フカタワから後古光山

ツーリング
11 /27 2018
記事一覧

曽爾村の古光山(こごやま)と後古光山(うしろこごやま)の間の鞍部をフカタワといいます
そこから古光山へ登るにも、後古光山へ登るにも、ロープだらけの急坂をよじ登らなければなりません

前回はフカタワから古光山に登りました(10月30日) 高所が苦手な私は、下を見ずにロープをしっかりつかんで何とか登りましたが、腕がけっこう疲れました

今日はフカタワから後古光山へ登ろうと思います

9時を過ぎて出発 内牧からR369に出て一気に曽爾高原駐車場に

CIMG8219_640.jpg
平日でも車はすでに何台か駐車されています

CIMG8223_640.jpg
まずまずのお天気

ズボンと靴をはきかえて出発

CIMG8225_640.jpg
ススキが陽の光をあびてきれいです

CIMG8226_640.jpg
長尾峠方面へ少し行き、すぐ右折、林道に入ります

CIMG8231_640.jpg
檻の手前にもエサがまかれています 檻へとイノシシをおびき寄せようとしているようです

CIMG8233_640.jpg
林道から山道に入ります

CIMG8235_640.jpg
障害物が道をふさいでいますが、踏み跡はだいたいわかります

CIMG8237_640.jpg
フカタワに到着 陽光で明るいところです  ここで左折して後古光山まで300mの激坂

CIMG8241_640.jpg
あっちのほうです

CIMG8243_640.jpg
かろうじて紅葉ひとつありました

CIMG8245_640.jpg
黄色いのも


CIMG8246_640.jpg
そろそろ激坂のはじまり

CIMG8248_640.jpg
ロープだらけ

CIMG8250_640.jpg
今日は滑りやすくもなく、しっかりロープをつかんでいれば大丈夫です

CIMG8253_640.jpg
ラジオで「メロンパンの歌」を聴きながら登っています かわいい歌です

CIMG8255_640.jpg
振り向くと古光山が向かいに見えています

CIMG8260_640.jpg
激坂ゾーン終了 ここは楽勝

CIMG8261_640.jpg
もうすぐ山頂

CIMG8262_640.jpg
後古光山到着 862m フカタワから一気に130m登ってきました


CIMG8267_640.jpg
大洞山と尼が岳

CIMG8268_640.jpg
みつえ牧場も真下に

CIMG8271_640.jpg
スパゲティ 野菜炒め 麦笑のパン 温かいココアもあります

山々を見ながらゆっくりいただきます  誰も登ってきませんね今日は・・・貸切です

CIMG8272_640.jpg
麦笑のチーズパン!

CIMG8273_640.jpg
古光山のずっと向こうの山は、方角からすれば高見山です

CIMG8276_640.jpg
反対側への下りは楽勝 きつい階段には新しいクサリがあります

CIMG8278_640.jpg
亀山と倶留尊山が見えています

CIMG8283_640.jpg
のどかです・・・

CIMG8284_640.jpg
方角からすれば三峰山でしょうか

CIMG8286_640.jpg
最後の数百段の階段には倒木が数本

CIMG8287_640.jpg
ノコギリで切ったら怒られる?感謝される? 将来、ボランティアで倒木バスターになろうかな?

CIMG8291_640.jpg
車道 長尾峠に下りてきました 駐車場までは10分

CIMG8294_640.jpg
帰途、みつえ牧場で

CIMG8295_640.jpg
・・・・・・

フカタワから後古光山_640
今日のルート

これで残すは、後古光山からフカタワへ下りるという部分だけ これは来年においておこう
危険といえば危険なフカタワからの登り、膝をつく場面もありましたが、膝プロテクターしていましたからノープロブレムでした
ここを登れるうちはボケてない証拠・・・・

走行111km  歩数8500歩くらい 駐車料金200円  駐車場には車はいっぱいだったのに、お山は誰も登ってなさそうな曽爾村の一日でした
スポンサーサイト



麦笑プラスワン&ワン 萩原 鳥見霊畤

ツーリング
11 /25 2018
記事一覧

今日は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ行って、近くでハイキングする麦笑プラスワンの日
8時過ぎに出発 いつものコースをゆっくり走り、魚見石のWCへ

CIMG8089_640.jpg
ここで、30年も東吉野の大又へ水を汲みに来ているという方と立ち話 麦笑にも何度か行ったことがあるそうです

CIMG8091_640.jpg
麦笑 今日は2000円近く購入 また柑橘入りのパンをゲットできました

ここから国道166号に出て、新木津トンネルの手前で右に入ります

CIMG8092_640.jpg
左がR166

CIMG8093_640.jpg
木津隧道

CIMG8096_640.jpg
トンネルを抜けたところから高見山がきれいに見えます

CIMG8103_640.jpg
公衆電話がまだあります


CIMG8102_640.jpg
今日の目的地一覧

CIMG8104_640.jpg
松本 奎堂戦士の地の表示があったので激坂をローで上って行きました

CIMG8107_640.jpg
これからも激坂で、苔もはえているので、リスクを避けてここから歩きます

CIMG8116_640.jpg
案内はきちんとあります

CIMG8118_640.jpg
振り返るそこにそびえる高見山

CIMG8121_640.jpg
歩いてきて正解 いい感じ

CIMG8125_640.jpg
到着 石碑があります

CIMG8126_640.jpg
この山の中で、追う者と追われる者が・・・そんなに遠い過去ではない

CIMG8135_640.jpg
周りは柵で囲われています


CIMG8141_640.jpg
激坂を降りてまた元へ戻ります これは伊豆尾の集落か

CIMG8142_640.jpg


CIMG8143_640.jpg


CIMG8145_640.jpg
明光寺の下の道端に駐車 ここからハイキングです

CIMG8147_640.jpg
気配を感じて振り向いたら・・・

CIMG8149_640.jpg
おとなしそうな犬だが、首輪はありません おなかが減ってそう・・・


とりあえずズボンと靴をはきかえて出発


CIMG8154_640.jpg
登っていきます

CIMG8155_640.jpg
麦笑の塩パンを少しあげたらついてきます

CIMG8160_640.jpg


CIMG8162_640.jpg
はぁはぁ言いながらついてくる


CIMG8164_640.jpg
ひどい道もがんばっている

CIMG8167_640.jpg
神武桜?

CIMG8168_640.jpg
これかな?まだ咲くのだろうか


CIMG8171_640.jpg
ワンちゃん、まだまだついてきますよ

CIMG8172_640.jpg
子安地蔵まで来ました ここは今年2月18日にひよしの里マルシェの近くから近畿自然歩道を歩いて登ってきた場所です

地理がつながりました  

CIMG8173_640.jpg
まだ行くの~?


CIMG8175_640.jpg
左折して林道を歩きます

CIMG8178_640.jpg
T字路の分岐 バイクでもここへは来れますね

CIMG8182_640.jpg
元気だ 先導してくれている 土地勘があるのだろうか?

CIMG8183_640.jpg
こんなところに洗濯機を捨ててはいけません

CIMG8185_640.jpg
ワンちゃん かなり前へ

CIMG8186_640.jpg
何の案内もなく、いきなり展望台が登場 立派な作りです

CIMG8187_640.jpg
上ってみると・・・昔は高見山が見えていたみたい 今は樹木が茂り展望はありません

CIMG8191_640.jpg
望遠鏡も使えますが、何せ展望がないので・・・


CIMG8193_640.jpg
展望台の二階のベンチでお昼にします ベーコンチーズですね  ワンちゃんは上がってきませんが・・・

CIMG8195_640.jpg
定番のそぼろパン

CIMG8194_640.jpg
上向けばあるあるここにもハチの巣が 空き家のようです

食べ残しを作り、ワンちゃんにあげようと思ったのに、いなくなってしまいました・・・

CIMG8197_640.jpg
落ち葉に埋もれた階段がありました

CIMG8200_640.jpg
ここが鳥見霊畤なんですね トイレもありました 


CIMG8201_640.jpg


CIMG8205_640.jpg
山口誓子の句碑もありました 「日の神が青嶺の平照らします」

CIMG8208_640.jpg
ちょっとした広場になっていて、お弁当を食べるベンチもあります  超マイナースポットですがいいところです

ワンちゃん~と声を出しながらもどります  

CIMG8209_640.jpg


CIMG8210_640.jpg
どちらもいい感じですねー

CIMG8215_640.jpg
戻ってきました

ワンちゃんが心配になったので、バイクで鳥見霊畤まで行くことにしました

CIMG8216_640.jpg
T字分岐で

CIMG8217_640.jpg
鳥見霊畤で
 
どこにもいません・・・

子安地蔵の先までも行ってみましたが、見つかりませんでした・・・
かわいい犬だったのになぁ、 もう少しパンをあげていたらよかったなぁ・・・

走行100km少し、歩数9000歩余りでした
今回ホントの「麦笑プラス ワン!」でした・・・

平等院を見下ろす朝日山

ツーリング
11 /24 2018
記事一覧

有名な宇治の平等院の東側に朝日山と仏徳山という120mそこそこの低い山があります
付近には東海自然歩道もあるらしく、紅葉は盛りを過ぎているかもしれませんが、歩いてみたいと思います

結構冷え込んだ朝、8時過ぎに出発 橿原北より京奈和に乗り、郡山までは快調でしたが・・・
8時を過ぎると交通量がものすごく、R24で奈良市を抜けるのがたいへんです
車が流れても、前がダンプカーだったりして、排気ガスを浴びながら、遠回りすればよかったなぁと後悔しつつ、なんとか山城大橋東詰めまで
R307もトラックが多く、忍耐の走り    府道62号は工事中の信号で何度もストップ、平等院まで快走できずに到着


CIMG7949_640.jpg
平等院前の商店の駐車場 300円

CIMG7951_640.jpg
バスがいっぱい 中国語圏の人が多そう

靴とズボンをはきかえて出発

CIMG7952_640.jpg
とりあえず喜撰橋を渡ります

CIMG7955_640.jpg
念仏か何かを唱えながら、御札?を川に投げている人がいます

CIMG7957_640.jpg
鵜飼いの船

CIMG7964_640.jpg
塔ノ島の十三重の塔 立派です

CIMG7960_640.jpg
宇治川の流れはけっこう速い

CIMG7967_640.jpg
まだまだ紅葉はいけてます

CIMG7968_640.jpg


CIMG7972_640.jpg
平等院には寄らずに、宇治川を天ヶ瀬ダム方面へ歩いていきます

CIMG7973_640.jpg
対岸

CIMG7975_640.jpg

CIMG7976_640.jpg

CIMG7977_640.jpg


CIMG7981_640.jpg


CIMG7984_640.jpg
吊橋を渡ります

CIMG7986_640.jpg
あっちは車道の橋の白虹橋

CIMG7989_640.jpg
渡ったところが紅葉スポット

CIMG7990_640.jpg


CIMG7993_640.jpg
面白い形の白虹橋(はっこうばし)

CIMG7996_640.jpg
天ヶ瀬ダム

志津川方面へ歩いていきます


CIMG7998_640.jpg
豊富な水量の志津川

CIMG8000_640.jpg


CIMG8005_640.jpg
残り柿と茶畑

CIMG8008_640.jpg
高さ3mはあろうかという花 何でしょう? 調べてみたら「皇帝ダリア」ではないかと・・・木でもないのにすごく高くなるそうです


CIMG8011_640.jpg
ここを左に上がると朝日山への山道

CIMG8014_640.jpg
猪ゲートを抜けて歩いていきます 登りです

CIMG8016_640.jpg
いい感じ 

CIMG8017_640.jpg
誰にも会いません

CIMG8024_640.jpg
ここを登りきると朝日山


CIMG8026_640.jpg
山頂のケルン  


CIMG8028_640.jpg
朝日山観音様

CIMG8029_640.jpg
五重石塔

CIMG8032_640.jpg
ベンチのある展望台 お弁当に最適!


CIMG8033_640.jpg
平等院を見下ろせますねー

CIMG8037_640.jpg


CIMG8038_640.jpg
この写真ではムリですが、オリジナルの画質では愛車のタンクの上のヘルメットが確認できました


CIMG8040_640.jpg
平等院・・・昔訪れたような気がしますが・・・

CIMG8041_640.jpg
お弁当 サバの味噌煮、豚肉、鶏肉、ごはんは仏隆寺で買った古代米で炊いた赤飯ふう おいしいです


CIMG8043_640.jpg
食後、九十九折の坂を下りていきます

CIMG8046_640.jpg
下りて、階段を登ると仏徳山 130mくらいです 展望はありません

仏徳山周辺は観光客も多いです みなさん宇治上神社にお参りしてからこの山まで登ってこられる様子
ですが、朝日山まで歩く人はほとんどいないようです


CIMG8048_640.jpg
仏徳山山頂よりすぐ下の展望台より


CIMG8052_640.jpg
紅葉を撮影しながら下山します

CIMG8055_640.jpg


CIMG8056_640.jpg


CIMG8057_640.jpg


CIMG8064_640.jpg


CIMG8067_640.jpg


CIMG8068_640.jpg
宇治上神社の駐車場の案内 当初、ここを利用する案もあったのですが、利用しなくてよかった・・・

CIMG8069_640.jpg

CIMG8070_640.jpg
宇治上神社は人でいっぱい 人をいれずに鳥居の上だけ撮影

CIMG8074_640.jpg
宇治神社の建物 参拝には行列ができていました

CIMG8075_640.jpg
この橋で対岸へ戻ります

CIMG8077_640.jpg
水際を散策できるのがいいですね


CIMG8085_640.jpg
ウです 鵜飼いに活躍するウミウ  賢そうな顔

3時間半のハイキングでした  このあたりでは天ヶ瀬森林公園をぐるっと回るコースも可能で、また春になったら来ようと思います
大変なのは帰路で・・・信楽経由で名阪で帰ればよかったのですが・・・来た道を帰りました ほとんど渋滞でした・・・
(わたしはすり抜けも路側帯走行もしないし・・・) 井手町のあたりから京奈和に乗るまで、排ガス浴びまくりでした
もう国道24号線は、早朝以外、利用しないことを決心したのであります・・・

走行108km 歩数11450歩  お手軽ハイキングでした  平等院に寄ってません・・・

岩倉峡公園~やぶっちゃ ハイキング

ツーリング
11 /21 2018
今日は軽く歩いてみたい
伊賀市の岩倉峡公園は二度ほど行っていますが、木津川沿いにやぶっちゃ方面へ続いている遊歩道は歩いたことがないので、今日は紅葉を期待して歩きたいと思います

ちょっと暖かくなるのを待って9時45分に出発
西名阪経由で名阪国道を大内ICまで走ります
北上し、R163を横切り、コリドール方面へ行かずに直進して橋を渡って左折すれば岩倉峡公園です


CIMG7837_640.jpg
駐車場に到着 数台の車が先着

靴とズボンをはきかえて出発

CIMG7838_640.jpg
木津川沿いに歩きます 今日は「体験学習の丘」はやめ

CIMG7839_640.jpg
丘の上はキャンプ場 一度利用したいですね

CIMG7843_640.jpg
川の音がけっこうします

CIMG7847_640.jpg
早速の紅葉 上は吊橋

CIMG7848_640.jpg
体験学習の丘へ行くにはこの吊橋を渡ります 橋の下にスズメバチがよく巣を作るとか

CIMG7852_640.jpg


CIMG7853_640.jpg
遊歩道 ほぼ貸切

CIMG7860_640.jpg


CIMG7862_640.jpg
侵食を受けた大岩があちこちに

CIMG7865_640.jpg
岩と紅葉

CIMG7866_640.jpg
清流ではないですがいい感じ

CIMG7870_640.jpg


CIMG7871_640.jpg


CIMG7874_640.jpg


CIMG7875_640.jpg


CIMG7876_640.jpg
いや、なかなかいいですねこの遊歩道 穴場的かも

CIMG7877_640.jpg


CIMG7881_640.jpg

CIMG7882_640.jpg

CIMG7883_640.jpg

CIMG7884_640.jpg

CIMG7885_640.jpg

CIMG7886_640.jpg

CIMG7888_640.jpg
ちょっと河原に下りてみました こんなところでお弁当もいいですね

CIMG7891_640.jpg
旧岩倉発電所跡地のあたり 竹林になっています 遺構はほとんどなにもありません

CIMG7892_640.jpg
昭和28年まで小さな発電所があったそうです 


CIMG7894_640.jpg
遊歩道はそのときの水路を利用しています

CIMG7896_640.jpg
この竹 ベンチの下からはえて、ぐるっと曲がってまた真上に伸びています 竹ってそんな成長するんですねー

CIMG7898_640.jpg
水路から水を落とすところ この下に発電施設があったようです

CIMG7902_640.jpg
向こうの方にやぶっちゃの屋根が見えてきました


CIMG7903_640.jpg
落ち葉だらけの遊歩道を独占

CIMG7909_640.jpg
田圃に出てきました

CIMG7913_640.jpg
のどかです 天気もいい


CIMG7915_640.jpg
関西本線です 車両は一両か二両でした


CIMG7917_640.jpg
やぶっちゃの入り口に到着

CIMG7919_640.jpg
関西本線は単線

やぶっちゃの温泉に入ると見せかけてUターン

CIMG7925_640.jpg
帰路、ベンチにてお弁当にします

CIMG7926_640.jpg
麦笑の柑橘類入りのパンとチーズとオムレツ このパン、外はハードですが、中はしっとり チーズにも合います

川の音が大きいのでラジオはやめて、パンの味をしっかり味わいました

CIMG7927_640.jpg
水路の遊歩道を帰ります

CIMG7928_640.jpg
こんな感じで発電所がありました

CIMG7934_640.jpg

CIMG7935_640.jpg
吊橋が見えてきました

CIMG7936_640.jpg
まだ9000歩に満たなかったので、もう少し先、走ってきた車道の下にも遊歩道があるので、駐車場を通り過ぎて歩きます

CIMG7938_640.jpg
倒れている木に桜?が咲いていました

CIMG7941_640.jpg
この先で遊歩道は終わり Uターンします

夏は賑わうのでしょう 藪の中にゴミがいっぱい捨てられています・・・

CIMG7944_640.jpg
最後に 愛車と紅葉

3時前に帰路につきました 針ICからサンパチ県道を利用 貸切で、50kmくらいで走っていても楽しい道です
もう紅葉も終わりでしょうか 今年はまずまず穴場で楽しめたと思います
走行133km 歩数10772歩 アップダウンはあまりなかったですが、運動にはなりました
次回はやぶっちゃから歩いてみたいです そのときこそ温泉に・・・

麦笑プラスワン 三郎ヶ岳周回

ツーリング
11 /18 2018
記事一覧

今日は東吉野のパン屋さん「麦笑」へ行く日  プラスどこへ行くかですが、曽爾村の済浄坊の滝を考えていました しかし、最新のヤマレコをチェックしていると、済浄坊渓谷は立ち入り禁止みたい 
ということで、予定変更 宇陀市の千年桜で有名?な仏隆寺から三郎ヶ岳(879m)に登ろうと思います 仏隆寺から2時間ちょっとで登れるらしく、ピストンすれば余裕で明るいうちに帰れるなと思い、8時前に出発

DSCF1017_640.jpg
麦笑の前 まだユリが残っていました

内牧まで走り、榛原方面へ少し走れば仏隆寺の案内看板があります 坂をどんどん登っていけば仏隆寺の駐車場

DSCF1018_640.jpg
一番乗りではありませんでした

DSCF1023_640.jpg
趣のある東屋

ズボンと靴をはきかえて10時すぎに出発

DSCF1027_640.jpg
緑と黄色のコントラストが美しい

DSCF1031_640.jpg
左へ行けば赤埴(あかばね)カトラ林道で、室生寺までいけます 三郎ヶ岳へは右へ行きます

DSCF1038_640.jpg
道すがら紅葉を楽しみます 

DSCF1039_640.jpg
のどかです 

DSCF1047_640.jpg
池 バイクで通ったことのある道を歩いています

DSCF1050_640.jpg
登山口に到着しました  

DSCF1052_640.jpg
最初は楽勝の道

DSCF1056_640.jpg
クサリのあるところを頑張って登れば

CIMG7758_640.jpg
高城山(たかきやま)という811m峰に到着 こっちは榛原だろうか

CIMG7759_640.jpg

北東へ下り、三郎ヶ岳へ向かいます

CIMG7764_640.jpg
低いヤブこぎ

高城山は811m、三郎ヶ岳は879mで、あまり差はないですが、途中はけっこうアップダウンがあります

CIMG7768_640.jpg
露岩のところ


CIMG7769_640.jpg
三角の無名のピーク

CIMG7770_640.jpg
かなりの急坂

CIMG7772_640.jpg
最後はロープつき

CIMG7774_640.jpg
やっと山頂 思ったよりハードな道のりでした 山歩きというより、ちゃんとした登山になりました


CIMG7778_640.jpg
270度くらい展望がききます

CIMG7781_640.jpg


CIMG7784_640.jpg
12時も過ぎています お弁当にしましょう 麦笑のチョコパン! カフェラテにちょっとつけていただきます


CIMG7785_640.jpg
麦笑のチーズフランス! 相変わらずのおいしさ

山頂は後続の男女ペアとお隣同士となりました


CIMG7786_640.jpg
締めは「出前一丁」

ところが箸を忘れてきました! 仕方ないので歯ブラシの柄で食べました・・・

CIMG7788_640.jpg
風もなく、実にのどかな山頂です

予定ではここでUターンでしたが、このまま進み、石割峠に出て、伊勢本街道を歩いて帰るという周回コースもあります
ここまでの道が結構アップダウンがあり、もう一度歩きたい気がしなかったのと、隣の男女ペアも周回コースを行くらしいので、私もそうすることにしました


CIMG7790_640.jpg
石割峠まで800m  

クサリのある急坂を下りていきます 

CIMG7793_640.jpg
途中、磨崖仏がありました

CIMG7795_640.jpg
鞍部にある建物


CIMG7797_640.jpg
明開寺奥の院もありました ここに来るのは大変そう

CIMG7798_640.jpg
血原橋という地名を知りません・・・下調べ不足


CIMG7799_640.jpg
諸木野方面へ行きます


CIMG7803_640.jpg
青いテープが導いてくれていましたが・・・

とんでもない道にテープが延々と続いています 仕方なく進むのですが、ひどい道です

CIMG7806_640.jpg
ヤブをもぐって泳いで進む感じです これは本当に道なのか?

CIMG7808_640.jpg
崖の上まで青いテープがついていました 最後のテープから転げるようにして下りると伊勢本街道でした

CIMG7812_640.jpg
ちゃんと石割峠の標識もありました

しかし、一応本に載っているコースなので、今の道はちょっと違うだろう?と思いつつ、西へ進みます

CIMG7816_640.jpg
するとこの標識があり、後続の男女ペアはここへ降りてきていました 彼らも道がおかしいなと思い、引き返して、ここへ通じる道を見つけたそうです・・・そんな道あったかなぁ・・・?

と思っていたら年配者の団体がまた下りてこられました・・・う~ん、分岐はどこだったのか?またチャレンジ?

まぁとにかく、伊勢本街道に出れば、あとは愛宕神社まで歩き、そこからはバイクでも通ったことのある舗装路です

CIMG7818_640.jpg
愛宕神社 二年ぶりかな


CIMG7820_640.jpg

CIMG7821_640.jpg


CIMG7823_640.jpg

CIMG7824_640.jpg
左へ

CIMG7829_640.jpg
100年くらい変化のない風景かも

CIMG7834_640.jpg
午前とは少し光線の具合が違います

CIMG7835_640.jpg
仏隆寺に帰ってきました

走行100kmくらい 歩数15800歩 麦笑プラスワンとしてはなかなかハードな一日でした 帰りも日没後になりました
三郎ヶ岳はなかなかいい山だと思いました 関西百名山のひとつらしいです 
今日は下りで、テープがなければ絶対道迷いするルートを通りましたが、ルートファインディングをしっかりすることと、下調べはもう少し念入りにと思いました またひとつ奈良県の山を登れてよかったです

燈明岳 串柿の里ウォーク

ツーリング
11 /14 2018
記事一覧

微妙な天気ですが、降らないことを祈って出発は7時前
和歌山県かつらぎ町の串柿の里周辺を歩こうと思います
堀越観音に駐車して、まずは県境にある燈明岳に登り、林道を歩いて七越峠、それから串柿の里へ下ろうという計画
12km以上の山歩きになる予定

時間短縮のために京奈和を利用 橋本ICで下り、紀ノ川広域農道へ
柿の木茶屋を過ぎたところで右折、県道61号を上っていきます この道は久々です

P1180758_640.jpg
収穫を終えた柿畑

P1180761_640.jpg
もう少し天気がよければ・・・

P1180765_640.jpg
久しぶりの蔵王峠 ここから大阪へ走ったことがないのでいつかは走りたいです

P1180768_640.jpg
葛城蔵王権現社

P1180774_640.jpg
堀越観音の駐車場に到着 観光客はいなさそうです

P1180776_640.jpg
空き家だらけの道を少しもどれば、きれいなWCがあります

P1180782_640.jpg
WCの横に燈明岳・展望台への山道の入り口があります

P1180784_640.jpg
今日も紅葉が楽しめます

P1180785_640.jpg

P1180786_640.jpg

P1180790_640.jpg
きれいな道ではありませんが、土の道なので歩きやすい

P1180791_640.jpg
今年設置したばかりの案内標識 

P1180797_640.jpg
林道に合流

P1180798_640.jpg
すぐ燈明岳への上り口があります

P1180799_640.jpg
一分で展望台があります 天気もよくないし、眺望もあまりききません

P1180801_640.jpg
紅葉はよし 展望台の一階はベンチがありお弁当スポットです

P1180805_640.jpg
燈明岳到着  857m 堀越観音から200mちょっと登ってきました

P1180811_640.jpg
林道まで下りて、ふかふかの道を歩きます 今日もお山は貸切かな?

P1180815_640.jpg
三国山には行きませんが、七越峠は同じ方向なのでこの案内に従います

P1180816_640.jpg
林道ですが、一般車は入れません 倒木も多いです

P1180821_640.jpg
分岐も多いですが、基本、一番広い道が七越峠への道です

P1180841_640.jpg
アップダウンを繰り返す道にときどき紅葉が

P1180843_640.jpg

P1180846_640.jpg
やっと七越峠に到着

P1180851_640.jpg
トイレが崩壊状態 近づきたくもない・・・

P1180858_640.jpg
お茶処があった記念碑の前でお弁当にします 

P1180859_640.jpg
炊き込みご飯と茄子の炒め物

三国山への道は車道ですが、だれも通りません ここまでハイカー一人とすれ違っただけです

食べてすぐ出発 ここから堀越観音まで6kmくらいあります 最初は下りですが、後半はまた200m以上登ることになります

P1180865_640.jpg

P1180867_640.jpg
串柿の柿の皮を捨てているのでしょう

P1180872_640.jpg
集落に下りてきました 規模の大きな串柿干し場

P1180875_640.jpg
道路沿いにも

P1180883_640.jpg
定福寺に到着 WCあり

P1180884_640.jpg

P1180885_640.jpg

P1180886_640.jpg

P1180887_640.jpg

P1180888_640.jpg

柿をせっせとむいている最中の方もおられました

P1180897_640.jpg
くるみ谷もみじ公園を通ります


P1180901_640.jpg

P1180904_640.jpg
この辺はサクラもきれいそうです

P1180915_640.jpg
ここから上りです


P1180918_640.jpg
雨が降ってきました・・・ カッパはもってきていないので、とりあえずウィンドブレーカー予備も着ます


P1180921_640.jpg
景色はいいんですが、寒くなってきました たいした雨ではありませんが、じわじわと濡れていきます

P1180925_640.jpg
堀越観音が見えてきました かなり大きな一周の完成です


P1180930_640.jpg
観音さん前の紅葉


P1180934_640.jpg
大銀杏 20年に一度剪定するそうで、枝ぶりはそのため短め

P1180935_640.jpg
樹齢500年のサザンカの老木

P1180938_640.jpg
あんなのを私もかぶりたかった・・・

軒先で着替え、上着は全部着て出発 柿の茶屋で柿とみかんを購入
橋本から京奈和で帰りました 橿原に近づくと道路は完全ドライでした・・・

走行距離は多分100kmくらい 歩数は20000歩越えです 
串柿の里はかつてはもっと生産していたんだろうと思います 使われていない干し場がたくさんありました
ピークのときはカメラを持った人がたくさん集まるとか・・・ 今日は誰も見かけませんでした
一歩60cmとして、12kmはたっぷり歩きました 計画通り歩けてよかったです 天気以外は・・・

信楽ウォーク 愛宕山 小川城址

ツーリング
11 /11 2018
信楽というと窯元巡り以外はあまり思いつかなかったのですが、愛宕山や小川城址を歩いて訪ねている記事があったので、それを参考にして信楽ウォークに出かけようと思います

8時前に出発 今日はETCカードをセットして、橿原から京奈和に乗り、西名阪経由で名阪国道に乗ります
下道で天理東ICまで行くよりさすがに早かったです

大内ICで下り、コリドールで北上、R422経由で信楽駅手前の無料駐車場へ

CIMG7594_640.jpg
広い無料の駐車場 バイク専用スペースはありません トイレ有り

ズボンと靴を履き替えて出発

CIMG7595_640.jpg
橋をわたって突き当りが信楽駅

CIMG7597_640.jpg
信楽高原バスのボンネットバス 帰りはバスを利用するかもしれません

CIMG7600_640.jpg
駅の巨大タヌキさん

CIMG7605_640.jpg
愛宕山は駅のすぐそばにあります 上に陶器神社があります 標高369m 駅は284m

CIMG7607_640.jpg
参道に到着 紅葉が期待できそう

CIMG7609_640.jpg
こりゃこりゃ

CIMG7610_640.jpg


CIMG7614_640.jpg


CIMG7615_640.jpg


CIMG7616_640.jpg
きれいだなぁ

CIMG7619_640.jpg


CIMG7620_640.jpg
まだまだ

CIMG7621_640.jpg


CIMG7622_640.jpg


CIMG7626_640.jpg


CIMG7627_640.jpg


CIMG7629_640.jpg
堪能しました

CIMG7633_640.jpg
急階段あります

CIMG7637_640.jpg
陶器神社で一礼

CIMG7644_640.jpg
山道で下れそうです

CIMG7646_640.jpg
信楽の町並み


CIMG7647_640.jpg
下りに道にも紅葉が

CIMG7649_640.jpg
見ごろ

CIMG7651_640.jpg


CIMG7653_640.jpg
燃えている

CIMG7663_640.jpg
山道を下りてきたら国道の長野交差点に出てきました

信楽小学校方面へ曲がり、小学校、中学校、高校の前を通ります

CIMG7669_640.jpg
信楽高校 大きいですが生徒数は?

CIMG7674_640.jpg
ススキの田圃

CIMG7677_640.jpg
陽を浴びてきらきら光る川

CIMG7680_640.jpg
法蔵寺の前を通ります  前に広い駐車場があります


CIMG7687_640.jpg
山田牧場の入り口 入場料は要らないようです


CIMG7692_640.jpg
ダチョウさんがいました とてもおとなしいです

CIMG7697_640.jpg
やっと小川城址の入り口 2時間以上歩きっぱなしです

CIMG7702_640.jpg
最初は林道

CIMG7707_640.jpg
城址手前はすてきな道

城址入り口より120m標高をかせぎます

CIMG7711_640.jpg
紅葉が出迎えてくれます

CIMG7715_640.jpg


CIMG7719_640.jpg
北側の展望が開けています 山の名前はわかりませんが

CIMG7726_640.jpg
結構広い城跡です

CIMG7725_640.jpg
あそこでお弁当にします

CIMG7728_640.jpg
麦笑のパンとラーメンをもってきました

CIMG7729_640.jpg
麦笑のそぼろパンと絶景

CIMG7731_640.jpg
サクラの季節もよさそうです

CIMG7736_640.jpg
東屋もあります


CIMG7737_640.jpg
小川城跡の歌 一番を歌っておきました

下山しようと思ったら、カメラマンと20人くらいの団体さんが登ってこられました 甲賀市の何かのイベントのようでした

CIMG7744_640.jpg
下山して、これが県道138号にある小川城跡の案内

CIMG7745_640.jpg
忍者です

CIMG7747_640.jpg
110番の家の前にはこんな置物

さて、信楽駅まで帰るには県道を歩かないといけなさそうですが、歩道がありません 車はけっこう飛ばしているので歩くのは危ないと判断 小川口というバス停があり、次のバスまで40分待ちですが、安全第一で、バスを待つことにしました

CIMG7751_640.jpg
バス停でしばしゴロリ ラジオからクイーンが聞こえてくる

CIMG7753_640.jpg
バスが来た 朝見たボンネットバスだ!


CIMG7754_640.jpg
10分の乗車の間運転手さんとお話 あっという間に駐車場にもどってきました 250円

天気が良くて、紅葉をいっぱい見ることができて、ひとりでゆっくりできて、天理東で名阪を下りるころは暗くなっていましたが、6時までには帰宅できました  
今の季節、紅葉ポイントは混雑必至ですが、今日は穴場を見つけた感じです
走行165km 歩数16422歩 10km近く歩いたかも 次はどこで秋を感じましょうか

麦笑プラスワン 竜鎮渓谷の先へ

ツーリング
11 /10 2018
昨日は暗くなってからも雨が降っていました
今日は晴れの予報ですが、空はなにやらどんよりしていて、道もまだウェットっぽいのでなかなか出発できません
遠出はやめてショートツーリングにします
東吉野のパン屋さん「麦笑」は明日行くつもりでしたが、今日にして、麦笑のあとは室生ダムから竜鎮渓谷を歩くことにしました

奈良情報高校の前の並木はきれいに紅葉しています
宇陀の野依からいつものコース

P1180659_640.jpg
宇陀の消防団ポンプ庫の前 イチョウと常緑樹が並んでいます 小さく愛車も写っています

P1180663_640.jpg
常緑樹にイチョウの落ち葉がからみつく


P1180671_640.jpg
天誅組吉村さんのお墓の前


P1180673_640.jpg
麦笑の前 ユリがぽつんと咲いていました 

パンは多種類あり、いろいろ違うのを買いたいのですが、ついついお気に入りを買ってしまいます・・・


P1180675_640.jpg
榛原のこどもの森公園で

室生ダムの東側の湖畔道路は落ち葉でいっぱい 滑らないように慎重にゆっくり走ります

P1180678_640.jpg
室生ダムに到着 

靴とズボンをはきかえて出発

P1180679_640.jpg
スカッと晴れません

P1180684_640.jpg
秋の風景 

P1180685_640.jpg
さっきバイクで走った道路を歩いて行きます

P1180687_640.jpg
竜鎮渓谷の入り口まで10分ほど 遊歩道を歩きます

P1180688_640.jpg
竜鎮の滝を上から

P1180692_640.jpg
ここは神域 泳いだりしてはいけません  飲食も禁止

P1180694_640.jpg
枯葉が川底にはりついて秋模様

P1180701_640.jpg
さらに遊歩道を進みます 誰もいません 貸切です


P1180704_640.jpg
30mはあろうかという大木が倒れています

P1180705_640.jpg
ここがマイナーなのは赤い紅葉がほとんどないからかな?


P1180706_640.jpg
コンクリ舗装になりました

P1180708_640.jpg
分岐 右へ行くと荷坂、左は室生寺 今日は未訪の左へ行きます

P1180711_640.jpg
何度か川を渡ります 車道っぽいですが、とても車が通れる道ではありません

P1180714_640.jpg
こんなのや

P1180717_640.jpg
こんなの トライアルセクションみたいな・・・なつかしい・・・

P1180719_640.jpg
ほぼ唯一の紅葉か

P1180720_640.jpg
ここのプール いい感じ 夏にまた来たいですね


P1180722_640.jpg
渡渉します

P1180724_640.jpg
道のような、そうでないような  とにかく川沿いに行きます

P1180728_640.jpg
ここで完全に道が消失 苔だらけの倒木が続いています

P1180729_640.jpg
なんとか進むと目印がありました 復帰OK

もう1時間20分歩いています 5km以上歩いたと思います 明るいうちに帰宅しようと思うとそろそろランチにして引き返したほうがよさそうです 一応の目的地は突き当たりの林道にある東屋だったのですが、森の東屋より川沿いの明るい場所でお弁当にします

P1180731_640.jpg
ここでUターン

さっきの苔だらけの倒木まで戻り、進んでいくと道がわからなくなりました
おかしいな、と思いつつ進むと道らしくない険しい斜面になっていきます
やばい、迷った!
こういうときは早めに元に戻ること 
ということで、とにかく川に下りればわかるだろうと、渓流の岩の上を歩いていると、コロリン!
滑って・・・

P1180733_640.jpg
両足とも水につかってしまいました・・・あせりは禁物ですねー

迷った原因は、渡渉すべきところを直進したためでした 山登りでは特に注意したいポイントではあります

途中の洗い越しでランチにします

P1180738_640.jpg
とりあえず湯をわかしてカフェラテを入れよう

P1180739_640.jpg
パンはこれだけもってきました


P1180741_640.jpg
ハード系のパンにやわらかいカレーがのっています 口の中でカレーがパンにしみこんで柔らかくなっていくプロセスが楽しい

P1180743_640.jpg
家から焼き栗を持参 この栗の皮はその辺に捨ててもOKですかね


P1180744_640.jpg
見えている風景

P1180746_640.jpg
陽があたるときれい

P1180748_640.jpg
帰る途中、軍手の落し物  私のでした・・・

P1180749_640.jpg
竜鎮神社まで帰ってきました  神社近くで人に会いましたが、それ以外は誰にも出会いませんでした

P1180753_640.jpg
室生ダムから


P1180754_640.jpg
いつものUFO

帰りの出発は4時20分頃となり、橿原に着いたらもう日が暮れていました
今日のエリアは大野寺、室生ダム、室生芸術の森、仏隆寺などにバイクをおいて歩けます また、室生寺と近鉄室生口大野駅間にはバス便もあるので、いろいろバリエーションが楽しめそうです 標高差も150mくらいです
また、冬に早起きして来ようかな

108km 12000歩のハイキングツーリングでした

滋賀県 雪野山ハイキング

ツーリング
11 /07 2018
記事一覧

距離も走りたいが、山歩きもしたい・・・
時間的に行けそうなのは、ということで滋賀県の雪野山にハイキングに行くことにしました

「広大な蒲生野の田園に囲まれ、陸の島のような雪野山。この山は、4世紀から7世紀にかけて200基以上の古墳が築かれています。
なかでも、山頂で発見された雪野山古墳は古墳時代前期の竪穴式石室を持つ全長約70mの前方後円墳で、石室内部からは鏡や琴柱型石製品、鍬形石など貴重な遺物が数多く出土しました。」(竜王町観光協会)

標高は308.8mで、出発点の妹背の里が110mですから、里山ハイキングとなります

八時前に出発 天理東ICより名阪で壬生野ICまで走ります
北上し、甲南フロンティアパーク方面へ 広域農道経由で吉永交差点 そこを右折し、道なりに直進 川守で右折すれば妹背の里はすぐです

P1180512_640.jpg
正面が雪野山でしょうか 南北に長い山容です

P1180514_640.jpg
のどかです

P1180520_640.jpg
妹背の里の駐車場に到着 がらがらです

P1180519_640.jpg
サンタみたいなおじさんがお出迎え デイキャンプとかできる施設みたいです

P1180518_640.jpg
家鴨のいる池

P1180521_640.jpg
ズボンと靴をはきかえて出発

低い山なので、あまり下調べをしてきていません・・・


P1180523_640.jpg
ハイキングコース入り口の案内があったので、そちらへ

これが予定通りではありませんでした 予定では神社まで行き、その横から山道に入るというものでした
まぁ右回りか左回りかのちがいですが・・・

P1180527_640.jpg
獣フェンスを通過します

P1180529_640.jpg
よさげな道 暑くもなく寒くもなくハイキング日和

P1180534_640.jpg
案内はいっぱいあります しかし、雪野山古墳イコール山頂ということを知らずに登っていました

P1180539_640.jpg
この分岐 近道でなくてもいいので直進してみました

P1180540_640.jpg
紅葉スポットに巡り合えました!

P1180541_640.jpg

P1180542_640.jpg

P1180543_640.jpg

P1180544_640.jpg

P1180545_640.jpg

P1180546_640.jpg

P1180547_640.jpg

P1180548_640.jpg



P1180551_640.jpg
紅葉はよかったのですが、また別のフェンスに突き当たってしまいました もどります・・・

P1180556_640.jpg
階段道


P1180559_640.jpg
ところどころで展望が開けます 土地勘がないので、何が見えているかよくわかりませんが・・・

P1180561_640.jpg
途中に東屋 お弁当は山頂での予定なのでパス

P1180570_640.jpg
ヤブこぎっぽいところもあります

P1180571_640.jpg
登るにつれて下界が小さくなります

P1180575_640.jpg
ウルシの葉っぱ 子供の頃かぶれたことがありました

P1180578_640.jpg
これが大岩というものかも

P1180581_640.jpg
近江平野

P1180585_640.jpg
また東屋 お一人が昼寝中

P1180584_640.jpg
雪野山古墳イコール山頂なんだろうな、とこの頃気づきました

P1180588_640.jpg
向かいのピークが山頂のようです 階段道が見えています

P1180603_640.jpg
向こうから登ってきました 気温は20度以上かな あたたかい立冬です

P1180605_640.jpg
岩場を登ると

P1180606_640.jpg
あそこが山頂

P1180608_640.jpg
まぁ308mですが、達成感はまずまず

P1180611_640.jpg
この山は縦走すると面白そうです もっと昼が長い時期にまた来たいですね


P1180616_640.jpg
山頂貸切でお弁当にします 日陰でちょうどいいくらい


P1180618_640.jpg
曽爾のヤーコンのキンピラ 麦笑のパンなど 適当なお弁当ではあります

P1180619_640.jpg
東側の展望 東近江市

P1180621_640.jpg
ここから下山 本来はここから上ってくる予定でした

P1180624_640.jpg
きれいな四角い田圃

P1180626_640.jpg
比良山系も見えているのだと思います

P1180627_640.jpg
急階段の道

P1180629_640.jpg


P1180630_640.jpg
不可思議な枝ぶり

P1180635_640.jpg
山の神 このコースは山の神コースというらしい


P1180640_640.jpg
下りてきました ここにもフェンス 

P1180641_640.jpg
天神社の横に出てきました


P1180646_640.jpg
神社の横の登山口 ここから登るのが当初の予定でした

P1180648_640.jpg
妹背の里に帰ります

P1180652_640.jpg
何の作物かな

P1180653_640.jpg
振り返ると雪野山

帰りは針ICで降り、県道38号でのんびり帰りました
今日通った滋賀県の道は、周辺に工場が多く、高速もあるせいか、トラックが非常にたくさん通ります
対向するとき、乗用車より余分な注意を必要としますが、快走といえば快走できます
今日のルートでは「十二坊」や「太郎坊宮」も行けます 
滋賀の土地勘も少し鍛えたいですね
走行220km 歩数8357歩 なかなかよかった里山歩きでした

雪野山_640


麦笑プラスワン 日神渓谷 いもづかの滝

ツーリング
11 /03 2018
記事一覧

もう十一月 寒さに凍える前に少し紅葉を楽しみたい 
人の多い天川村や大台ケ原は避け、超マイナーな津市美杉町の飯垣内(はがいと)から日神渓谷(ひかわけいこく)を歩こうと思います 何度か行っていますが、日神大滝でUターンするパターンでした

今日は奥の「いもづかの滝」まで行って、林道を歩いて帰る周回コースをプランしました

日神の滝 ネットブログ_640
今日のコース

まずは週末なので東吉野村のパン屋さん「麦笑(むぎわら)」へ向かいます

橿原から桜井の浅古、大宇陀の野依、広域農道などで南下、佐倉峠からR166、県道16号と220号で麦笑ヘ

CIMG7425_640.jpg
魚見石の前 桜の葉も秋模様


CIMG7428_640.jpg
麦笑のパン まだホカホカしているのもあります

榛原内牧を経てR369  最近よく走っている道・・・
伊勢本街道休憩所のWCで休憩

CIMG7429_640.jpg
やっぱり向こうに見えるのは三峰山なんでしょうか 山頂は紅葉しています


道の駅御杖の向かいの敷津バス停の時刻をチェックします 道の駅にバイクを置き、飯垣内までバスで移動、歩きで日神渓谷経由で西浦峠、そして道の駅に帰ってくる、というプランもあります

CIMG7439_640.jpg
平日なら9時26分、土日は8時26分に乗ればいいみたいです 平日のほうが楽そう

今日は飯垣内までバイクで行きます R368を快走して飯垣内のバス停へ

CIMG7449_640.jpg
バス停から山のほうを撮影 あっちのほうへ歩いていきます

CIMG7451_640.jpg
国道脇にある津市森林セラピー基地里楽庵の原っぱ駐車場 私のバイクのみ・・・

CIMG7458_640.jpg
ここから西浦峠までは結構あります 西浦峠からは倶留尊山へも行けますから、体調次第ではロングコースも可能

CIMG7460_640.jpg
今日は楽なもの 飯垣内川沿いに車道を登っていきます

CIMG7461_640.jpg
元気なススキの原っぱ

途中柿の木の枝を払って片付けておられるお家がありました 柿はなるのだそうですが、サルが全部食べてしまうとか・・・

CIMG7462_640.jpg
だいぶん上ってきました

CIMG7471_640.jpg
日神石仏群 今日は素通りさせてもらいます

CIMG7473_640.jpg
このゲートを通ります 西浦峠コースは台風の影響で通れません、との案内 どのくらいのダメージなんでしょうか

CIMG7475_640.jpg
森の遊歩道を歩いていきます 苔が多い道です 夏はヘビが出ます

CIMG7476_640.jpg
日神不動滝はいつもカラ滝

CIMG7480_640.jpg
日神小滝の上の小滝 澄んだ水に感動

CIMG7485_640.jpg
ところどころに紅葉


CIMG7489_640.jpg
これを上ると日神大滝

CIMG7493_640.jpg
日神大滝 大滝というにはちょっと水量が足りません 上品な感じ

CIMG7491_640.jpg
暑かったら足をつけたいきれいな滝壷



CIMG7500_640.jpg
いもづかの滝へ向かいます ここからは未訪コース

CIMG7505_640.jpg
道幅はありますが、片側は崖です

CIMG7507_640.jpg

CIMG7508_640.jpg

CIMG7509_640.jpg

CIMG7510_640.jpg
天川のみたらい渓谷もいいけれど、ここは私の貸切だ~


CIMG7525_640.jpg
渓谷を抜け、林道に出たら案内がありました

CIMG7526_640.jpg
もうあまりアップダウンはありません

CIMG7529_640.jpg
ここは右へ

CIMG7532_640.jpg

CIMG7535_640.jpg


CIMG7541_640.jpg


CIMG7543_640.jpg
これがいもづかの滝 広くて黒い岩盤の上を水がチョロチョロ落ちています

CIMG7547_640.jpg
夏は水遊びができそう


CIMG7551_640.jpg

滝の手前に登る道があり、西浦峠へ通じているようです それはまたの機会に


CIMG7554_640.jpg
川のそばでお弁当にします

今日は麦笑のパンと、即席ラーメンです パンが先か、ラーメンが先か?

CIMG7555_640.jpg
ラーメンは締めにしましょう

CIMG7558_640.jpg
この細長いパンはもちもち イヨカンの粒々入り

CIMG7559_640.jpg
ホワイトチョコも入っています 小麦の甘さとチョコの甘さのシナジー効果 紅茶にあいます

CIMG7561_640.jpg
これはベーコンとチーズかな ベーコンの塩味とチーズの塩味、パンの甘味がいい具合

CIMG7563_640.jpg
締めは出前一丁

日陰でしたが寒くもなく、誰も来ず、いいところを見っけた、という感じ・・・毎年来ようかな

食後林道を歩いて周回します

CIMG7567_640.jpg

CIMG7570_640.jpg
尼ヶ岳だと思います(山頂に木がない)


CIMG7581_640.jpg
日神不動院に到着

CIMG7588_640.jpg
イチョウの巨木 色づきはあと一週間くらい待てば・・・

CIMG7582_640.jpg
台風のせいか、折れている枝も

CIMG7585_640.jpg
秋の味覚


CIMG7591_640.jpg
帰ってきました 上に石仏群が見えています

11時に歩きはじめて、帰ってきたのは3時前 13000歩になっていました
以前のように、バイクで近くまで行き、ちょこっと歩いて帰るよりも、はるかに季節を感じることができました
山を歩くって、私、好きだったんだなぁ・・・

帰りはけっこう交通量がありましたが、安全運転をしていると、たくさんの車とバイクに抜かれました・・・
季節を感じるには法定速度内がおすすめです・・・
「なめご谷」の紅葉の記事が読売新聞一面に載っていました 明日は行けないので残念・・・
走行156km 静かに秋を満喫した麦笑プラスワンでした

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?