フカタワから古光山

ツーリング
10 /30 2018
記事一覧

このところ曽爾へ行っていますが、今日もです
倶留尊山の南に後古光山(うしろこごやま)892mと、古光山(こごやま)952mがあります
それぞれ別個に登ったことはありますが、二つの山の間にある鞍部(フカタワ)から両山への斜面はロープ場も多く、なかなかの難所?です 「奈良県の山」(山と渓谷社)にもこの両山の技術度はハーケン三つです(大普賢岳と同じ・・・)

このフカタワの登りと下りを経験してみたい 今までは古光山から下りただけでした(今年の五月一日)
今日は登ってみたいと思います ですが、短時間で済ませたいので後古光山には登らないことにします

1030コースブログ_640
今日のコース 

7時前に家を出発 いつも通りの快走でR369/県道81号で曽爾高原へ  途中路面はウェットなところもありました 前夜雨が少し降ったようです

CIMG7266_640.jpg
バイクでは一番乗りか?と思ったらグロムが一台先着でした

ズボンと靴をはきかえて出発 ちょっと風が強いです

CIMG7270_640.jpg
車道を長尾峠方面へ歩き、すぐ右折 林道に入ります

CIMG7274_640.jpg
こんなのじゃ車も通れませんね バイクも通っていないようです

CIMG7281_640.jpg
表示に従って山道に入ります 台風のせいか、道はどこ?みたいなところもあります 


CIMG7286_640.jpg
ですが、迷うことはありません 谷を登るだけです

CIMG7290_640.jpg
フカタワに到着 ここまではなだらかな登りでした

CIMG7293_640.jpg
古光山へ登っていきます 100mはただの急斜面 ここからきつくなります

CIMG7294_640.jpg
最初のロープ フィールドアスレチックの始まり

CIMG7296_640.jpg
ロープがほぼ垂直に伸びています

CIMG7299_640.jpg
足を踏ん張って下方を撮影 

CIMG7300_640.jpg
ロープが続きます

CIMG7303_640.jpg
脚力より腕力がつきそう 

CIMG7304_640.jpg
後古光山が垣間見えます

単独なので、滑って落ちないように慎重に登ります ボルダリングやっている感じ

CIMG7309_640.jpg
ロープのこぶがありがたいです これがないとスルスルと・・・

CIMG7313_640.jpg
ちょっと紅葉も


CIMG7315_640.jpg
急斜面でなごみます

CIMG7318_640.jpg
風は強いが空は青い

CIMG7321_640.jpg
山頂の看板が見えてきました

CIMG7322_640.jpg
二度目の古光山山頂 ここまで誰にも会わず

予定ではこの先の南峰まで行ってお弁当、そしてUターンし、フカタワへ降りて、みつえ高原牧場側に下り、駐車場にもどるというものでした
しかし風が強く、南峰はふきさらしになりそうなので、木々に守られた山頂でお弁当にします

CIMG7324_640.jpg
山頂はあまり広くありませんし、ベンチとかもありません

CIMG7330_640.jpg
ひじきご飯、筑前煮、とち餅、ひじきの煮物  地べたにシートをひき、風に背をむけ、ラジオをつけて、ひとりで食べます

途中熊鈴の音とともに男女一組が登ってこられました 
国会中継聞きながら食べます・・・


CIMG7331_640.jpg
南峰へ向けて細い尾根を歩いていきます 木が茂ってなかったらとても歩けませんね

CIMG7334_640.jpg
狭いのに登り ハンドルのような根をつかみながら登ります 楽しい・・・


CIMG7336_640.jpg
前に見えるのが南峰960m


CIMG7340_640.jpg
この岩を登れば古光山第四峰か

CIMG7341_640.jpg
切れそうですが・・・


CIMG7342_640.jpg
この四峰は岩のてっぺんなので眺めがいいです


CIMG7343_640.jpg
住塚山や国見山方面 

CIMG7345_640.jpg
葉っぱの動きで風の強さがわかります

CIMG7349_640.jpg
局ヶ岳か

CIMG7351_640.jpg
形の美しい後古光山

CIMG7353_640.jpg
ここ意外とすんなり行けます


CIMG7354_640.jpg
南峰(第五峰)到着 960m 

CIMG7360_640.jpg
倶留尊山方面

CIMG7361_640.jpg
後古光山


CIMG7362_640.jpg
この後歩く道

CIMG7363_640.jpg
大洞山方面

CIMG7365_640.jpg
南峰はこの岩のてっぺん 両側は深く切れています 木があるから私でも登れます

CIMG7368_640.jpg
どんどん下っていきます みつえ高原牧場

この下りもけっこう滑りやすいので注意 ロープ場もあります

CIMG7375_640.jpg
ふきあげ斎場の裏に出てきました

CIMG7378_640.jpg
本当はここに下りてくるべき


CIMG7380_640.jpg
牛を見ながらの車道歩き開始


CIMG7382_640.jpg
のどか 絶好のお弁当ポイント

CIMG7387_640.jpg
乳牛と目が合います

CIMG7388_640.jpg
後古光山

CIMG7389_640.jpg
古光山

CIMG7390_640.jpg
南峰

CIMG7391_640.jpg
どうやらここがフカタワから下りてくる道らしい 表示はありません

CIMG7393_640.jpg
ここのススキは元気 曽爾高原のススキは今年台風の影響であまり生育していません

CIMG7394_640.jpg
赤い実の植物はいくつかあって、これは?


CIMG7397_640.jpg
亀山

CIMG7401_640.jpg
人が下山中

CIMG7402_640.jpg
長尾峠の登山口通過

駐車場には1時20分帰着 合計4時間20分の山歩きでした フカタワから登れて満足 次回はフカタワから後古光山へ登ろうと思います

CIMG7403_640.jpg
ファームガーデンで今シーズン初のヤーコンを購入 キンピラは絶品です

CIMG7405_640.jpg
帰り道、疲れたので「かえでの郷ひらら」に寄り道 ここに来るのは初めてです

CIMG7406_640.jpg
色づいているものを撮影して回ります

CIMG7408_640.jpg

CIMG7409_640.jpg

CIMG7410_640.jpg

CIMG7411_640.jpg

CIMG7412_640.jpg

CIMG7414_640.jpg

CIMG7421_640.jpg
全部名前がついていて、これは「屯鶴峯」


CIMG7422_640.jpg
ここは元宇太小学校

CIMG7423_640.jpg
昭和49年に建った百周年記念碑

あとは久々に道の駅大宇陀に寄り、みかんや柿、野菜を買って帰途につきました

走行110km 歩数14148歩 古光山/後古光山はルートを変えてまだまだ楽しめそうです
今日はフカタワアスレチックデーでした
スポンサーサイト



倶留尊山周回 痛恨のミス!

ツーリング
10 /28 2018
記事一覧

今日は快晴 昨日下見したところも含めて倶留尊山周回コースを歩きます
7時過ぎにVストロームで出発  特養やまびこから内牧に出るコースで国道369号へ

CIMG7203_640.jpg
弁財天トンネルを出たところで気温は6度 まだ大丈夫ですが、これから冬が来るんですねー

CIMG7206_640.jpg
快走で曽爾高原駐車場に到着 9時前ですが車もたくさん 私の隣にVストローム250 かっこいいですね

CIMG7209_640.jpg
今日はたまたま山を焼く日です

食料をリュックに詰めようとして、!!! リュックがない!!!
いつも背負っているリュックがありません 落とした?そんなわけないし・・・
あああ 家の玄関に忘れてきました! 山歩きなのにリュックがないなんて・・・痛恨のミス!

お弁当一式はショルダーベルトつきのクーラーボックスに入っているので、仕方ないのでそれをたすきがけして出発
歩くのにそんなに不便はありません

CIMG7210_640.jpg
秋の曽爾高原 人がいっぱい

ここでカメラの充電池の残量が少ないのに気づきました スペアカメラはリュックの中・・・ まぁスマホもあるので、いいか・・・

CIMG7211_640.jpg
快調に登っていきます

CIMG7212_640.jpg
今日は山日和 住塚山や国見山もよく見えています


亀山峠からは中太郎生方面へ下ります 誰も後ろから来ません ほとんどの人が倶留尊山ピストン登山と思われます

CIMG7213_640.jpg
石畳のところもあります 平たい石に乗ると滑ります 大体は払った枝でふかふかの道です

CIMG7214_640.jpg
登山口に下りてきました 昨日チェックしたところです



くろそ山荘の横を昨日と同じように歩いていきます

CIMG7215_640.jpg
今日は東からの陽があたって倶留尊山がきれいに撮影できます

CIMG7216_640.jpg

CIMG7217_640.jpg
大洞山も今日は人が多いかもですね

CIMG7219_640.jpg
昨日は閉まっていたお土産屋さん、今日は開いていました おばあちゃんがおられました

CIMG7220_640.jpg
いろいろすすめてくれます これはとち餅 お買い上げ


CIMG7221_640.jpg
お弁当は麦笑のパンを持っていたのですが、栗入りのお赤飯も買ってしまいました

ほかに山椒とキャラブキの佃煮も買って、1400円使いました まぁめったにないチャンスですし

舗装路を歩いて行くと、西浦峠への道が分からずにいる登山者と遭遇 私としばらく同行 一度未舗装路へ入ると「仏閣寺」という建物で行き止まりでした
あらためて舗装路を歩いて行くと、サバイバルゲーム場のところに人がいたので道を聞きました 目の前が西浦峠への道の入り口でした

CIMG7223_640.jpg
ここから山道 同行者は休憩するというので、一人に戻って登っていきます

CIMG7225_640.jpg
ホントに目立つマムシグサ

CIMG7226_640.jpg
ひぃひぃ言いながら斜面を登り、西浦峠に到着 標高833mくらい 下の舗装路から200mくらい登ってきました

CIMG7227_640.jpg
こんな標識があります  日神渓谷からも来たいですが、バイクの置き場所に問題ありですね

CIMG7229_640.jpg
木漏れ日のすてきな尾根道

CIMG7230_640.jpg
大洞山と尼が岳 

CIMG7233_640.jpg
展望のよい三つ岩へ寄ります

CIMG7237_640.jpg
三つ岩 この先は断崖絶壁 「倶留尊山の大蛇ぐら」?

CIMG7236_640.jpg
ここからの倶留尊山の紅葉が絶景です 倶留尊山山頂からはこっちは見えません

CIMG7240_640.jpg
大洞山のほうも全部見えます

CIMG7241_640.jpg
とんがっているのは局ヶ岳でしょうか



CIMG7243_640.jpg
しかしこの場所 木が生えていなければ私は立てません 大蛇ぐらのような柵もなにもありません 多人数では立てませんね

CIMG7244_640.jpg
北のほうには青山高原の風車も見えていました

CIMG7245_640.jpg
三つ岩からはなかなかの急登・・・ モノレールが見えてきました あと少し 

CIMG7246_640.jpg
ようやく小屋に到着 こっち側からの登山者が少ないせいか、閉鎖されています

CIMG7248_640.jpg
ようやく倶留尊山山頂に到着 わいわいとにぎやかです

CIMG7247_640.jpg
展望は二本ボソ方面

CIMG7250_640.jpg
倒木に腰掛けてランチ この栗赤飯 固めで、いい塩味 麦笑のパンのように噛めば噛むjほど味が出る絶品

若者もたくさん登ってきています 下山も若者に道を譲ります 彼らはぴょんぴょん下りていきますねー
鞍部まで下りて登り返し、二本ボソへ

ここからはあっという間に下り、曽爾高原が見渡せる場所へ

CIMG7251_640.jpg
うーん 奈良県とは思えませんねー

CIMG7252_640.jpg
山焼きの真っ最中

CIMG7254_640.jpg
登山者も煙の中を歩きます

CIMG7255_640.jpg
タオルで口をふさいで通過します

CIMG7256_640.jpg
倶留尊山方面を振り返る

CIMG7260_640.jpg
今日唯一の花

CIMG7261_640.jpg
亀山を振り返る 

9時から午後2時まで、5時間の山行でした 周回する人は少ないですが、迷うところもなく、絶壁脇の道でありながら危険なわけでもなく、息も切れましたが、絶景を楽しめました

スマホの写真を数枚



IMG_20181028_132417_640.jpg

IMG_20181028_132410_640.jpg

IMG_20181028_132400_640.jpg

IMG_20181028_132354_640.jpg

駐車場を後にします まだまだ上がってくる車やバイクが数珠つなぎになっています 曽爾高原はこんなに人気なんですね
なんと上の駐車場からファームガーデン近くまで車が連なっていました みなさん夕日が目当てなのでしょうか
三重県側に駐車場があれば・・・倶留尊山と曽爾高原は奈良県の観光資産ということでしょうか 美杉町には何もありません
西浦峠から登りましょう、というような標識もありませんでした
今日の周回ルートがもう少しはやり、おばあちゃんのお店も繁盛しますように・・・
走行109km 歩数18000歩 リュックなしでがんばりました!

倶留尊山周回_640

麦笑プラスワン 道駅御杖より池の平高原 

車で遠足
10 /27 2018
夜半の雨で路面がウェット 午後から晴れるということでしたが、スカッと晴れない
明日倶留尊山周回コースを歩くつもりなので、今日は倶留尊山の東側を下見しようと思いましたが、
東吉野のパン屋さん「麦笑」への県道はウェットだろうと思い、昼から車で出発

車はほとんど乗りませんが、道はいつもバイクで走っている道なので、問題はありません
佐倉峠から県道16号を経て、麦笑ヘ やっぱり山間部の路面はウェットでした



DSCF0889_640.jpg
初めて車で麦笑へ  お店の前にはムラサキゴテンの花

DSCF0890_640.jpg
お店の前の道端にはヒメツルソバ(かも)

DSCF0894_640.jpg
野鳥が集う高見川

麦笑から快走してR369の内牧に出て御杖に向かいます

DSCF0897_640.jpg
だいぶん昼も過ぎて、おなかが減ったので弁財天トンネルを抜けたところでランチ休憩

DSCF0898_640.jpg
クーラーバッグいっぱいのお買い物

DSCF0900_640.jpg
あまり意識せずに買いましたが、カレーパンでした ジャガイモがしっかり噛み応えあるのがいいですね パンはハード系なので、口の中でカレーとミックスするまで「口中調味」が楽しめます 食べ物は噛んでこそおいしいのだと思います やわらかくて溶けるようなのもたまにはいいですが

DSCF0903_640.jpg
ピザパン かなり薄いのですが、これもしっかり噛めて楽しめます ピザは一年に一枚食べるか食べないかですが、このピザパンは毎日でもいけます

パン二つでは物足りませんでしたが、時間も時間なので出発 バターロールをかじりながらの運転 これが車の利点ですね

DSCF0906_640.jpg
大洞山が見えてきました

DSCF0908_640.jpg
道の駅御杖に到着 今日は着替えも必要なく、そのままリュックを担いでウォーク開始

DSCF0909_640.jpg
向かいに焼きたてパン、たこ焼き、食事のお店があります どんなパンなのかな?



DSCF0910_640.jpg
R368を少し歩きます

DSCF0911_640.jpg
御杖村のみつえちゃん、ではなく「つえみちゃん」

DSCF0912_640.jpg
御杖の家探しはここで

すぐ左折して村道へ

DSCF0917_640.jpg
廃バス

DSCF0918_640.jpg
乗客ゼロ

DSCF0923_640.jpg
猪ワナ

DSCF0924_640.jpg
いい感じのハイク道 


DSCF0928_640.jpg
倶留尊山 西にあり、光の具合ではっきり写りません

DSCF0930_640.jpg
木が先か、家が先か 


DSCF0931_640.jpg
バス道に出ました 旧の368号線のようです


DSCF0933_640.jpg
今日は紫の花によく出会います


DSCF0939_640.jpg
かなり下を勢いよく川が流れています  名張川です



DSCF0942_640.jpg
廃小学校かと思ったら、観音寺というお寺でした

DSCF0946_640.jpg
橋の上から名張川

DSCF0947_640.jpg
R368を横切り、そば道場方面へ上がっていきます


DSCF0950_640.jpg
今日は全部舗装路 ここから登り


DSCF0951_640.jpg
これも紫

DSCF0954_640.jpg
大洞山が西日をあびてきれい

DSCF0956_640.jpg
三峰山かな

DSCF0957_640.jpg
左に小さく見えるとんがっている山は、三峰山より東にあるので局ヶ岳かも

DSCF0958_640.jpg
誰も通りません

DSCF0959_640.jpg
村の上には必ずある浄水場

DSCF0960_640.jpg
歩くにはちょうどいい気温

DSCF0966_640.jpg
倶留尊山が見えてきました 池の平高原はもうすぐ

DSCF0971_640.jpg
ススキで覆われた高原です

DSCF0972_640.jpg
畑もあります

DSCF0973_640.jpg
レタスの一種でしょうか おいしそう

DSCF0980_640.jpg
昔はJAの集荷場もあったんですね

DSCF0981_640.jpg
ハイカー用?


DSCF0982_640.jpg
この分岐に標識 明日ここを通るんだと思います

DSCF0983_640.jpg
知る人ぞ知るお土産や え?こんなところに?という場所 おばあさんがいらっしゃるようです 今日は休みか

DSCF0993_640.jpg
くろそ山荘 閉鎖されています  いい場所なのに残念です

曽爾側はにぎわっていますが、倶留尊山の東側は忘れられた感じです


DSCF0994_640.jpg
亀山峠への登山口に到着 明日はここから降りてくる予定  ここは標高630m 今日は165mほど登ってきました

DSCF0995_640.jpg
この先は夏はマムシが出るそうです もう大丈夫ですかね


DSCF1006_640.jpg
いいところだなぁ 家から2時間足らずなのに 

DSCF1010_640.jpg
この辺は毎日、大洞山から朝日が昇るのかな

DSCF1012_640.jpg
国道まで下りてきました 日没まであと30分ほど

DSCF1015_640.jpg
姫石の湯に入りたいところですが、家に帰ります・・・

帰りは日暮れてからの走行となりましたが、車だと安心です 
大宇陀で柿を買おうとしましたが、もう閉まっていました
歩行2時間15分 14000歩 一歩60cmとして8.4kmくらいは歩いたかな?
午後からの活動にしてはよくがんばりました また少し地理に詳しくなりました

麦笑プラスワン 和佐羅滝

ツーリング
10 /21 2018
今日は秋晴れ 降水確率はゼロで、山日和
ですが、昨日生石高原を歩いたので、晴天なれどショートツーリングにします

行こう行こうと思いながら、天気との都合がつかず、ずいぶん行けてない東吉野村のパン屋さん「麦笑」
今日こそはと思い、和佐羅滝の1時間ハイクをセットして麦笑プラスワンツーリングです

10時前に出発 橿原から桜井、浅古から忍阪東、R166野依経由でいつもの道を快走し、佐倉峠に出ます
天気がいいと走り慣れた道もひときわ快走路に見えます

東吉野村に入りひさびさに麦笑ヘ

CIMG7105_640.jpg
食パン二種、アンパン、そぼろパン、塩パン、バゲットなど購入 今日のお昼ご飯にします

金土日の営業ですが、金曜は都合で来れません 山歩きをセットにした「麦笑プラスワンショートツーリング」にしたいのですが、
この辺だと、和佐羅滝、薊岳(途中の大鏡池まで)、伊勢辻山(途中まで?)、明神平などがあります
歩きようによっては結構ハードになりますが、あくまで山歩きという感覚でまたチャレンジしようと思います

CIMG7106_640.jpg
和佐羅滝へ行くには、やはた温泉の駐車場をお借りします

CIMG7107_640.jpg
紅葉はまだまだ

CIMG7108_640.jpg
あいかわらず水量は豊富

CIMG7109_640.jpg
バイク用ズボンを脱ぎ、なんちゃってトレッキングシューズをはきます

CIMG7113_640.jpg
県道220号を西へ

CIMG7114_640.jpg
まだ山は青々としています

CIMG7116_640.jpg
大又というところまで歩きます そばに流れるのは四郷川  高見川の支流です

CIMG7119_640.jpg
ぱっと見、首なし地蔵に見えますが、よく見るとちゃんと頭が見えます

CIMG7121_640.jpg
紅葉したらきれいでしょうね

CIMG7122_640.jpg


CIMG7124_640.jpg
大又まで来ました 薊岳はこちら 次回チャレンジしましょう

CIMG7125_640.jpg
和佐羅滝の入り口 登りは30分 ここは標高408m

CIMG7126_640.jpg
すぐ橋を渡ります

CIMG7127_640.jpg
遊歩道が続きます


CIMG7128_640.jpg
伊勢辻分岐 500mほど標高を稼ぐと源流部に到達します またのチャレンジです

CIMG7130_640.jpg
川の水は住民の生活用水になっています

CIMG7131_640.jpg
こんなパイプが通っています

CIMG7134_640.jpg
小さな瀧が連続しています


CIMG7135_640.jpg
水利施設まで来ました

CIMG7136_640.jpg
ここは気をつけないと落ちます

CIMG7137_640.jpg
施設のメンテナンスをしておられます 

CIMG7139_640.jpg
山奥での労働はしんどいですが、なんか憧れます・・・

CIMG7141_640.jpg
夏はすずしいところ

CIMG7151_640.jpg
和佐羅滝の下段の滝になるようです


CIMG7160_640.jpg
ラストは崖の上の道 ロープを握って登ります

CIMG7164_640.jpg
和佐羅滝到着 なかなかの水の勢い


CIMG7167_640.jpg
最上部


CIMG7168_640.jpg


CIMG7171_640.jpg
滝の下に平たい岩盤があるので、食事にちょうどいいです


CIMG7172_640.jpg
麦笑のパン、柿、飲み物は温かいカフェラテなど 

CIMG7175_640.jpg
まずはあんことバターの絶妙のコンビネーションパン 

スーパーで買う同種のパンはパンがやわらかいので、あっという間に食べられますが、麦笑のこのパンはハードなので、一口入れて50回以上噛みます だから小さいパンでもゆっくりじっくり味わうことができます 

CIMG7177_640.jpg
これはトリのそぼろパン これも小さいですが、すごくモチモチしているので何回も噛みます すぐとろけるのもおいしいのでしょうが、ゆっくり噛むパンのほうが小麦のおいしさがわかる気がします 

CIMG7180_640.jpg
塩パン 塩の味が他の市販のパンと違うなぁと初めて食べたときに感じました パンの中に空洞があるので、家ではチーズを仕込んで食べています

CIMG7182_640.jpg
昨日のツーリングで買った激安の柿 ちょっと熟れすぎているから安かったのかも とても甘いです 柿は毎日2個は食べています

CIMG7184_640.jpg
40分ほど休憩して下山します 和佐羅滝は560mくらいなので、下の道まで150mほど下ります 樹齢200年以上?


CIMG7185_640.jpg
あっという間に下山 15分くらい?

CIMG7188_640.jpg
民家の前で  空き家でも花が咲いていたりします

CIMG7195_640.jpg
色づいているのもあります


CIMG7196_640.jpg


CIMG7200_640.jpg
プチトマトみたいなのがなっています


CIMG7202_640.jpg
愛車が待っていました


帰りも快走でしたが、藤原京跡のコスモス満開のために周辺が渋滞していました 
距離100km 歩数7761歩
東吉野周辺の山歩き、林道歩きをまたいろいろ調べて、できれば毎週「麦笑プラスワン」のショートツーリングができたらいいなと思います

生石高原 

ツーリング
10 /20 2018


朝は曇っていますが、次第に晴れるという予報
生石高原のススキも見ごろということで、軽くハイキングしようと思い7時前に出発

京奈和を橿原から紀北かつらぎICまで走り、R480で南下します
生石高原は北の紀美野町からと、南の有田川町からのアクセスがありますが、紀美野町からは道が狭いので、今日は南から登ります

花坂西よりR370を快走  路面はウェットですがしぶきを撥ねるほどではありません
途中から県道115号へ

CIMG6984_640.jpg
花園美里トンネルを抜けて、いつものトイレ休憩

CIMG6988_640.jpg
R480で高野山には抜けられないようです 私は反対方向へ行くので影響なし

CIMG6993_640.jpg
生石高原駐車場に到着 2時間半はかかりました 霧で何も見えません

次第に晴れるだろうと思い、靴とズボンをはきかえて出発 

CIMG6995_640.jpg
展望台ですが、白い世界が広がるだけ

CIMG6997_640.jpg
火上げ岩からもこの通り

CIMG6998_640.jpg
ススキの背丈は人よりも少し低い感じ

CIMG7000_640.jpg
遊歩道の脇にはいろいろな種類の小さな花が咲いています これが目当ての人もいるようです

CIMG7001_640.jpg
CIMG7002_640.jpg
CIMG7003_640.jpg
CIMG7004_640.jpg

すごく目立つのが「ツルリンドウ」だと思うんですが、撮影できたつもりでしたが全部ピンボケだったのでボツ

CIMG7005_640.jpg

CIMG7010_640.jpg

CIMG7012_640.jpg

CIMG7014_640.jpg

CIMG7015_640.jpg

CIMG7016_640.jpg
ここでも倒木被害

CIMG7017_640.jpg
だんだん霧が晴れてきました

CIMG7019_640.jpg
あそこが山頂 生石ヶ峰 標高870m

CIMG7020_640.jpg
360度の展望ですが、まだ霧が・・・

CIMG7026_640.jpg

CIMG7030_640.jpg
ススキと虹

CIMG7031_640.jpg
海南方面

CIMG7032_640.jpg
海も見えるようになりました 遠くは明石海峡大橋が見えているような・・・

CIMG7036_640.jpg
人が増えてきました アリのように小さく見えています

CIMG7037_640.jpg

CIMG7043_640.jpg
なかなか消えない虹

CIMG7047_640.jpg
高速で雲が流れていきます

CIMG7049_640.jpg
硯水方面へ下りていきます

CIMG7051_640.jpg
大きく写っていますがちいさい花です

CIMG7052_640.jpg
この道はあまり歩かれていない様子

CIMG7053_640.jpg
草ぼうぼうですが、花もあるので踏まないようにしなければ

CIMG7056_640.jpg
眺めのよいところにベンチがありました 早いですがお弁当にします

CIMG7057_640.jpg
炊き込みご飯と野菜いためなど

CIMG7058_640.jpg
湯浅町とか広川町のあたりなのかな?

山を下りると林道があり、県道184号に続いていました

CIMG7063_640.jpg
「テント場跡」というところから階段を登ります 標高748m 山頂から104m下りたことになります

CIMG7070_640.jpg
KRC生石ヒュッテ 展望デッキなんかもあります

CIMG7077_640.jpg
生石(しょうせき)神社へ向かいます 倒木は処理されたようです(通行止めの情報がありました)

CIMG7078_640.jpg
切ったばっかり

CIMG7079_640.jpg
神社からわいわいがやがや

CIMG7080_640.jpg
とりあえずお参り

CIMG7082_640.jpg
この48mの大岩が昔一夜にして現れたそうな

CIMG7085_640.jpg
再び山頂へ

CIMG7086_640.jpg
風になびくススキ

CIMG7090_640.jpg
飽きない景色 ここでお弁当にできればいいのですが、人がひっきりなしにやってきます

CIMG7096_640.jpg
あれは京奈和?

CIMG7097_640.jpg
大きな船も見えます

CIMG7099_640.jpg

CIMG7100_640.jpg
駐車場は満車状態

CIMG7101_640.jpg
キャンプ場も人気 前に一度しました

CIMG7102_640.jpg
帰り「こんにゃくの里」に初めて立ち寄り 目当ては柿

CIMG7103_640.jpg
激安だったので2袋ゲット

休憩含めて3時間ほどのハイキング 標高差は104m 歩数は9646歩 
道もすいていたし、京奈和もスムーズでした
京奈和は橿原高田ICで橋脚の工事が進行中ですが、どういうふうになるんでしょう?
走行220km お手軽秋のハイキングツーリングでした

不動山巨石からダイトレ

ツーリング
10 /16 2018
記事一覧

この前に学能堂山に登った疲れが足に少し残っていますが、ここでさらに負荷を与えて鍛えよう
曇りですが、降水確率は低い 近場で山歩きできるところで行ったことがないのは五條の大澤寺からの道
ダイトレに出て、神福山あたりまで行ってみようと思います

7時半ごろ出発 京奈和は使わずR24で五條の本陣まで
本陣からR310で山を登ります 狭いくねくね道で、ときどき対向車もありますから注意します


CIMG6979_640.jpg
すぐに大澤寺入り口に到着

CIMG6980_640.jpg
道路陥没のため通行止めでした プランAボツになりました

ではプランB 西へ少し走れば橋本市杉尾の明王寺の手前に駐車場があり、「不動山の巨石」まで道があり、そのまま登ればダイトレに通じています  不動山の巨石は何回か訪れているので土地勘があります

DSCF0791_640.jpg
明王寺手前の観光駐車場に到着 きれいなトイレもあります

靴とズボンをはきかえて出発 9時20分
巨石までは600段以上の階段道がありますが、そうとうハードなので、今日は回り道で行きます

DSCF0795_640.jpg
川沿いに登っていき

DSCF0798_640.jpg
古代米栽培田から山道に入ります

DSCF0800_640.jpg
しっかり整備された道で、ときどき手すりもあります

DSCF0801_640.jpg
直登の階段よりだいぶん楽だと思います

DSCF0802_640.jpg
階段道と合流

DSCF0803_640.jpg
転がるとどこまで落ちるやら・・・

DSCF0804_640.jpg
巨石の手前の休憩所 水道も出ます ベンチもあります

DSCF0807_640.jpg
ダイトレまで2.1km まぁ大丈夫でしょう

DSCF0809_640.jpg
DSCF0810_640.jpg
確かにかすかな音が聞こえてきます・・・

DSCF0811_640.jpg
落ちそうで落ちない巨石 

DSCF0814_640.jpg
ダイトレまでテープが案内してくれるようです

DSCF0815_640.jpg
すてきな道

DSCF0816_640.jpg

DSCF0818_640.jpg
不動山というのはここ 山と高原地図には載っていませんでした 10時25分

DSCF0825_640.jpg
縄を樹皮が取り込んだみたい?

DSCF0826_640.jpg
細い尾根 危険なところはまったくありません

DSCF0830_640.jpg
やっぱり倒木はここでもあります

DSCF0835_640.jpg
ダイトレに出ました 11時20分 駐車地から400mほど登ってきました ここは標高713m

DSCF0839_640.jpg
道端ですが、お弁当にします ベンチがないので丸太にすわります

DSCF0838_640.jpg
好物のサバの味噌煮など

昼食中に4人の女子、一人の男子が通過 

DSCF0841_640.jpg
もう少し歩けばベンチがありました


DSCF0843_640.jpg
倒木銀座

DSCF0844_640.jpg
杉尾峠に到着 ここから降りれば駐車地に帰れます

DSCF0846_640.jpg
鳥地獄なんかも行ってみたいですね

DSCF0852_640.jpg
どんどん下りていきます

DSCF0853_640.jpg
はらった枝でふかふかになった道

DSCF0855_640.jpg
道が見えない・・・

DSCF0856_640.jpg
杉尾に流れる川はここから流れています

DSCF0857_640.jpg
あるある

DSCF0861_640.jpg
里に下りてきました  

DSCF0864_640.jpg
まだ時間も早い 花を撮る余裕

DSCF0868_640.jpg
きれいな緑色 カメラを向けられてかたまっています

DSCF0874_640.jpg
DSCF0875_640.jpg

DSCF0880_640.jpg

DSCF0883_640.jpg
以前は鶏舎だったようです

DSCF0886_640.jpg
もったいないような・・・

DSCF0887_640.jpg
駐車場に帰ってきました

ツーリングでダイトレを歩くというのはなかなか難しいので、今日は少しでも歩けてよかったです(楽な部分でした)
足にも問題なし 適度な負荷でした 展望はなかったですが、山歩きとしては快適でした
走行たったの65km 歩数11918歩 帰ってしばらくしたら小雨が降ってきました・・・

学能堂山 360度展望

ツーリング
10 /14 2018
朝は曇っているが昼からは回復するそうです
今日は山に登ろう
「奈良県の山」(山と渓谷社)に載っているコースで行こうと思います
この山は、「360度ぐるりを見渡す頂を持つが、訪れる人が少ない不遇の山」だそうだ
私の愛用の県別地図にも載っていません 大洞山より高いんですが

歩行距離は13,5kmになるけれど、道の駅御杖スタートなので、午後4時くらいまで登山に使えそう

朝6時半に出発 野依ー特養やまびこ前ー内牧からR369号 
路面はウェットですが、水をはねるほどでもありません
快走で道の駅伊勢本街道御杖に到着



CIMG6774_640.jpg
はじっこに駐車 まだまだ早朝 すいています

ズボンと靴をはきかえて出発 まずは国道を東へ

CIMG6777_640.jpg
いつもはバイクでささっと通る道

CIMG6779_640.jpg

CIMG6780_640.jpg
路傍の花を撮る余裕

CIMG6781_640.jpg
歩道があるのがありがたい(ただし、すごく滑る)

CIMG6787_640.jpg
当分仁柿は通れないのでは・・・

CIMG6788_640.jpg
お蕎麦屋の手前を右折 石の道標があるところ

CIMG6791_640.jpg
学能堂山への案内 (岳の洞は当て字?)

CIMG6796_640.jpg
三多気の集落が眼下に

CIMG6799_640.jpg
林道を登っていくと軽トラが

CIMG6802_640.jpg
倒木が多く、これ以上は車はムリ

CIMG6804_640.jpg

CIMG6806_640.jpg
軽トラでこられた方たちが倒木の処理をされていました

CIMG6807_640.jpg
こりゃまた 道に沿って倒れている珍しい倒木

林道でご夫婦とちょっとお話

CIMG6808_640.jpg
この地区の方は山の湧水をパイプで家にひいているそうです パイプがパンクして、今修理中だそうです 

風呂やトイレなどは全部山の水で、無料だそうです

CIMG6813_640.jpg
もうすぐ山道への入り口だろうと登っていきますが、ありません

山道への入り口の案内を見逃したみたいです ご夫婦と話をしていた辺でしょうか
まぁ、山道はどうせ林道とあとで合流するので、そのまま進みます こっちのほうが楽なのかも

CIMG6818_640.jpg
林道の終点に到着

CIMG6820_640.jpg
学能堂山への案内もあります 山道からの出口もチェックしました 林道のほうが楽だったと思います(距離は長くなる)

CIMG6824_640.jpg
結構な急登 テープが案内してくれます

CIMG6830_640.jpg


CIMG6833_640.jpg
苔むした倒木だらけ

CIMG6835_640.jpg
きのこのてんこ盛りや~

CIMG6838_640.jpg
倒木だらけで道がわかりません

ただし、すぐ上に稜線が見えているので、とにかく適当に登ります

CIMG6839_640.jpg
テープのある木も倒れています・・・

CIMG6840_640.jpg
ここは杉平峠 県境尾根の鞍部です 結構な急登で疲れました 道の駅を出て2時間35分かかりました

ここで後から男性が一人来られ、軽い足取りであっという間に見えなくなりました 貸切じゃなかったですね


CIMG6845_640.jpg
なだらかな道がうれしい


CIMG6847_640.jpg
鹿よけネット沿いに登っていきます

山頂手前の急登で息が切れました

CIMG6851_640.jpg
山頂到着 さっきの方も休憩中 道の駅から3時間5分かかりました 1021,6mです

CIMG6852_640.jpg
山頂は広い原っぱ

CIMG6854_640.jpg
確かに360度の展望 雲が山の頂を隠していますが、なかなかの眺望です 尼が岳よりいいかも

CIMG6857_640.jpg
みつえ高原牧場か

CIMG6858_640.jpg
あのドームは御杖小学校でしょうか

CIMG6859_640.jpg

CIMG6861_640.jpg
大洞山と尼ヶ岳 向こうから見えていたんだ・・・

CIMG6871_640.jpg
山頂でお弁当

CIMG6870_640.jpg
さばご飯、炒め物、リンゴ、ほかにモナカも持参

食べていると、女子2名、男性1名のグループが到着 今日は以上で、私含めて5人の客ですかね

CIMG6872_640.jpg
とんがっているのは局ヶ岳でしょうか

CIMG6874_640.jpg
陽射しはありませんが、雨が降る様子でもありません 気温もそんなに低くなく、風もなく、とても快適

CIMG6878_640.jpg
これから奈良県側の神末へ下りていきます これから歩く稜線が見えています

急坂を転ばないように下ります 

CIMG6881_640.jpg
佐田峠への分岐 時間がなければここから林道で下れるようです

時間はまだ大丈夫なので、登山道を行きます

CIMG6887_640.jpg
東俣山というピーク 942m

CIMG6889_640.jpg
鹿のシカバネ

CIMG6890_640.jpg
振り返れば学能堂山 てっぺんに木がないのが特徴 覚えておこう

CIMG6895_640.jpg
白土山(しろつちやま)

CIMG6897_640.jpg
フェンスの向こうは林道になっているようす

CIMG6898_640.jpg
貴重な紅葉 全体的にはまだまだです

CIMG6900_640.jpg
こんなにでかいのを見たことがありません・・・

CIMG6902_640.jpg
フェンスとはここで分かれ、左折 しかし、案内板は置かれているだけなので、風で飛んでいってしまいそう・・・

小須磨峠へ向かいます

CIMG6903_640.jpg
ヒメシャラか 目立ってます

CIMG6907_640.jpg
ネジノキ?

CIMG6909_640.jpg
すばらしい! ここを下りていきます いかんせん急坂ですが  冬のソナタにあったような光景(現地に行ったことがあります)

CIMG6911_640.jpg
小須磨峠到着 午後1時すぎ

CIMG6917_640.jpg
沢を歩かざるを得ないところもあり

CIMG6921_640.jpg
コスマ林道にでました あと1キロくらいで人家に

CIMG6926_640.jpg
林道で軽トラのご主人と少し会話 学能堂山、けっこう登っているよとのこと

CIMG6929_640.jpg
やっと人家が・・・

CIMG6931_640.jpg
ここに出てきました グーグルでの予習通り

CIMG6933_640.jpg
道の駅まで1時間くらいかな?

CIMG6937_640.jpg
カメムシとつり銭との関係は???

CIMG6941_640.jpg
田舎道を行く でも手前にカラオケ屋がありました

CIMG6945_640.jpg
田舎のアライグマはすぐ逃げません


CIMG6948_640.jpg
花とかでも撮影しながら歩きます

CIMG6949_640.jpg
CIMG6950_640.jpg
CIMG6951_640.jpg
CIMG6952_640.jpg

CIMG6955_640.jpg
御杖神社に一礼 バイクで来たことがあります

CIMG6961_640.jpg
佐田峠への道 稲刈り中

CIMG6967_640.jpg
佐田林道の入り口のようです 学能堂山の案内もあります トリッカーなら行けるな

CIMG6964_640.jpg
向かいは首切り地蔵 

CIMG6969_640.jpg
左は国道へ 右は丸山公園へ

CIMG6973_640.jpg
やっと国道に出ました 道の駅までもう少し

CIMG6976_640.jpg
いつのまにかズボンが大変なことに これ、なかなか取れません

CIMG6977_640.jpg
道の駅に帰ってきました 3時20分 7時間15分の山行でした ああ、疲れました

走行116km 歩行26000歩 
もっと登山口近くにバイクを置けるところがあるといいのですが、この周回コースはなかなかよかったです
6月はじめには、ベニバナヤマシャクヤクというのが咲くそうで、また登ってみたいと思いました
マイナーな山でありながら、迷う心配もなく、危険な(怖い)ところもなく、県別地図に載っていないのが不思議・・・

gakusounoudousan_640.jpg
今日のコース 時計回りで歩きました

香良洲海岸ウォーク

ツーリング
10 /12 2018
記事一覧

昨日は山では雨が降ったと思い、山歩きはやめて、「今はもう秋 誰もいない海」でも歩こうかと決定
津市の香良洲海水浴場あたりの周遊マップがあったので、それを参考にします

8時ごろGSR-Sで出発 大宇陀野依から特養やまびこ経由でR369に出ます
この向きで通勤する人はほとんどいませんから、すいています

今日からメッシュジャケットはやめて、秋冬兼用のジャケットを着てきましたが、それで正解
弁財天トンネルを抜ける頃には、涼しいを通り越して寒いくらいです

CIMG6672_640.jpg
気温は9度 10秒前まで8度でした


CIMG6676_640.jpg
今日のソニアガラ

CIMG6677_640.jpg
K15で不通区間があるようです K667は大丈夫

K15をどんどん進みます 40km制限のところも安全運転で走ります 見通しもよくとても走りやすい道です

田尻からK503で北上し、R165に出ようとして、踏み切りを渡らず直進して、道に迷いました!

CIMG6678_640.jpg
こんな狭い橋に出ました

これ、どこかで見たなぁと思いました 一志温泉やすらぎの湯の周辺を歩くルートをグーグルでチェックしていたときに見た光景です  散歩していたご婦人に国道への出方を尋ねて解決
しかし、この狭い道、車で通ってましたが、わたしはイヤです・・・バイクでもささっとね

CIMG6679_640.jpg
上を走るのは近鉄大阪線 伊勢石橋駅近くです

R165に出れば後は直進すれば香良洲海岸に出ます

地図を見れば一目瞭然ですが、香良洲は絵に描いたような三角州です
海岸はきっちり南北に2,5kmほど伸びています 潮干狩りでも有名だそうです

CIMG6681_640.jpg
香良洲公園の広い駐車場に到着 3時間かかりました

ズボンと靴(スニーカー)をかえて出発

CIMG6683_640.jpg
香良洲公園は明石にゆずらず舞妓に勝るとか・・・

CIMG6690_640.jpg
伊勢湾 熊野灘とは色が違います 何か濁った感じ

CIMG6691_640.jpg
南側

CIMG6692_640.jpg
北側 

北へ向けて歩き始めます 予想通り、今はもう秋誰もいない海

CIMG6694_640.jpg
砂浜を歩きます 足腰の鍛錬

CIMG6696_640.jpg
満ち潮?引き潮?

CIMG6697_640.jpg
堤防下にも道があります

CIMG6703_640.jpg
マイ足跡

CIMG6704_640.jpg
もう12時前 あの段差に腰掛けてお弁当にします

CIMG6705_640.jpg
ひじきの炊き込みご飯、アンパン、キュウリの浅漬け

水平線を見ながらゆっくりいただきます もう少し海の色がいいといいんですが

CIMG6706_640.jpg
少し沖合いに、操業中らしき船 鳥がいっぱい飛び交っています

CIMG6708_640.jpg
ガス関係の施設でしょうか

CIMG6710_640.jpg
北の端っこまで歩いてきました

CIMG6712_640.jpg
南を見ます 長い海岸ですね 陸地には華やかさはまったくありませんが・・・賑わうのは真夏だけ?

CIMG6719_640.jpg
香良洲漁港

CIMG6721_640.jpg
歩いて灯台まで行けます

行けるのですが、けっこう強い風が吹いていて、体をゆらされるほど
突風が吹いて海にはまったら・・・と考え、灯台まで行かず すごく狭いし・・・石橋をたたいて渡らず

CIMG6730_640.jpg
漁港への出入り口 向かいの突堤を歩く人 向こうは少し広いです

CIMG6727_640.jpg
白い大きな海鳥 白鷺なのでしょうか

CIMG6732_640.jpg
車道を南へ

CIMG6733_640.jpg
至近距離で飛ぶ二機のヘリ 自衛隊?

CIMG6736_640.jpg
何が危ないのかな?

CIMG6740_640.jpg
貝を取ってはいけない場所があるようです

CIMG6739_640.jpg
あの人たちは? 何かの作業中の様子

CIMG6744_640.jpg
雲出川沿いに歩きます

CIMG6745_640.jpg
滑走路みたいなものがあります

ウォーキング地図によると、本物の小型飛行機用滑走路のようです

CIMG6749_640.jpg
隣は梨畑 実はもうなし

CIMG6753_640.jpg
香良洲公園に戻ってきました

帰りはR165を西へ西へ  小波田からコリドール

CIMG6756_640.jpg
滝之原のコスモス畑

CIMG6762_640.jpg

CIMG6770_640.jpg

CIMG6773_640.jpg
比奈知ダムで休憩 

榛原内牧で去年は柿を買っていたのですが、今年は店を出していなかったので、大宇陀内原の道路沿いのお店へ
これで今年はもう三回目 500円のをひと盛り購入 西吉野の柿ですが甘くておいしいです

御杖からずっと走っていて、手がかじかんでしまいました 停まったときにエンジンを触って暖をとりました
GSR-Sにもグリップヒーターがほしいなぁ というか、また冬がくるんだなー 酷暑がなつかしい・・・
走行240km オド4万km越えました 歩行12000歩 全然汗をかきませんでした 帰りは夕焼けも消えていました

桜山 蜘蛛の巣払い

ツーリング
10 /08 2018
記事一覧

土日は不安定な天気でしたが、今日は「高気圧に覆われておおむね晴れるでしょう」というツーリング日和
距離も走りたいし、山歩きもしたい、ということで、南伊勢町の五ヶ所湾を見下ろす桜山という、たった213mの山に登ることにします

7時前に出発 高見峠もスイスイ越えます
いつものように飯高の駅で休憩

CIMG6558_640.jpg
今日の局ヶ岳

R166からR368、丹生からR42、新田から県道709、すぐ田口大橋を渡って県道38号へ
長命寺を過ぎて鮠川(はやかわ)大橋を渡って、裏道を行きます

CIMG6561_640.jpg
鮠川大橋

CIMG6560_640.jpg
宮川は濁っていますね

裏道を快走して県道22号、円座町からサニーロードを使います
今日は後から飛ばしてくる車もなく、快適に走れました

国道260号に出て東へ 神津佐(こんさ)大橋をわたらずに直進して、ふたつめの橋を渡り、神津佐公民館の駐車場へ

CIMG6562_640.jpg
公民館は閉まっていますが、ここに駐車すると安心感があります

ズボンと靴を履き替えて出発 10時20分です

CIMG6568_640.jpg
アンテナ塔が見える前を川沿いに少し歩きます

CIMG6569_640.jpg
中河内川ぞい

CIMG6571_640.jpg
桜山への案内 2.6kmあります  直登ならすぐですが、尾根をずうっと歩いていく感じです

CIMG6573_640.jpg
心が早速折れそうになる入り口 草ボーボー

CIMG6575_640.jpg
登り始めるとましな道

CIMG6576_640.jpg
すてきになってきました

CIMG6577_640.jpg
さっそく鳥居がありました

CIMG6578_640.jpg
浅間山大日如来さまだそうです

CIMG6580_640.jpg
大丈夫なのだろうか ヤブこぎになってきました

CIMG6581_640.jpg
写真ではわかりませんが、くもの巣が数メートルおきにあります

どれだけ登られていないルートなのか 枝を二本もって、バルタン星人のような動作でくもの巣をはらいながら進みます

CIMG6583_640.jpg
山奥の山だったら引き返します・・・

CIMG6584_640.jpg
眺めのいいところに出ました 浅間山か? まだ標高は100mもありません

CIMG6585_640.jpg
神津佐大橋ですね


CIMG6586_640.jpg

CIMG6588_640.jpg
これは道だよ~のしるしがありがたいです

CIMG6590_640.jpg
こういう案内もありますが、いかんせん、読めません・・・

CIMG6594_640.jpg
南側に続く尾根 帰りはあっちを歩くことになるようです

CIMG6601_640.jpg
尾根のアップダウンを経て広場に出てきました

CIMG6602_640.jpg
分岐になっています 桜山は左へ 下山は右へ行きます

CIMG6607_640.jpg
桜山への道 未舗装の車道らしいが、車の轍は確認できません 


CIMG6608_640.jpg
あけび?


CIMG6612_640.jpg
山頂は右へ あと160m

CIMG6614_640.jpg
ロープのある急登

CIMG6616_640.jpg
山頂到着 1時間半くらいかかりました

CIMG6617_640.jpg
西の方に展望が開けています

CIMG6619_640.jpg
五ヶ所湾

CIMG6620_640.jpg
神津佐大橋も垣間見えます

CIMG6622_640.jpg

CIMG6627_640.jpg
少し上に三角点があります

CIMG6633_640.jpg
お弁当にします サツマイモのキンピラとか糸こんにゃくとか、地味なおかず ラジオもよく入ります

もう少し先に鉄塔があるらしいですが、もう帰らないと・・・と思い、行きませんでしたが、そこも展望がいいらしいですので、次回に回します

誰も来る様子がなく、今日は山ごと貸切ですね
40分ほどゆっくりして下山開始 分岐に戻ります

CIMG6636_640.jpg
未舗装車道にしてもひどい道

CIMG6637_640.jpg
悩む標識がありました 神津佐へは下る、とありますが、予定していたのは直進ルートです

下れば神津佐への近道になりそう 予定していたルートよりも早く帰れそう、ということで谷筋を下ることに決定

CIMG6638_640.jpg
下るのはいいですが、どれが道かわかりません・・・

CIMG6639_640.jpg
赤テープ発見  案内してくれるようです  もしなかったらとても不安


CIMG6640_640.jpg
岩がゴロゴロしていてとても歩きにくいです 近道にならないかも

CIMG6643_640.jpg
道らしきものがありました

CIMG6644_640.jpg
案内板もありました


CIMG6647_640.jpg
小屋 里は近い

CIMG6653_640.jpg
これなら車も通れます

CIMG6654_640.jpg
必ずありますね アクティ

CIMG6658_640.jpg
ハイエースでしょうか 廃エースになっています

CIMG6659_640.jpg
人里は近いが、現役の畑がありません

CIMG6660_640.jpg
やっとありました

CIMG6662_640.jpg
やっと民家が

CIMG6664_640.jpg
結局往路で渡った橋の、隣の橋に出てきました 近道にはなりました

下山も1時間30分以上かかりました  
今日は蜘蛛の巣をたくさんはらいました 蜘蛛には悪いですが・・・ 直径1メートルを張るのにどれくらいかかるんでしょうか?

sakura山_640
予定の下山ルートはもっと南側の道でした 「せいべ山」というピークがあり、五ヶ所湾の展望がいいらしいです 

しかし、明るいうちに帰宅しようと思うと、もっと早く家を出るか、日の長い季節のほうがいいですね 
低山でしたが、また登ろうと思いました
走行270km 歩行12000歩 まずまずの運動になりました

CIMG6668_640.jpg
帰りの夕焼け 橿原にて

岩湧山 ススキの草原

ツーリング
10 /03 2018
記事一覧

昨日は志摩の横山ハイキングでウォーミングアップできました
今日は大阪府の河内長野市の人気の山、岩湧山に登ろうと思います
家から近いので、いつでも行けるわと思っていてまだ登れていない山です
頂上にはカヤト(ススキ)の原っぱがあるらしい

午前6時半ごろに出発 京奈和で行けば早いのですが、あえて国道24号線を橋本まで走ります
通勤ラッシュにはまだ早く、のんびり運転できました 
ニトリで右折、三石台から国道371号で北上
紀見トンネルを通り、快走 ただし車はひっきりなしに通っています
途中、「石仏バイパス」がありましたが、どこまでバイパスなのかわからず、旧道を進みます

新町橋南交差点を左折、突き当りを右折してすぐ左折、府道221号で南下します

CIMG6427_640.jpg
途中から林道になります ずっと奥まで民家があります


CIMG6433_640.jpg
駐車場はNo.1~6までありますが、登山口に一番近いNo.1に到着

CIMG6435_640.jpg
先客は一台だけ

あとでわかりましたが、これより上に行っても岩湧寺関係者駐車場があり、登山者もそこに停めていました

ズボンと靴をはきかえて出発

CIMG6438_640.jpg
シュウカイドウの花 この前NHK「ならナビ」で放送していた花です

駐車地からちょっと戻ったところに「岩湧登山古道」の案内があり、そこから登っていきます

CIMG6444_640.jpg
この倒木で通行止め 迂回せよとのこと まぁ最近どこにでもありそうな倒木ではあります

CIMG6446_640.jpg
今にも倒れそうなこっちのほうがこわいかも・・・


四季彩館は今日はお休みのようです

CIMG6456_640.jpg
四季彩館の展望デッキからはPLの塔が見えます

CIMG6458_640.jpg
岩湧寺 趣のある宝塔


CIMG6460_640.jpg
本堂に一礼


CIMG6463_640.jpg
その通り 触ったらすぐ折れます

20181003iwawakisan (40)_640
林道を20m行くと左手に登山口があります

ファfミリー向けの「いわわきの道」と、急勾配の「きゅうざかの道」が選べますが、岩湧山とは反対側の根古峰(ねこみね)も行こうと思っているので、先に岩湧山へ行った方がよかろうと思い、「きゅうざかの道」を選択 健脚向きで、私向きではないのですが・・・
急な階段を登っていきます

20181003iwawakisan (43)_640
根っこ道の急坂もあります

CIMG6471_640.jpg
急なのは確かですが、自分の歩幅で歩けるので、歩きやすい感じ

CIMG6473_640.jpg
ずっと同じ感じで登っていくようです

CIMG6476_640.jpg
1時間ほどで東峰に到着 いわゆるダイトレですね 岩湧山は西へ

CIMG6480_640.jpg
水洗トイレがありました 女性には助かりますね  人気のひとつの要因でしょう

20181003iwawakisan (57)_640
素敵なススキロード

20181003iwawakisan (58)_640
岩湧山到着 897m

CIMG6486_640.jpg
曽爾高原もいいけれど、ここもいいです!

20181003iwawakisan (77)_640
いいお天気 PLの塔がはっきり


霞んではいますが海も見える 淡路島もなんとなく  金剛山方面も

CIMG6505_640.jpg
景色をおかずにお弁当にします

20181003iwawakisan (80)_640
昨日と同じもの・・・ 煮サバが大好きなのです


山頂はひっきりなしに登山者がやってきます 食後少し昼寝して出発

CIMG6516_640.jpg
素敵な植林の道 東へ歩きます

五ツ辻の分岐まで来ました 予定では根古峰へも行くつもりでしたが、岩湧山のすばらしい展望で今日は満足したので、もう下山することにします

20181003iwawakisan (97)_640
花を撮影する余裕があるくらいの勾配を下っていきます

CIMG6527_640.jpg
ここは危ないところ 片側は崖

CIMG6529_640.jpg
分岐がありました このまま「いわわきの道」か「みはらしの道」かを選べます

たぶん、「みはらしの道」のほうが人がいないだろうと思い、右折

CIMG6537_640.jpg
でかいキノコ

CIMG6541_640.jpg
なるほど少しみはらしがあります

CIMG6547_640.jpg
町も見えます

この道を選んで正解 誰にも会いません 基本は下りですが、ゆるやかなところもあります

林道に下りてきました (この道では四季彩館は通りません)

CIMG6554_640.jpg
第3駐車場のところですね  ここから岩湧山に登るのもいいんじゃないでしょうか

帰りは橋本から京奈和を利用して時間短縮しました 石仏バイパスも通りましたが、すばらしい道でした

駐車場が標高400mくらいなので、500mくらい登ったでしょうか 
いい運動になりました 走行105km 歩数は13162歩でした
また登りたいなと思う山がひとつ増えました

志摩市 横山 迫子浅間山

ツーリング
10 /02 2018
Vstrom のオドメーターが4万キロを越そうとしています
今日は300キロ走って一気に越えましょう
天気はよさそうです 遠出しても明るいうちに帰ってこれそうな行き先は・・・
志摩市の「横山展望台」 一度行きましたが、そのときは展望台の往復だけでした

横山展望台の先には、パノラマ展望台、見晴らし展望台、英虞湾展望台があり、そのまま進むと横山という203mの山があり、その先には迫子(はざこ)浅間山というピークがあります
駐車場からの標高差は150mということで、山歩きとしては楽勝の部類

午前6時に出発  宇陀から佐倉峠に出て、高見峠を越えます  峠の前後には道路に水がでており、危険というよりはバイクが汚れるのがいやなので超減速して進みます



20181002yokoyama (3)_640
飯高の道の駅 そのうち登ろう局ヶ岳

勢和多気ICから伊勢自動車道で一気に伊勢西ICへ  対向車の多い伊勢道路を慎重に走り、道の駅伊勢志摩へ

20181002yokoyama (11)_640
横山ビジターセンターへの道 

20181002yokoyama (12)_640
駐車場に到着 バスには中国語を話す方々  駐車場は前は舗装されていなかったような・・・

ズボンと靴(今日はスニーカー)をはきかえて出発

20181002yokoyama (23)_640
横山展望台のテラス

CIMG6331_640.jpg
英虞湾がよく見えています

20181002yokoyama (27)_640
180度以上見渡せます

20181002yokoyama (35)_640
遊歩道は続きます

20181002yokoyama (56)_640

20181002yokoyama (57)_640
ここでお弁当

CIMG6369_640.jpg
横山と浅間山への案内

20181002yokoyama (63)_640
素敵な道 

CIMG6382_640.jpg
迫子浅間山の展望台かな


CIMG6384_640.jpg
展望は広角270度

CIMG6388_640.jpg
いや、この展望台が一番いいんじゃないでしょうか  ここでお弁当にすればよかった!

ここからは迫子のバス停まで下りる道があり、そっちから登ってくるのも面白いですね
いいところ発見?しました

ちょっと昼寝をして下山します


CIMG6413_640.jpg
菖蒲園 駐車場のすぐ近くです

CIMG6414_640.jpg
駐車場脇の休憩所に帰ってきました 下りは早かったです

20181002yokoyama (111)_640
帰り、とりあえず道端でもいいから愛車と海の一枚

田引トンネルが交互通行で停車しなければなりませんでした 横の赤桶ダムを見ると・・・

CIMG6424_640.jpg
恐ろしい水量になっていました・・・

愛車は4万キロ突破 ただ中古車だったので、私の分はまだ38800kmくらいでしょうか
本日は走行297km 歩数11000歩 久々のR260を走れてよかったです
再編集したため画像はかなり減りました・・・

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?