出てきます

あとは白鳳台の住宅地を通り抜けて行きます


CIMG9296_640.jpg
「あまでら」としか読めませんが、「にんじ」と読むらしいです  国道168号ぞいにあります


CIMG9297_640.jpg
まったくの原っぱです

入り口に尼寺学習館がありますが、大晦日に開いているわけがありませんので、尼寺の学習はまた次回
なんせ万葉集に歌われるような土地柄らしいです

明神山は、町が紹介しているハイク道だと舗装路なので、山歩きの気分がでませんが、瀧不動院コース、今日利用した特養コース、関屋から林道経由で登るコース、R25沿いの藤井からのコース、河内国分からのコースと、いろいろ楽しめるようです 
迷ったところで、四方八方が町なので、どこかには下りれますから安心です

末日の出は毎年明神山にしようかな 山道もいいけれど、暗い中登るのはやっぱり普通の舗装ハイク道が安全かな・・・
16774歩の大晦日ウォークでした
スポンサーサイト



大国見山コース

その他
12 /28 2018
記事一覧

今日はかなり寒そう バイクででかけるのはちょっとね、ということで電車でハイキングへ
「近鉄てくてくマップ」奈良の11番「大国見山コース」で行きます

天理駅ー石上神宮ー桃尾の滝ー大国見山498m-天理駅の15kmコースです

CIMG9054_640.jpg
天理駅前名物「コフフン」からスタート

CIMG9056_640.jpg
天理教教会本部前を通過

CIMG9057_640.jpg
東に見えるあの山が大国見山だろうか

CIMG9060_640.jpg
石上神宮到着 初詣の受け入れ準備が進んでいるようです

CIMG9062_640.jpg
いろいろニワトリがいますが、これはなんかユニーク

CIMG9064_640.jpg
神社は通過 弘仁寺方面の案内に従います

CIMG9065_640.jpg
次は白川溜池方面へ

CIMG9066_640.jpg
さぁ、と思ったら手袋が片方ありません

CIMG9067_640.jpg
100m引き返したら、ありました

CIMG9072_640.jpg
ハタの滝

CIMG9073_640.jpg
これもハタの滝 「布留の高橋」のそばにあります


「石上 布留の高橋 高高に 妹が待つらむ 夜ぞふけにける」と万葉集にあるらしく、この辺に高橋という橋があったらしい
高橋という姓のルーツか、などと以前NHK番組でやっていたような


旧の国道25号線を東へ歩いていきます 歩道はありませんが、車はほとんど通りません


CIMG9079_640.jpg
桃尾の滝分岐まで来ました 天理駅からは100mほど上ってきました

CIMG9082_640.jpg
10分たらずで桃尾の滝到着 これで3回目かな 滝前ではじめての休憩

CIMG9086_640.jpg
大国見山へ向かいます これは急坂 さっき郵便カブが行き来してましたが、すごいなぁ

CIMG9089_640.jpg
ひぃひぃ言いながら大親寺到着 ここまで郵便カブが来たのでしょうか すごい坂でしたし未舗装路もありました

CIMG9093_640.jpg
8世紀にはここに龍福寺という広大なお寺がありました、というモニュメント

CIMG9096_640.jpg
大親寺まで上がってくるのは大変ですが、境内は苔が生えていい雰囲気です お正月の準備がここでも進行中


CIMG9102_640.jpg
だんだん登山道っぽくなってきました

CIMG9104_640.jpg
大国見山へ登った後、この分岐に戻ってきます

CIMG9106_640.jpg
けっこう急な登りが続きます 今日は着込んでいるので体が重い


CIMG9110_640.jpg
こんな巨岩が

CIMG9112_640.jpg
どうやら山頂です

CIMG9114_640.jpg
今日は山頂独り占め 寒風が音を立てています

CIMG9117_640.jpg
山頂はそんなに広くありません

CIMG9118_640.jpg
けっこう遠くまで見えます


CIMG9119_640.jpg


CIMG9121_640.jpg


CIMG9122_640.jpg
二上山方面かな

CIMG9123_640.jpg
天理教本部

CIMG9126_640.jpg
ちょうどお昼時

CIMG9127_640.jpg
麦笑の柑橘パン ものすごくかたいですが、口に入れるとすぐになじみます

CIMG9128_640.jpg
白川の溜池

CIMG9129_640.jpg
名阪国道 オメガカーブのあたりか

まだ行程の半分なので食後はさっさと下山します

CIMG9130_640.jpg
巨岩が微妙なバランスで・・・

CIMG9132_640.jpg
あとは下るだけ

CIMG9134_640.jpg
倒木の嵐

CIMG9137_640.jpg
里が近そう

CIMG9140_640.jpg
名阪国道が目の前

CIMG9144_640.jpg
トンネルでくぐります


CIMG9145_640.jpg
美しい日本の田舎



CIMG9146_640.jpg
みかんと廃屋

CIMG9147_640.jpg
ここから天理市 少し奈良市を歩いていたらしい

CIMG9150_640.jpg
岩屋という集落を抜けて名阪沿いに歩きます


CIMG9153_640.jpg
こういう標識に従います 再び名阪をくぐります

CIMG9158_640.jpg
貯水タンクのところから山辺の道北コースに入ります

CIMG9164_640.jpg
きれいな竹林の道


CIMG9165_640.jpg
30m登れば古墳があるそうなので行ってみます


CIMG9166_640.jpg
埋葬していた部分のようです  6世紀からここにある・・・

CIMG9167_640.jpg
ここです

CIMG9173_640.jpg
天理高校の農事部の菖蒲畑の残り柿


CIMG9174_640.jpg
ここからは天理環状線の歩道を歩きます

CIMG9179_640.jpg
天理駅到着 6時間はかかりました 雪でも降りそうな雲行きですが、ここまではまずまずの天気でした

今日の歩数は28576歩 一歩60cmで換算すると17kmは歩きました 足の裏がジンジンします・・・
大国見山はよかったので、今後は桃尾の滝までバイクで行って登ろうかと思います
天理市は山辺の道を代表に、いろいろ歩いて楽しいコースがあるようです 
今日は標高差440m  いい運動をしました

高取城跡

ツーリング
12 /27 2018
記事一覧

日本三大山城といわれる高取城跡にハイキングに行きます
数年前に電車で壷阪山駅まで行き、土佐の城下町経由で城跡に登り、壷阪寺に下りるという周回コースで歩いたことがありますが、今日は壷阪寺にバイクを停めて登りたいと思います

R169から壷阪山へのくねくね道に入り、あっという間に壷阪寺に到着

CIMG8980_640.jpg
自動二輪の駐車場所という表示があるところに駐車 3台分くらいのスペースしかありません

CIMG8982_640.jpg
お参りはしませんが、ちょっと写真を

CIMG8983_640.jpg
駐車場の端っこからハイキング開始

CIMG8984_640.jpg
お寺が見渡せます

CIMG8986_640.jpg
巨大な観音様

CIMG8987_640.jpg
大仏様を横から  材料は何でしょう? コンクリート?石?

CIMG8988_640.jpg
こんなふうに写せばきれいに見えます

CIMG8989_640.jpg
二上山とかよく見えます

CIMG8991_640.jpg
今週末は葛城山も冠雪するかもですね

CIMG8992_640.jpg
この分岐から山道へ

CIMG8993_640.jpg
五百羅漢経由で高取城まで2.8km 

CIMG8994_640.jpg
すてきな道 スニーカーでOK

CIMG8996_640.jpg
五百羅漢に到着

CIMG8997_640.jpg
全部をカバーできません

CIMG8999_640.jpg
誰かに似ているような・・・?


CIMG9002_640.jpg
五百羅漢遊歩道沿いにはこういうのがいっぱい 

CIMG9003_640.jpg


CIMG9005_640.jpg


CIMG9011_640.jpg
誰にも会いません 人、虫、ヘビ、ハチのいない冬はハイキングシーズン!

CIMG9014_640.jpg
文化財指定は昭和28年らしい

CIMG9015_640.jpg
「日本最強の城」の幟

CIMG9022_640.jpg
この大木 今年の台風を乗り切ったんですね

CIMG9023_640.jpg
見事な石垣がたくさん残っています 何もない城跡もありますが、石垣があると俄然ロマンの香りが・・・

CIMG9025_640.jpg

CIMG9026_640.jpg
クマさん登場

CIMG9027_640.jpg
ミニ高取城

CIMG9028_640.jpg
広い本丸

CIMG9031_640.jpg
よそ見して歩いていると石垣から転落します・・・子連れの人は要注意

CIMG9034_640.jpg
井戸だったらしい

CIMG9036_640.jpg
石垣のラインは直線?

CIMG9038_640.jpg
高見山が見えています


CIMG9042_640.jpg
大台ケ原方面 雪をかぶっているような

CIMG9045_640.jpg
小さなベンチで昼食

CIMG9043_640.jpg
ひじきご飯と野菜炒め

CIMG9044_640.jpg
温かいものがほしかったのでもってきました でもすぐ冷えてしまいます

ラジオを聞きながらゆっくり食べます 城跡では3人に会いました

CIMG9046_640.jpg
二又の大木

CIMG9049_640.jpg
車道に出る直前にありました エサは食パンの耳

CIMG9053_640.jpg
標高差280mほどのお手軽ハイキングでした 駐車場はバイク200円でした

もう少し走りたいと思い、大淀町、三茶屋、宮奥ダム経由で帰りました
走行78km 歩数は11121歩 まずまずの運動になりました

石舞台サイクリング

その他
12 /25 2018
記事一覧

天気がいいのにぐずぐずしてバイクで出かけるタイミングを失った
しかし、あまりに陽射しが気持ちよさそうなので、石舞台までサイクリングでもしようと出発

CIMG8930_640.jpg
「ならクル」のC7ルートをたどります これは高田バイパス沿い

CIMG8931_640.jpg
畝傍山の見えるこの辺からスタートします

CIMG8932_640.jpg
バイパスの高架下を走ります 交通量は少ないです


CIMG8936_640.jpg
橿原警察の手前にかっこいいトラックが

CIMG8937_640.jpg
シボレーのトラックのようです 


CIMG8938_640.jpg
橿原警察前の自転車歩道橋 ちゃんと降りて通ります

CIMG8939_640.jpg
なかなか重厚な警察の建物

CIMG8940_640.jpg
神宮沿いは歩行車道より広い自転車道

CIMG8941_640.jpg
小房交差点を過ぎたところから飛鳥川沿いの自転車道に入ります

CIMG8942_640.jpg
専用道は気持ちがいいです

CIMG8944_640.jpg
日本の「ブランド田舎」明日香

CIMG8945_640.jpg
飛鳥川はところどころ渓流っぽい

CIMG8946_640.jpg
甘樫丘の横を通過中

CIMG8948_640.jpg
飛鳥川

CIMG8949_640.jpg
いい青空です 出かけてきてよかった

CIMG8951_640.jpg
ママチャリで来ています 変速装置なし

CIMG8952_640.jpg
日陰ですが寒くはありません

CIMG8953_640.jpg
次回はこの展望台も訪れてみたいです


CIMG8958_640.jpg
石舞台地区に到着

CIMG8959_640.jpg
観光客もまばら 

CIMG8960_640.jpg
明日香のシンボル石舞台

CIMG8961_640.jpg
石舞台を見下ろす丘でちょっと遅いお昼ご飯

CIMG8963_640.jpg
麦笑のアンパン

CIMG8964_640.jpg
麦笑のチーズパン

CIMG8965_640.jpg
デザートはホワイトマシュマロ

CIMG8968_640.jpg
梅ですか

CIMG8970_640.jpg
数えるほどですが咲いています

CIMG8974_640.jpg
柿と滝 主役は我と 競い合う


CIMG8977_640.jpg
村全体が公園の明日香村 住んでみたい

CIMG8978_640.jpg
今日の目的のひとつ 野菜の買出し

CIMG8979_640.jpg
このほかに白菜もゲット 野菜の値段が落ち着いているのがいいですね 明日香の直売店は新鮮で安いです

20kmくらいは自転車で走ったかと思います
ほどんど専用道か歩道走りなので、のんびりと走れました
全国的にも有名な地区を自分の自転車で走れるのは恵まれていると思います
街中はクリスマス一色なのかもしれませんが、明日香の田舎はいつも通りでした・・・

麦笑プラスワン 文祢麻呂墓 沢城跡

ツーリング
12 /24 2018
記事一覧

東吉野のパン屋さん「麦笑」の今年の営業は今日が最後 
昨日とおとといは天気が今一だったのですが、今日は雨は降りそうにないので麦笑プラスワンツーリングです

宇陀の野依から広域農道経由で佐倉峠、県道16号経由で小(おむら)へ
途中は4度とか5度 厳寒というほどでもありません


CIMG8823_640.jpg
いつもの魚見石前 

CIMG8822_640.jpg
トイレ前のポスター 冬の高見山に登りたいですね 霧氷号バスだと単独でも安心かな

CIMG8824_640.jpg
麦笑のカウンター 今日の購入分 

麦笑は新年から午前10時開店らしいです 夏になるとツーリングは5時発だったりするから、早朝にどこかを歩いてから昼ごろに麦笑に寄るパターンになるかも

かえでの郷ひららの前から特養やまびこ前を経て、榛原澤の高山右近の碑へ

CIMG8825_640.jpg
いつも素通りしていた碑です 立派なものでした


CIMG8827_640.jpg
「キリシタン大名」高山右近 少年時代をこの近くの沢城で過ごしたらしい 最後はフィリピンのマニラで亡くなったそうです

CIMG8829_640.jpg
お城はあの山にあったらしい

本日の目的地は高山右近よりもっと古い、文祢麻呂(ふみのねまろ)という人のお墓です
集落の中を八滝をめざして走ります


CIMG8833_640.jpg
標識を見ていたら


CIMG8834_640.jpg
大音量で音楽が・・・12時のエーデルワイスでした!

CIMG8836_640.jpg
澤の集落を抜けたところの六柱(むはしら)神社の駐車場に停めます ここから歩きます

CIMG8838_640.jpg
目の前には五輪塔がたくさん

おなかがへったのでここで昼食

CIMG8841_640.jpg
定番その1 あんこバター


CIMG8842_640.jpg
定番その2 ピザパン

CIMG8844_640.jpg
定番その3 ホワイトチョコ入り 

塩パンも一個食べて、靴だけはきかえて出発 

CIMG8846_640.jpg
集落への道なのできれいですが、誰も通りません

CIMG8849_640.jpg
登っていくとトンネルがありました 歩道もついています ビートルズを一曲歌っておきました

CIMG8852_640.jpg
八滝の集落手前に案内板

文祢麻呂墓は国の史跡なので、国土地理院の地図にも載っています 出土品は国宝になっていて、東京の博物館にあるようです

CIMG8854_640.jpg
村の神社 上に立派な門松を飾る準備中

CIMG8856_640.jpg
神社の大木 根の辺がむきだしてて大丈夫ですかね・・・

CIMG8858_640.jpg
標識完備


CIMG8859_640.jpg


CIMG8863_640.jpg
トイレまでありました (使用禁止でしたが)

CIMG8872_640.jpg
立派な案内板が立っています

CIMG8873_640.jpg
壬申の乱で活躍した人というから、えらい古いお墓です


CIMG8874_640.jpg
モニュメント  隣にベンチもあります  シカのフンとかもありますが、食事にもよさそうな場所です

CIMG8877_640.jpg
よくはわかりませんが、方向的には三郎岳のほうです

CIMG8879_640.jpg
このお墓が見つかったのは天保二年だとか 

CIMG8880_640.jpg
この先「沢城跡」の表示があったので、林道をさらに進みます

CIMG8881_640.jpg
登山ぽくなってきました

CIMG8887_640.jpg
分岐には表示があります


CIMG8889_640.jpg
表示がなければちょっと不安な道

CIMG8896_640.jpg
下山するときは大貝方面へ下ろうかな

CIMG8898_640.jpg
出の丸跡に到着 ダリヨというのは高山右近の父、ジュストは右近で、ともに洗礼名です

CIMG8900_640.jpg
城跡といっても構築物は何もなさそうです

CIMG8904_640.jpg
大貝のほうへ下りていきます  


CIMG8913_640.jpg
ダリヨ&ジュストの道

CIMG8916_640.jpg
山の神

CIMG8917_640.jpg
山口農園のそばに下りてきました

CIMG8922_640.jpg
あの山をうろうろしていました

CIMG8925_640.jpg
陽が差してきました ずっと日陰を歩いていましたが、けっこう汗をかきました(バイクで走る格好なので無理はない)

文のねまろ墓_640
今日のルート 標高差は100mほど 

沢城跡はもっと近くまでバイクで行けるのかと思っていましたが、山の中でした 文祢麻呂墓は、「それ誰?」というか、読み方さえ分からない人のお墓でしたが、さすが国の史跡、訪問者はほとんどいないかもしれませんが、いい雰囲気の場所でした
走行88km 歩数約10000歩  充実した麦笑プラスワンツーリングでした

「県別マップル奈良県」の28頁は、宇陀市、東吉野村、曽爾村、御杖村などをカバーしていますが、今日のところを含めて見所満載のページです 縮尺をぜひ1:30000にしてほしいなぁ・・・

都介野岳

ツーリング
12 /19 2018
記事一覧

都祁は以前は村でしたが、2005年に月ヶ瀬村とともに奈良市に編入されました
「都祁マラソン」というのに出場したことがありますが、あの時は村だったと思います
今日は雲があつそうですが、降水確率は低いので、都祁の都介野岳(631.2m)に登ろうと思います

都祁は高原なので、駐車場所の「三陵墓古墳公園」と都介野岳の標高差はたったの160mくらい
昼ちょっと前に出発 長谷寺前、桜井浄水場経由で県道38号に出て快走
レストラン「杉の家」を過ぎてから県道781号へ右折 5分で三陵墓古墳公園に到着

CIMG8769_640.jpg
こんな寒い日 古墳に来る人はおらんわね・・・

靴とズボンをはきかえて出発

CIMG8770_640.jpg
あれが都介野岳か 形がよい(都祁富士ともいうらしい)


CIMG8771_640.jpg
ここを左へ

CIMG8772_640.jpg
案内あり  トイレピクトって何?

CIMG8773_640.jpg
里道を歩いていきます

ここで予定のルートではないことに気づきましたが、そのまま進みます

CIMG8774_640.jpg
登山口がありました

CIMG8775_640.jpg
最初はゆるやか

CIMG8776_640.jpg
立派な電柱が立っています

CIMG8777_640.jpg
すてきな尾根道 プチ登山の雰囲気

CIMG8778_640.jpg
階段のはじまり

CIMG8781_640.jpg
本来は左から来るつもりでした  帰りは左へ行ってみよう

CIMG8783_640.jpg
距離は短いですが急です 汗をしっかりかいています

CIMG8784_640.jpg
祠があります 中は例の行者さんかな?

CIMG8786_640.jpg
街灯まである 夜でも登れるのでしょうか?

CIMG8787_640.jpg
山頂に到着 三角点タッチ

CIMG8789_640.jpg
北方面の展望

CIMG8793_640.jpg
神社になっています 中を撮影しましたがピントがあいませんでした

CIMG8794_640.jpg
小屋もありますが

CIMG8795_640.jpg
こりゃ使えません

CIMG8796_640.jpg
こんな天井

CIMG8797_640.jpg
ちょうどよい切り株がありました ここでランチです

CIMG8799_640.jpg
炊き込みご飯とヤーコンのきんぴら弁当

ゆっくり食べた後下山します

CIMG8803_640.jpg
別の道で三陵墓にもどります

CIMG8805_640.jpg
こっちのほうが道が広い

CIMG8806_640.jpg
あっという間に下りてきました


CIMG8812_640.jpg
往路ではここを右に行きました 帰りは左から来ました 


CIMG8814_640.jpg
せっかくなので古墳公園も少し歩きます

CIMG8817_640.jpg
ここに来るのはいつも冬だ・・・

CIMG8819_640.jpg
恒例の古代穴のぞき

CIMG8820_640.jpg
古代人発見

都介野岳_640
今日のコース 赤点で登り青点で下山

道は他にもあるので、次回は国津神社なども入れて回ってみよう

2時間弱のハイキング 6700歩くらい  走行は80kmほど
県道38号を行き帰り独走できたので楽しめました(3000回転以下でのんびり走って楽しい道)

東名寺から矢田寺

ツーリング
12 /18 2018
記事一覧

矢田丘陵は標高300mほど 「奈良を歩く」ガイドブックには必ず載っているところです
ツーリングにしては近すぎるのですが、昼前の出発でも余裕なのは寒い季節にはうれしいことです

富雄川沿いを北上し、奈良高専前を通り、大和民俗公園の駐車場に到着

CIMG8650_640.jpg
無料の広い駐車場 WCもあります

ズボンと靴をはきかえて出発 民族公園には寄らず、歩道を北西へ

CIMG8652_640.jpg
感じのいい歩道です

CIMG8654_640.jpg
公園内の素敵な東屋 近所の人がうらやましい

CIMG8656_640.jpg
とりあえず矢田坐久志玉比古神社(やたにいますくしたまひこじんじゃ)のほうへ

小学校の横を通ればすぐに神社があります

CIMG8661_640.jpg
古そうなお寺です 


CIMG8662_640.jpg
門に飛行機のプロペラがありますが、どうやら神様の船(岩船)とかいうものに関わる神社らしく、航空の安全を祈願するとか


CIMG8663_640.jpg
本殿に一礼


CIMG8668_640.jpg
残り柿

CIMG8670_640.jpg
昨今、どこでも防犯カメラ 

CIMG8675_640.jpg
ほとんど落ちていない 

CIMG8673_640.jpg
鳥も食べないのでしょうか


CIMG8684_640.jpg
集落を抜け、舗装の山道を登っていきます

CIMG8686_640.jpg
到着 駐車場もありますが一台も停まっていません

CIMG8690_640.jpg


CIMG8692_640.jpg
雰囲気のいい山門

CIMG8693_640.jpg
本堂 寺務所はありますが今は無人のようです  

ここからは子供の森へも行けます ほんの500mくらいだと思います また別の機会にしましょう
矢田寺方面へ向かいます  標識は近畿自然歩道のものが完備されています

CIMG8700_640.jpg
この道にもすごい倒木が

CIMG8703_640.jpg
竹林も多いですが台風の影響を受けています

CIMG8704_640.jpg
矢田丘陵もイノシシが多いようです 一度は出くわしたいような・・・

CIMG8711_640.jpg
農業用の溜池でしょうか  


CIMG8712_640.jpg
畑仕事をされている方もいます

CIMG8718_640.jpg
山道を抜け、いったん集落を抜けたところのモニュメント とにかくリッパなもので・・・

CIMG8720_640.jpg
またまた残りすぎ柿



CIMG8721_640.jpg
素敵な山道

CIMG8728_640.jpg
矢田寺に出てきました  

CIMG8733_640.jpg
残り紅葉

CIMG8734_640.jpg
アジサイの緑と紅葉

CIMG8735_640.jpg


CIMG8732_640.jpg
電話のないボックス

矢田寺の裏にある「へんろ道」の休憩小屋でランチにしようと、山に登っていきます

CIMG8737_640.jpg
この道を歩くのは二度目

CIMG8740_640.jpg
今日は先を急ぎます・・・

CIMG8742_640.jpg
これが最大か 岩屋寺の不動明王様 2メートルくらい

CIMG8744_640.jpg
真新しいニット帽

CIMG8748_640.jpg
休憩小屋「じゅっぷく小屋」に到着

CIMG8749_640.jpg
若草山まで一望できます

CIMG8750_640.jpg
ヤーコンのキンピラとサバの味噌煮弁当

「午後ラジ」を聞きながらいただきます 汗をけっこうかきました

CIMG8752_640.jpg
ここにも残り紅葉が

CIMG8753_640.jpg


CIMG8757_640.jpg


CIMG8758_640.jpg
折れたときの音はすごかったろうなぁ

CIMG8764_640.jpg
満願?して下りてきました あとは参道を下り、民俗公園にもどります

CIMG8766_640.jpg
最後に残りすぎ柿をもう一枚

走行40km足らず 歩数15700歩  いい運動になりました
信貴生駒スカイライン沿いにも歩く場所がいっぱいあるようですが、いかんせんスカイラインが二輪禁止になって久しい・・・
矢田丘陵は、子どもの森、矢田寺、民俗公園、松尾寺などにバイクを停めて気軽に歩けるいい場所です 真冬でも楽しめるコースですね 冬は虫も蛇も出ないのでむしろ快適です

麦笑プラスワン 南松の滝

ツーリング
12 /15 2018
記事一覧

東吉野のパン屋さん「麦笑」は今週末と来週末で年内の営業は終わりです
明日は雨が降るようなので、今日が麦笑プラスワンのツーリングです

9時前に出発 いつもの女寄峠越えで野依、広域農道経由で佐倉峠を目指します

CIMG8565_640.jpg
途中の気温は2℃ 着込んできたので寒くはありませんが、いよいよ冬ですね

CIMG8569_640.jpg
いつもの魚見石前 Vストロームで麦笑に来るのは久しぶり

CIMG8570_640.jpg
今日はこれだけ買いました

店主によれば、この近くの七滝八壷も凍るそうです  そんな日はバイクで来れそうにありませんが、御船の滝など、凍っているのをいつか見てみたいものです

県道31号経由で西峠まで走り、R165経由で久々のやまなみロード

CIMG8572_640.jpg
室生寺の駐車場に到着 紅葉シーズンも終わり、がらがらです バイクは200円

ズボンと靴をはきかえて出発 帽子を忘れてきたので、ネックウォーマーを頭からかぶりました  これは意外と温かいです
龍穴神社のほうへ歩き出します

CIMG8576_640.jpg
新しいキャッチフレーズか 秘法とは?


CIMG8577_640.jpg
龍穴神社の横の巨木  なにやら神々しい

CIMG8578_640.jpg
前を通らせていただきます・・・

CIMG8579_640.jpg
曽爾の済浄坊渓谷へ行けるルートです そんなところまで行ったら帰ってくるのが大変ですが

CIMG8580_640.jpg
時折さす陽射しで川面がキラキラ

CIMG8583_640.jpg
1500mほど県道を歩くと橋があり、そこを左折します 済浄坊渓谷への案内に従います

CIMG8584_640.jpg
一級河川宇野川沿いを歩いていきます

CIMG8585_640.jpg
車も人も通りません ちょっと粉雪が・・・

CIMG8586_640.jpg
一度捕獲されているのを見たいものです

CIMG8587_640.jpg
森の中へ入っていきます

CIMG8588_640.jpg
比較的新しい民家が数軒あります 住まわれてはいないようですが、荒れ果ててもいません

CIMG8591_640.jpg
ふかふか落ち葉道

CIMG8592_640.jpg
分岐 右はドウド線という林道 東海自然歩道は直進です

CIMG8597_640.jpg
こんな脇道もあります

CIMG8598_640.jpg
この地図の緑の道だと思いますが、これを行くと鶴ヶ池に行けそうです 鶴ヶ池もかなりのマイナースポットですが・・・


CIMG8600_640.jpg
この橋を渡ったところにも分岐があります  右へ行っても曽爾へは行けそうですが、案内通り直進します

CIMG8605_640.jpg
倒木だらけ


CIMG8607_640.jpg
室生寺から4.1km歩いてきました

CIMG8608_640.jpg
悪い道からまたコンクリ舗装の道へ セローならここまで楽勝でしょう

CIMG8609_640.jpg
この橋を渡らずに右の遊歩道へ入ります 案内がしっかりあり、迷うことはありません

ここが標高535m 室生寺の駐車場より180mほど登ってきました

CIMG8612_640.jpg
石畳 石は滑りやすいので、むしろ落ち葉を踏んで登ります

CIMG8615_640.jpg
はぁはぁ言いながら登るとこの分岐 南松の滝は左へ下りていきます


CIMG8618_640.jpg
道は明瞭です

CIMG8619_640.jpg
南松の滝に到着 下の滝と上の滝があります これは下のほう


CIMG8621_640.jpg
あの目障りな木をどうにかしたいですが・・・


CIMG8625_640.jpg
右岸から回り込んで、上から撮影 こじんまりとした滝壺 水の音も静か

CIMG8627_640.jpg
これが上の滝 こっちのほうが高さがあります 滝壺は浅め

CIMG8637_640.jpg
上下の滝の間の岩盤でお昼ご飯にします


CIMG8638_640.jpg
麦笑のパン 少々おかずも持参しています 飲み物は温かいココア牛乳


CIMG8640_640.jpg
ちょっと疲れたので甘いものが特においしい

ラジオでは「ぼやき川柳」をやっています

この滝はアクセスがよくないせいであまり訪れられていないようですが、夏でもヤブこぎ不要だし、室生寺からちょっとハイキング気分で訪れるのにいいと思います(2時間以内に来れる)

CIMG8641_640.jpg
帰る前にもう一度撮影しておこう

CIMG8643_640.jpg

CIMG8645_640.jpg
里に帰ってきました 

CIMG8646_640.jpg
大量の薪


CIMG8647_640.jpg
屋根がたいへんなことに・・・

CIMG8648_640.jpg
主のない家にも鮮やかな実


帰りに「わくわく宇陀いち」でヤーコンをゲット 名産黄金のごぼうも買いました 大根や白菜も安くていいですね 

南松の滝はもっと行きにくいところかと思っていましたが、誰でも行ける楽勝ルートでした
県道も歩きますが、今日はめったに車が通りませんでした
距離120kmほど 歩数14520歩 標高差200m弱だったのでそんなには疲れませんでした
また別の季節に訪れたい滝でした

麦笑お休みプラスワン 宇陀松山城跡

ツーリング
12 /09 2018
記事一覧

今日は東吉野村のパン屋さん「麦笑」に行く日
なかなか布団から出られず、出発は10時過ぎ 
途中の温度計は3℃とか まぁ、ちょっと寒い感じ

CIMG8464_640.jpg
麦笑に到着しましたが・・・


CIMG8473_640.jpg
あれれ お休みでした 金土日連続のお休みは珍しい 

CIMG8466_640.jpg
お店の前の花でも写して帰りましょう

CIMG8469_640.jpg

CIMG8472_640.jpg
空は雲が多いです

CIMG8474_640.jpg
仕方ない また来週来ましょう

麦笑のパンを昼食にするつもりだったので、今日のお昼を買わなくてはなりません

CIMG8475_640.jpg
ひよしの里マルシェにやってきました

CIMG8477_640.jpg
ヤマザキの食パン、ほうれん草、チーズと明太子のパン、久々の豆大福、そして巻寿司を買いました

CIMG8478_640.jpg
野依までもどって「うだアニマルパーク」に到着 けっこうお客さんが来ています

CIMG8483_640.jpg
ちょっとだけ動物を見ていきましょう

CIMG8484_640.jpg

CIMG8485_640.jpg
置物のごとく動きません

CIMG8490_640.jpg
町のすぐそばにあります

CIMG8493_640.jpg
東南に見えるのは龍門岳かもしれない 登頂済み

寒いので、着替えずにそのまま歩き出します


CIMG8494_640.jpg
宇陀川を渡ります

CIMG8495_640.jpg
カモがたくさん

CIMG8499_640.jpg
アニマルパークの第二駐車場

CIMG8501_640.jpg
途中のお寺にこれから行く松山城(秋山城とも)の城主の碑がありました


CIMG8505_640.jpg
春日神社方面へ


CIMG8507_640.jpg
ここから松山城跡へ行けるのですが・・・

CIMG8508_640.jpg
倒木があるから他の道で行ってくださいとあります

倒木くらいなら・・・と前進・・・

CIMG8510_640.jpg
すてきな里の道


CIMG8513_640.jpg
階段が続きます


CIMG8517_640.jpg
これですね 倒木エリア またいで行けば問題なし


CIMG8518_640.jpg
車道に出ました


CIMG8520_640.jpg
新しく作られたみたいですね

CIMG8521_640.jpg
案内も新しい

CIMG8528_640.jpg
最後のひと登り

CIMG8530_640.jpg
本丸到着 広くて気持ちがいいです


CIMG8531_640.jpg


CIMG8534_640.jpg
360度の景色が楽しめます


CIMG8538_640.jpg


CIMG8541_640.jpg
天守閣のあった高台

CIMG8533_640.jpg
ツタの絡まる木


CIMG8550_640.jpg
お昼ごはんにします ベンチの代わりになる岩がいくつかありました

CIMG8551_640.jpg
最初に巻き寿司


CIMG8552_640.jpg
明太子チーズパン 麦笑のパンに仕込むつもりだったベビーチーズをいっぱい詰めて食べました

合計4人が登ってこられましたが、静かなことこのうえありません・・・遠くでバイクの音は時々しますが・・・


CIMG8553_640.jpg
サクラだと思うんですが、春もいいでしょうね

CIMG8554_640.jpg
なかなか穴場的なスポットだと思いました 次はラーメン持ってこよう

CIMG8555_640.jpg
車道を下りていきます 駐車場もありました

CIMG8558_640.jpg
でも最後は通行止めだったので、まだ一般には開放されていない道かもしれません

CIMG8559_640.jpg
ここに出てきました 正面が道の駅宇陀路大宇陀

古い家屋が続く松山地区を歩いてアニマルパークまで戻ります

CIMG8564_640.jpg
アニマルパークの裏口に到着

麦笑はお休みでしたが、松山城跡はすばらしい景観でした 
城跡には、春日神社からと、松山地区まちづくりセンターの右横の路地からと、ふたつのコースがあります
季節ごとに行きたい場所を見つけました  下の国道との標高差は115mなのにすばらしい展望です
走行87km 歩数およそ10000歩 
またいい運動になりました

春日山原始林

ツーリング
12 /08 2018
記事の一覧

遅く出発してもまあまあ距離が歩けるところ、ということで、若草山から春日山原始林のドライブウェイを歩こうと思います
出発は10時 寒波到来ということですが、走っていて寒くはないレベル
橿原から京奈和に乗り大和郡山からR24
出発が早ければ、県道38号で針まで行き、県道80号で奈良市に入りたかったのですが、時間の都合で最短距離のルートを選択

奈良市内に入ると相変わらずの車の量 ツーリングの走りの楽しさはあまり感じることができません

一条高校で左折し、平城宮跡前を通過してから右折、路地を走って、、、

CIMG8369_640.jpg
横田福栄堂に寄ります

ここでお菓子を買いました 向かいの家で無人販売をしていますので、大根も買いました

東へ直進、狭い道なのに、車がいっぱい 対向車線は長い渋滞の列
転害門前を右折 すぐに左折して奥山ドライブウェイ方面へ
ゲートで370円を払います
明日は「奈良マラソン」ですが、ドライブウェイは全線無料で対面通行できるらしい
ですが、ゲートの係りの人によると混むらしい 通行規制が多く、ドライブウェイは抜け道で使われるらしいです

くねくねの奥山ドライブウェイをセカンドギアで上っていきます

CIMG8370_640.jpg
若草山の駐車場に到着 車は少ない

CIMG8371_640.jpg
福栄堂に買ったお菓子

CIMG8374_640.jpg
キミのために買ったのではない・・・

CIMG8375_640.jpg
ナンモありません・・・えびせんでももってきたらよかった・・・

ズボンと靴をはきかえて出発 もう1時です・・・

CIMG8377_640.jpg
ドリフトするやつがいるのか?

CIMG8380_640.jpg
車も人もほとんど通っていません 自転車がさぁーっと抜いていきました

CIMG8386_640.jpg
この山で最大の山桜 傾きすぎてそのうち倒れませんかね・・・

CIMG8389_640.jpg
赤い大原橋 ここからも鶯の滝へ行けますが、今日は時間の都合でやめます

CIMG8390_640.jpg
駐車場から2キロ地点

CIMG8391_640.jpg
橋のそばに東屋 前に来たときはベンチだけだったが・・・ベンチのない東屋になっていた・・・!?

CIMG8392_640.jpg
これ 相変わらず、コーン、といい音たてています

CIMG8396_640.jpg
この道は紅葉を楽しむところではありません まぁこの程度です

CIMG8399_640.jpg
きれいな山茶花

CIMG8400_640.jpg
芳山の交番所を通過します

CIMG8409_640.jpg
この先は自転車、歩行者は通行禁止です 駐車場から3.5kmの地点


CIMG8411_640.jpg
円城寺方面へ進みます 

今日の目的地は芳山(ほやま)という山なんですが、お昼も食べてないし、駐車場に3時半には帰りたいし、山に登っている時間はなさそうだなぁと思いながら進みます

CIMG8416_640.jpg
石切峠の標識 駐車場から3.9km

CIMG8417_640.jpg
峠の茶屋

茶屋のおじさんが、「生姜湯いらんかね」といいます
まぁ、芳山往復は1時間はかかるみたいなので、今日はこのへんにしとくか、ここでお弁当にしようか、ということで生姜湯をお願いしました・・・

CIMG8418_640.jpg
店前の焚き火 春日山原始林からはずれているので、これはOKか

CIMG8419_640.jpg
サバの味噌煮、煮込みハンバーグ弁当

CIMG8420_640.jpg
生姜湯 もっと熱々がよかったが、飲みやすいといえばそう

CIMG8421_640.jpg

CIMG8422_640.jpg
180年前に建てられたらしい

CIMG8423_640.jpg
なるほど、古民家というか、旅籠というか


CIMG8424_640.jpg


CIMG8425_640.jpg
石油ストーブの番をする二匹のニャンコ

CIMG8430_640.jpg
大村昆のものらしい 

CIMG8434_640.jpg
藤岡弘らしい 彼もバイク乗りですね


CIMG8436_640.jpg
茶屋の先のトイレに寄ります

CIMG8437_640.jpg
トイレの前に神社があります 芳山はここから登るらしい 確認しておこう

CIMG8438_640.jpg


CIMG8441_640.jpg
社の隣に道のようなものがあります これが芳山への道か?

CIMG8443_640.jpg
ちょっと登ると鹿フェンスがあります この道で正解か?

まぁ今日は、ここで引き返します
次回はドライブウェイを経由せずにこの下のトイレまで来て芳山に登ってみよう
ちなみに、芳山は個人所有らしく、登山者のための標識は皆無 「奈良県の山」(山渓)には載っていますが・・・

帰りに茶屋のおじさんにもう一度聞いてみましたが、芳山には神社からではなく、神社の下の道を行くらしい
まぁ、まあ来年ですかね

CIMG8445_640.jpg
神社の下で


ドライブウェイを早足でもどります

CIMG8448_640.jpg
一本の木なのか、二本なのか、ねじれて絡み付いて・・・

CIMG8449_640.jpg


CIMG8453_640.jpg
せっかくなので若草山山頂へ けっこうな人出です

CIMG8455_640.jpg
みな、夕焼けを見に来るのでしょうか


CIMG8456_640.jpg
若草山の開放は明日まで

CIMG8457_640.jpg
角のあるこのコが・・


CIMG8459_640.jpg
私にうしろから頭突きしてきた! 私が何をした?


CIMG8461_640.jpg


CIMG8463_640.jpg
もう日が暮れる 帰ろう!

奈良近鉄駅の前を通り、ストップアンドゴーを繰り返し、R24のジョーシンまで我慢の走行
やっと京奈和に乗り、あとはススッと帰りましたが、すっかり日が暮れてしまっていました
走行70km 歩数13800歩 9kmは歩いたので運動にはなりました ほどんど人にも会いませんでしたし
次回は円城寺から芳山まで歩いて往復してみようかな

麦笑プラスワン 紀ノ川左岸で和歌山市へ

ツーリング
12 /02 2018
今日はいい天気 和歌山市の親戚宅へ麦笑のパンを届けに行きます
朝七時半頃出発 さすがに朝は冷えています
佐倉峠では5℃の表示 GSR-Sはグリップヒーターがついていないので、指先の感覚がなくなります

山沿いの日陰の道を抜けて魚見石のWCへ

CIMG8296_640.jpg
ここは日当たり抜群

麦笑で焼きたてのかおりがほかほかのパンを、適当にみつくろってたくさん買いました 届けるのはハード系のパンです

麦笑から県道16号を経て下市町、三在でR24にのり、上野公園から吉野川左岸へ 県道55号で西進します

CIMG8297_640.jpg
東吉野村 まだ紅葉が楽しめます

CIMG8298_640.jpg


CIMG8299_640.jpg


CIMG8301_640.jpg


CIMG8306_640.jpg
R370沿いの美樹

CIMG8308_640.jpg


CIMG8311_640.jpg
阪合部橋より 見えているのは音羽三山かも

休憩は九度山の道の駅  大河ドラマは終わりましたが、それに関係なく、ここは道の駅そのものに人気があるようです
駐車場がいっぱいでした 

CIMG8316_640.jpg
道の駅内で

CIMG8319_640.jpg


CIMG8320_640.jpg


CIMG8322_640.jpg


県道13号を走っていると、前方左に大きなイチョウが見えたので、行ってみます 多分、訪れたことのある神社のやつだろうと思っていたらそうでした

CIMG8325_640.jpg
丹生酒殿神社のイチョウ まだ葉がいっぱいついています

CIMG8328_640.jpg
店も出て、境内ではイベントをやっています

CIMG8324_640.jpg
私が着いた時は琴の演奏中でした 町内総出の催しのようですね

CIMG8330_640.jpg


CIMG8334_640.jpg

CIMG8335_640.jpg
ここからは高野参詣道の三谷坂を歩くことができます 丹生都比売神社まで行ってみたいですね

CIMG8346_640.jpg
柑橘とイチョウ

CIMG8348_640.jpg
厳島橋 渡ったところに厳島神社があります

CIMG8349_640.jpg


CIMG8352_640.jpg

CIMG8354_640.jpg
ここは一応山で、船岡山 標高57.3m 登りませんでした・・・

その後、和歌山市に入り、ちょっと道を間違えてウロウロ、適当に方向を考えながら走っていたらR24の紀伊大橋のたもとに出られました そこには白バイが待機されておりました 和歌山パイバスはゆっくり走りましょう

親戚にパンを届け、昼食をいただいて帰路へ

岩出根来から紀ノ川広域農道に入ります  県道7号ではシートベルト取締り中でした 
ついでなので根来寺に寄ります

CIMG8360_640.jpg
駐車場は満車に近い


CIMG8358_640.jpg
ベスト時期は過ぎたかもしれませんが、それでもなおきれいです

CIMG8363_640.jpg


CIMG8366_640.jpg


CIMG8368_640.jpg
柿の茶屋で休憩 17個で800円の柿を購入 味はどうでしょうか 今シーズンラストの柿かな

橋本から京奈和で帰りました  
いい天気で久々に距離を走りました たった218kmですが・・・
これから寒くなりますが、「晴れたらツーリング」です!次回の麦笑プラスワンは・・・龍門滝かな?

岩湧山 再訪

車で遠足
12 /01 2018
記事一覧

今日は知人の車に乗せてもらい、岩湧山に登ります
今年10月3日に登りましたが、晩秋の今はどうなっているでしょうか

R371から青葉台を経て県道221号を南下し、1番の駐車場に到着
まだ9時にもなっていません


P1180940_640.jpg
まだ駐車の車は少ないです

岩湧寺へ向けて登ります

P1180942_640.jpg
まだ紅葉を楽しめます

P1180943_640.jpg


P1180945_640.jpg
岩湧寺にて

P1180946_640.jpg
登山口 今日も「きゅうざかの道」で登ります

P1180947_640.jpg
すぐにハァハァとなります

P1180948_640.jpg
100mごとに標識があるので、ボクシングのように、ひとつ行っては1分休憩します 13ラウンドですが・・・

P1180949_640.jpg
あたり一面ふかふか落ち葉です

P1180950_640.jpg
ほどなくして、ダイアモンドトレールに出ました

P1180952_640.jpg
頂上へ まだススキがきれいです

P1180953_640.jpg


P1180954_640.jpg


P1180955_640.jpg
頂上 897m 岩湧寺から400mほど登ってきました


P1180959_640.jpg
雲が多く、展望はかすんでいます

風が少しあり、ちょっと寒く感じます こういうときは温かいものが食べたいですね

P1180960_640.jpg
ミニですが、おいしいソバ

P1180961_640.jpg
好物のサバの味噌煮もあります

食事をしていると、あっちから、こっちから、どんどん登山者が到着
30人くらいになりました 年間通じて人気の山のようです

P1180962_640.jpg
滝畑ダム方面

天気は回復途上で、なかなか展望はよくなりません PLの塔はかろうじて見えました
1時間ほどゆっくりして下山開始 五ツ辻方面へ歩き、今回は「いわわきの道」を選択

P1180966_640.jpg
途中、展望デッキがありました


P1180965_640.jpg
紅葉がなかなか



P1180969_640.jpg
登山口に下りてきました 下山は1時間10分ほどかかりました

P1180970_640.jpg
このへんでお弁当もいい感じ 

P1180971_640.jpg


P1180973_640.jpg

人気の山は安心安全、トイレも完備、できれば夜景を見に登りたいと思っていますが、バイクでは無理か・・・
歩数17580歩 電車も利用したので、山道だけだと12000歩くらいかも いい運動になりました

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?