恋野あじさい園 国城山 龍スカ大滝

ツーリング
05 /29 2018
雨は降らないようですが、どんより曇りの一日らしい
予定では三峰山に登るつもりでしたが、予定変更
橋本市の恋野あじさい園経由で、高野山へのR480の途中の展望台までと決めて、7時過ぎに出発

京奈和を五條で下りてR168, 丹原から県道55号、恋野で左折、山のほうへ

20180529koinoajisai (2)_640
あじさい園を通り過ぎて、まずは似賀尾池へ

20180529koinoajisai (5)_640
何があるというわけではありませんが、野鳥の声が気持ちいいです

20180529koinoajisai (13)_640
あじさい園に到着 誰もいません まだあまり咲いていませんからね

20180529koinoajisai (18)_640

20180529koinoajisai (21)_640

20180529koinoajisai (23)_640


20180529koinoajisai (27)_640
この池は本田池


20180529koinoajisai (36)_640

20180529koinoajisai (49)_640

20180529koinoajisai (56)_640
見たい方向に柱が・・・

20180529koinoajisai (60)_640
愛車を停めたそばの水路 何かに気づく!

20180529koinoajisai (61)_640
出た! 生きている? 頭が三角ですけど・・・

ちょちょっと石を投げて、どうなるか見てみる

20180529koinoajisai (64)_640
危険を感じて岩の隙間に入っていきました

今のは、「まー君」ですよね、きっと  赤土か何かで模様がよくわかりませんでしたが・・・
このあじさい園、要注意! (まー君注意の掲示はありません)

県道55号を西へ R370にのり、清水交差点で左折、フルーツラインへ
・・・左折直後、「国城山(くにぎさん)」の案内表示
552mのこの山の周辺は探険しなければと思っていたので、躊躇なく山を登ります

20180529koinoajisai (65)_640
山には国城神社と三平神社があります

道は狭い急坂、1速でしか登れません 対向車がきたら・・・まぁ、来ません

20180529koinoajisai (69)_640
途中のお花畑

国城神社の駐車場に到着 広いしトイレもあります

20180529koinoajisai (77)_640
階段を上ってお参り またヘビが出て逃げていった・・・

20180529koinoajisai (78)_640

20180529koinoajisai (86)_640
こっちは三平神社 駐車場とトイレあり


20180529koinoajisai (89)_640
広い縁台独り占してランチ 麦笑のブドウパンと野菜炒め

この辺には農具の資料館もあるはずなんですが、今日はちょっと寄っただけなので、次回いろいろ調べてから来ましょう
山を下り、フルーツライン経由で道の駅柿の郷くどやまへ

20180529koinoajisai (90)_640
途中、建設中のフルーツラインの橋が見えました この橋が完成すると、一気に県道109号まで走れますね

20180529koinoajisai (93)_640
くどやま駅で野菜をいっぱい買いました 安かったです!

R480を高野山へ 

矢立から1キロちょっとのところに展望台 今日の一応の目的地ですが、木が成長して展望あまりなし

龍スカを少し走ろうかと思い、さらに進みます
ごまさんまで行こうかと思いましたが、「大滝」に行こうと右折

20180529koinoajisai (103)_640
道から見えています
斜面を降りていけばもっと近くから見ることができますが、今日は爬虫類に出会いそうなのでやめときます


20180529koinoajisai (115)_640
道をそのまま行くと大滝の集落へ 数軒の民家があります
ここで行き止まり 来たのは二回目


20180529koinoajisai (120)_640
ホタルブクロ?

帰りは梨子ノ木峠口から県道109号、山を下りてフルーツライン、高野口ICから京奈和を使用
誰もいないところでゆっくりランチもできたし、国城山もチェックできたし、車も少なかったし、まずまず快適な175kmのツーリングでした

90歳の女性が赤信号を無視して大事故を起こしていますが、そんな人があちこちにいるという前提で走ろう・・・
平日はどの車もお年寄りみたいだし・・・

再編集して復旧しました・・・
スポンサーサイト



麦笑プラスワン 宮滝ダム展望台から東川

ツーリング
05 /27 2018
金曜と土曜は東吉野村のパン屋さん麦笑(むぎわら)へ行けなかったので、今日が麦笑プラスワンツーリングです
東吉野村の麦笑でパンを買った後、大滝ダムへ行き、そばの山(鎧岳?)にある展望台までのぼってランチ
その後、反対側の東川(うのがわ)まで下りて、川沿いを元の場所まで戻るというプラン

近場なので出発は十時前
いつもの佐倉峠へ出るルートを快走 新緑も次第に濃くなってきています

DSCF9579_640.jpg
いつもの魚見石前

DSCF9582_640.jpg
麦笑前の花壇 この粉をかぶったような葉の植物は何でしょう?

国道169号へ出てすぐ吉野川を渡り、林業センターの先で曲がって「にぶトンネル」へ

DSCF9589_640.jpg
あとで歩いて通ることになります

DSCF9592_640.jpg
トンネルを出てすぐのところがダムのビューポイント

DSCF9593_640.jpg
雄々しい姿

DSCF9596_640.jpg


DSCF9598_640.jpg
向かいの国道をバイクがひっきりなしに通ります

DSCF9600_640.jpg
ダムの事務所の駐車場に到着

DSCF9605_640.jpg
ダム湖の名は龍神湖

DSCF9602_640.jpg
下を覗き込むのはこわいくらい

ハイキングの服装になって出発

DSCF9609_640.jpg
遊歩道の入り口 急な階段が続いているようです

DSCF9611_640.jpg
登るにつれて展望がよくなります

DSCF9612_640.jpg
落ち葉や石だらけの階段 あまり使われていないようです

DSCF9614_640.jpg
アカシア?とげにひっかかりました!

DSCF9615_640.jpg
どこまで続く?暑い!

DSCF9616_640.jpg
クレーン台よりも高いところに来ました

DSCF9618_640.jpg
まだあるぞ

DSCF9620_640.jpg
やっと休憩所に到着

DSCF9621_640.jpg
木が茂っていて展望はもうひとつ

DSCF9625_640.jpg
東屋はそんなに老朽化はしていません ラーメンとかよさそう

DSCF9627_640.jpg
東屋あるある スズメバチの巣 現役ではなさそうですが・・・触らぬハチに祟りなし

DSCF9628_640.jpg
山道を登っていきます もう軽登山ですね

DSCF9629_640.jpg
ちゃんと使えるベンチがときどきあります

DSCF9630_640.jpg
これが唯一のバリアでした

DSCF9633_640.jpg
案内もバッチリ 

DSCF9634_640.jpg
尾根に出ました なかなか開放的

DSCF9635_640.jpg
東川への遊歩道入り口発見 帰りはここから下山しましょう

DSCF9636_640.jpg
その前に、ここを登って展望台へ

DSCF9637_640.jpg
丸い葉が一枚だけ生えている!?

DSCF9638_640.jpg
展望台に到着 なかなかしっかりしている建物

DSCF9644_640.jpg
いやぁ絶景ではございませんか 暑い中あがってきた甲斐がありました

DSCF9648_640.jpg
ベンチがないので、床にへたりこんでランチにします

DSCF9649_640.jpg
いつものピザパンからいきましょう

ラジオを聞きながら、ダムの景色を見ながら、ゆっくりとパンを味わいます
冬はラーメンを持ってきたいですね

DSCF9652_640.jpg


DSCF9653_640.jpg
鎧岳 541mとあります

国土地理院の地図には確かに541mのピークがありますので、この展望台は山頂にあるのでしょう
大滝ダム堰堤の標高は326mなので、215m登ってきたことになります

DSCF9655_640.jpg
さて東川のほうへ下りていきます 落ち葉で道が埋もれています

DSCF9659_640.jpg
こんな色のカエルがたくさんいました

DSCF9662_640.jpg
パッと見、道は分かりにくいのですが、階段の杭がたくさんありますので、迷うことはありません

DSCF9665_640.jpg
ここに下りてきました

DSCF9666_640.jpg
東屋のあるところ ここでは何度もランチしてます

DSCF9667_640.jpg
前は吉野川

DSCF9668_640.jpg
おおまかな絵地図ですが、通ってきた道がわかります

DSCF9672_640.jpg
ここは水場があったのですが、流れていません

DSCF9674_640.jpg
ただすぐそばには山からきれいな水が流れてきています

DSCF9676_640.jpg
舗装路を歩いて駐車地に戻ります  向かいの吉野杉工房 若者たちが林業体験?をしています

DSCF9679_640.jpg
午前中にバイクで通ったトンネル 歩くときのためにLEDライトを持ってきました

DSCF9680_640.jpg


DSCF9681_640.jpg
愛車が待ってくれています

今日の遊歩道は上り口からの階段に落石が多く、誰でもどうぞという感じではありませんが、危険なところもないし、展望台からは絶景が楽しめるし、8500歩くらいなので、ちょっと山歩きしたいときにいいですね
山頂から東川へ下りましたが、東川は大滝ダムよりだいぶん下にあるので、下りは長く感じました
東川から展望台は1時間はたっぷりかかりそうです 大滝ダムからのほうが楽です

次の「麦笑プラスワン」はどこへ行きましょうか・・・
104kmの近場ツーリングでした

笠置山に登る

ツーリング
05 /21 2018
今日もいいお天気
笠置山は288m 上まで道がついていて、バイクで二回上がりました
柳生から歩いて行ったこともありますが、麓から足で登ったことがないので、今日は超低山登山

エンゼルスの大谷選手の4勝目を確認してから出発
久々に県道38号を独走快走して、国道369号へ

広域農道で白笠 そこから県道47号

DSCF9468_640.jpg
大柳生の手前 田植えの季節ですね

DSCF9470_640.jpg
須川貯水池に寄ります

DSCF9472_640.jpg
小学校がありますね

DSCF9474_640.jpg
貯水池のまわりに公園はあるのでしょうか また今度調べましょう

こうもり博物館の前を通り過ぎて、笠置の町へ

DSCF9475_640.jpg
わかさぎ温泉笠置いこいの館の駐車場に到着

靴とズボンをはきかえて出発

DSCF9479_640.jpg
笠置山は目の前

DSCF9484_640.jpg
県道4号にある登山口

DSCF9486_640.jpg
歩いて登るときはこの階段からスタート

DSCF9490_640.jpg
家はたくさんありますが、ひっそりとした雰囲気の笠置の町

DSCF9493_640.jpg
なかなか登山道という感じ

DSCF9498_640.jpg
日陰は涼しいです

DSCF9500_640.jpg
家が見えてきました

DSCF9501_640.jpg
ここで車道と合流

DSCF9503_640.jpg
すぐにまた自然歩道へ

DSCF9504_640.jpg
大きな岩が石垣の上に 

DSCF9508_640.jpg
笠置寺山門に到着 ここまで誰とも会わず

DSCF9512_640.jpg
入山料は300円 だれもいなかったので、ここに置いておきます 日本ですねー

DSCF9515_640.jpg
この岩 落ちてこんのかぁ、という巨岩がいっぱい

DSCF9517_640.jpg
本尊弥勒磨崖仏 輪郭?しかわかりませんが・・・

DSCF9522_640.jpg
調べたらこんなのです、という写真が飾ってあります

行者の道へ入ります 3回目です

DSCF9527_640.jpg
虚空蔵磨崖仏 弘法大師が一晩で彫られたとか・・・

DSCF9529_640.jpg
おなじみ胎内めぐりを通過中

DSCF9530_640.jpg
太鼓岩

DSCF9531_640.jpg
展望あり 北東ですか

DSCF9532_640.jpg

DSCF9533_640.jpg
廃墟のようなものがあります

DSCF9535_640.jpg
これくらいの爬虫類はこわくありません

DSCF9536_640.jpg
大岩の上からの展望

DSCF9545_640.jpg
昔はこの岩の上でほら貝を吹いていたそうな

行者道めぐりはあっという間に終わりますが、下って登って、いい運動になります
誰にも会いませんでした

DSCF9547_640.jpg
もみじ公園に到着 新緑に覆われて幻想的なほど

DSCF9548_640.jpg
ベンチもたくさんあります 貸切状態

DSCF9550_640.jpg


DSCF9551_640.jpg

DSCF9549_640.jpg


DSCF9554_640.jpg
ラジオを聞きながらゆっくりいただきます すごくぜいたくな気分 

DSCF9559_640.jpg
デザートは麦笑のパン ピントが合いませんでした

DSCF9561_640.jpg

ここ、新緑の季節もいいですね また来よう

DSCF9563_640.jpg
お金がある人は料亭でお鍋とか

DSCF9565_640.jpg
帰りは車道を下ります

DSCF9570_640.jpg
あっという間に下山

いこいの館で温泉に入っていくべきでしょうが、どうせまた汗をかくし・・・ささっと出発
県道4号で国道369号 県道80号経由で広域農道 そして久々やまなみロード
龍穴神社でWC 弁財天トンネルの手前で国道369号にでて、いつものルートで帰宅

DSCF9573_640.jpg
県道28号沿いの滝

DSCF9575_640.jpg
前は草ぼうぼうだったが、全部切られています 整備する?

今日はゆっくり走っていたものの、抜かれたのは一回だけ 交通量がとても少ないルートを走りました
距離142km のどかな新緑ツーリングでした

天川村 みたらい渓谷遊歩道オール

ツーリング
05 /20 2018
今日は気温もさほど上がらないようです
かねてから行こうと思っていた天川村のみたらい遊歩道を歩きたいと思います
まずは洞川温泉まで走って駐車 バスで川合まで戻り、7.4kmの遊歩道を歩いて洞川に戻る予定

バスの時刻を考えて、八時過ぎに出発
まずまず快走して洞川温泉に到着

DSCF9347_640.jpg
温泉前に駐車 バイクは無料です ズボンをはきかえてバス停へ

DSCF9356_640.jpg
日曜日は10時25分発の大淀バスセンター行きがあります

DSCF9358_640.jpg
バスの旅もいいものです 川合まで370円 乗客は私を入れて3名

DSCF9361_640.jpg
ここが川合のみたらい遊歩道入り口

DSCF9363_640.jpg
ちょっと揺れる吊橋を渡ります

DSCF9364_640.jpg
橋から撮影

DSCF9366_640.jpg
天川のエメラルドグリーン

DSCF9369_640.jpg
しばらく車道を歩きます

DSCF9372_640.jpg
とてもわかりやすいゲートが遊歩道の入り口

DSCF9374_640.jpg
新緑のトンネルがいい感じ 他に歩く人がいません

DSCF9376_640.jpg
フラットな道が続きます (今日の高低差は200m)

DSCF9377_640.jpg
岩がはがれています

DSCF9383_640.jpg
天然のプール

DSCF9385_640.jpg
がんばってる木

DSCF9386_640.jpg
天保橋 渡れば国道309号

DSCF9390_640.jpg
橋の上から

DSCF9391_640.jpg
どこもかしこもお弁当スポット

DSCF9394_640.jpg
階段もあります

DSCF9396_640.jpg
苔だらけの遊歩道

DSCF9402_640.jpg

DSCF9408_640.jpg
国道から見える滝 行者還トンネル方面へ行くときに通りますね

DSCF9412_640.jpg

DSCF9414_640.jpg
哀伝橋 そうは見えませんが吊橋 

DSCF9419_640.jpg
けっこう大きな滝です

DSCF9423_640.jpg
滝の上もお弁当スポット

DSCF9431_640.jpg
万一、岩が剥がれ落ちたら運が悪いとしか・・・

DSCF9432_640.jpg
このあたり階段の連続で、標高をかせぐ

DSCF9438_640.jpg
まだ4km以上あります・・・

DSCF9443_640.jpg
でも山登りと違って、とてもなだらか 渓谷の音を聞きながらゆっくり歩みます

DSCF9444_640.jpg
ありました まむし草 

DSCF9445_640.jpg
観音峯登山口休憩所に到着 ここはおなじみ

DSCF9447_640.jpg
ベンチでゆっくりお弁当をいただきました

DSCF9448_640.jpg
ここからしばらくは県道を歩きます

DSCF9450_640.jpg
ここからまた遊歩道に入ります

DSCF9452_640.jpg
静脈瘤のような根っこ道

DSCF9455_640.jpg
フジ

DSCF9457_640.jpg
ライディングジャケットも着て歩いているのですが、あまり暑くありません ほとんど日陰ですし、水がすぐそば


DSCF9461_640.jpg
「ダイジョウゴンゲンサン」 ここで災いを食い止める

DSCF9462_640.jpg
洞川温泉に戻ってきました 3時間はかかっていません

200mの高低差を感じさせない素敵な遊歩道でした 洞川から川合へ下りていくよりも、まず川合に行き、愛車のもとに戻るという案で正解でした

本来なら温泉に入ったらいいのでしょうが・・・
昨日は東吉野村のパン屋「麦笑」に行けなかったので、ハイキングを終えてから東吉野に向かいます

DSCF9465_640.jpg
無事4時前に麦笑に到着しました 売り切れていなくてよかった 塩パンはありませんでしたが

DSCF9466_640.jpg
今日のラストは魚見石前のいつもの一枚

みたらい遊歩道は人気なので、もっと人が多かろうと思っていましたが、静かな道をずっと歩くことができました
天川村はテレビでもよく取り上げられています 近いといえば近いので、また近いうちに、今度は洞川自然研究路を歩いてみたいと思います
新緑で目が洗われた一日 走行距離150km 歩行は13200歩でした

青蓮寺ダム

ツーリング
05 /16 2018
4日前に下市町の平原シャクヤクガーデンでもらってきたシャクヤクのつぼみが開きました

DSCF9230_640.jpg

DSCF9229_640.jpg

DSCF9228_640.jpg

DSCF9227_640.jpg
水を入れたバケツにつっこんでおくだけで、おおきな花を咲かせてくれました

さて、今日も暑くなりそう 予定では、天川村のみたらい遊歩道を、川合から洞川温泉まで全部歩こうと思っていたのですが、きのうの金剛山登山の疲れがあり、予定変更
景色のきれいなところでお弁当を食べるツーリングにします  新緑といえば、曽爾から名張への県道81号が最適

9時半頃に出発 内牧から国道369号を走ります 貸切状態です 掛から県道81号 これもガラガラ

DSCF9233_640.jpg
定番の鎧岳と愛車のショット

DSCF9239_640.jpg
あの頂上にチャレンジする日は来るでしょうか?

DSCF9240_640.jpg
伊賀見の公衆トイレ 初使用 ここから倶留尊山への道があります 4.9kmあるようです

DSCF9245_640.jpg
ごっつい岸壁 何山?

DSCF9248_640.jpg
小太郎岩 路肩駐車するしかありません

DSCF9249_640.jpg
ライオンフェイス

DSCF9253_640.jpg
夫婦滝というのは初めて 

DSCF9258_640.jpg
ロープが張ってある斜面を登っていきます

DSCF9259_640.jpg
あの上のほうまで行かなければならない様子

ちょっと時間がかかりそうなので、出直すことにします

DSCF9270_640.jpg
青蓮寺ダムの展望台駐車場に到着

DSCF9261_640.jpg
あまり利用されている感じがしませんが

DSCF9263_640.jpg
ここは初めて なかなかいい眺めです

DSCF9265_640.jpg

DSCF9273_640.jpg
展望台へ行きます

DSCF9274_640.jpg
階段は立ち入り禁止でした・・・

DSCF9278_640.jpg
まわりの樹木が育ち、展望デッキにあがっても見晴らしはなさそうでした

DSCF9285_640.jpg

DSCF9286_640.jpg

DSCF9292_640.jpg
このお花があちこちに

DSCF9295_640.jpg
ダム堰堤を歩いて往復します

DSCF9297_640.jpg


DSCF9299_640.jpg
人が両手を上に伸ばしているイメージだそうです

DSCF9305_640.jpg
この乗り物で

DSCF9306_640.jpg
下に下りていけるようです イベントとかあるのでしょうか

DSCF9313_640.jpg
フェンスから手だけ出して撮影

DSCF9314_640.jpg
高いところが大の苦手なので、こんな半透明フェンスの横を歩くだけでもびびります

DSCF9318_640.jpg
放水中

DSCF9319_640.jpg
高さは82mとか

DSCF9322_640.jpg
さて、お弁当にしましょう

DSCF9323_640.jpg
チャーハン、クリームコロッケ、サバの味噌煮、かまぼこ

ゆっくり食べて、昼寝して、さぁ帰りましょう 往路と同じ道をゆっくり帰ります

DSCF9325_640.jpg
羅漢岩

DSCF9326_640.jpg
羅漢滝というのがあるようです

DSCF9328_640.jpg
道路からはこんな感じで見えます

なんとか下りれそうな斜面だったので、木につかまりながら慎重に下りていきます

DSCF9331_640.jpg
正面から見えます 下りてきてよかった

DSCF9336_640.jpg

DSCF9339_640.jpg
青蓮寺川へそそいでいきます

DSCF9340_640.jpg
上は県道

DSCF9342_640.jpg

DSCF9343_640.jpg
誰にも邪魔されずお弁当が食べられそうなスポット(斜面で転ばなければ・・・)

抜かれても気にせず安全運転で走ります
帰りには香久山小学校の近くで、軽自動車同士が衝突したらしく、両車とも右全部が大破していました まっすぐな道でどうしたのでしょうか 制限速度は安全速度・・・予測しながら常に気を配り、ボケない運転をしたいものです
125kmくらい 新緑を堪能しました 近場でも見ていないスポットがいろいろあるものですね

金剛山 階段でお疲れ

ツーリング
05 /15 2018
今日は暑くなるとか 山は涼しいかもと、金剛山に登ります
ずっと前に林道を歩いて登ったことはありますが、メインの「千早本道」ルートは初めてです

R166の竹内街道を越え、南河内グリーンロードに入ります

20180515kongosan (1)_640
石方面への道は二輪通行禁止 いきさつは知りませんが、もう通らせてくれてもいいんじゃないかと・・・


弘川寺前を過ぎて、府道らしからぬ狭い府道200号で国道309号に出ます
広域農道を経て、富田林五條線(府道705号)で金剛登山口へ

20180515kongosan (6)_640
有料駐車場の端っこに停めます 200円  常駐のおじさんがいるみたいで安心

CIMG3673_640.jpg
ここから林道に入り、山頂をめざします

上り下りの人がひっきりなし 挨拶を返す人もいれば、むずかしい顔で通り過ぎる人も
千早城跡はパス 

20180515kongosan (16)_640
階段が始まります 私は普通の山道のほうが好きです・・・

CIMG3690_640.jpg
まだ五合目か・・・階段に飽きてきた・・・


20180515kongosan (33)_640
7.5合目


20180515kongosan (34)_640
そう こんな道がいいのです

20180515kongosan (37)_640
斜面が崩れています

20180515kongosan (42)_640
ひぃひぃ言いながらやっと広場に着きました 何百回も登っている人は、この階段で? 信じられません・・・

20180515kongosan (44)_640
一応ここが山頂  「金剛山ライブカメラ」というので定期的にネットに画像がアップされるようで、みなさんポーズをとっています


20180515kongosan (47)_640
眺望は・・・大いにかすんでいます PL塔はわかります

ハエと格闘しながらベンチでお弁当を食べます


20180515kongosan (54)_640
さすがの人気の山 


20180515kongosan (73)_640
燈篭の間を行きます 100回記念とかで納める人が多いみたい


20180515kongosan (79)_640
本当の最高地点は葛城神社の裏 立ち入り禁止

20180515kongosan (84)_640
こんな道には癒される

20180515kongosan (90)_640
一の鳥居 ここから水越峠に行けます

20180515kongosan (96)_640
一等三角点のある方(湧出岳)に行くと大きな電波塔がありました


20180515kongosan (101)_640
なにやら気配を感じてそちらを見たら・・・でかいのがひなたぼっこをしていました 
私はこれが大の苦手なのですが・・・写真は撮ります・・・


20180515kongosan (130)_640
ちはや園地でちょっとお昼寝


次回は奈良県側のJR北宇智駅からのルートで登ろう もう千早本道の階段はこりごり・・・
下りはかなり急です 軽トラがダダッと下りていきました・・・


20180515kongosan (145)_640
やっと滝らしきものを発見 

やっと府道まで下りてきました 10時40分に登り始め、今はもう4時前です
登山口までは毎時25分発のバスを利用して帰ることもできますが、交通は少ないだろうと、府道を歩くことにしました
もうこんな時間から山登りをしようという人はいないので、車は走ってきません


20180515kongosan (168)_640
こんなところに月極駐車場 毎日登山する人用?

マス釣り場を通り過ぎます
下りだし、車もほとんど通らないし、いい感じ

20180515kongosan (175)_640
千早城跡へ上がる階段前に到着

20180515kongosan (182)_640
駐車場そばの川は濁流

ゆっくりして午後五時にスタート 竹内峠ではイエローをまたぐ車に抜かれながら、安全運転で帰宅
18000歩足らず、バイクは60kmくらいでしょうか
人気の山ですが、あの階段は・・降参です・・・奈良県民らしく、北宇智ルート、郵便道とかで行く?

再編集して復旧しました・・・

麦笑プラスワン 平原シャクヤクガーデン

ツーリング
05 /12 2018
麦笑には、都合で、今日しか行けないので、またまた麦笑プラスワンツーリング
最近は、山を歩くか、麦笑プラスワンか、というパターンになってきています

気温がぐんぐん上がる中、8時半過ぎに出発 早速車にあおられ、その車は信号を完全無視して走り去り・・・
???なドライバーのせいで朝から気分が今一・・・

大宇陀の野依からいつものコースで、新緑の中を東吉野に向かうと、気分も落ち着きます
県道135号、219号を快走して国道166号に出ます
県道16号に折れ、小(おむら)にある麦笑に向かいます

20180512heibarashakuyaku (1)_640
魚見石前 葉がものすごく茂り、だいぶん離れないと全景が写せません

CIMG3588_640.jpg
麦笑  2台のバイクの人たちは店内でイーティングの模様

今日のプラスワンは、「下市町シャクヤクガーデン」です
栃原と平原にありますが、栃原のはすでに閉鎖された模様 でも行きがけなので栃原にも寄ってみます

吉野川沿いをラッキーボールまで走り、広域農道へ折れます

CIMG3589_640.jpg
栃原シャクヤクガーデンに到着  電気柵で覆われていて入れません

CIMG3591_640.jpg
金剛山や大和葛城山が見えています

CIMG3593_640.jpg
大紀農園さんが運営されています 根を生薬にするそうです

20180512heibarashakuyaku (9)_640
ゴージャス 立てばなんとか・・・の花ですね 色は三種類以上あるようです

20180512heibarashakuyaku (15)_640
県道に出て、景色のよいところで写真を撮ります

平原のほうのシャクヤクガーデンヘ向かいます
狭い道を上れという案内 対向車が来たらアウトですが・・すぐに駐車場に到着 きれいな木製のトイレ完備

20180512heibarashakuyaku (20)_640
500円を払えば、花を20本切って持って帰れます

20180512heibarashakuyaku (22)_640
さぁ、切るぞ

20180512heibarashakuyaku (30)_640
より取り見取り 結構丈が長い もって帰れるのか?すでに咲いているのは切りません


20180512heibarashakuyaku (32)_640
向こうの山は栃原岳531m



20180512heibarashakuyaku (37)_640
お花畑でお弁当と行きたいところですが、それ向きの場所はありませんね

写しては切り、切っては写し もうすぐ咲きそうなつぼみのを切ります
20本もつかめません 16本くらいで終了
係りのおばちゃんが新聞紙にくるみ、切り口を濡れ新聞紙で包んでくれます
しかし、Vストロームのボックスに入れるには長すぎます ひもでくくるか、と思ってひもをさがしましたが、Vストには積んでいませんでした しかたないので、リュックに突っ込みます!
帰りは、もどるのではなく、そのまま進んで元の道へ戻るように誘導されます

20180512heibarashakuyaku (58)_640
帰り際に、丘の上からガーデンの全景

お昼ごはんを食べるために一の木ダムへ
ダム湖を一周して、あいている東屋を発見


20180512heibarashakuyaku (65)_640
週に一度はこれ


20180512heibarashakuyaku (68)_640
静かなる水面

20180512heibarashakuyaku (69)_640
黒い水鳥

予定では柿博物館に寄るつもりでしたが、シャクヤクをいっぱい背負っていますので、今日はこれで終了します
125km きれいなお花畑ツーリングでした
これから家で咲くのが楽しみです

大和葛城山 つつじ満開

ツーリング
05 /06 2018
大和葛城山のつつじが、例年より少し早く満開になっているようです
GW最後の日、久しぶりに葛城山に登ろうと思います  
前回登ったのは3年前 同じような調子で登れるでしょうか

今回はバイクで行きます(一応「ツーリング」)

20180506katsuragisan (1)_640
7時20分ごろ、ロープウェイ駅下の駐車場に到着 バイクは200円 安くて安心

20180506katsuragisan (4)_640
もうけっこう人が集まっています 見ごろです

20180506katsuragisan (5)_640
オオデマリ?が出迎えてくれます

標高差639m  累積標高差934mになるとか

20180506katsuragisan (10)_640
北尾根コース(秋津洲展望コース)の入り口 いきなり激坂


20180506katsuragisan (13)_640
御所方面の展望が開ける

20180506katsuragisan (23)_640
桐?がところどころに (花が下向きならフジ、上向きならキリ、これは上向き??)

20180506katsuragisan (25)_640
まるで知恵の輪


20180506katsuragisan (27)_640
登りにくいところもあります


20180506katsuragisan (34)_640
階段はイヤですが・・・ゆっくり登ります

20180506katsuragisan (36)_640
ダイトレに出ました

20180506katsuragisan (48)_640
白樺食堂裏の展望デッキ まだ大混雑ではありません  10時前頃です ちょっとかすんでいます

20180506katsuragisan (67)_640
山頂広場に到着

20180506katsuragisan (72)_640
猿回し公演にひとだかり


20180506katsuragisan (75)_640
つつじ園に到着

20180506katsuragisan (78)_640
20180506katsuragisan (80)_640
20180506katsuragisan (89)_640


20180506katsuragisan (92)_640
斜面でお弁当 麦笑のパンでサンドイッチを作ってきました

前に来たときは櫛羅の滝コースで下ったのですが、イメージがあまりよくなかったので、帰りも北尾根コースで下りました
自然探求路経由で登ってきた道に出ます


20180506katsuragisan (108)_640
秋津洲展望台からはロープウェイがよく見えます 上りと下りのゴンドラがすれちがうところは木に隠れます

登りは2時間以上かかりましたが、下りは1時間ちょっとだったでしょうか GPSアプリが「ただいま何時何分、標高・・m」と10分刻みくらいで教えてくれたのが励みになりました
帰りは中和幹線沿いのコーナンでカメのえさを買って帰りました
大和葛城山、またも登ろうかな ちがう季節もいいですね
走行ちょっとだけ 歩数おおかた20000歩!
GW おつかれでした!

再編集して復旧しました・・・

麦笑プラスワン

ツーリング
05 /04 2018
風は強いが、日中は雨は大丈夫な模様
ほかの予定がありましたが、キャンセルになり、どうしようかと思い、とりあえず東吉野村のパン屋さん麦笑(むぎわら)に向かいます


20180504mugiwarapl (1)_640
いつもの魚見石前 いい木陰になっています

CIMG3360_640.jpg
麦笑前にて

パンを購入後、県道を走らずに、高見川左岸の村道を走り、パンを食べる場所を探します

20180504mugiwarapl (7)_640
このへんにしとこか

20180504mugiwarapl (11)_640
餡とバターがパン生地と合います

20180504mugiwarapl (12)_640
いつものお惣菜パン そぼろが詰まっています

20180504mugiwarapl (18)_640
キラキラ光る高見川

20180504mugiwarapl (34)_640
キリ、ではなく、花が下向きだから、フジ、ですね・・・

20180504mugiwarapl (42)_640
ヘリコプターが駐機されています (いたずらすると犯罪です、の表示あり) 林業用のようです


20180504mugiwarapl (45)_640
荒澤不動明王? ちょっと寄っていきましょう

20180504mugiwarapl (47)_640
「神社基礎石垣崩落のため・・・」とあり ちょっと様子を見に・・・

20180504mugiwarapl (49)_640
こんなところを歩いていくと

20180504mugiwarapl (55)_640
台風のせいか 基礎が崩落ですね・・・

20180504mugiwarapl (60)_640
隣に滝があります  あまり近づくのはやめとこう

20180504mugiwarapl (76)_640
マムシ草


20180504mugiwarapl (88)_640
左岸の道はここまで 橋を渡って県道へ

20180504mugiwarapl (83)_640
橋の下はなかなかの流れ お弁当スポットですね 次回の麦笑プラスワンのランチはここにしよう


窪垣内から帰路へ 入野トンネルを抜けて、トンネルの上の道へちょっと寄っていきます 確か神社があるはず

20180504mugiwarapl (91)_640
上宮神社

参拝後、道を歩いていきます

20180504mugiwarapl (95)_640
こんなところに民家 空き家になっています

この先は未舗装 入野峠です 入野トンネルの南入り口に出るようです

風は強かったですが、天気の崩れはありませんでした 新緑を楽しみながら、低速で走るのが楽しかったです
帰り、対向車がパッシングしたので、取り締まりかと思い、さらにゆっくり走りましたが、宮奥ダム入り口までは何もありませんでした
ひょっとしたら道の駅の手前辺りで? 

毎週麦笑に行くとすれば「麦笑プラスワン」 東吉野村と宇陀方面の隅々まで走れそう・・・
100kmの新緑ツーリングでした

古光山登山

ツーリング
05 /01 2018
また晴れ模様です 昨日は休養したので、今日は山歩きをします
以前、曽爾村で後古光山までは登ったのですが、ライディングパンツをはいていたために、古光山への急斜面をあきらめ、Uターンしたことがあります

今日はその古光山(こごやま)に登ろうと思います 古光山では南峰での眺めが抜群らしく、南側の大峠から登ると先に南峰を通るらしい
前は北の長尾峠から後古光山に登ったのですが、今日は逆からとなります
大峠には駐車スペースはありますが、バイクを長時間停めるのはちょっとイヤだったので、いったん北の曽爾高原駐車場に停めて、4キロ弱を歩いて大峠の登山口に向かうことにしました
7時過ぎに出発 一気に曽爾高原へ

20180501kogoyama (1)_640
駐車場着 200円を係員さんに払います

身支度をして歩き始めます 


20180501kogoyama (3)_640
長尾峠の登山口 通り過ぎます

20180501kogoyama (13)_640
車はほぼ通りません あの稜線を歩くのだな・・・


20180501kogoyama (18)_640
みつえ高原牧場 牛の鳴き声が・・・

20180501kogoyama (23)_640
1時間弱で、ふきあげ斎場横の登山口に到着 まだ元気です

20180501kogoyama (26)_640
いきなりの急坂 ロープをつかんで慎重に・・・


20180501kogoyama (40)_640
ところどころにツツジが咲いています

20180501kogoyama (38)_640
牧場から一気に登ってきました

20180501kogoyama (43)_640
を登るのはこわいです・・・

20180501kogoyama (45)_640
こういうのが好きですが・・・

20180501kogoyama (49)_640
出た!岩のぼり 左右に木がなければ絶対登れない切り立った尾根です


20180501kogoyama (52)_640
ひやひやしながら、やっと南峰到着 5人もいれば満員くらいの狭い岩の頂 眺めは絶景!
住塚山と国見山が見える いずれも登りました!

20180501kogoyama (55)_640
大洞山 登りました!
後古光山、亀山、倶留尊山 全部登りました!

20180501kogoyama (56)_640
向かいの峰が古光山山頂のよう 一度下って登り返す必要あり

20180501kogoyama (69)_640
この絶景を見ながらお弁当にします あんかけ卵、キンピラなど

本当に、木がなければとてもいられる場所ではないです 「分県登山ガイド 奈良県の山」にも「南峰付近は岩稜で、一峰までの両側はブッシュで見えないが、深く切れている」と書いてあります
食事後、降りていきます 


20180501kogoyama (76)_640
また出た! 目の前だけを見て登っていきます まさに命綱 単独なので落ちるとやばい


20180501kogoyama (80)_640
這うように登る

20180501kogoyama (87)_640
やっと古光山山頂 952m 

長尾峠から登ってきた男女がお食事中でした
ここからフカタワというところまで激坂を下ります ロープの連続で、握力が必要です

20180501kogoyama (98)_640
ロープなければ絶対登り下りしません こんなところ登れる高齢者は元気ですねー

20180501kogoyama (106)_640
握力が弱ってきたところでフカタワに到着
ここから登ると後古光山ですが、以前登ったし、もうロープはいいので、ファームガーデン方面へエスケープすることに決定!

20180501kogoyama (111)_640
ゆるやかに下っていきます 道は林道となり、曽爾高原へ通じる道へ曲がります

20180501kogoyama (125)_640
駐車場への坂の近くに出てきました

この四日間で、大台ケ原、龍門岳、古光山と、三回も山歩きしました 少しは脚力ついたかもですね
帰りの国道は誰にも抜かれずの快走(あくまでツーリングマインド)

今日の山は「分県登山ガイド」の分類では、「読図力があり、岩場を登る基本技術を身につけた中~上級者向きで、はしごやクサリ場など困難な岩場の通過があり、転落や滑落、落石の危険度があるコース」でした・・・まぁ、ロープだから登れましたが、はしごとかはムリです・・・
まぁ、慎重に行動できてよかったです

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?