松尾寺から矢田丘陵を歩く

ツーリング
12 /30 2017
大晦日は雨が降りそうということで、今日は今年最後の晴天日。
先日は矢田寺のおへんろみちを歩きましたが、今日は矢田寺の南にある松尾寺から北へ歩いてみようと思います。

お日様がしっかり照り始めた11時ごろに出発。
西名闇(にしなぐら)まで県道5号、次に県道108号で富雄川沿いを北上します。

DSCF7211_640.jpg
松尾寺の上の駐車場に到着 下の駐車場は7,8台の駐車がありました

DSCF7212_640.jpg
今日は膝のプロテクターをはずして普通のズボンで歩きます 入り口は駐車場の横

DSCF7214_640.jpg
松尾山への激坂

DSCF7219_640.jpg
登りきるとNHKのテレビ・FM放送所がありました

DSCF7221_640.jpg
花にピントをあわせたつもりが・・・

DSCF7224_640.jpg
さらに歩いて行くと展望が開けます 若草山が見えています

DSCF7225_640.jpg
松尾山を下るとこの標識 松尾寺から山頂に登らなくてもよかったみたい ま、初めてなので今日はOK

DSCF7226_640.jpg
とても歩きやすい遊歩道

DSCF7227_640.jpg
湿原もあるらしい また今度寄ってみましょう

DSCF7231_640.jpg
ときどき見るキノコ

DSCF7232_640.jpg
国見台に到着

DSCF7233_640.jpg
さすがに眺めよし

DSCF7234_640.jpg
奈良盆地の東方の山々がよく見えます

DSCF7235_640.jpg
大和三山もかすかに

DSCF7241_640.jpg
MTBも走りに来るのか、と思っていたら、前から3台、マナーよく走ってこられました

DSCF7245_640.jpg
こんなところに池があります 南僧坊谷池 遊歩道をはさんでふたつあります

DSCF7247_640.jpg

DSCF7249_640.jpg
近鉄生駒線の元山上駅や東山駅へ降りていく道もあります いろいろなルートが楽しめそうですね

DSCF7251_640.jpg
矢田寺から登ってきてもいいですね ぐるっと一周ルートがあります

DSCF7254_640.jpg
矢田峠のお地蔵様

DSCF7256_640.jpg
古そうな丁石


DSCF7255_640.jpg
安政何年とか彫ってあります

DSCF7258_640.jpg
峠から少し登ると頂上展望台

DSCF7260_640.jpg
さらにまほろば展望休憩所

ここで5000歩を越えましたので、今日はここまで お弁当を食べましょう

DSCF7261_640.jpg
貸切です

DSCF7262_640.jpg
ここが矢田丘陵の最高地点

DSCF7265_640.jpg
遠いところを見ながら食べます

DSCF7268_640.jpg
チキン、ヤーコンのきんぴら、もやしいため、ダイコンの浅漬け、春雨スープ

ラジオは10周年、20周年、30周年とか迎えた歌手の歌を流しています。
森高千里の「犬」の歌がおもしろかったです。

DSCF7269_640.jpg
Uターンして、頂上展望台から生駒山地を見ます

復路は往路より楽かもしれません。

DSCF7277_640.jpg
鳥も食べない冬の渋柿?

帰りは松尾山に登らないコースを使用。楽でした。

DSCF7279_640.jpg
せめて門前で一礼

ニープロテクターをはずして歩くとずいぶん楽でした。これからは普通のズボンで歩くようにします。
遠出できない冬や、運動不足のとき、ここの遊歩道はアップダウンがやさしくて、距離も調節できるので、これからもお世話になろうと思います。
バイクは55kmだけでしたが、家にこもらず、外に出ることが大事。年末走り収めの1万歩ハイキングツーリングでした。
来年もこの調子でいけたらと思います。
スポンサーサイト



矢田寺おへんろみち

ツーリング
12 /28 2017
今日も寒いので、近~いところへ、ということで矢田寺へ。
矢田寺の本堂裏山には大正時代に開かれた矢田寺八十八ケ所霊場(おへんろみち)があります。
二時間くらいでまわれるということで、11時ごろに出発。
富雄川沿いの県道を北上し、奈良高専の前を通り、矢田寺の車参詣道へ。

DSCF7139_640.jpg
駐車場に到着 バイクは私一台のみ

DSCF7141_640.jpg
そばの池 水鳥が飛び立ちました

DSCF7142_640.jpg
ここは全域、弁当はダメ、とあります もってこなくてよかった・・・

DSCF7145_640.jpg
立派な本堂

DSCF7146_640.jpg
本堂横におへんろみちの案内があります

DSCF7153_640.jpg
ここからスタート

DSCF7154_640.jpg
落ち葉の遊歩道

DSCF7155_640.jpg
菩薩様と弘法大師が隣同士でおわします 一礼しながら先へ進みます

DSCF7156_640.jpg
前掛けの赤があざやか

DSCF7162_640.jpg
うしろすがた・・・

DSCF7163_640.jpg
丸太階段で歩きやすい

DSCF7164_640.jpg
倒れていらっしゃるのも・・・

DSCF7165_640.jpg
大きな不動明王

DSCF7166_640.jpg
見晴らしがよくなってきました

DSCF7167_640.jpg
見晴台に到着

DSCF7170_640.jpg
壁に新聞記事がたくさん展示されていましたが、この写真の方がさきほど草を刈っておられたので挨拶したところです

DSCF7172_640.jpg
この方たちのおかげでこのおへんろみちを歩けるんでね

この方には、四国の霊場めぐりを勧められましたが、いつかやってみようかな、と思いました。
高校一年の夏に、野宿しながら四国を歩いて一周しましたが、年をとっても同じようなことを・・・

DSCF7177_640.jpg
東方向の展望

DSCF7182_640.jpg
若草山や東大寺も見えています ズームの限界

DSCF7185_640.jpg
おしゃれ 「眼をつぶった画像」とカメラに表示

DSCF7187_640.jpg
最近倒れたみたいです


DSCF7188_640.jpg
葉っぱがまだ青々しています

DSCF7191_640.jpg
この季節定番の冬の柿の木

DSCF7195_640.jpg
急な階段を下りると終了

DSCF7197_640.jpg
こっちへ行くとまだまだハイキングできそうですね また次回

DSCF7198_640.jpg
満願 ありがとうございました

DSCF7200_640.jpg
本道裏のこの地蔵さんのところに下りて来ました。

DSCF7203_640.jpg
歩き足らず?あじさい鑑賞道を歩きます

DSCF7206_640.jpg
冬はやっぱりツバキ

DSCF7207_640.jpg
休憩 弁当ではなく・・・

DSCF7208_640.jpg
これくらいなら食べてもいいすね

この辺は真冬でも来れるし、松尾寺から矢田山遊びの森までルートを組み合わせて、また歩きに来たいと思います。
寄り道して帰ろうと思いましたが、寒さに負けて、コーナンでメンテ用品を買っただけで、さっさと帰りました。
40kmくらいのおへんろツーリングでした。

柳生から笠置までハイク

ツーリング
12 /26 2017
ここ数日は曇り時々晴れの様子。
近場で行けるところへ行きます。この間柳生へ行こうとしたものの、あまりの寒さにUターンしましたが、今日はグリップヒーターつきですから大丈夫でしょう。
朝はぐずぐずして、出発は11時前。
橿原から榛原、県道28号で国道369号に出て北上。一気に柳生の市営駐車場へ。

20171226yagyu kasagi (1)_640
こんな寒い日ですが、さすが公営。係員が新しいパンフをくれました。駐車は200円。

運動靴にはきかえ、リュックを背負って出発。

DSCF7090_640.jpg
駐車場の向かいは廃校になった柳生中学校。

東部地域を対象とする観光振興及び地域活性化のため、平成27年3月で廃校になった旧柳生中学校の改修・管理運営者を全国から公募することになりました。
  今後の廃校・空き施設活用モデルとして先進的な事例となる用途、例えば地域活動の拠点施設や滞在体験、交流施設等で、地域活性化のために計画的に利活用されるものを選定しますので、皆さんからの、新たな発想での廃校利活用事業・運営案をお待ちしております。(奈良市HP)
この募集は締め切られたそうですが、今後この中学校がどうなるのか、楽しみですね。

DSCF7091_640.jpg
旧柳生藩家老屋敷と思いますが、時間の都合上、本日はパス。

DSCF7093_640.jpg
十兵衛杉は見ておこう。

DSCF7094_640.jpg
柳生十兵衛が350年前に植えた杉  落雷で枯れたらしいですが、倒れないのはなぜ?

DSCF7096_640.jpg
枯れていても何かパワー感があります・・・

DSCF7099_640.jpg
こっちは現役の柳生小学校。50名ほどが通っているようです。

DSCF7100_640.jpg
今日時間があれば行こうと思っていた古城山。また次回です。

DSCF7101_640.jpg
さすが柳生。お城のような民家が。

DSCF7102_640.jpg
川沿いの土手を北上。案内標識は完璧です。

DSCF7103_640.jpg

DSCF7105_640.jpg
川沿いを行くと、阿対(あたや)の石仏があります。

DSCF7108_640.jpg
左のほうは、子授けのご利益があるそうな。

DSCF7110_640.jpg
子が授かったら、珠を1000個連ねてお供えするそうな。

DSCF7113_640.jpg
道はゴルフ場の横を通ります。寒い中プレー中の方たちがちらほら。

DSCF7114_640.jpg
ゴルフ場を離れると、工事中の道路になりました。ハイキングという感じじゃない・・・

DSCF7115_640.jpg
ちょっと雰囲気のある道になり・・・

DSCF7116_640.jpg
左右どちらでも笠置寺へいけるようですが、パンフには左へ行けとあります。

DSCF7117_640.jpg
森の遊歩道らしくなってきました。強風で木々がわさわさいってます。

DSCF7119_640.jpg
下を見れば、見覚えのある笠置寺の駐車場。

DSCF7120_640.jpg
ほぼ到着

DSCF7122_640.jpg
ここからは北方向の見晴らしがあります。

DSCF7124_640.jpg
料理旅館松本亭に到着

DSCF7127_640.jpg
ここを上がれば笠置寺山門。上がりませんが。

柳生からユックリ歩いて1時間くらいでした。時間があるなら一周800mの修行道を歩くところですが、また今度。
休憩もせずUターンします。
途中どこにもお弁当スポットがなかったので、仕方なく阿対の石仏横のつぶれかけたベンチまで戻りました。

DSCF7129_640.jpg
体重によってはこのベンチ、つぶれます。

DSCF7131_640.jpg
今日のお弁当。カップヌードルカレー、麦笑のバゲット。

3時半を過ぎると、ゴルフ場方面からいっぱい車が出てきて、県道を通っていきました。私も帰りましょう。

DSCF7132_640.jpg
お茶にはイノシシ被害はないのでしょうかね。保護されてません。

DSCF7133_640.jpg
冬のゆうぐれ 「夕暮れ時はさびしそう」とか、NSPが歌っていましたね~

駐車場のおじさんに見送られて帰途につきます。
水間のT字路から少し南下すると、「満天ひろば」があり、その斜め向かいに「ハーブクラブ」があります。
パンを買いに寄りました。作業を終えた少年たちがマイクロバスで帰るところでした。
ここにはモンベルもあったりして、またゆっくり見たいと思います。

DSCF7137_640.jpg
雪がちらつきそうな天気ですが、夕日が差し込んできて、こんなきれいな感じになりました。西方向には雲がなかったんですね。

DSCF7134_640.jpg

途中の温度計は3℃でした。好きじゃなきゃバイクで走る温度じゃないですねー。
グリップヒーターがなければ1時間もたないですね。
柳生からは、あたたかくなったらロングハイクコース(近鉄てくてくマップ)にもトライしたいですね。
寒い中、11000歩、115kmのハイキングツーリングでした。

麦笑 丹生川上神社

ツーリング
12 /24 2017
今日は午後から雨らしい。
東吉野のパン屋さん麦笑は今日が年内最後の営業日。行きたいと思いながらぐずぐずしていたら、陽がさしてきました。
10時半に出発。大宇陀内原から国道370号を南下、三茶屋でWC休憩。
店は開いてますが、車はゼロ。意外といい天気になりました。


20171224niukawakami (3)_640
これまで気がつきませんでしたが、水車がありました。


県道16号に入り、東吉野へ。


20171224niukawakami (6)_640
麦笑到着。1000円ちょっと買います。


20171224niukawakami (8)_640
これまで幾度となく通り過ぎていた丹生川上神社。水の神さま。初めての参拝です。

20171224niukawakami (10)_640
のオオカミの絵馬のことが新聞に載っていました。ここは最後のニホンオオカミが捕獲された土地ですね。

20171224niukawakami (11)_640
杉の巨木。1000年杉。木肌はいかついですが、けっこうすべすべしています。



神社の前の川原へ
20171224niukawakami (21)_640
やはた温泉のほうへ向かう橋

20171224niukawakami (22)_640
砂地の足跡は四足のものか?


20171224niukawakami (24)_640
雰囲気のあるミニ太鼓橋


20171224niukawakami (29)_640
この辺はツルマンリョウという植物の自生地らしい。吉野町の山口神社もそうでした。

向こう岸へ(夢淵)


20171224niukawakami (36)_640
ミニ太鼓橋から見える滝(東の滝)




20171224niukawakami (47)_640
近くにはキャンプ場があります(東吉野キャンプ場)。


おなかがへってきて、どこで食べようかと思案した結果、津風呂湖の香束入野線の途中にある東屋に行くことに決定。
入野から津風呂湖北岸の一車線の道をくねくねと走っていきます。対向車はまずありませんが、車線の左側を注意して走ります。

20171224niukawakami (65)_640
到着 だんだんと曇ってきました。

ラジオはNHK第一は高校駅伝をやっています。第二はハングル講座をやっていましたので、こっちをチョイス。韓国語はもう勉強していませんが、韓国ドラマを日ごろ見てますので・・・


20171224niukawakami (68)_640
麦笑のパンが今日のランチ。噛むほどにおいしさが増します。



20171224niukawakami (75)_640
近くの吊橋


20171224niukawakami (73)_640
渡ったところにある昔のお店 

津風呂湖にはバスやらブルーギルがいるらしいです。家から一番近い釣り場かも。
あとは国道370号を北上して西峠、宇陀署を過ぎたところの「わくわく宇陀いち」に寄ります。


20171224niukawakami (78)_640
ヤーコンがいっぱい売られていました。10本ほど買いました。またキンピラを作らねば・・・

帰り、少し雨が降ってきましたが、濡れる前に帰宅できました。
夢淵に行けてよかったです。麦笑は来年は6日から。来年も月に二回はあのパンを食べたいですね。
118kmの麦笑ツーリングでした。

丸高稲荷神社 和歌山往復

ツーリング
12 /22 2017
寒さと都合でしばらくバイクに乗れませんでした。
今日は一日晴れとのことでひさびさにVstromで出発です。

京奈和道の橋本東ICから北を見ると、朱色の鳥居が連なっているのが見えます。
今日の目的地は和歌山市の親戚宅なのですが、途中、その神社に寄ってみます。
丸高稲荷神社といいます。

隅田八幡神社の飛び地で、小高い山の上に鎮座する隠れた桜の名所です。ソメイヨシノなど約150本もの桜が見られます。85基の鳥居の朱色と桜の組み合わせはとても美しい光景です。
鳥居をくぐり、山頂へのぼると展望台があり、紀の川や高野山系の山々を一望することができます。4月の上旬には、丸高稲荷神社春祭が行われ、満開の桜に囲まれながら商売繁盛・健康・方策を祈願し、餅まきもあります。(ぐるわかHP)

京奈和を橋本東で降りて左折、そしてすぐ左折、京奈和沿いに西に走ると神社があります

20171222marutakainari (1)_640
上まで道がついていますが、鳥居の間を歩きたいので、ここに駐車

20171222marutakainari (2)_640
京奈和道の真横です

20171222marutakainari (5)_640
まるでミニ伏見稲荷


20171222marutakainari (12)_640
神社に到着 しっかりお参りします

20171222marutakainari (13)_640
賽銭泥棒・・・


20171222marutakainari (15)_640
展望台 ソファも完備 お弁当スポットにいいかも


20171222marutakainari (18)_640
裏にある公園(紀の光台南公園)  トイレもあるようです


20171222marutakainari (24)_640
桜の季節、このベンチでお弁当は最高でしょう


20171222marutakainari (30)_640
この鳥居、昔は木製だったそうですが、今は鋼管です。色が鮮やかなのはそのせいかも

この神社、私の県別地図にはのっていないので、ちょっと穴場かも知れません。橋本市民には有名なのかも


20171222marutakainari (35)_640
親類への土産を買いに、「卵庵はしたま」に寄ります
小峰台ロールというケーキを購入


20171222marutakainari (32)_640
店内にあったチラシ
私は朝ドラ(今は「わろてんか」)を見ていますが、前畑さん役はだれがいいでしょうか?
引退した五輪選手を抜擢?


橋本ICよりまた京奈和道にのり、紀ノ川ICで下ります。県道7号を西へ行くと、すぐに「めっけもん広場」という農産物直売所があります。

20171222marutakainari (36)_640
えらい人出です。駐車場も満車に近いです
ダイコン、ニンジン、ゴボウ、などいろいろ買ったら丁度2000円でした

20171222marutakainari (37)_640
店の前にあったスズメバチの巣

このあと親類宅に寄り、お昼をいただいてからまた京奈和で一気に帰りました
温度表示は10℃くらい。快適な155kmの京奈和ツーリングでした

ひさしぶりに二上山

その他
12 /15 2017
大阪方面に用事があったので近鉄南大阪線に乗りました
用事はすぐ済んだので、帰りがけに二上山駅で降り、ひさしぶりに二上山に登ってきました。

駅を降りると目の前に二上山


春日神社を通っていきます

この巨大タンクのそばに登山口があります。前を通ると「ゴミを捨てるな、監視してます」のアナウンスが自動で流れます。

登山道は台風の影響を受けた模様

さっそく道が崩れているところが出現

ふかふかの落ち葉を踏みて時報聞く

ため池のたたずまいもよろしいがな

急坂の手前で休憩

ゆっくり登っていくと展望あり

電車を入れて撮影

今日のストックはけっこう太い枝

大津皇子の墓まできました。ハイカーにときどき会います。

雄岳の山頂 スルー


下って馬の背でトイレ休憩  最近ハイキングをよくしてきたので足は軽いです。

いつもは膝プロテクターつけて歩いていますが、今日は普通のズボンなので実にスムーズに進めます。
靴も軽い運動靴で来ました。


風もなく青空あおぐ12月の昼

どんづる峯へも歩きたいですね。でも行ったらどうやって電車の駅に出るのでしょう。バスの便はあるのかな?

雌岳の山頂の日時計 13時ごろ  結構時間がかかっています。


ツバキのそばのベンチを確保

今日のお弁当:カップめん、炊き込みご飯、ブロッコリ、ヤーコンのきんぴら、和歌山のみかん。


上空をひっきりなしに飛行機が通過

ラジオを聞きながら1時間以上ゆっくりしていたら、体が冷えてきました。下ります。

岩屋のほうへ

階段多し

祐泉寺のほうへ


爬虫類の心配がないので歩きやすい


鳥谷口古墳まで下りてきました


平和でのどか

>
ツーリングでも大丈夫だったかもしれない良い天気

夫婦ですかね

當麻寺の仁王門に寄りました。

あの上まで登ってきました。


この道をまっすぐ行けば当麻駅


相撲館けはや座  香芝場所とかがあったようです


当麻駅にて  急行電車の先頭が写っています。

二上山は低山ですが、二上山駅の標高が100mくらいですから、雄岳までだと400m以上を登ったことになります。
標準は登山口から雄岳まで1時間と書いてありますが、それはノンストップですたすた歩いた場合ですね。
初日の出とか見るためには始発電車に乗るとしても、雌岳の頂上に着くころには太陽はでてしまっているでしょう。
終電で行って登り、馬の背とかで待つとか?

まあよい運動になりました。21036歩の二上山ハイキングでした。

寒さに心折れUターン 龍王の淵

ツーリング
12 /12 2017
今日は寒そうです。
往復100kmくらいで行けてハイキングできるところ、ということで、柳生の古城山とか阿対の石仏とかに決定。
十分陽がさしてきた11時前に出発。国道165号で榛原、緑川交差点まで行き県道28号に入ります。
快走なのですが、今日の愛車はグリップヒーターがついていないので、指先が冷えて痛いほどです。

国道369号に出て北上。(香酔峠を避けるためにこのルートにしています。)
あまりの寒さに白石交差点で左折、三陵墓古墳のWCに寄ります。

DSCF7017_640.jpg
駐車場誰もいません寒い風

DSCF7018_640.jpg
とりあえずエンジンさわって暖をとる

DSCF7019_640.jpg
覗き見れば古代が見える穴ひとつ

DSCF7020_640.jpg
うまいこと私のカメラじゃ写らない

DSCF7022_640.jpg
見えるのは古代人なりその頭

DSCF7023_640.jpg
寒空に何を思うか弥生人

DSCF7028_640.jpg
三陵墓西古墳上風強し

DSCF7029_640.jpg

DSCF7033_640.jpg
寒椿あなたのおかげ癒される

DSCF7035_640.jpg

DSCF7037_640.jpg
東古墳にも上がってみましょう

DSCF7040_640.jpg
雲を背に風船のごと柿ゆれる

DSCF7041_640.jpg
風の強さがよくわかります・・・

DSCF7045_640.jpg
田んぼには氷が張ってる犬ほえる

DSCF7047_640.jpg
真冬なみ今日の寒さで折れる心

北上して柳生まで行く元気をなくしました。
白石交差点にもどり、Uターン、南下してすぐ外の橋で県道28号にもどり、向淵の点滅信号で右折、龍王の淵へ行きます。

DSCF7048_640.jpg
ここももちろん、誰もいません

DSCF7054_640.jpg
季節や時間によって風景が変わります

DSCF7050_640.jpg

DSCF7051_640.jpg
問題なさそうですが・・・ 歩いたら沈む?

DSCF7053_640.jpg
とりあえずお気に入りのベンチをゲット

DSCF7059_640.jpg
とりあえず熱い飲み物トロピカル

DSCF7060_640.jpg
今日のお弁当 キンピラ、糸コン、柿、みかん・・・

この場所なら袋ラーメンもってくればよかった・・・

DSCF7062_640.jpg
いつも同じ位の水量です

DSCF7068_640.jpg
食後 とりあえず池を一周

DSCF7069_640.jpg

DSCF7071_640.jpg
ここが危険箇所?

寒い中、ひとり釣り人が来て、池をまわりながら竿をたれていらっしゃいました。何が釣れるのでしょう?

出発して、とりあえず山部赤人の墓方面へ。

DSCF7074_640.jpg
通行止めになっています・・・Uターン

通ったことのない道で山を下りていきます。

DSCF7081_640.jpg
眺めの良い場所がありました

下りていくと山麓線に合流しました。西峠から龍王の淵へのルート見つけました。

DSCF7085_640.jpg
山麓線にて 住宅がぎっしり・・・

DSCF7087_640.jpg
WC休憩も兼ねて「わくわく宇陀いち」に寄ります。

DSCF7089_640.jpg
なんとここにはあのヤーコンが売られていました! 全部買い占めました。ヤーコンは曽爾村だけのものと思っていたら、宇陀でも生産されているそうです。ブロッコリも新鮮で安かったので3つも買いました。あとダイコンやニンジンで1600円も使いました。

帰って早速ヤーコンのキンピラ、ダイコンとヤーコンの浅漬け、ダイコン葉の炒め物、ブロッコリ入りのスープなどを料理しました。
自動二輪は1台しか見ませんでした。さすがに、今日はツーリングしようかという気温じゃなかったですね。
いきなりの真冬日で心が折れました・・・柳生はまたの日に。
85kmの、結局野菜買出しのお弁当ツーリングでした。

鍋倉渓から神野山山頂 

ツーリング
12 /10 2017
今日は昨日より少し気温は高くなりそう。夜には雨が降るらしいが、日中は大丈夫ということで、またハイキングツーリングに行きます。
山添村の神野山は4月末頃に山頂まで行きましたが、その時は神野寺に駐車して登りました。
今日は森林科学館に停めて登ろうと思います。

榛原から国道165号で室生寺入り口を過ぎ、やまなみロードに入り北上、小倉ICから広域農道で北上、深川トンネルの手前を右折します。深川トンネルは通行止めの表示がありました。

DSCF6904_640.jpg
助命の交差点です。 いつもの神野山への道が通行止めです。

DSCF6906_640.jpg
案内表示の通り進むと、通ったことのない道に案内がありました。

DSCF6907_640.jpg
道の通れない部分はここなのかも。

DSCF6908_640.jpg
バイクなら問題なさそうです。

DSCF6909_640.jpg
森林科学館の駐車場に到着 歩き出します

DSCF6911_640.jpg
今日はここではなく、もう少し先の鍋倉渓から上ります。

DSCF6912_640.jpg
塩瀬地蔵におまいり

DSCF6916_640.jpg
眼の神様ということで、しっかりお参りします。  鎌倉時代の磨崖仏らしい。

DSCF6917_640.jpg
40mならすぐですから寄り道 

DSCF6919_640.jpg
これがそうらしい。 弘法大師は昔、ここで村人に塩を出して見せ、それでこの地区を大塩と呼ぶらしい。

DSCF6921_640.jpg
岩の上の穴 この水が涸れることがないらしい。

DSCF6922_640.jpg
ここから登ります。

DSCF6923_640.jpg
いつ見ても壮観な鍋倉渓

DSCF6926_640.jpg
水が岩の下を流れており、チョロチョロと岩の隙間から音がします。

DSCF6929_640.jpg
竜王岩という巨岩

DSCF6932_640.jpg
トライアル全日本選手権なら一番人が集まるセクションになるでしょう・・・

DSCF6935_640.jpg
4月は草ぼうぼうだった道も歩きやすくなっています。爬虫類も出てきませんから安心です。

DSCF6938_640.jpg
天狗岩 右が?左が?セットで?

DSCF6942_640.jpg
何かの模様が刻まれているそうです。

DSCF6944_640.jpg
天狗が割ったにちがいない・・・

DSCF6947_640.jpg
頂上の電波塔が見えてきました。

DSCF6950_640.jpg
風も弱く、陽射しがうれしいです。

DSCF6953_640.jpg
山頂は貸しきり状態。あとであの東屋でお弁当にしましょう。

DSCF6954_640.jpg
山頂は標高618.8m。展望台があります。

DSCF6963_640.jpg
青山高原方面。360度視界がききます。展望台でも食事ができますが、ちょっと風が冷たいのでやめ。

DSCF6964_640.jpg
ヤマツツジが咲く頃は人も多いですが、今日は私一人とは・・・日曜なのに・・・

DSCF6971_640.jpg
東屋をひとりじめ

DSCF6972_640.jpg
今日のお弁当・・・鰯入り卵焼き、ブロッコリ、あったかいパスタスープ、柿。

DSCF6973_640.jpg
午後から曇るということで、雲量が増えてきました。

DSCF6974_640.jpg
さて下山します。ふかふかの落ち葉道。

DSCF6975_640.jpg
キノコの名前がわかったら楽しいでしょうね。

DSCF6976_640.jpg
かわいい

DSCF6981_640.jpg
めえめえ牧場の駐車場に下りてきました。

DSCF6983_640.jpg
まだいい色の紅葉の木がありました。

DSCF6990_640.jpg
山茶花でしょうか?

DSCF7008_640.jpg
めえめえ牧場には子供連れがちらほら。

DSCF6998_640.jpg
羊せんべい(100円)を買いました。

DSCF7002_640.jpg
大好物のようです。

DSCF7003_640.jpg
平等にあげるのがむずかしい。

DSCF7004_640.jpg

DSCF7005_640.jpg

DSCF7010_640.jpg
めえめえ牧場を下りていくと、雲海の絶景ポイントがありました。

帰りはやまなみロードで南進、龍穴神社前のWC。そして室生寺前で定番のよもぎ入り回転焼き。

DSCF7016_640.jpg
おばちゃんが今日もサービスしてくれました。

やまなみロードでは何台かバイクを見ました。寒いなか、みなさんがんばっていらっしゃいますね。
神野山は歩く道もいっぱいあり、ちょっとしたハイキングに最適ですね。鍋倉渓なんかもっとメジャーになってもいいと思います。
つつじの季節だけではもったいない景勝地ですね。
今日は126km。意外と歩数は8000歩もいきませんでした。

奈良奥山DW 鶯の滝

ツーリング
12 /09 2017
お天気はいいが、寒い。
曽爾村にヤーコンを買いに行きたいけれど・・・
近場でハイキングもできるところということで、奈良市の奥山ドライブウェイで若草山山頂に行き、鶯の滝まで歩いて往復することに決定。
朝はゆっくりして10時に出発。橿原から京奈和で北上。
しかし、京奈和を下りてからは交通量が多く、奈良ってこんなに車が多いのか?と思った次第。
一条高校の交差点を右折してからも、狭い道にも車も人もいっぱい。奥山ドライブウェイ方面へ曲がってからやっとすいてきました。
DWの新若草山コースだけを走るので、370円を払って上っていきます。途中、大仏殿がよく見えるポイントがあるので撮影。

DSCF6819_640.jpg
ここは桜の季節もよさそうです。

DSCF6820_640.jpg
若草山の駐車場に到着。ここ、必ずシカさんがいますね。

DSCF6822_640.jpg
鶯の滝まで往復するとちょうどいいくらいのハイキングですね。

DSCF6824_640.jpg
ここもDWなのですが、通る車はほとんどありません。ハイカーは結構います。

DSCF6826_640.jpg
オレンジのキノコはやばいらしい。

DSCF6827_640.jpg
もみじの落ち葉でふかふか。

DSCF6829_640.jpg
苔むした地蔵さん

DSCF6830_640.jpg
奈良交通のバスが追い越して行きました。しばらく原始林に排ガスの匂いが・・・

DSCF6831_640.jpg
ここから車道を離れて遊歩道で滝まで行けるようです。鶯の滝ははじめての訪問です。


DSCF6835_640.jpg
ハイク道らしくなってきました。セローなら楽勝ですが、通ってはいけません。

DSCF6837_640.jpg
これも台風被害のひとつなのでしょうか。

DSCF6838_640.jpg
滝が見えてきました。

DSCF6839_640.jpg
大きくはないですが、気品がある感じ。

DSCF6842_640.jpg
佐保川の源流にあります。

DSCF6853_640.jpg

DSCF6854_640.jpg

滝見台にベンチはありましたが、女性の団体さんがいたので、お弁当はまた別の場所でということで、先に進みます。

DSCF6856_640.jpg
階段があったので上っていきます。

DSCF6858_640.jpg
駐車場がありました。さきほどの遊歩道よりも、駐車場から下りたほうが滝は近いです。

DSCF6860_640.jpg
歩いていくと橋があり、DWに合流します。

DSCF6862_640.jpg
世界遺産の立派なモニュメント

DSCF6863_640.jpg
コーンとししおどしが15秒に一回ほど音を響かせています。

DSCF6864_640.jpg
DWの道端ですが、ベンチがあったのでお弁当にします。ほとんど人は来ませんし。

DSCF6865_640.jpg
今日のお弁当。高野豆腐とか浅漬けとか、肉のない地味弁当。

西川きよしがゲストのラジオ番組を聴きながら、ゆっくりと食べてから出発。この先の首切地蔵まで行く予定でしたが、時間も遅いので引き返すことにします。そのかわり若草山からの展望を楽しみます。

DSCF6868_640.jpg
100年前の植林の部分。石垣は何かの建物があったのでしょうか。

DSCF6869_640.jpg
戻ってきました。奥山コースの始点の交番所です。

DSCF6870_640.jpg
若草山の山頂 シカのシルエット

DSCF6872_640.jpg
かすんでますね・・・

DSCF6873_640.jpg
たしか、若草山の開山は明日まで。明日は奈良マラソンが行われるようです。

DSCF6876_640.jpg

DSCF6883_640.jpg
寒いけど、のどかです。

DSCF6890_640.jpg
鶯塚古墳 影が長い。もう三時過ぎ。

DSCF6891_640.jpg
北のほう

DSCF6892_640.jpg
北西

DSCF6896_640.jpg
短い草を器用に食む

DSCF6899_640.jpg
西日を受けてきもちよさげ

DSCF6901_640.jpg
牡鹿がかっこつけてる

DSCF6902_640.jpg
三重目とは三番目の山頂ということらしい

同じ道で帰ろうとしましたが、曲がるところを通りすぎ、国道369号に入ってしまったので、結局柳生まで快走し、今度は南下して針、香酔峠経由で帰りました。指がかじかんで、信号で止まるとエンジンに指をあて暖めていました。グリップヒーターが欲しいところですが、年中使うものじゃないし・・・とケチっています。
結局帰宅時にはとっぷりと日は暮れていました。奈良市までなら往復50kmですが、遠回りしたために108kmでした。
歩数カウンターも1万歩達成。最近ハイキングづいているので、足の筋肉も少し丈夫になったみたいです。
齢は足から、といいますから、バイクでハイク、これからもこれでいきましょう!

万灯呂山 龍王の滝

ツーリング
12 /06 2017
お天気はいいのですが、かなり寒そうです。
道としては全然楽しくはないですが、国道24号線を北上して、京都府井手町の万灯呂山(まんどろやま)の展望台に行こうと思います。少し歩くと龍王の滝というのもあるらしく、ハイキングもできそうです。

お弁当を作って9時45分に出発。京奈和に乗りすぐ奈良。
奈良を抜け北上、山城大橋東詰で右折、国道307号へ。
1kmほどで右折、県道70号へ。狭い道を700mほど走ると「みどり農園」の標識。
そこを左折すると万灯呂山展望台の案内標識があり、それにしたがって林道を2速で上っていきます。

駐車場には私のバイクとほかに車一台だけ。
DSCF6729_640.jpg

霊峰万燈籠山 大峯不動明王 というのがあります。
DSCF6732_640.jpg

なかなか力強くていらっしゃる。
DSCF6731_640.jpg

ここは夜景がきれいだそうです。
DSCF6733_640.jpg

180度以上の展望がきく広場
DSCF6734_640.jpg

生駒山
DSCF6735_640.jpg

同志社大学 ズームはこれが限界です。
DSCF6737_640.jpg

DSCF6741_640.jpg

赤いのが山城大橋でしょうか。
DSCF6743_640.jpg

こっちは玉水橋か
DSCF6744_640.jpg

いい天気です。
DSCF6745_640.jpg

上空を二機の飛行機が結構(見た目で)近づいて飛んでいます。
DSCF6747_640.jpg
中央左下の白い小さな点と、短い白い線が飛行機です。高度が違うとしても結構近いと思うんですが・・・かなり近づいた後、違う方向へ飛び去りました。

ハイキング道を探すとすぐに見つかりました。龍王の滝へ800mとあります。
DSCF6750_640.jpg

往復すると丁度お弁当にいい感じ。下りていきます。
DSCF6751_640.jpg

落ち葉でふかふか
DSCF6752_640.jpg

笹のトンネル 帽子が必需品ですね。
DSCF6755_640.jpg

DSCF6756_640.jpg

柵があるところもあります。
DSCF6760_640.jpg

笹だらけ。夏はあまり通りたくないですね。
DSCF6762_640.jpg

沢が見えてきました。
DSCF6763_640.jpg

林道まで下りてきました。
DSCF6764_640.jpg

振り返ると今の道、通行止めだったのですか・・・
DSCF6765_640.jpg

砂防ダムを過ぎると・・・
DSCF6768_640.jpg

龍王の滝へ下りる遊歩道
DSCF6769_640.jpg

立派な解説板
DSCF6733_640.jpg

この切り立った崖の間に落ちるのが龍王の滝らしい。
DSCF6771_640.jpg

沢まで下りも滝全部は見えません。水に落ちないように岩をつたって滝の前へ。
DSCF6778_640.jpg

DSCF6779_640.jpg

DSCF6785_640.jpg

崖の上から これ以上よう近づけません・・・
DSCF6801_640.jpg

あの岩が落ちてきそうでこわい
DSCF6797_640.jpg

滝の真下に行きにくいですが、まずまずの趣でした。夏だと涼しいとかさわやかとか思うんですけど。

来た道を登ります。道が崩れているのはこの部分ですね。柵が斜面のほうへ落ちています。
DSCF6806_640.jpg

この木は落雷にやられたのか?
DSCF6807_640.jpg

スズメバチ まだ生きています・・・
DSCF6808_640.jpg

展望台に戻ってきました。往復1時間30分もかかっていません。
DSCF6811_640.jpg

片隅に咲くツバキ
DSCF6812_640.jpg

東屋独り占め
DSCF6816_640.jpg

今日のお弁当。曽爾村のヤーコンのキンピラがあります。ダイコンの浅漬け、炊き込みご飯、タマゴスープなど。
DSCF6815_640.jpg

冬らしい一枚
DSCF6817_640.jpg

来るとき24号の南行きは渋滞していたのと、もうすこし距離を走りたかったので、国道307号で信楽まで行き、コリドールで名阪大内IC、あとは針ICで下りて香酔峠経由で帰りました。途中の温度は1℃から4℃程度。グリップヒーターを使っても指先が冷たくなりました。前ブレーキレバーに常に中指・薬指・小指を三本がけしているので、指先まで熱が伝わらないのです・・・

万燈呂山展望台そのものは二度目でしたが、ハイキングしたのは初めてです。
気軽にハイキングに行ける低山がまた見つかりました。
160kmの寒いのにようやるのうお弁当ツーリングでした。

ヤーコン買出し 後古光山

ツーリング
12 /02 2017
今日もいい天気で、昨日よりも風が穏やからしい。
12月になったので、曽爾村の名物ヤーコンもきっとファームガーデンの店頭に並んでいるに違いありません。
ヤーコンの買出しと、ついでに?亀山の隣の後古光山(うしろこごやま)、できればその隣の古光山にも登りましょう。

9時45分に出発。途中は5℃とかです。昨日と同じように国道369号を快走して曽爾村へ。

DSCF6662_640.jpg
まず曽爾高原ファームガーデンによります。

DSCF6661_640.jpg
ヤーコンを3袋とダイコン一本を買いました。

DSCF6663_640.jpg
いいお天気です。

DSCF6664_640.jpg
兜岳とか鎧岳もよく見えています。

曽爾高原の有料駐車場にバイクを停めます。
リュックにお弁当を入れて出発。

DSCF6665_640.jpg
舗装道路を400m歩くと古光山登山口があります。

DSCF6667_640.jpg
さあ山登りです。

DSCF6668_640.jpg
この木の階段は300段ほどあるらしいです。

DSCF6670_640.jpg
階段を登りきるとすこしなだらかな道。

DSCF6671_640.jpg
展望が開け、曽爾高原の斜面がよく見えます。

DSCF6672_640.jpg
こっちは大洞山ですね。まだ登ったことがありません。

DSCF6673_640.jpg
美杉町の山々。

DSCF6674_640.jpg
目の前のが後古光山でしょうか。もうすぐ着ける感じ。

DSCF6675_640.jpg
あと300mの案内。下調べによると、この300mが30分くらいかかるらしい・・・

DSCF6677_640.jpg
ロープが出てきました。

DSCF6679_640.jpg
真新しいクサリも強い味方です。

DSCF6680_640.jpg
階段もえらい急です。片側は急斜面。落ちると30mほど転がりそうですね。

DSCF6683_640.jpg
えぐれたところは疲れます。膝プロテクターをしてライディングパンツをはいているし、プロテクターつき半パンツもはいてて、膝の動きがしぶいのです・・・

DSCF6685_640.jpg
後古光山山頂到着。

DSCF6686_640.jpg
10畳くらいの広さで、まずまず展望がききます。

DSCF6687_640.jpg

DSCF6688_640.jpg

DSCF6690_640.jpg
みつえ牧場がすぐ下に見えます。

DSCF6691_640.jpg
向かいにあるのが古光山なのでしょう。いったん下り、また登ることになります。

時間がもう12時を過ぎているし、ここでお弁当を食べてUターンしようかなとも思いましたが、せっかくなので古光山までがんばることにしました。

DSCF6693_640.jpg
激下りを下りていきます。

DSCF6694_640.jpg
危険というほどではありませんが、帰りにまた登らなければならないかと思うと、いや~な感じ・・・

DSCF6696_640.jpg

DSCF6697_640.jpg

DSCF6695_640.jpg
なんか、古光山まで登ってもゆっくりできないなぁ、もっと動きやすい服装で来たいなー、とか思い、勇気を振り絞ってUターン!

DSCF6701_640.jpg
後古光山山頂にもどり、お弁当を広げます。

DSCF6702_640.jpg
たきこみごはん、豚キムチ、カレーラーメン。風も弱く、陽射しもあり、ゆっくりいただきます。

食べていたら、子供3人連れのご夫婦が古光山方面よりあがってこられました。上の二人は小学生でしたが、3人目の子供は赤ちゃんで、お父さんがおなかに抱いていました。スゴイ!

DSCF6709_640.jpg
写真を撮りながらゆっくり下りていきます。

DSCF6710_640.jpg

DSCF6711_640.jpg

駐車場に戻ると、クロスカブで日本一周中の若者がいました。荷物満載で、カメラやらいろいろ便利そうなものがついています。
私もそのうちやろうかな・・・

DSCF6726_640.jpg
帰りにみつえ高原牧場から後古光山&古光山を撮影。

帰りの温度計は1℃だったり5℃だったり、鼻水たらしながらの走行。
菟田野内牧のいつもの柿直売所で、いつものおばちゃんから1000円分の柿を購入。もう直売もそろそろ終了らしいです。
今年も柿をたくさん食べることができました。産地が近いのがいいですね。りんごと違い、一年中は食べられないですし。

走行108km。歩きは1万歩くらいか。気軽にハイキングができる山がまた増えました。
明日はヤーコンのキンピラをいっぱい作ります!

白米城ハイキング

ツーリング
12 /01 2017
天気はまあまあということで、多少距離も走りたいし、ちょっとハイキングもしたいということで、松阪市の白米城に行くことにしました。
ウィキにはこう書いてあります。

阿坂城(あざかじょう)は、伊勢国一志郡阿坂(現在の三重県松阪市大阿坂町)にかつて存在した日本の城。白米城(はくまいじょう)・椎之木城(しいのきじょう)とも称する。伊勢国司から戦国大名となった北畠氏にとって北伊勢(伊勢国北部)に対する重要な拠点であった。

最後は信長に攻められて廃城になったらしい。40分くらいで登れるらしく、遅く出発しても大丈夫のよう。

9時45分に出発。目的地は伊勢自動車道の松阪ICの近くです。名阪国道を使って行くルートもありますが、名阪を走ってもあまり楽しくないので、榛原から御杖村、美杉町まで行き、県道15号で北上します。(弁財天トンネルでは3℃でした)

白山町南家城のリバーパーク真見で紅葉を撮影します。
DSCF6576_640.jpg

DSCF6577_640.jpg

DSCF6578_640.jpg

DSCF6579_640.jpg

DSCF6581_640.jpg
夏は水遊びでにぎわうところですね。

DSCF6583_640.jpg
まだまだいい色が残っています。

DSCF6585_640.jpg
東屋もありますね。この川は雲出川。奇岩が美しい。

DSCF6586_640.jpg
山側からえらい勢いで水が流入してきています。

関ノ宮交差点を右折、快走路で一気に下之庄。県道58号で2kmほど南下して、浄眼寺の石の案内が立っているところを右折。

DSCF6590_640.jpg
白米城があるのはあの山の向こうだと思います。

DSCF6591_640.jpg
浄眼寺の駐車場に到着。ハイキングコースの地図があります。

DSCF6594_640.jpg
浄眼寺にはまた今度お参りしましょう。

DSCF6595_640.jpg
ハイキングコースは駐車場の横から始まります。

DSCF6596_640.jpg
たいへんよく整備された遊歩道。

DSCF6599_640.jpg

DSCF6600_640.jpg
案内標識は完璧。すれ違うのは元気な年配の方たち。

DSCF6604_640.jpg
「大杉」という杉の大木らしい。下りていく道がありますが、また次回。

DSCF6605_640.jpg
木漏れ日のなかをゆっくりと登っていきます。

DSCF6610_640.jpg
割り算すると、1町はおよそ109メートルとなりますね。

DSCF6613_640.jpg
これも城跡のようです。

DSCF6615_640.jpg
阿坂城の一部の椎之木城址でした。

DSCF6616_640.jpg
大木が歴史を無言で語っているような。

DSCF6618_640.jpg
松阪市が展望できます。

DSCF6621_640.jpg
空が開けてきました。そろそろ白米城址か。

DSCF6623_640.jpg
ここを登れば城址。

DSCF6624_640.jpg
上には木がありません。

DSCF6625_640.jpg
あと少し・・・

DSCF6626_640.jpg
到着。モニュメントがあります。直径30メートルほどの広場になっています。

360度の展望。これはナイス!港が一望に見える!

DSCF6628_640.jpg

DSCF6629_640.jpg

DSCF6630_640.jpg

DSCF6631_640.jpg

DSCF6632_640.jpg

DSCF6633_640.jpg
DSCF6634_640.jpg

DSCF6635_640.jpg
ぐるっとひとまわりを撮影してみました。

しかし、強風です。木がないので風よけはモニュメントだけ。寒いというほどではありませんが、落ち着いてお弁当という感じではありません。火気禁止なので湯を沸かすのはあきらめますが、OKだとしてもこの風ではダメですね。

DSCF6644_640.jpg
この山は312,6m。桝形山。浄眼寺はほとんど平地にありましたから、300m近く登ったことになります。

DSCF6645_640.jpg
今日のお弁当。炊き込みご飯、豚キムチ、エビチリ、柿。モニュメントに隠れるように食べます。


DSCF6648_640.jpg
山頂の下は草地ですが、ほぼ崖。

DSCF6650_640.jpg
下を覗くと風を受けて落ちそうになります。落ちると20mくらい転げ落ちそう・・・
下りないでくださいと言われなくても、下りれません・・・

DSCF6653_640.jpg
天気は悪くはないのですが、黒い雲白い雲が交互に流れていきます。

帰りが遅くなってはと、長居せずに下山します。

DSCF6657_640.jpg
また来ますね。

DSCF6658_640.jpg
マムシグサの実が落ちていました。

登りは45分以上かかりましたが、下りは25分くらいだったでしょうか。近所の人なら毎日登れるようなハイキングコースです。
初日の出とかいいでしょうね。

DSCF6660_640.jpg
下りてきたら駐車場は私のバイクだけでした。

高見峠経由で帰ることもできますが、寒そうな気がしたので来た道を帰りました。
曽爾村あたりでは5℃でした。まだこれくらいなら大丈夫です。

距離もまあまあ走れるし、ハイキングもお手軽だし、快走路だし、今日のコースはお気に入りに登録ですね。ちょっとベルファームにも寄ることもできます。
残念ながら10000歩は越しませんでした。
192kmのハイキングお弁当ツーリングでした。

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?