麦笑パン 七滝八壷 散歩ツーリング

ツーリング
06 /24 2017
今日は土曜日。日中は雨の心配はないらしいです。
明日は雨だということで、今日、ちょっとだけ走ります。
パンの買出しと、お弁当は近くの七滝八壷にします。

ゆっくり午前10時過ぎに出発。
起点としてよく通る桜井市の浅古交差点から多武峰街道を南下します。

八井内トンネル手前に「不動延命滝」があります。ちょっとだけ寄ります。P1160607_640.jpg

滝を見る前に「破不動尊」にお参りします。
P1160608_640.jpg

岩に彫られた「不動明王」様。
P1160619_640.jpg

この岩は・・・
P1160620_640.jpg

確かに、真っ二つになっています。柳生にもこういうのがありましたね。
P1160621_640.jpg

不動延命の滝。
P1160615_640.jpg

県道脇にこんな滝があるのはいいですね。東側に900m級の山々があるからですね。P1160616_640.jpg


宮奥ダム経由でR370に出ます。
宮奥ダム手前の大峠トンネルは40km/h制限です。ゆっくり走っていたらまた抜かれました。

窪垣内からK16に入り、東吉野村方面へ。
GSRを買った直後、この道のこの部分に感動しました。
P1160622_640.jpg

暑い夏に走っていても、ここでは急に涼しくなります。林道風で好きになりました。

東吉野村役場に寄りましょう。立派な建物ですね。
P1160624_640.jpg

住民ホールのトイレを使わせてもらいました。清潔なトイレでゆっくりしたいときはここですね。

役場の近くの丘の上には東吉野小学校。校舎はできてまだ10年ちょっとです。
児童数は、去年は50人足らずだったようです。
P1160625_640.jpg


今日の第一目的地のパン屋さん「麦笑(むぎわら)」は丹生川上神社中社の手前にあります。土曜日は営業日。
P1160627_640.jpg

1410円お買い上げ。ゆっくりじっくりかむと、小麦のうまさがたまりません・・・
P1160636_640.jpg

冬になったら古民家の店内でイートインしてもいいですね。
P1160630_640.jpg

麦笑前の高見側。アユ釣りの方がちらほら。
P1160631_640.jpg

朝方はこの辺はまだ毛布が必要らしいです。
P1160632_640.jpg

公共の橋に新聞受けが・・・?
P1160633_640.jpg

中社を過ぎてさらに東へ。やはた温泉まで来ました。
P1160634_640.jpg

この道は県道220号ですが、林道風でいい感じ。路面はきれいです(タイヤが通るところは)。
P1160635_640.jpg

七滝八壷に到着。平成の名水100選らしいです。
P1160637_640.jpg

奈良県では曽爾村の曽爾高原湧水群もそうらしいです。
最近良く見る「日本遺産」の案内板。
P1160638_640.jpg

外国語の表示はこんな辺鄙なところでも意味があると思います。
前に七滝八壷に来たときは、あきらかにイスラムの方々のグループが来られて、なんでこんなとこに?と驚きました。
マレーシアの方たちでしたが、こんな奈良の山奥にレンタカーで来られる外国人観光客もいるんですね。

川(大叉川)を渡ります。
P1160639_640.jpg

一番下の滝が見えるところのベンチでお弁当にします。
P1160641_640.jpg

黒い岩肌がきれいな滝。
P1160642_640.jpg

今日のお弁当。チキンや豚肉やらをごちゃまぜ。大根の煮物といつものサラダ。
P1160643_640.jpg

食後に遊歩道をあがっていきます。
P1160647_640.jpg

まあるい滝壺。
P1160648_640.jpg

そこへ滑るように流れていきます。
P1160649_640.jpg

一番上のほうの滝。
P1160650_640.jpgP1160654_640.jpg

雨後はもっと荒々しいのでしょう。
P1160655_640.jpg

私のほかに、年配の男性の方が二人来られ、一番上の滝で食事されていました。いやぁ、「大人の遠足」ですね。

さぁ、帰りましょう。途中、「今日のいきもの」として東吉野村のクロネコ。ちゃんと待ってくれました。
P1160659_640.jpg

和佐羅滝というのもあるのですが、1km歩くのでまだ行けてません。
P1160662_640.jpg

向かい側の林道は「薊岳(あさみだけ、1406m)」への登山道に通じているらしい。
P1160663_640.jpg

ネットで見ると、明神岳から薊岳へぐるりとまわるコースとかがあります。体力的には行けそうな気もしますが・・・
こんな山でも以前大阪の私立中学の生徒と教員の一行が、道に迷って遭難騒ぎを起こしたことがあります。
登山暦何十年という人でも、台風の後とかだと道がわからなくなるようです。
まして、私などが一人で山に入ろうものなら・・・クマもいやですが、道に迷うのも・・・

東吉野村の忠魂碑は立派なかまえです。
P1160664_640.jpg

山深き里。ここで暮らすとどんな気持ちになるのでしょうか。一種、あこがれがあります。
P1160665_640.jpg

宇陀市の「心の森総合福祉公園」。前方は「ふれあい交流ドーム」。
P1160666_640.jpg

右が「あきのの湯」でしょうね。まだここのお風呂は未体験です。
P1160667_640.jpg

ふと見たらGSRのオドメーターが3万キロを越えていました。パチパチパチ。
P1160669_640.jpg

3年弱で3万キロ。故障なし。オフ車は欲しいですが、このGSR、手放せませんねー。
ユックリ走ってよし、7000回転超えるとギュィーンと活発になります。何よりもこのSタイプはポジションがいいです。
大阪モーターサイクルショーでまたがってみて、一番しっくりと来たのはこのGSR-SとVストロームでした。
今は二台で年間2万キロを走ります。
あまり遠いところまで行きませんが、和歌山、奈良、三重、滋賀を中心に、詳細に回っていこうと思います。

今日は136kmのパン買出しのお弁当ツーリングでした。
スポンサーサイト



三国越林道

ツーリング
06 /23 2017
今日もまた梅雨の合間の晴れということで出かけます。
ひさしぶりに国道163号の北側を走る「三国越林道」へ向かいます。

橿原から長谷寺前を通り、西峠から玉立橋、額井岳の麓の道経由で再びR165に出ます。
室生寺入り口を過ぎて「やまなみロード」に入り北上、県道80号に出て、すぐ広域農道で月ヶ瀬へ。

広域農道に入る前にある道徳会館の「弥勒様」。笑いの佛様らしいです。
P1160453_640.jpg

月ヶ瀬のK4沿いに「竜王の滝」があるのでちょっと寄ります。
廃屋の横に駐車します。
P1160455_640.jpg

県道からほんの2分の距離。
P1160456_640.jpg

笠燈篭がお出迎え。
P1160457_640.jpg

朝陽がこぼれる、雰囲気のある遊歩道。
P1160459_640.jpg

古道の趣。
P1160461_640.jpg

竜王の滝。倒木がすこし残念。「役の小角(えんのおづね)」が修行したそうです。
P1160465_640.jpg

夏でも涼しそうですね。
P1160468_640.jpg
P1160469_640.jpg

水はこの橋(りゅうおうばし)の下を流れ、ダム湖へ流入していきます。
P1160473_640.jpg

このあたりに来ると、いつもの「いおくさん」。今日も元気そうです。
P1160479_640.jpg

「やぶっちゃ」方面にまがってすぐ、「石打城跡」の標識。ちょっと寄ってみましょう。
P1160480_640.jpg

未舗装路になったので、駐車して歩き出します。
P1160482_640.jpg

森の中に入っていきます。バイクで進入しなくてよかった・・・
P1160484_640.jpg

広場に出たましたが、何の案内表示もなく、???
P1160486_640.jpg

遊歩道らしきものがあったので入ります。
P1160489_640.jpg

すると次々に「西の郭」とか、連続して案内が出現。
P1160491_640.jpg

どうやら順路の逆から来たみたいです。
P1160493_640.jpg
P1160496_640.jpg

P1160491_640.jpg

室町時代後期のお城らしいです。本当に「跡」だけになっています。
P1160500_640.jpg

金刀比羅(こんぴら?)神社がありましたので、お参りします。
P1160502_640.jpg
P1160503_640.jpg

付近の畑。赤紫蘇ですね。
P1160510_640.jpg

R163を横切り、木津川まで来ました。三国越林道は前方の山を東西に走っている道です。
P1160512_640.jpg

「やぶっちゃ」の手前に、前から気になっていた醤油屋さんがあります。
開店しているようで、今日は一本買いましょう。P1160513_640.jpg

こいいろ。540円なり。この醤油店は創業120年だそうです。
P1160516_640.jpg

さて、「やぶっちゃ」前を通り、三国越林道に入ります。
P1160514_640.jpg

定番。モニュメント前で一枚。
P1160515_640.jpg

私の好きな東屋。予定ではここでお弁当ではなかったのですが、城跡に寄っておなかが減ったので、またここで食べます。
P1160517_640.jpg

今日のお弁当。チキン、かにかま入りサラダ、アンパン。
P1160520_640.jpg

モンキチョウが寄ってくる。ハエじゃなくてよかった・・・  地面で何をしているのでしょう。
P1160524_640.jpg

中央右が高山ダム。ダム湖の水があまり見えません。
P1160530_640.jpg

こんな写真はどうでしょう?
P1160532_640.jpg

出発。すぐに展望台がありました。上ったことがなかったので、今日は上ります。
上には東屋があります。眺めはお弁当を食べたところと同じですかね。
P1160535_640.jpg

さらに上ると、「三国塚」がありました。滋賀、京都、三重の境界なのでしょう。
P1160541_640.jpg

野殿まで走り、北上して多羅尾を目指します。
途中、「高麗寺」の案内。韓国のお寺があるのは聞いていました。寄ってみましょう。
P1160545_640.jpg

石像がありました。
P1160546_640.jpg
P1160547_640.jpg

その奥にお堂のような建物が見えます。韓国らしいカラフルな彩色ですね。
P1160548_640.jpg

建物の下には渓流が流れています。なかなか風情があります。
P1160551_640.jpg

左の赤い橋を渡ると建物に上がれます。
P1160550_640.jpg

川から見上げます。P1160556_640.jpg

閉鎖されているらしいんですが、荒れた感じはありません。きれいです。
P1160557_640.jpg

カムサハムニダ。アンニョンイゲセヨ。とお礼をして出発。
P1160562_640.jpg

実は今の建物は高麗寺の本堂ではありませんでした。本堂はもう少し先にあったのですが、つい先を急いで去ってしまいました。
ま、また行きたいのでかえってよかったかもです。今回の建物の横の渓流は気に入りました。

こんな林道で多羅尾に向かいます。
P1160564_640.jpg

見覚えのある多羅尾の交差点。
P1160568_640.jpg

また城跡。また寄ってみましょう。
P1160581_640.jpg

地道になりました。民家の人に「このバイクなら行けるよ」と言われたので進みます。

獣よけフェンスがあり、あけて通ります。
P1160569_640.jpg

濡れた坂道にリアタイアを滑らしながら上がっていき、結局どうしようもない場所へ。
P1160572_640.jpg

イノシシのわながありますね。
P1160573_640.jpg

林道は先まで続いており、「やばいかも」と思い、引き返しました。(今度はセローで!・・・・・?)
林道に似合うVストローム。
P1160575_640.jpg

あとはR422に出て東進。コリドールに入って南下(最近通りましたね、ここ)。
名阪国道大内ICから針ICまで走ります。

県道38号線を初瀬ダムまで。貯水量が少ないですね。
P1160582_640.jpg

のどかな風景です。
P1160584_640.jpg

可憐なピンクの花。
P1160588_640.jpg

永遠に解除されなさそうな二輪通行禁止。ダムを渡って向こう側でお弁当食べたいですけど・・・
P1160589_640.jpg

二つ目の城跡が中途半端だったので、もう一箇所寄ります。R165から狛(こま)方面へ。

近鉄大阪線をくぐります。
P1160606_640.jpg

向こうのほうにアジサイがたくさん咲いています。
P1160605_640.jpg

P1160591_640.jpg

きれいですよねー。
P1160593_640.jpg

P1160594_640.jpg

P1160595_640.jpg

P1160597_640.jpg

何の実?
P1160599_640.jpg

スモモ?やっぱりウメでしょうかね。
P1160600_640.jpg

棚田。もうだいぶん育っていますね。
P1160604_640.jpg

あっちこっち寄ったので183kmしか走っていないのに、時間がかかりました。
平地は30℃。水分を頻繁に補給しながらの、あっちこっち寄り道したお弁当ツーリングでした。

生石高原 次の滝

ツーリング
06 /20 2017
晴れ続きですが、今日の夕方からは雨らしいです。
早めに帰るとして、5時30分頃に出発。

五條北ICより京奈和道路を和歌山へ向けて走ります。
紀の川ICで下りて南下、R424を海南方面へ。

この国道は車の量が多く、みなさん通勤で急いでいるので実にせわしい。
追い越し禁止を無視して抜こうとしてくる・・・

沖野々のあたりのR424は新しい道もできていてわかりづらく、結局気がついたらK169を走っていました。
今日の目的地の生石高原へ行くルートとしては定番なのですが、予定ではK184を使うつもりでした。

さて、生石高原のほうへ上がっていきます。

途中の「飯盛峠」。一気に上ってきました。
P1160297_640.jpg

狭くてくねくねした坂道です。
P1160299_640.jpg


札立峠。きれいなトイレ。この辺はアジサイが多いですね。
P1160301_640.jpg

あとで行ってみましょう。
P1160302_640.jpg

生石高原に到着。また8時前です。一番乗り・・・
P1160304_640.jpg

草原を独り占めです。
P1160307_640.jpg
P1160309_640.jpg
P1160310_640.jpg

あの休憩所でお弁当にしましょう。風が強くて、草の上ではとても食べられそうにないです。
P1160311_640.jpg

ここなら風を少しは避けられます。
P1160313_640.jpg

今日のお弁当。チキン、サケ、スパゲティ、いつものサラダ、ゆで卵。
P1160320_640.jpg

ラジオはNHKおなじみの「スッピン」。パニックになるとき、とかいう話題。
P1160319_640.jpg

この食事がメインの目的。ゆっくりいただきます。

食事のあと、少しだけ歩きます。

今はアザミの季節。
P1160321_640.jpg

定番の写真スポットの岩。
P1160330_640.jpg

そんなに高い崖ではありません。
P1160331_640.jpg

強風で草が一方向へゆれています。
P1160335_640.jpg
P1160336_640.jpg

山の家は係りの人がトイレ掃除中のようです。
P1160337_640.jpg

キャンプ場。誰もキャンプしていなかったようです。(前に一度しましたが、夜中に若者が来て笑い声で眠れなかった・・・)
P1160339_640.jpg

散策にはもってこいの場所ですが、今日は早く帰宅したいのでやめておきましょう。
P1160338_640.jpg

気象観測装置がありますね。
P1160340_640.jpg

さて、生石高原をあとにして、K184で下っていきます。

ありました。ツキノワグマ「太郎と花子の家」。
P1160370_640.jpg

未舗装路を少し走ると・・・
P1160341_640.jpg

これは太郎と花子のこと?野生のクマのこと? habitatとありますから、このあたりは出るっていうことですね・・・
P1160342_640.jpg

見捨てられた施設と自販機。もう太郎と花子はいない?
P1160343_640.jpg

とりあえず駐車。お弁当スポットがあります。
P1160344_640.jpg

太郎と花子の説明版らしいですが、判読不能です。やはり、もういないのでしょうか・・・
P1160345_640.jpg

看板はあるが・・・
P1160346_640.jpg

いた!花子!(今日のいきもの)
P1160347_640.jpg

檻に一頭でいました。私以外だれも人はいません。
P1160349_640.jpg

花子をカエルが見ていました。
P1160366_640.jpg

今日のいきもの2
P1160348_640.jpg

隣の檻に太郎もいました。
P1160352_640.jpg

太郎は地元の生まれらしいです。どちらも子供の頃から飼育されているんですね。
P1160351_640.jpg

太郎は私に全然興味を示してくれません。
P1160353_640.jpg

花子はこっちを見てくれます。
P1160362_640.jpg

二頭ともツキノワグマのおじいさん、おばあさんの年齢のためか、弱々しい感じがしますし、寂しそうな雰囲気。

かつてはここに観光客が座ってクマに話しかけていたのでしょうか。
P1160359_640.jpg

この囲いにはイノシシがいた模様です。
P1160356_640.jpg

隣には養鶏場。
P1160360_640.jpg

さて、「長生きしてねー」と声をかけて県道にもどります。

この近くに「次の滝」という大きな滝があるのは知っていたのですが、ひょっとしたら行けるかもと走ります。
K184が工事中で、迂回路を走ってK183へ。
すると「次の滝」の表示がありました。P1160378_640.jpg

狭い道を登っていき、駐車場所へ。
P1160380_640.jpg

滝の裏へ行けるらしいです。
P1160379_640.jpg

急坂を登ります。こりゃきつい・・・
P1160382_640.jpg

一句 「滝見坂 見知らぬ花に 息をつく」
P1160383_640.jpg

音が聞こえてきました。向こうに滝が見えています。
P1160387_640.jpg

見えている部分は少しですが、隠れている部分を考えると落差は結構な高さです。
P1160389_640.jpg

まだ道は続いています。狭くなり、滝の横へ回っていきます。P1160397_640.jpg

今日のいきもの3 サワガニ
P1160399_640.jpg

滝が目前に・・・
P1160401_640.jpg

滝の裏の空洞に拝所が・・・残念ながら岩が滑りやすく、最悪滝に転落しそうなので、近づけませんでした。
P1160404_640.jpg

落下する水が5メートル先に・・・目の前は滝の崖・・・
P1160409_640.jpg

雨のように降り注ぎます。「那智の滝」に次ぐ、というので「次の滝」らしいです。
P1160417_640.jpg

もどり道、滝壺に下りれそうだったので、トラロープを頼りに下りました。
P1160427_640.jpg

滝壺から見上げて撮影。
P1160428_640.jpg

魚影も濃し。種類はわかりませんが、ひれが赤いのはカワムツ?
P1160430_640.jpg

いい汗をかいて坂道を下ります。
P1160441_640.jpg


あとはR424に出て帰りましょう。

R424沿いの廃校。金屋町立北小学校(廃校2003年)
P1160446_640.jpg

地域の避難所に指定されていて、荒れた様子はありません。
P1160447_640.jpg

歴史のある学校だったんですね。二宮さんは見えませんでした。
P1160448_640.jpg

25メートル?プール。
P1160449_640.jpg

今日はアジサイを堪能しました。
P1160450_640.jpg

R424でもひなたぼっこの爬虫類。今日のいきもの4。轢いたかと思いました・・・
P1160451_640.jpg

京奈和道路の「かつらぎ西」パーキングエリアでお買い物。ここのこんにゃくがおいしいです。ゆず味噌も。
P1160452_640.jpg

あとは、ゆっくり走りたいけれど仕方なく京奈和の流れに乗ってピューゥッと帰りました。

オレンジライン無視の和歌山の車にイラッときたこともありましたが、
まあまあ無難にミッションをこなした200kmのお弁当ツーリングでした。

やっと雨・・・次のお出かけはいつになるでしょう・・・

三筋の滝(信楽)  九品の滝(栗東) 芭蕉の森(伊賀)

ツーリング
06 /17 2017
今日も晴れ予定なので6時20分に出発。
久しぶりに滋賀県へ向かい、お手軽に鑑賞できる滝ふたつをめざします。

天理東ICより名阪国道に乗り、大内ICで下ります。
地方道で北へ向かいますが、左折しそこねて集落の中へ。

すると、「和銅の道」の町石がありました。

和銅の道 : 和銅4年(711)、藤原京からの平城遷都に伴い整備された官道。 
現在の京都府加茂、笠置、南山城から伊賀市島ヶ原、西山、東高倉に至る (ネットより)
P1160145_640.jpg

町石 : 建長年間(1251~1255)に、補陀落寺(ふだらくじ)への
道しるべとして建てられた石碑。
P1160146_640.jpg

伊賀市西高倉です。
P1160147_640.jpg

道を間違ったのですが、発見があったのでよかったです。
すぐ、伊賀コリドールに出て北上します。
車が少なく、快走でR422に出ます。立石橋を右折して信楽の中心部へ。
駅前を過ぎてすぐ左折、K12を走ります。
緑の多い快適な道ですが、対向車が結構来ますので慎重に走ります。

「ミホミュージアム」の入り口を過ぎてすぐ、滝の看板がありました。
P1160150_640.jpg

少しだけ遊歩道を歩きます。
P1160151_640.jpg

ありました。文字通り三筋の滝です。
P1160152_640.jpg

右端も入れれば四筋の滝です。
P1160155_640.jpg

またまた転げ落ちないように気をつけて、トラロープを握って滝壺付近へ。
P1160159_640.jpg

なかなか元気に落ちています。
P1160163_640.jpg

お弁当スポットもありますね。今食べるのは少し早いかな・・・
P1160167_640.jpg

東海自然歩道も続いています。
P1160178_640.jpg

県道のすぐそばで避暑ができますね。
P1160170_640.jpg

さて、さらにK12を北へ。

新名神高速道路をくぐります。
P1160181_640.jpg

今日は「道の駅こんぜの里りっとう」の裏の芝生?でお弁当のつもりでしたが、バイクでバンガロー村のほうへ回ってみます。

バンガロー村。お弁当を食べられそうではありません。
P1160183_640.jpg

さらに進むと砂防ダムがありました。
P1160185_640.jpg

施錠、されていませんので・・・
P1160186_640.jpg

「滋賀日産リーフの森」の西側にあるため池?ですね。
P1160189_640.jpg
P1160188_640.jpg

このすぐ横にベンチっぽいものがありました。
だれも通りそうにないのでお弁当をひろげます。
P1160196_640.jpg

今日のお弁当。ブロッコリが新しいですね。
P1160195_640.jpg

ラジオは佐藤愛子さんのインタビュー番組をやっています。
P1160194_640.jpg

杉と竹の混在する林です。
P1160197_640.jpg

たけのこ・・・もうでかすぎますねー。
P1160198_640.jpg

食事を済ませて出発するまで誰も通りませんでした。
今日の二つ目の目的地はこの近くの「九品の滝(くぼんのたき)」ですが、今通っている道でも行けそうなので前進します。

弘法大師さん?の像が・・・
P1160200_640.jpg

一願観音。今日のお参りはここにしましょう。
P1160201_640.jpg

裏道を通るのも結構発見があり、楽しいですね。
P1160204_640.jpg

こんな道、時速20キロで走っても楽しい。
P1160205_640.jpg

案の定、「九品の滝」へと続く道でした。
P1160206_640.jpg

駐車スペースにバイクを置いて歩き出します。
P1160209_640.jpg

日照り続きでアジサイもぐったりでは?
P1160210_640.jpg

滝に近づくと片側は崖になります。幼児はあぶないでしょうね。
P1160213_640.jpg

こんな滝がいくつかあります。
P1160217_640.jpg

一番上まであがります。
P1160219_640.jpg

大きな滝ではありませんが、100メートルくらいの渓流全体を見た場合、なかなか風情があると思います。
P1160221_640.jpg
P1160222_640.jpg
P1160223_640.jpg

渓流部を過ぎると草地のなかの小川になっています。
P1160240_640.jpg

ベンチとか全然なかったので、さっきお弁当を食べてよかったです。
さて、帰ります。K12を南下。

もう一度、新名神をくぐるときに、「近江大鳥橋」の支柱を撮影。巨大かつデザインが面白いですね。
P1160241_640.jpg

帰って「ウィキ」を見たら・・・なるへそ。
「デザインを担当したのは、アメリカ人女性の景観デザイナーTanja Wilcoxと滋賀県立信楽高等学校の生徒である。仮称は「栗東橋」だったが、「第二名神高速道路栗東橋 橋梁名称選定委員会」により名称が募集・決定され、「橋梁形状のイメージと合致度」「地域性」などの選考基準を踏まえて、主塔の2羽の鶴が背中合わせで天に向かって飛ぶ姿を模した意匠と主塔付近の地名である大鳥居(大津市上田上大鳥居町)から「近江大鳥橋」と名付けられた。」

帰りはK16を選択。こちらの県道のほうが広いですね。信楽を抜け、コリドールロードで高倉までもどります。

ここ「好評分譲中」がずっと続いていますが・・・
P1160242_640.jpg

ものさびしげにタンポポの綿毛。
P1160244_640.jpg

名も知らぬ野の花。
P1160245_640.jpg

何軒か建っています。犬の散歩は楽かも。環境はすばらしいです。
P1160246_640.jpg

さて、名阪国道に乗る前に、もう一箇所寄ってみましょう。

大内山ICの手前にある「ふるさと芭蕉の森」。
P1160249_640.jpg

きれいなトイレ完備。
P1160250_640.jpg

わ、激坂がありました。
P1160253_640.jpg

丘を上っていくと、芭蕉の句碑があちこちに。

「雲とへだつ 友かや雁の生わかれ」(友と別れて旅立つ句か)
P1160254_640.jpg

「野ざらしを 心に風の しむ身かな」(これも旅立ちの句らしい)
P1160259_640.jpg

「古池や 蛙とびこむ 水の音」(これは誰もが知っている・・・)
P1160261_640.jpg

「旅人と 我名よばれん 初しぐれ」(これも旅に出る前の句)
P1160262_640.jpg

「此秋は 何で年よる 雲に鳥」(この秋はワシも年齢を感じるわい・・・)
P1160264_640.jpg

閑さや 岩にしみ入る 蝉の馨」(これも有名ですね。「奥の細道」ですね。)
P1160266_640.jpg

「行春や 鳥啼魚の 目に泪」(これも有名。「奥の細道」に旅立つ際の句)
P1160269_640.jpg

坂道ではぁはぁ言いながら句を鑑賞。
水が出るのがうれしい・・・
P1160271_640.jpg

展望台からは「上野城」が見えます。
P1160256_640.jpg

芭蕉の森の隣は長田小学校。
P1160274_640.jpg

今日は「いきもの」の写真がないなぁと思って草の上を歩いていたら、ぴょんぴょん。
よし、今日はこれ。ちょっと草にまぎれています。
P1160275_640.jpg

何匹もいます。隠れるのがうまいぞ。
P1160276_640.jpg

これもわかりにくい。
P1160279_640.jpg

接写に耐えてくれました・・・(怖くて固まっていた?)
P1160286_640.jpg

あとは名阪国道を針ICで下り、R369で榛原、長谷寺の前を通って帰りました。

滝、お弁当、お参り、いきもの、お天気も完璧な210km、9時間のツーリングでした。
明日はチェーンの掃除をしましょう・・・

伊賀市 奥山愛宕神社

ツーリング
06 /16 2017
今日も降水確率ゼロ%らしいです。
晴天続きで林道も乾いているだろうと、青山高原近くの「奥山愛宕神社」に行くことに決定。
5時半過ぎに出発。

天香具山と水田。のどかな朝の風景です。
P1160027_640.jpg

榛原高塚経由でR369を目指します。

榛原の「伊那佐文化センター」。この施設はこの先どうなるのでしょうか?
P1160028_640.jpg

R369を東へ快走し、「道の駅伊勢本街道御杖」でトイレ休憩。いつも素通りで、寄るのは久しぶりです。
P1160030_640.jpg

道の駅からR368に入り比奈知ダム方面へ北上します。

山間地ですが、ここは津市の西の端っこだと思います。美杉町、別名「神去村」。
P1160031_640.jpg

比奈知ダムの近く。水量は少なめでしょうか。雨が降っていませんからね。
P1160033_640.jpg

ひなち湖の「赤岩大橋」のそばに林道の入り口がありました。コンクリ舗装を上がっていきます。
P1160036_640.jpg

すぐに「伊賀コリドールロード」に出ました。西へ進むと看板が。
P1160037_640.jpg

「甌穴」とは?とりあえず行ってみます。林道チックな道です。
P1160039_640.jpg

途中、「当エリアは非常に危険です。侵犯者には厳正に対応します。 管理者NS研究所」「山菜を盗むな!」の看板。
P1160040_640.jpg

何が危険なのかよくわかりませんが、ちょっとびびる看板でした。

さて、「甌穴」の場所がわからないままK39青山美杉線に出ると、高尾保育所前に観光マップがありました。P1160042_640.jpg

平安時代の「藤原千方」という豪族が四人の鬼を従えていたという伝説があり、そのゆかりの地がこのあたりに点在するらしいです。とりあえず「千方窟」というところへ行ってみます。1,4kmなら近いし。
P1160044_640.jpg

ですが、最後は舗装路がなくなってしまいました。
P1160045_640.jpg

これはバイクは無理。
P1160046_640.jpg


今日は寄ってみただけなので、また次回歩くことにします。

K39を北上し、K693に入るところに滝がありました。P1160050_640.jpg

草が生い茂った斜面を降りると、なかなかの渓流が。
P1160052_640.jpg

滝を真上から見ています。
P1160053_640.jpg

泳げそうな淵ができています。
P1160055_640.jpg

高尾の滝。元気な子なら飛び込める?
P1160057_640.jpg

観賞用のいす?なかなかいい滝だと思いますが、手入れはされていないようです。
P1160056_640.jpg

草むらにはあざみが咲いていました。
P1160064_640.jpg

K693経由でK29、コリドールロードで青山工業団地を過ぎて国道165号線へ。左折して、すぐにK2伊賀青山線へ右折。
このストレート、また撮影しました。
P1160066_640.jpg

すぐに奥山愛宕神社の標識。
P1160067_640.jpg

舗装林道で、四輪のタイア跡を走ればあまり汚れません。
P1160071_640.jpg

5kmほど走ると、神社の駐車場に着きました。
P1160078_640.jpg

朱色の鳥居が連なっています。ミニ伏見稲荷のよう。
P1160075_640.jpg

お弁当をもって歩いていきます。
P1160079_640.jpg

痛っ! 低い鳥居がありました。身長170cm以上の人は注意です。
P1160084_640.jpg

大歓迎されているような感じです。誰もいませんが。
P1160085_640.jpg
P1160087_640.jpg

「和合の杉」というそうです。連理の枝ならぬ連理の幹ですね。
P1160091_640.jpg

ここに拝所がありましたが、階段がさらに山の上に続いていますので、上っていきます。
P1160095_640.jpg
P1160096_640.jpg

急な階段ですが、倒木のためチェーンの支柱が壊れています。
P1160097_640.jpg

今日もまた、「ここで転げ落ちるとまずいことに・・」の心境で慎重にいきます。
P1160098_640.jpg

上りきったところに案内の標識があります。
P1160105_640.jpg

青山高原公園線の三角点から1,1kmなので、今度はそっちから歩いてこようと思います。

さて、拝所がここにもありました。
P1160110_640.jpg

中はカエルさんでいっぱい。
P1160112_640.jpg


拝所の裏の階段の上のほうにも小さな拝所がありましたが、通行禁止です。禁止でなくても上りませんが(急すぎる・・・)。
P1160119_640.jpg

健康と交通安全をお祈りしたあとは、休憩所でお弁当です。
P1160120_640.jpg

今日のお弁当。野菜炒め、大根と豚肉の煮物、トマトのサラダ、ヤマザキの薄皮あんぱん。
P1160123_640.jpg

山の中ですがNHK「すっぴん」がちゃんと入ります。
P1160122_640.jpg

休憩所内部。お昼寝もできそう。
P1160124_640.jpg

食事のあと、急階段を下りていきます。チェーンを握れないところはほんとにゆっくりと・・・
P1160126_640.jpg

下っていたら一組の熟年男女が上がってこられました。

さて、来た道をもどり、K2からR165に入り、西へ少し走ってからR422へ右折します。
木津川にかかる新しい橋を渡り、伊賀神戸駅近くから名阪国道大内IC方面へ抜ける道へ。

この道、この前はまちがってまたR165にもどってしまったので、今日は再挑戦。
曲がるところを一度きちんと曲がればあとはICまで一本道でした。交通量は極少で走りやすいです。

トラックだらけの名阪国道を小倉ICまで走り、「やまなみロード」へ。
途中、「宇陀市立 室生屋内山村広場 やまなみドーム」で止まります。

いつも素通りでしたが、今日は駐車場のゲートが開いていましたのでちょっと寄ってみます。

正面ゲートは閉まっています。
P1160128_640.jpg

広い駐車場には愛車だけ。
P1160143_640.jpg

駐車場側から施設に入れました。
P1160131_640.jpg

池があり、水が流れ落ちています。
P1160133_640.jpg

小さな錦鯉がたくさん泳いでいます。養殖? (今日の生き物)
P1160136_640.jpg

ドームが二つありますが、中には誰もいませんね。あとでネットで見たら3時間1200円で借りられるそうな(宇陀市民なら)。
P1160132_640.jpg

きれいなトイレがあり、開いていましたので使用。でも、誰もいません。車も一台も止まっていません。
P1160137_640.jpg

自販機は・・・使用不能でした。
P1160142_640.jpg

よくわからない施設ですが、「室生山上芸術公園」や「道の駅宇陀路室生」の大きな球と同じく、「室生アートアルカディア計画」に基づいて作られた一種のアートのようです。コイの池?もアートなんですね・・・

あとはR165から中和幹線、R24で「奈良二りん館」に寄ってチェーンメンテナンス用品を買って帰りました。

今日は9時間ちょいかかりましたが、誰もいない神社でのんびりできた195kmのお弁当ツーリングでした。

紀勢笠木渓谷 貸切

ツーリング
06 /13 2017
梅雨入りしてから雨が降りません。
とりあえずカッパはもって5時半に出発。

多武峰街道から宮奥ダムを抜け、国道370号線に出ます。気温は8℃。
P1150874_640.jpg

気温だけは晩秋の感じですが、周りは緑いっぱいです。

佐倉峠でR166に出て東へ。高見山が見えてきました。
P1150875_640.jpg

ゆっくり走っても追いついてくる車はありません。
黒滝神社前を過ぎてK569に入ります。山々がきれいに見えています。
P1150877_640.jpg

今日はR422の湯谷峠を走ります。狭いところも多く、急にダンプが走ってきたりすることもあり、注意して走ります。

対向車、今日はありませんね。湯谷トンネルを抜けて下りにかかると「湯谷不動明王」がありました。
P1150878_640.jpg

不動さんの背後に木の根?
P1150880_640.jpg

交通安全をお祈りします。
P1150881_640.jpg

このコースの定番WC。夢楽のきれいなトイレ。ベンチがあり、木陰で昼寝も可能なスポットです。
P1150885_640.jpg

下りきったところは鳥居があり、それを抜ける道だったのが、横に新しい道ができてT字路になっていました。
P1150888_640.jpg

宮川沿いのK31を東へ。きれいな水の色を撮影したくて一枚。
P1150890_640.jpg

大台警察署からR42に出て南下します。阿曽を過ぎてしばらく走り、郵便局のある交差点を右折。すぐに看板。
P1150891_640.jpg

大内山川を渡ります。アユ釣りの方がちらほら。
P1150893_640.jpg

笠木渓谷への標識完備で走りやすいです。紀勢自動車道をくぐります。
P1150894_640.jpg

きれいな路面の道幅十分な道を進むと笠木渓谷の門(長寿の門)。
P1150895_640.jpg

きれいなトイレが石積みの中にあります。
P1150896_640.jpg

駐車して、歩きます。まずちいさな「ひや水の滝」。
P1150898_640.jpg
子供が遊べそうな小滝です。
P1150899_640.jpg

水路のトンネル。
P1150902_640.jpg

岩の壁。
P1150903_640.jpg

雄滝と雌滝があるそうですが、まず腹ごしらえ。お弁当にします。誰もいないし、石の階段で食べましょう。
P1150912_640.jpg

今日のお弁当。焼きそばといつものサラダ。ゆで卵とソーセージ。
P1150907_640.jpg

ラジオが良く入ります。NHK「すっぴん!」とかいう番組。
P1150908_640.jpg

ゆっくり食べて、さてタンクバッグをかついで出発。鳥居をくぐり・・・
P1150924_640.jpg

橋を渡ってから上っていきます。
P1150925_640.jpg

すぐに雄滝がありました。
P1150927_640.jpg

落差40mくらい。近づいていきます。
P1150928_640.jpg
P1150929_640.jpg

案内板。
P1150932_640.jpg

滝壺に下りれそうだったので、転げ落ちないように気をつけて下りていきます。
P1150935_640.jpg

滝の真下から撮影します。岩肌が黒光りしています。
P1150938_640.jpg
P1150939_640.jpg
P1150944_640.jpg

水辺なので、カワトンボ。(今日の生き物)
P1150952_640.jpg

雌滝の方へ。500mもあるのか・・・P1150964_640.jpg

ライディングジャケットを着ているし、膝にも上半身にもプロテクターをつけているのでしんどいです。
P1150965_640.jpg

木々の間から愛車が見えています。
P1150967_640.jpg

狭い道。転げ落ちるとたいへんです・・・
P1150969_640.jpg

ほとんど流れのない沢。
P1150971_640.jpg

はしごを上り・・・
P1150972_640.jpg

倒れた看板の向こうに・・・
P1150974_640.jpg

雌滝が姿を現しました。汗びっしょりです・・・
P1150976_640.jpg

滝壺に下ります。
P1150979_640.jpg

保冷剤で冷えたお茶。おいしい・・・
P1150982_640.jpg

雄滝にくらべて、確かに繊細な感じの雌滝。P1150991_640.jpg

汗がひいたところで引き返します。下りは快調。

雄滝まで帰ってきたら、雄滝の上にある滝つぼへの道を発見。(さっきは見逃していた・・・)
P1150993_640.jpg

これが江戸時代の不動明王ですね。
P1150994_640.jpg

これが滝の真上の滝壺。ここからあふれた水が滝となって落ちていきます。
P1150995_640.jpg

確かに深そう。7メートルですか。きれいな水です。
P1150998_640.jpg

そのまま飲めそうな・・・
P1160001_640.jpg

ここから滝へ落ちていきます。
P1160004_640.jpg

滝の真横から一枚。危険というほとではありませんが、すぐ先は滝の崖なのでスリルは感じます。
P1160005_640.jpg

駐車場にもどり、バーベキュー場でバタンキュー。
P1160009_640.jpg

今日はお休み。
P1160010_640.jpg

もみじ茶屋は無人。でも茶屋には見えませんね。自販機もありません。
P1160011_640.jpg

平日とはいえ、こんなに整備された公園に誰も来ないなんて・・・貸切でどうも、ありがとうございました。
(こういうとき、道から急斜面に転落した場合・・・  と思いつつ行動していました。)

帰りはR42で「道の駅奥伊勢おおだい」へ。寄るのははじめてです。
P1160016_640.jpg

エコステーションがあります。
P1160017_640.jpg

これならいつでも持ち込めますね。地方ではこのやり方のほうがいいのでしょうね。
P1160019_640.jpg

今日のお土産。
P1160025_640.jpg

帰りは眠気に襲われて・・・高見峠で休憩。モニュメントの台座に腰掛けて昼寝・・・
P1160021_640.jpg

休日はバイクの爆音が響くループ橋も今日は時折車が通るだけ。
P1160024_640.jpg

笠木渓谷でゆっくりしたため、やっぱり10時間もかかりました。
雨の気配もなく、渋滞もなく、穏やかな240kmのお弁当ツーリングでした。

津風呂湖周辺散歩

ツーリング
06 /10 2017
梅雨入りしましたが、今日も晴れらしいです。ではツーリングです。
昨日いっぱい走ったので、ちょっと朝寝坊して出発は10時半。

宮奥ダムから三茶屋、K28を西へ。
香束から津風呂湖沿いの道に入ります。
IMG_20170610_114000_640.jpg

かなり狭い道で、対向可能場所を示す標識がたくさんあります。
通るのは釣りをする人くらい。

水は透明度は低いですが、色彩的にはきれいです。
IMG_20170610_114342_640.jpg

少し走ると東屋やトイレがあります。最高レベルのお弁当スポット。
IMG_20170610_115350_640.jpg

遠くへ行かなくてもなかなかの景色が楽しめます。ここではじめてのお弁当。
IMG_20170610_115408_640.jpg

今日のお弁当。エビチャーハンに野菜炒めを加えました。いつものサラダつき。
IMG_20170610_115425_640.jpg

ちょうどお昼頃。ラジオは「昼のいこい」。
IMG_20170610_115611_640.jpg

高台から一枚。時折釣り人の舟が通ります。
IMG_20170610_124742_640.jpg

東屋のベンチは広く、少し昼寝をしてから出発。

すぐ近くの「山口神社」。
IMG_20170610_135246_640.jpg

今日はカメラにSDカードを入れるのを忘れたので、スマホで撮影しています。
IMG_20170610_135320_640.jpgIMG_20170610_135537_640.jpg

ここ山口は天然記念物 ツルマンリョウの自生地らしいです。
IMG_20170610_135655_640.jpg

非常に分布が限られた植物とのこと。丹生川上中社にもあるそうです。
IMG_20170610_135649_640.jpg

今日あたりで田植えはほとんど終わるようです。これはもう大分育っていますね。
IMG_20170610_135909_640.jpg

神社から北へ、竜門岳方面へ走ります。「竜門の滝」まで行けたらと・・・

途中から未舗装路になりました。行けそうですが、今日は早く帰りたいのでやめておきます。(セローがほしい・・・)
IMG_20170610_140739_640.jpg

K28に戻り西へ。
佐々羅の西のK37とK15の交差点を北へ入ります(滝畑方面)。

集落を抜けると林道になります。竜在峠まで行けるようです。
IMG_20170610_142058_640.jpg

道は渓流沿い。
IMG_20170610_142115_640.jpg

久斯(くし)神社がありました。
IMG_20170610_142126_640.jpg

久斯神は本来薬の神様らしいです。
IMG_20170610_142211_640.jpg

中央の黒いのは毛虫。鳥居からぶら下がってゆれておりました。(今日の生き物)
IMG_20170610_142158_640.jpg

だれもいない、苔むした空間。またゆっくり来たいと思います。夏でも涼しそう。
IMG_20170610_142415_640.jpg

山の神。動かない山はよく信仰の対象にされますね。
IMG_20170610_142514_640.jpg

この先の道は、また今度にしましょう。
IMG_20170610_142529_640.jpg

あとは新鹿路トンネルを通って帰りました。
平地の水田はあちこちで田植えの真っ最中。

ツーリングのミッション(知らない道を通る、初めての神社にお参り、景色の良いところでお弁当)をクリア。
75kmのお弁当ツーリングでした。

梅雨の晴れ間 瀞峡へ

ツーリング
06 /09 2017
梅雨入りしたばかりですが、今日は早速貴重な晴れだということで6時過ぎに出発。

東川(うのがわ)経由でR169へ向かいます。
おととい結構雨が降りましたが、川の水量はそうでもないですね。
P1150700_640.jpg

快調に169を南下し、最初のトイレ休憩は大迫ダム。
このダムの手前の大迫トンネルでは、昨年の夏、車同士の正面衝突炎上事故がありました。
そのせいか、トンネル内部は黒くすすけたようになっています。気を引き締めて走ります。

大迫ダム。
P1150701_640.jpg

かなりの貯水量ではないでしょうか。
P1150706_640.jpg

和佐又トンネルを抜け、西原のほうへ入ります。「白滝」があるようですが・・・
P1150708_640.jpg

音もしないし、明らかに水が流れていません。涸れてしまいましたか?
P1150709_640.jpg

近くのサビサビの吊橋。
P1150711_640.jpg

ここも水量がないです。
P1150712_640.jpg

上北山中学校の近くに「西山観音遥拝所」というのがあり、お参り。
交通安全と病魔撃退だそうです。腕を四本お持ちです。
P1150721_640.jpg

隣に「三椏(みつまた)」の群落。
P1150715_640.jpg

和紙の原料になるので有名な三椏。
P1150717_640.jpg

枝が必ず三つ又になるそうです。確かに。
P1150724_640.jpg

池原ダムまで来ました。ここも水量を見てみましょう。
P1150726_640.jpg

ダム下の公園施設。覗き込むのがコワイ。
P1150727_640.jpg

手だけ出して撮影。
P1150728_640.jpg

地元警察が見回りをされてました。
P1150730_640.jpg

R425に入り、池神社へ。
いつの間にか「日本遺産」の標識が設置されていました。
P1150732_640.jpg

「日本遺産 吉野」の構成文化財No.9のようです。
P1150733_640.jpg

いつもは池のコイたちにえさをあげるのですが、急いで?いるので本日はスンマセン。
P1150735_640.jpg

なかなか立派な下北山小学校校舎。
P1150738_640.jpg

不動トンネルを抜けて奥瀞峡へ向かいます。
途中、「なべわりの滝」があります。道沿いですが、はじめて止まります。標識の字が・・・?
P1150739_640.jpg

少し遠いですが、音も聞こえてきます。
P1150740_640.jpg

下りる道はないようですね。
P1150741_640.jpg

再びR169に出て、七色ダムへ向かいます。
ここは柵が低くてコワイ。
P1150746_640.jpg

水は10mくらいの段差を経て川に落ちます。
P1150743_640.jpg

たっぷりの貯水。P1150745_640.jpg

近くの東屋でお弁当にします。
P1150757_640.jpg

今日のお弁当。カレーチャーハンがめずらしい。
P1150756_640.jpg

ラジオは太宰治の「人間失格」を朗読しています。
P1150750_640.jpg

お弁当後、すこしごろ寝してから出発。
国道沿いの北山川の景色が大好きです。
P1150758_640.jpg

北山村役場の前に中州があり、ヘリポートがあります。施設は診療所と福祉センター。
P1150761_640.jpg

中州と国道を結ぶ橋。
P1150766_640.jpg

小森ダムへ行くときに渡る橋。
P1150769_640.jpg

バイクで通るとちょっとスリル。ま、今日は急ぐ?のでやめておきます。
P1150771_640.jpg

過去最大の水かさは青いライン。国道より少し高く見えます。
P1150775_640.jpg

「道の駅おくとろ」でお土産購入。「じゃばら」の飴ちゃんです。
P1150870_640.jpg

さらに西へ。「雷の滝」があります。
P1150776_640.jpg

名前ほど迫力はありませんが、形は雷のよう。
P1150778_640.jpg

一番上では、水は土管を通って流れているような・・・
P1150779_640.jpg

小松方面へはじめて曲がります。先には公園があり、筏くだりの筏がありました。ここからも乗れるようです。
P1150780_640.jpg

ここは絶好のお弁当ポイントではないでしょうか。認定。(トイレもきれい)
P1150781_640.jpg

「小松の不整合」とあります。又今度ぜひ来てチェックします。
P1150784_640.jpg

瀞峡到着。駐車場から歩きます。P1150786_640.jpg

三県境があるんですね。
P1150795_640.jpg

崖に立つ「瀞ホテル」。
P1150789_640.jpg

喫茶をやっています。もう少し涼しいときに入ることにします。
P1150798_640.jpg

いや、美しいです。
P1150792_640.jpg

有名な「別館」。本館との間の橋は無残なまま。
P1150803_640.jpg

壊れてなくても、私には渡れないでしょう。
P1150805_640.jpg

河原に下ります。ボートも乗れるようです。
P1150816_640.jpg

暑いから川に入りたい気分。
P1150818_640.jpg

サカナが・・・逃げませんよ。ウグイ?
P1150827_640.jpg

網ですくえそうな・・・
P1150830_640.jpg

向こうに吊橋があります。行ってみましょう。P1150835_640.jpg

小さい子は危ないでしょうね、この道。片側は崖です。
P1150836_640.jpg

橋の名前は「山彦橋」。P1150839_640.jpg

なんかやっぱりコワイんですが、ご婦人がお二人渡られるので、ビビッてはおられません。
P1150840_640.jpg

へっぴり腰で橋上より一枚。
P1150841_640.jpg

岸壁につつじ?
P1150851_640.jpg

この家は、今の水面よりかなり高いところに建っていますが、平成23年の台風では家の真下まで増水したようです・・・P1150838_640.jpg

帰り道、瀞峡ウォータージェット船発見。
P1150854_640.jpg
P1150855_640.jpg
P1150859_640.jpg
P1150860_640.jpg

コーナーの曲がり方がかっこいいです。
P1150861_640.jpg

汗をいっぱいかきました。バス停で休憩。P1150793_640.jpg

バス停に猫の家とえさ。
P1150866_640.jpg

なかなかいいところでした。また来たいです。

169号線をさらに走り、これは宮井橋の手前の風景。平和です。
P1150868_640.jpg

あとはR168を北上。

「道の駅十津川郷」での表示。白谷トンネルは4月は通れたのですが・・・
P1150869_640.jpg

12時間もかかりました。法定速度を守ろうとしていますから・・・
歩くと暑かったですが、美しい川の景色を堪能した303kmのお弁当ツーリングでした。

蜻蛉の滝 高原洞川林道など

ツーリング
06 /06 2017
今週にも入梅らしいです。
今日はまだ降りそうにないので走ります。
お弁当を作って6時過ぎに出発。

宮奥ダムからR370に出ると9℃。朝と昼の気温差が大きいですね。
P1150509_640.jpg

窪垣内を過ぎてK262を走っていると、うしろのワゴン車が急いでいるようなので、私は吉野川の対岸へ。

さくら通りの東屋。ここでは何回か袋ラーメンを食べたことがあります。
P1150510_640.jpg

さくらを植えた人たちは・・・
P1150512_640.jpg

このさくら通り、お花見の穴場かもですね。
P1150514_640.jpg

河原に下りて遊ぶことも可能です。
P1150515_640.jpg

近くに頑丈な吊橋があります。
P1150518_640.jpg

でもなぜか、「ガン、ガン」と金属をたたくような音がします。太陽熱で膨張?
P1150519_640.jpg

対岸には吉野杉工房があります。
P1150520_640.jpg

R169に出て、大滝郵便局の横の道に入り、上がっていくと龍泉寺がありました。
P1150528_640.jpg
P1150529_640.jpg
P1150531_640.jpg

斎藤茂吉の歌碑だそうです。「滝のべの龍泉寺にて夏ふけし 白さるすべり見つつ旅人」(昭和五年)
P1150534_640.jpg

歌われたサルスベリは鐘楼の横にあります。
P1150536_640.jpg

そばの民家の庭先にきれいな黄色い花。おうちの方に聞きましたが、名前はわからないとのこと。
P1150539_640.jpg

さて、もう少し上って下ると「蜻蛉の滝(せいれいのたき)」。
P1150547_640.jpg

整備された遊歩道を上がっていきます。
P1150549_640.jpg

いかにも出そうな感じなので注意して歩きます。
P1150550_640.jpg

蜻蛉の滝。50mくらい落ちています。
P1150553_640.jpg

はっきりと虹が見えます。
P1150555_640.jpg

滝壺は見えそうで見えない、というか、乗り出して見るのがコワイ。(幼児連れはアブナイのでは?)
P1150559_640.jpg

滝の上は淵になっています。ここからあふれた水が落ちていきます。
P1150565_640.jpg

さらにこんな周遊路を上がっていきます。
P1150572_640.jpg

青根ヶ峰(857,9m)への分岐。
P1150573_640.jpg

途中、前から警察官が・・・パトロール?
道路に出たらミニパトが。やっぱりパトロール?お疲れ様です。
P1150581_640.jpg

駐車場は私のGSRが独り占め。
P1150583_640.jpg

ここの川(音無川)でずっと前バーベキューをした記憶があります。現在はBBQは禁止です。
P1150585_640.jpg

おなかが減ってきましたが、あと大滝ダムも行かなくては。R169を南下してすぐです。

ダムを徒歩で、はじめて渡ります。天気がいいので景色も最高です。
P1150598_640.jpg

対岸にクレーンの構築物があるので見に行きます。
P1150595_640.jpg

急な坂道を上がっていきます。
P1150599_640.jpg

黒部ダムで使っていたクレーンだそうです。
P1150609_640.jpg
P1150610_640.jpg

ダム湖の名前は「おおたき龍神湖」。
P1150597_640.jpg

モニュメントがあります。
P1150619_640.jpg

このダム建設で水没したおうちの方たちの名前です。
P1150621_640.jpg

たまたま車で来られた方(上の上の写真の「腕」の方)は、この中のお一人だとか。
この写真の中の子供の一人が弟さんらしいです。
P1150620_640.jpg

村民はあちこちに移転し、その方は橿原、弟さんは熊野に住んでおられるそうです。家は水没しても本籍は変わらないそうです。
昔はこの川でみんな泳いでいたそうです。

さて、「道の駅杉の湯川上」の横から林道に入ります。最近通行止めが解除されたようです。
P1150623_640.jpg

途中、「丹生川上神社上社」がありますが、素通りします。あとあとに残しておきます。
P1150625_640.jpg

以前はこの辺でがけ崩れになっていました。(そのときのツーリングでパンクしたのです・・・)
P1150631_640.jpg

その先も大きく崩れていたようです。
P1150634_640.jpg

ここは未舗装ですが、走れないことはありません。
P1150637_640.jpg

きれいな?色のみずたまり。
P1150635_640.jpg

分岐です。天川村方面へ向かいます。
P1150639_640.jpg

すぐ「大天井滝」があります。
P1150641_640.jpg

この橋を渡っていきます。
P1150642_640.jpg

三段滝だと思うのですが、近づくと三段に見えません。
P1150644_640.jpg

滝壺まで上がっていきました。きれいな水です。
P1150646_640.jpg

すぐに「五番関トンネル」です。
P1150652_640.jpg

トンネルを抜けると本日のお弁当スポットの東屋があります。
P1150653_640.jpg

このテーブル、まだなんとか、立ってくれています。
P1150654_640.jpg

今日のお弁当。いつも通り野菜たっぷり。
P1150655_640.jpg

ラジオは「山田姉妹」が「雨宿り」を歌っています。
P1150658_640.jpg

柱に貼られた行方不明者の写真。去年の11月のことですね・・・単独の登山だったのでしょうね・・・
P1150659_640.jpg

お弁当後は洞川温泉を素通りして、48号線を北上します。これも最近通れるようになったみたいです。

手掘りチックな「小南隧道」。
P1150660_640.jpg
P1150661_640.jpg

ちょっとだけ見晴らしの利く場所がありました。見えるのは赤滝の集落?
P1150664_640.jpg

山を下りて、行き止まりなのを承知でK138へ。

日本遺産「石仏」なるものがありました。「日本遺産吉野」の構成文化財No.5のようです。
P1150672_640.jpg

この建物の中にあります。
P1150673_640.jpg

扉は施錠してありません。お邪魔します。
P1150674_640.jpg

カーペットが敷いてあり、座布団もあるので、昼寝したいところですが、バチが当たりそうなのでやめて、お参りします。
P1150675_640.jpg

これより先は、大きな砂防ダムがあり、工事中。
P1150678_640.jpg

ショベルカーとダンプが働いておられました。ここの土砂を全部取り除くのでしょうか。
P1150684_640.jpg

Uターンしてもどります。
黒滝川渓谷の標識で止まります。
P1150686_640.jpg

「赤岩」というのが有名だそうですね。
P1150687_640.jpg

確かに岩が赤いです。
P1150690_640.jpg

P1150691_640.jpg

水遊びしたら楽しそうです。
P1150692_640.jpg

さて、あとは一気に帰りました。途中、クモっぽいが、足が四本の、オレンジの粒々がくっついた虫を撮影。何なんでしょう?
P1150694_640.jpg

ちょっと気味悪いですねー。
P1150695_640.jpg

143kmだけしか走ってませんが、10時間もかけてしまいました。
通行止めだったところが通れて満足の、入梅直前のお弁当ツーリングでした。

二津野ダム 熊野古道で国際オモテナシ

ツーリング
06 /04 2017
土曜は用事で走れませんでした。
日曜は走るぞと4時前に起床。お弁当を作って4時45分にVストロームで出発。

大淀町の「ラッキーボール」からフルーツロードへ。さすがに車は走っていません。
県道20号経由でR168に出て南下します。
吉野路大塔駅には寄らず、どんどん走ります。

気温は10℃。メッシュジャケットにウインドブレーカーを二枚着ているので問題なし。
P1150437_640.jpg

そろそろ2時間近く経過。十津川郷駅に寄ります。足湯もまだ清掃中でした。
P1150438_640.jpg

十津川の流れはかなり狭くなっています。洪水のときはどうなるのだろうと想像します。
P1150439_640.jpg

十津川温泉を通り過ぎてまもなく、左折して二津野(ふたつの)ダムへ。

まずはダムを通り過ぎ、林道を進みます。吊橋があります。
P1150441_640.jpg

板張りです。両側はスキスキで下が丸見え。
P1150444_640.jpg

この板、一見すごい安物の薄~いやつみたいなもので、踏むとギシギシ鳴ります。ワイヤーも錆びてて細い。
P1150445_640.jpg

私にはムリです。とても対岸まで行けません。P1150447_640.jpg

ここはオシドリの観察ポイントらしいです。越冬しにかなりの数が渡来するそうです。また冬に来ましょう。
P1150443_640.jpg

これが二津野ダム。ダム湖は絵の具を溶かしたような黄緑。
P1150451_640.jpg

勢いよく放水しています。轟音が山に響いています。
P1150460_640.jpg
P1150456_640.jpg

ちょっと高いところからの一枚。びびりながら撮影。
P1150457_640.jpg

ダム管理の仕事とかかっこいいと思いますが、こんな通路を行けといわれたらムリですねー。
P1150465_640.jpg

休憩するところがあったので、ここでお弁当を食べようかとも思いましたが、やはり予定通りにします。
P1150467_640.jpg

R168に戻りさらに南下。

国道脇にある「十二滝」。
P1150471_640.jpgP1150472_640.jpg

結構大きな滝ですが、いつもは通り過ぎてしまいますね。


“十津川や耕す人の山刀” 召波  召波は蕪村の高弟で姓は黒柳、明和8年(1771)12月7日45歳で歿す。 と、あります。
P1150473_640.jpg

黒光りする崖を流れ落ちていきます。
P1150475_640.jpg
P1150476_640.jpg


七色に「鹿淵橋」という吊橋があるので行ってみようと旧道に入ります。横は七色高架橋。
P1150477_640.jpg

吊橋はありましたが、どこから近づけるのかよく分からなかったので今回は断念。
おなかが減ってきたので、目的地「道の駅奥熊野古道ほんぐう」へ。

河原を見渡せるベンチでお弁当を開きます。
P1150480_640.jpg

本日のお弁当。野菜たっぷりですね。きゅうりの季節になりました。
P1150478_640.jpg

ラジオは意外に受信状態はよくありません。電池のせい?
P1150483_640.jpg

おいしくいただいた後、道の駅の店内に入りお土産を選びます。奥のほうは普通のスーパーになっている模様。

さて、ここからは予定外の展開。写真はありませんが。
レジを済ませたときに、横に立っておられた外国人の女性が、
「フシオガミオージはどうやって行けばいいでしょうか?」(英語で)

フシオガミオージ、王子ね。王子はこのへんにいっぱいあるのは知っていましたが、フシオガミというのは行ったことがありません。
私の県別地図を見ると、この近くに「伏拝王子」というのがあり、どうもこれらしい。
道の駅のスタッフに行き方を訪ねます。
まっすぐ行って、開けたところを左に上がって行くとのこと。

外国人はカリフォルニアの人で17歳くらいの娘さんと旅行中らしい。
レンタカーは軽自動車。

「この近くみたいだから、私のモーターサイクルについてきてください。」
「いいのでしょうか?」
「本日の目的はお弁当をここで食べることで、もうフィニッシュしましたのでヒマですから。」

ということで、Vストロームで先導。

標識を確認しながら上がっていく。
何か、小さな稲荷神社があり、これが「王子」?(どんなものか知らないので、判断がつきません・・・)

ちょうど通りかかった原付きのおばちゃんに聞きましたら、王子はもっと先とのこと。
「私についてきて」

原付き、Vストローム、アメリカ人の軽の順で走ります。
けっこうなヘアピンもありました。

おかげで無事に「伏拝王子」に到着。そこからの眺め。
P1150484_640.jpg

昔の人はここからやっと「熊野本宮大社」を垣間見ることができ、伏して拝んだそうな。それで「伏拝王子」らしい。

アメリカ人の母娘とそばのお茶屋へ。アイスコーヒーをおごっていただきました。
娘さんは「シソジュース」をおいしいと言っておられました。

このお二人、来日は初めてなのに、高野山とか熊野古道を観光するなんてスゴイ。

「二つの道の巡礼者」というのがあり、熊野古道とスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラという巡礼道の二つ道の巡礼を達成した人のことを指すらしいです。このお二人、次回はスペインのその巡礼道を歩くそうです。

昨日は高野山と熊野本宮大社、今日はこのあと熊野速玉大社と熊野那智大社にお参りして和歌山へ戻るらしい。(次は四国!)
なかなかですね。

スタンプ帳をもっておられて、ひとつ王子を見逃しているらしい(スタンプがもう一個必要らしい。)
お茶屋にいらした熊野古道に詳しい人のお話では、それは大社の近くの「祓戸王子(はらいどおうじ)」らしい。
「それも行きたいですか?」
「ぜひ」
「ではまた、ついてきてください」

ということで今度は「祓戸王子」へ。これはすぐにわかりました。

「あ、きのうここまで来ました。」
大社のすぐ隣なのですが、近くまで来たのに王子に気づかなかった模様。
今回は無事スタンプゲット。
P1150485_640.jpg

すぐ向こうが熊野本宮大社。
P1150488_640.jpg


私はここまで来たら新宮までご一緒することにしました(先導で)。

出発前に「世界遺産熊野本宮館」でトイレ休憩。「とてもいい施設だ」と感心されておりました。
P1150490_640.jpg

一緒にR168を新宮まで走ります。R42に出て左折。
すぐに速玉大社の駐車場へ。
来たことはありませんでしたが、位置的には知っていました。

「助かりました。とても走りやすかったです。」
まあ、アメリカでは右側通行ですからね。
「どうもありがとうございましたー」
「日本の旅、楽しんでくださいね」
ハグ二回!で、ここでお別れしました。

「伏拝王子」で撮った写真をあとでメールしてくれるそうです。
ローナさん、娘さん、道中お気をつけて。キープレフトですよ。

ということで、スケジュールは完全変更でした。
本来なら、「篠尾峰林道」を走って、学校改造のパン屋「むぎとし」に寄る予定でしたが・・・

新宮に出たのでR42を北上。お天気がよく太平洋がきれい。

せっかくなので「七里御浜ふれあいビーチで」で写真撮影。
P1150493_640.jpg
P1150494_640.jpg
P1150495_640.jpg
あまり暑くありません。
P1150496_640.jpg

鬼ヶ城を過ぎて山のほうへ。佐田坂を上ります。快走で池原ダム。
P1150501_640.jpg

今年はまだキャンプに行ってません。もう暑いですかね。一人でこんなゴージャスなところには泊まれないし・・・
P1150503_640.jpg

朝市は土曜のみなんですね。じゃ、トイレだけ。いつもの池。
P1150505_640.jpg

あとは一気に帰りました。
午後4時45分帰宅。なんと12時間経過!326kmのお弁当&国際オモテナシのツーリングでした。

なお、ほんぐう駅で買ったもの。醤油もね。
P1150508_640.jpg

boketenaizou

奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県を日帰りメインで走っています。週末は東吉野村のパン屋さん「麦笑」へ。最近は「バイクでハイク」、低山登山にはまっています。アクセル、前後ブレーキ、チェンジ、クラッチ操作でボケ防止になるかも!?