室生 深谷竜鎮渓谷ハイキング

ツーリング
11 /28 2017
今日も天気はよさそうですが、やっぱり早起きはしにくい季節。
近場ですが、行こう行こうと思いながら近すぎて行けていない室生ダム近くの深谷竜鎮渓谷を歩こうと思います。
10時前に出発。国道165号であっという間にダム近くまで。

ダム手前に「室生不思木の森公園」というのがあり、腹ごなしに寄ります。
DSCF6426_640.jpg

「マムシに注意」とありますが、今の季節は安心ですね。
DSCF6427_640.jpg

不思木にて椿一輪枯葉散る
DSCF6428_640.jpg

この遊具にチャレンジしてみました。
DSCF6431_640.jpg

あの長い滑り台も行きましょう。
DSCF6434_640.jpg

今日は暖かく、汗をかきます。
DSCF6438_640.jpg

童心に返り進みます。
DSCF6439_640.jpg

子供サイズなのでなかなか大変。プロテクターつけてますから動きにくいのです。
DSCF6440_640.jpg

では滑ります。
DSCF6443_640.jpg

なかなかすべりがいいです。
DSCF6444_640.jpg

誰もいない公園でおっさんが何してるかという・・・
DSCF6435_640.jpg

さて、室生ダムに着きました。駐車場の端っこに停めてハイキングの用意。

DSCF6446_640.jpg

DSCF6447_640.jpg

ダム堰堤を渡り、つきあたりを右へ。ダム湖沿いに歩いていきます。
DSCF6453_640.jpg

動きの鈍いバッタさんがいました。
DSCF6454_640.jpg

DSCF6459_640.jpg

15分で竜鎮渓谷の入り口に到着。
DSCF6465_640.jpg

あまりお勧めコースではない様子。
DSCF6466_640.jpg

幅も十分な快適な遊歩道です。
DSCF6469_640.jpg

10分もせずに龍鎮神社に到着。
DSCF6474_640.jpg

DSCF6477_640.jpg

竜鎮の滝 小さい滝ですが、きれいな淵となっていて雰囲気がとてもいいです。神域らしい。
DSCF6482_640.jpg

滑るように流れる。吉祥龍穴のところの滝に似ていますね。
DSCF6488_640.jpg

すばらしい色合いです。これを眺めながらお弁当にしたいですが、神域のため飲食禁止。もちろん泳いだりしてもダメです。
DSCF6505_640.jpg

目的地はここだったのですが、あっさり着いてしまいましたし、飲食禁止だしで、もう少し先まで歩くことに決定。
ずっと行けばカトラ林道に出合うはず。室生寺までは遠すぎるかな、ダムに戻らなくてはならないし。

DSCF6507_640.jpg

いい道です。新しいキャタピラ跡がついてます。
DSCF6508_640.jpg

キャタピラ跡はこれがつけたのでしょう。(復路ではお二人で作業されていました。)
DSCF6517_640.jpg

天気もよく、日陰でも寒くなく、誰もいなくて、最高の遊歩道です。沢沿い(深谷川)だし。
DSCF6520_640.jpg

ふかふか落ち葉で足裏にやさしい。
DSCF6523_640.jpg

コンクリ舗装のところに出ました。
DSCF6525_640.jpg

大きな穴が開いています。たまった水にサカナが泳いでいます。
DSCF6527_640.jpg

かすかに室生寺と読める案内がありました。また今度室生寺往復もしてみたいですね。
今日は反対側の荷阪方面へ行きます。
DSCF6532_640.jpg

登りもさほどきつくはありません。
DSCF6543_640.jpg

林道に出てきました。これがカトラ林道だと思います。
DSCF6545_640.jpg

カトラ林道の途中の東屋でラーメン食べたりしたことがありますが、ここを右に行けばいいのか左に行けばいいのかわかりません。
とりあえず右に行くと、展望の良いところがありました。
DSCF6548_640.jpg

さらに行くと案内がありました。
DSCF6550_640.jpg

ここでまた山に入ると元へ戻れるようです。
しかし、この道は、危険ということはまあありませんが、最後はどこが道だかわからなくなっていました。
DSCF6558_640.jpg

DSCF6559_640.jpg

DSCF6560_640.jpg

さっき歩いていた道であろう道が見えてきました。ここからは斜面を滑り落ちる感じでした。
DSCF6563_640.jpg

おなかが減ってきましたので、コンクリ部で食べることにします。
DSCF6571_640.jpg

今日のお弁当、かわりばえしません。でも雰囲気は最高。国会中継を聞きながら食べるのです・・・
DSCF6572_640.jpg

誰もいない山の中で小一時間ゆっくりして室生ダムまで帰りました。休憩入れて四時間足らずのハイキングでした。
室生ダム湖にUFOが着水していました。
DSCF6573_640.jpg

ボートの方たちはダム関係者。今日は関係者が多数おられました。岐阜、三重ナンバーの車が多かったです。
DSCF6574_640.jpg

午後3時になっていたので、県道28号、香酔峠経由でさっさと帰りました。日没が早いのでしかたありません。
62kmだけでしたが、歩数は15000歩。最近健康的なツーリングばかりです・・・
スポンサーサイト



やっと行けた 根来山げんきの森

ツーリング
11 /26 2017
1回目は雨でUターン。
2回目は定休日。
今日は曇りですが、まあ早めに帰れば大丈夫だろうと、やっと根来山げんきの森へGo!

9時45分出発。京奈和を快走して60kmほど、1時間足らずで到着。
駐車場の端っこにバイクを停めます。
DSCF6363_640.jpg

結構車が来ています。
DSCF6365_640.jpg

駐車場からの景観。
DSCF6364_640.jpg

靴をはきかえ、管理棟にあった地図をもって出発。まず下っていきます。
DSCF6367_640.jpg

急坂を下ると砂防ダム。子供連れの団体の声がします。
DSCF6370_640.jpg

DSCF6371_640.jpg

炭焼釜のある沢小屋。
DSCF6372_640.jpg

そばにある池。大谷新池というため池です。食用蛙がたくさんいるそうです。
DSCF6375_640.jpg

ため池やつばき一輪お出迎え
DSCF6374_640.jpg

今日はこの森で一番ハードっぽいコースを歩こうと思います。ヒノキ谷を登っていきます。
DSCF6376_640.jpg

途中にわさび園。
DSCF6377_640.jpg

ときどき橋を渡ります。
DSCF6379_640.jpg

慎重に渡ります。
DSCF6381_640.jpg

これは怖そう・・・
DSCF6382_640.jpg

沢は岩だらけ。水の流れはチョロチョロ程度。
DSCF6384_640.jpg

今日も枝二本をストックにしています。
DSCF6385_640.jpg

たまにベンチがあります。
DSCF6388_640.jpg

クスノキの大木の根元に、キノコ?直径40センチほどありますが・・・
DSCF6389_640.jpg

土仏林道に出ると展望がきくところがありました。紀の川市の市街地ですね。
DSCF6392_640.jpg

地点はアルファベットで表示されていて、案内標識も完備です。
DSCF6397_640.jpg

どんぐりが無数に落ちています。
DSCF6398_640.jpg

スカイラインというコース。結構アップダウンがあります。
DSCF6399_640.jpg

誰もいない山道で紅葉を楽しみます。
DSCF6400_640.jpg

DSCF6403_640.jpg

DSCF6407_640.jpg

どこでお弁当にしようかな、もう少しおなかを減らそうか、などと思いながらこのベンチはパス。
DSCF6408_640.jpg

結構な山道で、こんなところをくぐるのもしんどくなってきました。
DSCF6410_640.jpg

全然ベンチがなくなってきて、仕方なく道端で食べることに決定。私しか山道に入ってないみたいだし。
DSCF6413_640.jpg


今日のお弁当。普通の作りおきのおかず。柿、チーズケーキ。
DSCF6414_640.jpg

食べ始めたら、パラパラと葉が鳴ります。小雨が降ってきました!
まぁ、木の下だし、ほんとの小雨だったので食事を続行。なんとか食べている間は大丈夫でした。
熱いカフェオレも飲んで、出発。あとは西尾根を下りるだけ。

雨は次第に本降りっぽくなってきました。でもきれいなところではシャッターを押します。
DSCF6416_640.jpg

わかりにくいですが、急坂を下りています。
DSCF6418_640.jpg

ここを下りればラスト。
DSCF6420_640.jpg

大谷新池まで戻ってきました。DSCF6423_640.jpg

小屋の時計は合ってます。
DSCF6424_640.jpg

ここを上がれば管理棟。
DSCF6425_640.jpg

駐車場はオールウェット。雨はやむ様子はありません。
帰りは紀ノ川広域農道のつもりでしたが、京奈和を使ってささっと帰ることにします。

雨だと車もスピードは控えめ。安全運転で帰宅できました。高速なのであまり泥汚れはありませんでした。

根来山げんきの森は歩くコースを変えればいろいろ楽しめます。根来寺へも行けるようです。
帰りはちょっと神通温泉なんかに寄ってもいいですね。
昨日も今日も、よく歩きました。125km、9800歩のハイキングツーリングでした。

美しい東吉野村 和佐羅滝

ツーリング
11 /25 2017
寒くなり、早起きツーリングがつらくなってきました。
無理して遠くへ行くこともないので、今日は近場でハイキングを兼ねて走ろうと思います。
東吉野村の和佐羅滝はまだ行ったことがありません。七滝八壷へ行くときに毎回上り口を通り過ぎていました。
県道から30分ほど登れば着くらしいので、ミニハイクとして丁度いいくらいです。

なんとか10時前に出発。国道370号窪垣内交差点から県道16号にはいります。
この県道はいつ走っても快適です。
このトイレは初めて寄ります。
DSCF6194_640.jpg

小川から県道220号にはいります。
道沿いにはきれいな紅葉が垣間見れます。
DSCF6198_640.jpg

パン屋「麦笑」に寄り、今日のランチを買います。奥さんはこの間バイクの練習会に参加されたそうです。
麦笑の前で。巣箱がありますね。
DSCF6200_640.jpg

さらに県道を東へ走っていくと、見事な紅葉を発見。
DSCF6201_640.jpg

DSCF6202_640.jpg

DSCF6204_640.jpg

DSCF6206_640.jpg

DSCF6209_640.jpg

DSCF6213_640.jpg

さらに走っていくと、廃校らしい建物がありました。
四郷小学校だったらしい。あとで調べたら1991年に廃校になっていました。
DSCF6219_640.jpg

現在はデイービスセンターとなっています。
DSCF6221_640.jpg

県道には、かわいいポーズの女の子。
DSCF6225_640.jpg

さらに行くと厳島神社があり、その下の川の眺めはなかなかです。
DSCF6230_640.jpg

DSCF6239_640.jpg

DSCF6240_640.jpg

お弁当によさげな河原なのですが、神社の神域ということで飲食は禁止だそうです。
DSCF6249_640.jpg

和佐羅滝に行くのに、県道端に駐車するのはどうかなぁと思い、今日はやはた温泉の駐車場に停めます。
DSCF6251_640.jpg

和佐羅滝の上り口までは15分ほど県道を歩きます。
なかなかの枝振りのもみじ発見。
DSCF6256_640.jpg

前には炭釜があります。
DSCF6259_640.jpg

DSCF6351_640.jpg

昔懐かしいタバコ屋さん。ここもそうですが、このあたり空き家が目立ちます。
DSCF6262_640.jpg

和佐羅滝上り口に到着。
DSCF6264_640.jpg

最初は橋を渡らないで直進しましたが、行き止まりだったので戻って橋を渡ります。案内が取れていたのかも。
DSCF6267_640.jpg

沢沿いに登っていきます。小さな滝がときどき顔を出します。
DSCF6271_640.jpg

DSCF6278_640.jpg

道は50センチほどの幅のところもあります。もちろん落ちるとやばいです。
DSCF6279_640.jpg

倒木がものすごいです。台風が来るたびに沢は姿を変えるのでしょう。
DSCF6286_640.jpg

DSCF6288_640.jpg

あともう少し。けっこうな運動です。
DSCF6291_640.jpg

これか?ちがうらしい。シカが二頭、キョーンと山へ入っていきました。
DSCF6292_640.jpg

さらに崖の上に登ると、和佐羅滝でした。
DSCF6303_640.jpg

写真ではサイズがわかりませんが、40m以上あります。流れは二つに分かれて落ちています。
DSCF6306_640.jpg

滝下の大きな平たい岩の上でランチにします。麦笑のパンとあったかい飲み物。
DSCF6315_640.jpg

お湯を沸かします。コーヒー、トロピカルティーをもってきました。
DSCF6317_640.jpg

なかにお惣菜?が入ったのがとてもおいしい。
DSCF6330_640.jpg

滝の音を聞きながらゆっくり食事をしました。少し寒かったですが、風がなかったのでまずまず快適でした。
この滝もこの時期毎年来ることにしたいと思います。
もう少し上まで登れるようですが、来年にとっておきましょう。

下山はスムーズ。20分ほどで県道にもどります。やはた温泉までゆっくり歩きます。
DSCF6334_640.jpg

DSCF6341_640.jpg

DSCF6357_640.jpg

DSCF6361_640.jpg

DSCF6362_640.jpg

滝を見たあとは本来温泉につかってゆっくりしたら最高だとは思いますが、ウェアをいっぱい着ているので脱ぐのが面倒なのと、風呂ざめして風邪を引くのが心配なので、温泉はまたにして帰路につきます。
まだ50kmしか走っていませんでしたので、宇陀市の快適路をあちこち走って結局は112kmの滝見ハイクツーリングとなりました。
今年は紅葉を堪能できました。人のいないところでも十分楽しめるんですね。
よく歩いたつもりでも1万歩に少し足りませんでした・・・

予定変更 平池緑地公園

ツーリング
11 /21 2017
今日もお天気はいいらしいですが、昨日の雨で路面がウェット。
午前10時頃、そろそろ道は乾いたかなと出発。

この前行こうとした根来山げんきの森は、橋本で雨に降られてだめでしたが、今日は大丈夫でしょう。
京奈和を快走。げんきの森へ行く前に近くの和歌山緑化センターへ寄るつもり。
しかし、走りながら、緑化センターには定休日があったような・・・と思いつつ、紀ノ川ICで下りてすぐのセンターへ。

やっぱし火曜日は休園日でした・・・
DSCF6100_640.jpg

公営なので、仕方ありませんねー。
DSCF6103_640.jpg

緑化センターの向かいからげんきの森へ向かいます。
が、ここも!
DSCF6109_640.jpg

ゲートが閉じられています。火曜日は緑化センターともども、ここも休みなのですね。
トイレくらい使えるかと、ゲートの横から中に入りましたが、トイレのシャッターもclosed。
DSCF6104_640.jpg

休みなのを知らず、やってくる車の人もちらほら。徒歩で中に入っている人もいるようです。
お弁当を持ってその辺歩いても問題なさそうではありましたが、トイレも使えないのではちょっとね、ということで予定変更します。

ちなみにゲート横からの林道はちょっと走ってみたいなぁと思っていた道です。
DSCF6110_640.jpg

でも、無断で走るな、ということ。
DSCF6111_640.jpg

ずっと行けば神通温泉のところに出られると思うのですが、走るよりは、げんきの森に駐車してハイキングするのがいいですね。
地元の人が徒歩で入って行ったので、あまりバイクで入らないほうがいいでしょう。

で、どこでランチにするか、ちょっと地図を見ます。やっぱりこの近くでゆっくりできるのは貴志川町の平池緑地公園だろうと、
根来西から県道63号で備前交差点、紀ノ川を渡って県道10号線で平池緑地公園到着。ねこ駅長で有名な貴志駅の西側です。
DSCF6112_640.jpg

まわりは住宅地ですが、のんびりした雰囲気です。
DSCF6113_640.jpg

もうすこしおなかを減らすために池を歩いて一周します。
ここには野鳥がたくさんいて、人からエサをもらっているので、人に慣れています。
DSCF6115_640.jpg

水は黄緑。水質はあまりよさげではありません。透明度はほぼなし。
DSCF6117_640.jpg

コイもエサを求めて口を開けます。
DSCF6120_640.jpg

池の周りの家の人はいいですね。
DSCF6122_640.jpg

「残り柿我ここにあり青い空」
DSCF6127_640.jpg

どういう種類なんでしょう?
DSCF6131_640.jpg

歩く人、走る人、犬の散歩をする人にとって最高の場所
DSCF6133_640.jpg

こりゃまたぎっしり
DSCF6134_640.jpg

「寒風に逆らうごとく黄色咲く」
DSCF6135_640.jpg

周りの土地はまだいっぱいあいてますねー。
DSCF6139_640.jpg

この木は「マユミ」 昔この木で弓を作ったらしい。
DSCF6142_640.jpg

一羽だけ黒鳥がいます。
DSCF6144_640.jpg

並んでひなたぼっこ
DSCF6150_640.jpg

DSCF6153_640.jpg

公園はイルミネーションの準備中
DSCF6155_640.jpg

これは古墳だそうです。
DSCF6158_640.jpg

集まってますねー。種類はいくつかあるみたいです。
DSCF6163_640.jpg

DSCF6169_640.jpg

池からあふれた水はここから放流されているようです。
DSCF6174_640.jpg

池を一周しました。この景色のところでランチです。
DSCF6176_640.jpg

今日のお弁当。たきこみごはん、ロールキャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ、チーズケーキ、柿など。
DSCF6177_640.jpg

黒い鳥が寄ってきたので、ご飯を少しおすそわけ。ちゃんと食べてくれました。
DSCF6179_640.jpg

鳥にパンをあげている方がいました。たくさん集まってきています。
DSCF6183_640.jpg

のんびりラジオを聞きながら食事をした後、帰宅コースを決めます。
国道370号で高野町の花坂まで行き、掛商店でやきもちを買って帰ることにします。

途中の紀美野町の公衆トイレ。これまで素通りしていました。このトイレ、個室はひとつしかなく、男女および障害のある人などの汎用トイレです。最先端の設備のすばらしいトイレでした。毎回寄ろう!
DSCF6190_640.jpg

トイレの下の貴志川。よさげな淵があります。
DSCF6189_640.jpg

自然の芸術
DSCF6192_640.jpg

花坂の掛商店。1個120円のやきもちを8個購入。ここは製造元です。
DSCF6193_640.jpg

あとは定番コース、国道480号で北進し、紀北かつらぎICより京奈和で帰りました。
御所のPAに初めて寄りました。お土産販売もあり、休憩所もありました。

またしても根来山げんきの森へ行けませんでしたが、平池緑地公園はいつものどかでいいですね。帰りのコースも貸しきり状態で快走でした。182km。気温は10℃を上回ることはありませんでしたが、すっきり走れたお弁当ツーリングでした。

雨でUターン 一の木ダム

ツーリング
11 /19 2017
今日は曇りでところによりにわか雨らしい。
昨日雨が降ったので、山道は避け、京奈和と紀ノ川広域農道で和歌山の「根来山げんきの森」にでも行こうと思います。
おとといのトレッキングの疲れたのためか、早起きできず、出発は10時頃。

京奈和を快調に走り、橋本に近づくとポツリポツリと雨が降ってきました。
和歌山方面はどう見ても晴れ間がありません。
橋本ICで下り、さつき台経由で広域農道に出るには出ましたが、こりゃいかんわ、という雨降りで、引き返すことにしました。
御幸辻から東へ。どこへ行こうかと走りながら、とりあえず不動山の巨石のトイレに行くことにしました。

杉尾という集落にて
DSCF6044_640.jpg

西の空
DSCF6045_640.jpg

電線が今一ですが、晩秋の山
DSCF6047_640.jpg

不動山の巨石入り口のWCで雨宿り
DSCF6060_640.jpg

ドラム缶にたまった水の上に雨粒が波紋を作っています。
DSCF6061_640.jpg

一分ほどですがアラレも降ってきました。手がかじかんで寒いです。
DSCF6064_640.jpg

この柿は放置?
DSCF6056_640.jpg

雨の中小学生の団体がやってきました。巨石までの階段を登るらしい。濡れても平気そう。元気ですねぇ。
巨石までの階段はものすごく急です。雨が降ってなければ登ったのですが、今日はやめておきます。
雨の中ではお弁当は食べられません。(小学生はすぐそばの明王寺で食べていましたが)
DSCF6066_640.jpg

30分ほどしてほぼやみました。再出発。
のどかな風景に止まります。
DSCF6067_640.jpg

DSCF6068_640.jpg

DSCF6069_640.jpg

DSCF6070_640.jpg

DSCF6072_640.jpg

DSCF6073_640.jpg

本陣交差点経由で一の木ダムまでやってきました。
DSCF6078_640.jpg

晴れ間も多くなってきました。
DSCF6079_640.jpg

反対側はおどろおどろしい雲行きではあります。
DSCF6081_640.jpg

貯水量はたっぷりな感じ。
DSCF6082_640.jpg

管理所の前
DSCF6085_640.jpg

この東屋でお弁当にします。風がすごく強いです。
DSCF6087_640.jpg

今日のお弁当。ラーメンでもほしいところですが、この風ではムリですね。
DSCF6088_640.jpg

かじかんだ手でユックリ食べます。こんなのが楽しいのか、馬鹿なことをしているなぁと・・・
元気な若者もいて、3台の珍走団がブイブイやってきて、休憩?したのち、またブイブイ出て行きます。

バイクをふきふきしてから出発。
家にはまだ柿がありますが、また買おうと思い、野原の直売所で買います。無人のときは、お金はポストに入れて、という表示。
さっき前を通ったときは無人のようでしたが、今度はいらっしゃいました。
これで200円!JAの直売所もありますが、この辺ではいつもここで買います。小松農園さん。
DSCF6098_640.jpg

帰りはモンベルの前を通り、カルディア第二キャンプ場の向かいのWCで休憩。
DSCF6093_640.jpg

DSCF6094_640.jpg

DSCF6095_640.jpg

向かいではジムニー?などがトライアルをやっていました。

根来山げんきの森に行けなかったのは残念ですが、寒さにめげず103kmを走ることができました。
近場は地図を確認する必要もないので楽です。初めての道はありませんでしたが、ランチ場所は初でした。
これからもっと寒くなりますが、元気にアウトドアランチを楽しみたいと思います。
私にはあったかいお店でコーヒーを・・・などは似合いません・・・お金いるし・・・

赤目48 長坂山トレッキング

ツーリング
11 /17 2017
日中は晴れの模様。
秋を感じにまたハイキングに行こうと思います。
赤目48滝の百畳岩のところから長坂山トレッキングコースが整備されています。
3時間程度で歩けるらしいので、体力づくりにはちょうどいいと思います。

10時前に出発。赤目だからか、48キロぐらいの道のりなのであっという間に着きました。
国道165号はまずまずのコースですが、マンホールの蓋が多いところがあり、ちょっと気になります。

赤目観光ハウスに駐車。200円。係りの人がいるのは安心ですね。
靴を履き替え、リュックを背負って出発。
DSCF5943_640.jpg

なにやら艶っぽい忍者。
DSCF5944_640.jpg

滝の入り口で400円を払い、どんどん進みます。
DSCF5946_640.jpg

行者滝
DSCF5948_640.jpg

霊蛇滝
DSCF5949_640.jpg

不動滝
DSCF5953_640.jpg

八畳岩
DSCF5958_640.jpg

千手滝
DSCF5961_640.jpg

片側は崖、手すりのおかげで安全に歩けます。
DSCF5968_640.jpg

きれいな淵があちこちに。
DSCF5971_640.jpg

涸れた滝
DSCF5972_640.jpg

40分ほどで長坂山入山口に到着。鎖をはずして入ります。
DSCF5977_640.jpg

DSCF5979_640.jpg

急坂をジグザグに登って行きます。
DSCF5981_640.jpg

けっこうきついです。
DSCF5982_640.jpg

ちょっと休憩。一気に登って来ました。
DSCF5983_640.jpg

今日も枝二本が助けてくれます。
DSCF5984_640.jpg

展望のあるところから北西方向?を見ています。神野山も見えています。
DSCF5988_640.jpg

紅葉も楽しめます。A4というポイントです。
DSCF5991_640.jpg

こんな道ばかりだといいのですが。
DSCF5996_640.jpg

林道も少し歩きます。
DSCF5997_640.jpg

結構アップダウンのあるコースです。
DSCF5999_640.jpg

B4ポイントからの絶景。
DSCF6002_640.jpg

ただ目の前は100m?以上の崖です。踏み外すとジエンドです。
DSCF6005_640.jpg

DSCF6012_640.jpg

大和富士(額井山)の見えるポイントがありました。
DSCF6018_640.jpg

名張の市街地が見えるところもあります。
DSCF6020_640.jpg

午後2時45分までにここを通過しなければならないそうです。まだ余裕があります。
DSCF6022_640.jpg

長坂山山頂はうっかり通り過ぎてしまい、写真なしです。
あとは下るだけ。途中ベンチがはじめてありましたので、林の中ですが、お弁当にします。
DSCF6026_640.jpg

今日のお弁当。曽爾のヤーコンのキンピラも入っています。
DSCF6027_640.jpg

NHKラジオを聞きながらゆっくりします。たぶん私が最後の下山者のような気がします。陽があたらないのでしばらくすると冷えてきました。帰りましょう。

DSCF6033_640.jpg

DSCF6034_640.jpg

車道に出ました。
DSCF6036_640.jpg

DSCF6038_640.jpg

赤目滝橋にでてきました。駐車地まですぐです。
DSCF6042_640.jpg

4時間くらいの、ハードなところもあるコースでした。
ここもまたこの時期に毎年歩きに来ようと思いました。
帰りは県道28号で国道369号に出て、西峠経由で帰りました。
バイクは100km。滝も見て山も登れて充実のハイクツーリングでした。
駐車場の係員に「オニーチャン」と呼ばれました・・・

住塚山 国見山

ツーリング
11 /13 2017
今日も秋晴れの様子。
昨日はハイキングでしたが、今日は軽登山です。
曽爾村の屏風岩の端から住塚山、そして元気なら国見山にも登りたいと思います。

10時前に出発。内牧菟田野線経由で国道369号に出て、曽爾の掛まで快走、交差点の手前を左に入ります。
屏風岩公苑の案内に従って左折、上って行きます。

クマタワ峠方面は通行止めになっています。
DSCF5860_640.jpg

屏風岩の駐車場に到着。
DSCF5861_640.jpg

いつもながらの雄姿。上に登って下を見ることができるそうですけど、コワイでしょうね。
DSCF5865_640.jpg

ほとんど人はいません。
DSCF5864_640.jpg

300mほど歩くと登山口があります。11時15分です。なんとか国見山まで行って帰れそうな感じです。
DSCF5869_640.jpg

いきなり急斜面を登っていきます。獣除けのネットぞいです。
DSCF5871_640.jpg

九十九折の斜面をゆっくり登るとややなだらかな道になります。
DSCF5874_640.jpg

今日は自前のストックを一本持参、折れた枝を拾って二本で上ります。
DSCF5876_640.jpg

熊笹の藪もあります。
DSCF5877_640.jpg

あれが住塚山の山頂ではなかろうか・・・
DSCF5879_640.jpg

山頂のベンチで一休み。ここまで3585歩。60分経過。
DSCF5882_640.jpg

視界180度くらいですね。曽爾高原が見えています。
DSCF5883_640.jpg

隣に見えるこれが国見山かな。
DSCF5886_640.jpg

いいお天気です。風もあまりありません。
DSCF5888_640.jpg

さて国見山へ。藪をこいで下ります。いったん120mちょっと下ってからまた登ることになります。
DSCF5897_640.jpg

下りきり、ここから登りです。けっこう急です。ここまで5198歩。
DSCF5901_640.jpg

ところどころロープを頼りに登ります。
DSCF5902_640.jpg

山頂近くになってもなかなか到着しませんでしたが、やっとあれが・・・
DSCF5906_640.jpg

国見山到着。今日は1000mの山を二座も踏破!?ここで6294歩。
DSCF5907_640.jpg

住塚山よりも見晴らしはいいです。
DSCF5909_640.jpg

名張の町が見えています。右のほうには青山高原の風車も見えていました。
DSCF5918_640.jpg

山頂のナンテン。
DSCF5921_640.jpg

その向こうに曽爾高原、二本ぼそ、倶留尊山。
DSCF5922_640.jpg

さてお弁当を広げます。
DSCF5929_640.jpg

今日のお弁当。ひじき、ベーコンエッグ、ブロッコリ、チョコパン。NHK午後ラジを聞きながらユックリ食べます。
DSCF5927_640.jpg

山頂からさらに先へ行くこともできますが、かなり時間がかかりそうです。今日はここで引き返します。
DSCF5930_640.jpg

登ってくるときに年配の男女とすれ違っただけで、国見山は貸切状態でした。必要なのは体力だけ。別にごちそうではありませんが、いい景色を見ながら寒くも暑くもない山頂で食事するのは楽しいですね。

下りるときに紅葉を一枚。
DSCF5933_640.jpg

登りは2時間かかりましたが、下りは1時間ちょいでした。
夕方の太陽をあびる屏風岩。
DSCF5939_640.jpg

県道に出る交差点にこんな彫像が。神話のワンシーン?
DSCF5942_640.jpg

帰宅すると夜になっていましたが、距離は95キロだけ。もう少し早く出ておればもっとゆっくりできたでしょう。
この時期は国見山に登ることにしましょう。自分のそのときの体力測定にもなります。
疲れはしましたが、心地よい疲れでした。12826歩の軽登山ツーリングでした。

霧山城跡

ツーリング
11 /12 2017
津市美杉町の北畠神社、北畠氏館跡庭園は今日までライトアップ。紅葉が見ごろのようです。
でもメインの目的地は神社横から登る霧山城跡です。
降水確率ゼロがありがたいです。レインウェアは置いていきます。

朝はゆっくりして9時に出発。
榛原から曽爾の掛まで快走。WCの前にある曽爾産物直売店が開いていましたので寄ります。
休日しか開いていないようですね。帰りに寄れないかもしれないと、野菜を購入。

見たことのない野菜。「コールラビ」というそうです。レシピはネットで。
DSCF5735_640.jpg
DSCF5857_640.jpg

曽爾特産ヤーコンも一袋だけありました。ニンジンと炒めましょう。
DSCF5736_640.jpg

北畠神社に到着。横のJAの駐車場に止め、靴を履き替えます。
DSCF5733_640.jpg

鳥居をくぐると見事な紅葉。
DSCF5745_640.jpg

神社に行かずに左へ行くと霧山城跡登山口。
DSCF5747_640.jpg

1350m。一時間くらいで登れるでしょうか(登るのははじめて)。
DSCF5749_640.jpg

庭園(入るのには300円)横の道を上っていきます。
DSCF5750_640.jpg

登り始めのあたりは標高353m。
DSCF5751_640.jpg

北畠氏館詰城跡よりの景色。
DSCF5753_640.jpg

階段のところもあります。
DSCF5756_640.jpg

まっすぐな杉の林を通って行きます。
DSCF5758_640.jpg

ラジオがよく入りますので聞きながら登ります。
DSCF5760_640.jpg

半分くらい来ました。他には誰もいません。
DSCF5761_640.jpg

道が崩れて補修されています。
DSCF5763_640.jpg

あと370メートル。
DSCF5766_640.jpg

折れた枝を2本使って登っています。これがあるとないとではえらい違いです。
DSCF5767_640.jpg

ここを上がると鐘突堂跡。
DSCF5768_640.jpg

鐘突堂跡にありました。
DSCF5771_640.jpg

DSCF5775_640.jpg

DSCF5784_640.jpg

ここを上がれば本丸跡。
DSCF5789_640.jpg

てっぺんの広いところに立つ石碑。昭和14年のもの。
DSCF5790_640.jpg

もうひとつ石碑があります。
DSCF5792_640.jpg

説明版の前で3人の男性が食事を終え、、出発されるところでしたので、入れ替わりに今度は私がお弁当を広げます。
DSCF5808_640.jpg

今日のお弁当。から揚げ、コロッケ、ひじき、ブロッコリ、りんご。
DSCF5806_640.jpg

NHKのど自慢を聞きながらゆっくりいただきます。貸切状態になってよかったです。
大洞山が見えています。
DSCF5812_640.jpg

歴史に詳しい人はいろいろと思いをめぐらすのでしょうが、私は景色を見ながらごはんのおいしさに感動するばかりです・・・
何を食べてもおいしいです。おいしいと思える限り生きている喜びを感じることができます・・・

風がでてきました。一気に寒くなります。下りましょう。
30分くらいで下りてしまいます。庭園に入るのはやめて、神社境内の紅葉で楽しみたいと思います。

DSCF5825_640.jpg

DSCF5830_640.jpg

DSCF5835_640.jpg

DSCF5837_640.jpg

DSCF5839_640.jpg

DSCF5844_640.jpg

DSCF5848_640.jpg

DSCF5850_640.jpg

DSCF5852_640.jpg

DSCF5856_640.jpg

ここまでは片道60キロくらいなので、ゆっくりできます。11月中旬は毎年来たいと思いました。
帰りにまた掛の直売所に寄り、柿と大根を買って帰途につきました。

橿原の小房交差点あたりが異様に渋滞していたのでなんだろうと思ったら、高田バイパスの入り口で通行止めになっていました。
何が起こったのでしょう?
家に帰って調べてみたら、バイパス入ったところでコンテナトラックが爆発炎上したということです・・・
ネットより拝借した写真です。ありがとうございます。
DOaWKrXUIAEq503_640.jpg

すごい音がしたらしいです・・・

なんとか日没前には帰宅できました。歩数計は6524歩。意外と少ない・・・
まあ、登りだったので運動にはなりました。バイクは130kmくらい。
ヤーコンが手に入ったのも収穫です。

ナメゴ谷 みたらい遊歩道

ツーリング
11 /10 2017
ありがたいことに今日も秋晴れ。
国道309号沿いのナメゴ谷の紅葉はピークを少し過ぎたかもしれませんが、この時期に行ったことがないので見に行きます。
夜明け直後に出発。県道262を使って国道169号に出ます。
GSRはグリップヒーターがついていないので指が冷えて感覚がなくなってしまいます。
いつもは通り過ぎる道の駅杉の湯川上でトイレ休憩とひなたぼっこ。
体を固くしながら快調に南下、天ヶ瀬のバス停にあるWCでも休憩。
DSCF5566_640.jpg

いいお天気です。
DSCF5562_640.jpg

ナメゴ谷の案内。結構有名になってきました。
DSCF5564_640.jpg

そこから国道309号に入ります。夜間は通行止めのようですが、昼間は大丈夫。
いたるところでいい紅葉を楽しめます。
DSCF5575_640.jpg

これは寄り道した林道沿い。
DSCF5577_640.jpg

砂防ダムのところが特にきれいだったので止まります。
DSCF5589_640.jpg

DSCF5593_640.jpg

DSCF5597_640.jpg

DSCF5595_640.jpg

河原自体は岩がごろごろして殺風景ですが、山の眺めは最高です。お弁当といきたいところですが、まだ早すぎます。
ナメゴ谷から見る、あの龍が天に上るような特徴的な紅葉は距離表示64のところが一番よく見えるようです。
先客も数名います。何かの撮影クルーのようなワゴン車も。

光の具合は7時半くらいがいいそうです。そんな早くには来れませんね・・・
DSCF5608_640.jpg

私にはこんな具合にしか撮れません。ピークも過ぎているような感じです。でも特徴のある紅葉ですね。
DSCF5618_640.jpg

ここがビューポイント。
DSCF5629_640.jpg

行者還トンネルの手前にある案内。また歩いてみたいですね。
DSCF5632_640.jpg

その地点からの眺め。山また山ですね。
DSCF5633_640.jpg

川迫ダム手前の川迫川。
DSCF5635_640.jpg

天川村では指定場所以外でBBQは禁止になっています。ラーメン作るのはいいですか?

川迫ダム
DSCF5637_640.jpg

この岩山の下の河原でお弁当にすることにしました。
DSCF5642_640.jpg

DSCF5648_640.jpg

DSCF5651_640.jpg

DSCF5664_640.jpg
ガードレールをまたいで河原へ下ります。
DSCF5668_640.jpg

今日のお弁当。サバの味噌煮(大好物)、野菜炒め、柿。
DSCF5670_640.jpg

向こうではマイクロバスがやってきて対向車はバック、バック・・・
DSCF5673_640.jpg

日向で食べていたのですが、やがて日陰になりました。振り返ると太陽はとがった山に隠れてしまっていました。
谷底の日照時間は短いですね。
日陰になったせいか、眼下の淵に大きな魚がたくさんでてきました。中央あたりに二匹。30センチはあります。
DSCF5674_640.jpg

これから即帰ろうかどうしようかと迷い、とりあえず観音峯登山口のWCへ。
バスが数台とまっていたり、結構な人出です。私も少しは歩いてみようと思い、リュックをかついで出発。
この橋を渡ります。
DSCF5682_640.jpg

山に上り展望台まで行くかどうか迷いましたが、食後なので上りはやめて、川沿いにみたらい遊歩道を川合方面へ歩き出します。

こっちはやめ。
DSCF5685_640.jpg

30分ほど歩いたら引き返すつもりです。団体さんとすれちがいます。
さすが人気の遊歩道、紅葉が見事です。
DSCF5695_640.jpg

DSCF5697_640.jpg

しばらくすると「光の滝」というのがありました。
DSCF5709_640.jpg

DSCF5714_640.jpg

滝でUターンして駐車場に戻ります。いい運動になりました。
駐車場でバイクを掃除して帰途につきます。
下市の札の辻ステーションでパンを購入。
DSCF5731_640.jpg
シフォンは紅茶味。
DSCF5732_640.jpg

みたらい遊歩道を歩いたのは初めてです。人が多そうなので避けていましたが、紅葉シーズンとか新緑の季節にまた歩きに来たいと思います。
169号から309号を走って帰って160km。近いものです。川迫川は真夏もよさそうですね。
天川村には温泉もあります。道のチョイスは少ないですが、お気に入りの地域です。
たっぷり紅葉を楽しめたお弁当ツーリングでした。

川上村 不動窟 ダム釣り公園

ツーリング
11 /06 2017
今日も天気がいいみたいです。久々に国道169号を走り、入之波温泉にゆっくりつかろうと思います。
距離は60kmくらいなので、朝はのんびりして10時前に出発。
橿原の小房交差点から国道169号線を南下します。芦原南から世尊寺方面へ。
途中で右に折れて吉野川沿いに出て再び国道へ。

ところが、河原屋西のローソンのところで、「国道169号、この先通行止め」と表示してあり、警備員が迂回路へ車を誘導しています。
どう迂回するのかなと思いながら左折、県道28号を走ります。三茶屋で右折、国道370号を南下、窪垣内で右折、五社大橋を渡って国道169号に出ます。迂回路ですが、快走路でした・・・

時間があるので大滝ダムに寄ります。
DSCF5460_640.jpg

水の色は風情がいまひとつ。水面のゴミみたいな点は水鳥二羽。
DSCF5461_640.jpg

次に白屋橋を渡り、白屋地区へ。住民が移転した跡が整備されて、トイレもあります。
白屋橋。
DSCF5463_640.jpg

石垣が集落のなごり。
DSCF5468_640.jpg

ここで生活があった・・・
DSCF5467_640.jpg

誰かの家に植えられていたのでしょうか。
DSCF5473_640.jpg

次は幾度となく前を通り過ぎていた不動窟鍾乳洞に初めて寄ります。
喫茶店ホラ!穴の入り口。
DSCF5483_640.jpg

500円を支払って階段を下りていきます。国道の橋の下です。
DSCF5489_640.jpg

鍾乳洞の入り口に奥吉野不動明王様。どんなあつかましい願いもきいてくださるとのこと。
DSCF5490_640.jpg

ここから不動窟。
DSCF5524_640.jpg

不動窟内の見るポイントはいろいろあるようです。16番、乃の下に大と書いてなんと読むのでしょうか?
DSCF5496_640.jpg

中は狭く、頭を打つポイントがいくつかあります。
DSCF5513_640.jpg

入場者は私だけのようです。それがなんとなくスリル。
ゴォゴォと水の音が聞こえてきました。大瀑布と案内にあったとおり、大きな滝がありました。
DSCF5501_640.jpg

暗いところでどう撮影すればいいのかわからないので、滝の迫力を写真では伝えられませんが、洞窟にこんなに大きな滝を見たのは初めてです。音も水量もすごく、大迫力です。これだけで500円の価値は十分ありました。
DSCF5509_640.jpg

滝のそばには不動明王様。高さは1m50cmほど。滝は何段にもなっていて10m以上あります。
DSCF5506_640.jpg

鍾乳洞はここで行き止まり。四番目の広い場所になります。入り口から5分もかかりません。
DSCF5515_640.jpg

なんか怪物の腹の中に居るような具合。
DSCF5520_640.jpg

バイクウェアを脱がずに入ってきましたが、温度は13.5℃くらいなのでちょうどいい感じです。
DSCF5523_640.jpg

この鍾乳洞、真夏にまた来たいですね。

不動窟からすぐ大迫ダムです。ダムを渡り、入之波温泉方面へ。
山鳩湯の手前で右折。すぐ下にあるダム釣り公園へ。温泉の前にお弁当を食べます。
DSCF5525_640.jpg

いい感じの東屋があります。
DSCF5527_640.jpg

釣り場のフロート。この釣り場はほぼ休業状態のようです。
DSCF5528_640.jpg

今日のお弁当。サバの味噌煮(また)、ベーコンエッグ、玉ねぎとブロッコリ、シュークリーム、柿。
DSCF5533_640.jpg

ゆっくりNHKラジオを聴きながら食事をしたあと、釣り場におりてみます。
DSCF5537_640.jpg

昼寝すると気持ちがいいかも。
DSCF5540_640.jpg

フロートの下に水鳥が隠れており、いきなり出てきてバタバタ水面を蹴り逃げていきます。
サカナがいるんでしょうか?ほかに鳥はいませんでした。

木に隠れている建物が入之波温泉山鳩湯。
DSCF5538_640.jpg

ダム釣り公園でゆっくりしていると、もう温泉に入らなくてもいい気分になってきました。
温泉代の分、帰りに道の駅大宇陀で野菜を買って帰りましょう。

ダム湖畔を走っていると、滝といえば滝のように水が落ちている場所がありました。
DSCF5547_640.jpg

かなり上から落ちてきています。階段があるので上りますが、途中でロックされています。
DSCF5548_640.jpg

もうちょっと先まで行きたいところです。
DSCF5550_640.jpg

こっちの階段なら行けるのかも。行きませんが。
DSCF5553_640.jpg

ダム湖側のゲートが赤い大迫ダム。
DSCF5556_640.jpg

国道沿いになかなか迫力のある岩山。
DSCF5558_640.jpg

道の駅大宇陀で野菜を1000円購入。立派なゴボウ。味噌ゴボウにします。
DSCF5559_640.jpg

お天気よく、ダム釣り公園貸切でユックリできた一日でした。
今度は入之波温泉の先の三之公出合のほうにも行ってみたいですね。
川上村は見所いっぱいです。
125kmののんびりお弁当ツーリングでした。

蓮ダムから宮川ダム

ツーリング
11 /05 2017
今日も秋晴れの様子。
飯高町の蓮ダム経由で大台町の宮川ダムへ行こうと思います。
7時30分頃に出発。榛原の西峠から南下して国道166号に出ます。
佐倉峠で5℃。冬の服装でもいいくらいです。
高見峠はさらに冷えて、オーバーパンツをはいてくればよかったと思ったくらい。
道端の水溜りは凍りかけていたように見えました。

飯高町栃谷のほうへ右折。加杖坂トンネルの手前で休憩します。
DSCF5305_640.jpg

通行止めは作業中のみ。誰もいなかったので一曲歌いましたが、よく響いて気持ちよかったです。

このへんの紅葉はまだ。
DSCF5309_640.jpg

加杖坂峠に古来よりある地蔵菩薩。
DSCF5307_640.jpg

峠を下り、青田発電所に寄ると、いい感じの木がありました。
DSCF5310_640.jpg

発電所の鉄管。
DSCF5312_640.jpg

青田川沿いを蓮ダムへ向けて走りながら、いい紅葉があれば撮影していきます。
DSCF5315_640.jpg

DSCF5322_640.jpg

深山橋のあたり。
DSCF5332_640.jpg

DSCF5342_640.jpg

タヌキのような小動物が道を走っていたので止まります。藪の中に逃げ込みましたが、ちょっと止まってこちらを気にしています。
写真の中央に、ちょっと振り向くようなしぐさで写っています。
DSCF5346_640.jpg

蓮ダム
DSCF5348_640.jpg

貯水量は少ないようです。水も濁っている感じです。
DSCF5350_640.jpg

国道166号に出てから、今度は国道422号で湯谷峠を越えます。こちらから越えるのは久しぶり。夢楽のWCで休憩。
峠を下りてさらに国道を西へ向かいます。撮影はしませんでしたが、道沿いの木々もいい感じの色になってきています。
県道53号に入り、宮川ダムの管理事務所方面へ直進します。

見えてきました、宮川ダム。赤いゲートが印象的。
DSCF5367_640.jpg

居八滝という表示があったので、斜面を降りて見に行きます。
DSCF5371_640.jpg

道がよく分からないようになっていて、どれが滝なのかわかりません。これじゃないですし。
DSCF5373_640.jpg

水はたいへんきれいです。そのまま飲めそう。
DSCF5379_640.jpg

穴みたいになっているところが居八滝?
DSCF5381_640.jpg

見事に倒木が突き刺さっていて、景観としてはもひとつ。
DSCF5383_640.jpg

宮川ダムの駐車場にバイクを止めます。その上がミニ水族館になっています。
DSCF5387_640.jpg

あまごやあゆなどの淡水魚がたくさん、元気に泳ぎ回っています。
DSCF5394_640.jpg

上からは新鮮な水が補充されています。
DSCF5400_640.jpg

駐車場前にはいい感じの広場があります。あとでここでお弁当にしましょう。
DSCF5401_640.jpg

ダム湖。貯水は3割程度だそうです。
DSCF5405_640.jpg

ボートをおろす時は乗りこんでおろすのでしょうか?こわい・・・
DSCF5406_640.jpg

堰堤は途中まで歩いていけます。
DSCF5408_640.jpg

少し下流に減勢工があります。
DSCF5409_640.jpg

こわいので、手だけ出して撮影。
DSCF5411_640.jpg

工事をしている関係で水量は少ないとのことです(管理事務所の方のお話)。
DSCF5424_640.jpg

さてお弁当を広げます。貸切オープンレストラン。ダムを見ながらの食事ができます。
DSCF5427_640.jpg

今日のお弁当。サバの味噌煮、玉ねぎとブロッコリ、柿、どら焼き。
DSCF5428_640.jpg

ダムカード。はじめてゲットしました。
DSCF5429_640.jpg

ダムを後にし、行き止まりの国道422号へ入ります。ホタルの里公園にトイレがあるのです。
岩山のふもとのきれいなトイレ。
DSCF5439_640.jpg

この先の422号、紀北町の422号とつながるのでしょうか?
DSCF5440_640.jpg

ロッククライミングができそうなごつい山。
DSCF5441_640.jpg

何があるわけでもないですが、このへんでゆっくり過ごすのもいいですね。
DSCF5431_640.jpg

チョウもこごえそうに飛んでいます。
DSCF5446_640.jpg

ほたるの里公園には東屋がありますが、あとは空き地という感じです。
DSCF5451_640.jpg

あとは一気に湯谷峠、国道166号で帰りました。
帰る途中、宇陀市にいい色のイチョウ。
DSCF5452_640.jpg

帰宅直前、オドメーターがオール3になりました。GSR-S、ご苦労様です。6桁をめざすのでヨロシク。
DSCF5454_640.jpg

宮川ダムの管理事務所側に行ったのは初めてです。いいお弁当ポイントがあったのが収穫です。
秋の山々も堪能できました。四季があるのはいいですね。
211kmのお弁当ツーリングでした。

若宮八幡宮 君ヶ野ダム

ツーリング
11 /03 2017
秋晴れが続いています。
しかし早起きに失敗して、出発は9時過ぎになりました。
なんか風邪のひきはじめのような気がしましたが、走れば治ると思い出発。
紅葉の盛りには少し早いと思いましたが、美杉町の北畠神社などをめざします。
国道369号、368号を秋の風景を楽しみながら快走します。
美杉町奥津の手前で左に曲がり寄り道。すぐ池があります。
DSCF5199_640.jpg

前に来たときに紅葉が池に映ってきれいだったのですが、今日は紅葉も今一で、水面にはいっぱい落ち葉がたまっていて残念でした。

名松線伊勢奥津駅のところから県道695号に入ります。
行き止まりの道で、つきあたりに若宮八幡宮があります。
ここから参道が始まるようです。
DSCF5205_640.jpg

駐車場にバイクを止めて大鳥居をくぐります。
DSCF5207_640.jpg

まずまず紅葉しています。
DSCF5208_640.jpg

DSCF5209_640.jpg

ここは川もたいへんきれいです。雲出川(くもずがわ)。津市南部の香良洲海水浴場のあたりで海につながっています。
DSCF5210_640.jpg

DSCF5213_640.jpg

DSCF5212_640.jpg

苔むしたコンクリ製の燈篭
DSCF5216_640.jpg

手洗い場
DSCF5218_640.jpg

手水舎からは水があふれています。川の水でしょうか。
DSCF5225_640.jpg

立派な本殿 正面に天狗のお面が飾られていました。
DSCF5253_640.jpg

参拝のあとみそぎの滝があるというので行ってみます。
DSCF5230_640.jpg

何でしょうね?
DSCF5235_640.jpg

福徳蛙というもの。苔がびっしりでよりカエルっぽくなっていますね。
DSCF5234_640.jpg

これがみそぎ滝。5メートルほどの高さです。水量が多いです。
DSCF5238_640.jpg

このホースで取水しているようです。たいへんきれいな水。水源に近いようです。
DSCF5245_640.jpg

滝への道では水際でお弁当を広げられそうな場所もあり、真夏でも涼しそうです。お弁当スポットに認定。
元に戻ります。これは「なで鳩」。つるつるです。
DSCF5255_640.jpg

八幡宮の手前には昔は茶屋があったようです。
DSCF5263_640.jpg

国道368号を上多気まで行き県道30号へ。
美杉ふるさと資料館のイチョウ。
DSCF5264_640.jpg

そこから見える津市役所美杉総合支所多気出張所。前は学校だったでしょうか?
DSCF5267_640.jpg

北畠神社の前を通り、紅葉の具合をチェック。
イチョウはいい色。これが地面に落ちるとすばらしい光景になりますね。
DSCF5269_640.jpg

こちらはまだまだですね。
DSCF5270_640.jpg

隣の多気保育園は映画WOODJOBのロケ地だったようです。あの映画、もう一度見たいですね。
DSCF5271_640.jpg

DSCF5273_640.jpg

北畠氏館跡庭園は11月10日からライトアップされますが、紅葉の見ごろはやはりその頃でしょうか。
夜は来れないので残念。

そのまま川沿い、県道29号を北上していると空き地に人形がたくさんありました。
テニスボールが宙に浮いています。
DSCF5278_640.jpg

DSCF5280_640.jpg

DSCF5283_640.jpg
DSCF5284_640.jpg
DSCF5285_640.jpg
DSCF5286_640.jpg
DSCF5288_640.jpg
DSCF5289_640.jpg
DSCF5290_640.jpg

ご夫婦が作業されていましたのでしばらくお話をうかがいました。
ご自分の土地なのですが、近くの矢頭トンネルを掘った残土を自分の田んぼに受け入れてできた空き地だそうです。
これからはチョウチョをテーマにした公園のようなものを作ろうとされているようです。
台風があいついで来たために人形が壊れて、今直しているところでした。
通るたびに変化があるかもしれません。隠れたスポット発見です。

君ヶ野ダム湖畔でお弁当を広げます。前に来たときと同じ場所。
前は雨が降り出しましたが、今日はその心配はありません。
DSCF5291_640.jpg

今日のお弁当。りんごも柿もあります。どら焼きも・・・湯を沸かして春雨スープも作りました。
DSCF5292_640.jpg

下のほうでは誰かがアコーディオンを弾いています。
ラジオからはNHKで放送劇コンテストをやっています。
うしろでは作業員が轟音たてて道の落ち葉を吹き飛ばしています・・・
ということで、けっこうにぎやかでした・・・

流木がここまで。ベンチも冠水していたのでしょうか。
DSCF5293_640.jpg

舞台施設もありました。
DSCF5297_640.jpg

この辺はこの虫が多い。カメムシだと思いますが・・・
DSCF5299_640.jpg

ダムは勢いよく放水しています。
DSCF5302_640.jpg

あとは一気に帰りました。予定では榛原で温泉に入るつもりでしたが、日暮れは早いですね。
なんとか真っ暗になるまでに帰宅。風邪の兆候は消えていました・・・
175kmののんびりお弁当ツーリングでした。北畠神社はもう一度行きたいですね。ハイキングもしたいです。

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?